2018年8月20日 (月)

ブリヂストン自転車 (①プロジェクトの選択)

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

レストアに対象の自転車(プロジェクト)を見つけるのは決して楽ではありません。
フリーマーケット・リサイクルショップなどの場合は、実際に現物を確認できますが、
メルカリやオンラインオークションの場合は、写真をよく見たり、
質問したりして追加写真を要求しないと失敗します。

そこで何を見ればいい?
Img_0644_2

私は純正オリジナルに結構拘ります。
人によりますが、オリジナル割合が少なければ少ない程価値が落ちてしまいます。
これは自転車だけではなく、クラッシック自動車やオートバイもそうです。
オリジナル部品に対してオリジナル塗装、メッキなどなど。
10年前は探せば新古品パーツや塗装・メッキを甦ることが出来る中古自転車を見つけることが大抵できました。
今は、そのような自転車やパーツを見つけるのがムリとは言えませんが、なかなか困難です。
でも、長い歳月であらゆる方法を利用して探しに探せばそのうち当たります。

上記の自転車はその一つです。
オールオリジナル、あまり乗られていないブリヂストン製自転車。

レストア自転車(プロジェクト)を探す時、全体の状態や純正部品(商標付き部品)以外の目の付けところに少し触れます。

あくまでも目安の一つですが、自転車に乗った人の身体が自転車に接触した部品(握り、サドル、ペダル)の減り具合をよく見れば、ある程度その自転車がどれだけ利用されたか推測できます。

1.握り

昭和30年代前ころまで大半の握りはセルロイド製でした。
もちろん、重運搬車のゴム製握り、第二次世界大戦中での木製握りもありました。

セルロイド製握りは、握れば握る程マーク(商標)が下記の写真のように薄くなってしまいます。
Img_0679
プリヂストン自転車はラインやマーク(商標)がくっきりなので、交換されていなければオリジナルそのもので自転車が殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0627


2.サドル
セルロイド握りと同じように革製サドルも使われれば使われる程年月に渡って下記の写真のようにマーク(商標)が薄くなってしまいます。
Img_0687
プリヂストン自転車はサドルのマーク(商標)がくっきりなので交換されていなければオリジナルそのもので、殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0629
Img_0623_2

また、もう一つの目の付けどころは先端のリベット周りです。
革は皮膚と同じように経時的に劣化し、負担が先端リベットに多いので下記の写真のようにひび割れしてしまいます。
Img_0681
ブリヂストン自転車の先端リベット周りにひび割れの気配もなく、殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0630

セルロイド握りと革製サドルと同じようにゴム製ブロックペダルは使用されればされるほどマーク(商標)が擦り減って下記の写真のように薄くなってしまいます。
Img_0685
プリヂストン自転車はコムブロックペダルのマーク(商標)がくっきりなので交換されていなければオリジナルそのもので、殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0625
Img_0626_2


上記の自転車に乗った人の身体が自転車に接触した部品(握り、サドル、ペダル)の減り具合とともに、リムとタイヤを確認すればいいです。
まずリムにブリヂストン・キーマークの刻印があります。
Img_0633_2
前輪のブレーキ使用回数により、内側のメッキはブレーキシューがリムに当たるところに摩擦で経時的に下記の写真のようにメッキが擦り減り鉄が晒され錆びてきます。
P1040509
ブリヂストン自転車のリムには表面的に錆が見受けますが、ブレーキシューによるのメッキ擦り減りの跡を見受けません。
従って、リムは交換されていなければオリジナルそのもので殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0641_2

最後にタイヤのトレッドを確認します。
ブリッヂストン自転車のタイヤは「ブリヂストン」のマークあり、トレッドの減り具合は全くないと言っていい程少なく、殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0634_2
Img_0636

近いうち、このブリヂストン自転車のオリジナルさを確認してみたいと思います。

2018年8月 4日 (土)

Bridgestone Bicycle (①Selecting a Project)

次回この記事の日本語版を投稿します。

Finding a restoration project is never easy. 
Swap meets and flea markets are great as one is able to inspect firsthand. But in the case of online auctions one has to look very closely at the photos and often request additional photos.

But what to look for?
Img_0644_2

I admit it, I am a stickler when it comes to "original".  It is simply a matter of preference but the less original a bicycle is, the less the value. This is true with classic automobiles as well.  Original paint, chrome, leather, rubber, etc.  Ten years ago it was not impossible to find NOS (New Old Stock) and/or used bicycles where at least the original paint and chrome could be brought back to life.  However, more and more it is becoming increasingly difficult to find projects like these. Yet, search and you shall find.

This is a great find, an all-original, barely ridden Bridgestone bicycle.
Here are some of the things I look for besides the obvious overall condition and original parts..

By examining the wear & tear of three places the rider's body makes contact with the bicycle, ie grips, saddle and pedals, one is able to measure how much the bicycle was actually ridden.

1. Grips
Although some heavy carrier cycles had rubber grips, and, during WWII, some bicycles had wooden grips, the vast majority of bicycles from 1950's or earlier had celluloid grips.
With use over time celluloid grips wear and design patterns and trademarks gradually become worn down as shown in the example below.
Img_0679

In the case of the Bridgestone bicycle, the design pattern and trademark are clear-cut a good indicator that, assuming the grips are original, the bicycle was rarely ridden.
Img_0627
As is the case with celluloid grips, with use over time saddles wear and trademarks become worn down as shown in the example below.
Img_0687

In the case of the Bridgestone bicycle, the trademarks are clear-cut a good indicator that, assuming the saddle is original, the bicycle was rarely ridden.
Img_0629
Img_0623_2

Another good indicator is the condition of the leather around the front rivets which tend to form cracks over time and use as shown in the example below.
Img_0681

But the leather around the front rivets on the Bridgestone bicycle show zero signs of deterioration.
3. Pedals
As is the case with celluloid grips and saddles, with use over time rubber block pedals wear and the trademarks become worn down as shown in the example below.
Img_0685

In the case of the Bridgestone bicycle, the trademarks are clear-cut a good indicator that, assuming the rubber blocks are original, the bicycle was rarely ridden.
Img_0625
Img_0626_2


In addition to checking the three places that the rider's body makes contact with the bicycle, i.e. grips, saddle and pedals, checking the rims and tires can also serve as a good indicator of usage.
The Bridgestone bicycle rims have the BS keystone trademark.
Img_0633_2

The chrome on the front rim will wear away over time as a result of contact from the brake shoes leaving a trail of rust as shown in example below.
Img_0639
P1040509

Although there is surface rust, there are no signs of wear from brake shoes indicating that, assuming the rims are original, the bicycle was rarely ridden.
Img_0641_2
Lastly, the tires.
Check the manufacturer and tread wear.  In this case original Bridgestone bicycle tires and the tread shows nearly zero wear indicating again, that this bicycle was rarely ridden.
Img_0634_2
Img_0636

We will take a closer look at this Bridgestone bicycle in future posts.

2018年7月22日 (日)

謎の自転車

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

この自転車は、昭和20年代後半~30年代前半の国産自転車の特徴ばかりですが、ひょっとしたら中国で製造されたものかもしれません。
Thumbnail_photo_3_1

所有者は、ビンテージ自転車愛好家であるオーストラリア人のV-さん。
現在、この自転車を丁寧にレストアしている最中です。
V-さんの話によると、
ある老人が昔中国で購入し1960年代にオーストラリアのブリスベンに移住した時一緒に持って来たそうです。
元々は黒色で、フレームは20インチ、車輪・、タイヤは26インチとのこと。
もう少し見て見ましょう。
ハンドルの右側のみロッドブレーキレバーが付いていて、
後車輪はコースターブレーキになっています。
Thumbnail_photo_3_2


非常に長いヘッドチューブは昭和30年代前半までよくありました。
泥除けに国産自転車によくあった風切(マスコット)の跡(取り付穴)がないようです。
Thumbnail_photo_1_1

泥除けステーは一見日米富士のような刻印が付いています。
Img_3769_2

ランプは純正なNational(松下電器)ブランド です。
三洋電機(Sanyo Electric Co., Ltd)が昭和27年以降、松下電器にランプを製造していました。.
Img_3803

先程も述べましたが、日米富士らしい刻印が見受けられます。
ランプブラケットにも刻印がありますが、純正な日米富士ランプブラケットの刻印と違って三ツ星が付いています。
Img_3477

ヘッドチューブにバッヂが上下2個あります。
一見日米富士のヘッドバッヂにそっくりに見えますが、よく見たら.
逆さまの蝶になっています。
実は、自転車のモデル名は飛蝶=HICHOなので、思わず「なるほど」と呟いてしまいました。
Thumbnail_photo_2

下のバッヂは七宝焼製で、昭和30年代前半の自転車特徴と一致しますが、各角に星が付いているのは例外です。
「飛蝶号自転車」と書いてあります。
「自転車」は中国語で「自行車」と書きます。
中国製だとしたらどうして日本語での「自転車」と書くのでしょうか。
Thumbnail_photo_2_3

シートチューブにはバッヂが1個あります。
逆読みで上の一行は「特製」、間中行「1953 No. ????、下の行は「軽快耐用」と推測します。
Img_3475
Thumbnail_photo_1

サドルはハンモックサドル年代と一致します。
Thumbnail_photo_2_1

チェィンホィールに刻印は2個あります。
上部の方は日米富士の刻印とそっくりですが、「FUJI」の代わりに「WUSAN」となっています。 
Thumbnail_photo_1_2_2
Img_3472_2


下部の方は「KUO SANG CASE」で国産の製造社ではありません。
Img_3473

ボットムブラケットはコッター式で当時の国産自転車と一致します。
Img_3482_2


スタンドはチェンネル式で「FUJI」という刻印が見受けられます。.
Thumbnail_photo_2_2_3 Img_3281


謎の自転車です。
中国で日本製の真似をしたものでしょうか。
情報などありましたらご連絡ください。
showajitensha@hotmail.co.jp

2018年7月 9日 (月)

Mystery Bicycle

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Here is a vintage bicycle with all the characteristics of a genuine Japanese bicycle from the 1950's, but may have actually been manufactured in China.
Thumbnail_photo_3_1
The owner V-san is a vintage bicycle enthusiast from Australia, and is in the painstaking process of breathing new life into this two wheeled antique. 
The story behind this bicycle is that it belonged to an elderly gentleman who purchased it new in China, and, brought it to Brisbane, Australia in the 1960s when he emigrated.  It has a 20-inch frame, 26-inch tires and was originally black.

Let's take a closer look.
One rod brake handle on the right, indicative that it is equipped with a rear coaster brake.
Thumbnail_photo_3_2
Long head tube typical of 1950's or earlier bicycles.
The front fender does not appear to have holes for a fender ornament.
Thumbnail_photo_1_1

The fender stays are all stamped with what at first glance appears to be a Nichibei Fuji logo.
Img_3769_2

Lamp appears to be an original and is consistent with bicycle history as Sanyo Electric Co. was incorporated in 1947 and produced lamps for National.
Img_3803

Several parts are stamped with a slightly suspicious "Fuji" logo.
It does indeed bear a striking resemblance to a genuine Fuji lamp bracket ; however, the three stars are an unfamiliar addition. 
Img_3477

The head tube bears two badges.
The first badge, at the top of the head tube, at first glance resembles the a Nichibei Fuji head badge. However, upon closer examination is actually a butterfly facing downward.  The model name is HICHO written with the characters (飛蝶=Flying butterfly). 
Thumbnail_photo_2

The second badge at the bottom of the head tube is cloisonné which is consistent with Japanese bicycles from 1950's or earlier.  However, each corner bears a star, not commonly found on Japanese badge designs.
It is puzzling as the badge bears the  characters read from left-to-right  飛蝶号自転車.  The characters to write "bicycle" in Chinese and Japanese are different.  In Chinese 自行車、in Japanese 自転車.  If this is a Chinese manufactured bicycle, why the Japanese version?
Thumbnail_photo_2_3

The seat tube has a single badge.
These characters are read the old way, right-to-left, but for the sake of simplicity I will render them in the left-to-right order.
The large single character in the middle is the character for "prosper". The top row  is 特製 (deluxe), the middle row is only partially decipherable 1953 No. ????, and, I surmise that the bottom row may be 軽快耐用 (light & durable).
Img_3475
Thumbnail_photo_1

The saddle is a hammock-style leather saddle consistent with those produced in the 1950's or earlier.
Thumbnail_photo_2_1

The chainwheel cover has two stamps. 
The  at the top, once again at first glance, bears a striking resemblance of the Nichibei Fuji mountain logo.  However, upon closer examination, instead of "FUJI", has "WUSAN" stamped on it.
Thumbnail_photo_1_2_2
Img_3472_2
The bottom is stamped "KUO SANG CASE.
Not a Japanese chaincase manufacturer.
Img_3473

The bottom bracket is cottered which is consistent with 1955 models or earlier.
Img_3482_2
The rear stand is a channel-style stand standard for all Japanese bicycles and is even bears a "FUJI" stamp.
Thumbnail_photo_2_2_3 Img_3281
I know there are many vintage Flying Pigeon collectors out there.
If anyone has any information on this bicycle, or on what may have been either Japanese brands produced in China, or, Chinese produced bicycles possibly copied from the Japanese, please contact me at: showajitensha@hotmail.co.jp

2018年6月25日 (月)

風切 (マスコット)

(I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の記事で
作業部屋に命を吹き込んで、「昭和自転車ラボ」と名付けるまでの過程
と作成中のいくつかの展示コーナーを不定期的に取り上げると延べました。
今回は、昭和自転車の大きな特徴である、優れた遊び心の一つを見てみたいと思っています。
それは、風切(マスコット)というものです
Img_0432_2

風切は100年ほど前から日本にあります。
もともと前泥除け先端の車種やメーカー名の小さな看板でした。Img_0431Img_0429

昭和12年(1937年)に山口自転車会社でロケット型マスコットが取り付けられたと言われています。
Img_0433Img_0924

他社が真似、「スピード」という印象を与えるモチーフとして、「風切(マスコット)」が自転車業界に広がりました。
Img_0422

ロケットより速いのは何でしょう?
それは翼付きのロケット!Blogimg_7750

スピードや力を表す物、動物、会社の商標など。

スタリオン

Img_0409


Img_0420

飛び跳ねるウサギ。
Img_0426

鳩、それとも伝書鳩
Img_0425_2

マジェスティックな富士山
Img_0427

芸術作品といっても過言ではない風切もあった。Img_0421_2

風切(マスコット)の全盛期は1950年代でした。
庶民の手頃な価格での唯一の交通手段。
前カゴの流行化や費用削減や高度経済成長の中、自転車社会から自動車社会に変わり風切(マスコット)が徐々に小さくなり最終的に廃止されてしまいました。
と言っても、1980年代までは限られた自転車に使われていました。

1960年代のアメリカで育った私は、
車のボンネットに誇らしげに大きな フードオーナメント が付いている50年代の車をよく見かけましたが、60年代のモデルには小さいか全く付いていないのが疑問でした。

現代は自転車の風切(マスコット)は存在しません。
自動車のフードオーナメントは安全面、または盗難防止のため限られた高級車にしか付いていません。
最高級車のロールス・ロイスのボンネットに付いている「スピリット・オヴ・エクスタシー」は盗難防止のため、触られたら自動的に車内に引き込ませるように出来ている。

時代の流れで自転車の風切(マスコット)は消滅したかもしれませんが、その存在が忘れ去れないように頑張って行きたいと思います。Img_0400

2018年6月10日 (日)

Fender Ornaments

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the last post I recapped how I gave life to the workshop and officially christened it “ Showa Bicycle Laboratory”.  I also mentioned that I would, from time to time, share some of the displays that are in the works. In this post we shall take a brief look at certainly one of the more playful and distinguishing features of vintage Japanese bicycles, the “fender ornament”, also known as a “mascot”
.Img_0432_2

In Japan, bicycle fender ornaments have been around for just over 100 years. Originally, they were simply tiny signboards attached to the front fender bearing the name of the model or manufacturer.Img_0431Img_0429

In the late 1930s Yamaguchi Bicycle Company introduced a streamlined rocket shaped mascot.
Img_0433Img_0924

Other companies followed suit. Some with similarly rocket-shaped mascots.
Img_0422

But what could possibly be faster than a rocket?
A rocket with wings!

Blogimg_7750

Many mascots depicted an object or animal that represented speed, might, the company logo or any combination of these.

A sleek swift stallion.
Img_0409

A mighty eagle.
Img_0420

A leaping hare.
Img_0426

A dove or perhaps a carrier pigeon?.
Img_0425_2

Majestic Mt. Fuji.
Img_0427

Some were true works of art.Img_0421_2

The heyday of the fender ornament was the 1950s; when the only form of affordable private transportation and local commerce was the bicycle. Gradually, with front mounted baskets, cost-cutting, Japan's shift from a bicycle-oriented society to an automobile-oriented society fender ornaments became smaller and smaller and were eventually phased out. That said, they were still around to a limited extent as late as the 1980s.

As a child growing up in the US in the 1960s I fondly recall automobiles from the previous decade proudly bearing large hood ornaments and wondered why the ones on recent models were either substantially smaller or completely nonexistent.

Today, bicycle fender ornaments are nonexistent. Automobile hood ornaments only adorn a very limited number of luxury automobiles, as these works of art are prone to theft. In fact the infamous “Spirit of Ecstasy which graces the hood of the Rolls-Royce Phantom is engineered to automatically retract automatically.

Though the bicycle fender ornament may be gone, I shall endeavor to ensure that they are never forgotten.

Img_0400

2018年5月27日 (日)

作業部屋(8)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)では、作業部屋の胴体となる作業台を作り、
作業部屋(3)は、使用時に一時的に体の一部となる「四肢」の工具でした。
作業部屋(4)と(5)では、それぞれ「右手」となる立万力と「左手」となるフレーム万力を与えました。

前々回の作業部屋(6) と前回の作業部屋(7)ではそれぞれ脚一本目二本目を与えました。

そろそろ作業部屋に名前を付けますが、その前に少しだけ覗いてみましょう。

古い自転車ののぼり。
旧漢字が古さを物語ります。
自転車の「轉」や.株式会社の「會」や販売店の「Img_0335

代表的な部品類(風切、チェーンケース、ロッドブレーキハンドル、バッチ類、保証メダル、BEタイヤ、チェーンホィール、ペダル、鍵、ダイナモ、ランプ等々展示しています。
Img_0334_2
Img_0332

工具類も。
Img_0336
それぞれの展示品など今後少しずつ取り上げますが、まず作業部屋の名前。
作業部屋に「昭和自転車ラボ」と名づけ手描き看板を拵えました。
Img_0327_3
やっと最低限出来ましたが、まだまだ長い道のりです。

2018年5月13日 (日)

Workshop (8)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

As faithful fans may recall, last year I moved and have been gradually giving life to a workshop.   In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock.  In Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench.  In Workshop (3),  the workshop received extremities in the form of tools, and, in Workshop (4) and Workshop(5) I gave the workshop right and left hands by adding a Blacksmith vise and frame vise. In the previous two installments in this series, Workshop (6) and Workshop (7) the workshop received its first and second legs.
   
It is now time to give the workshop a name.  But before that a quick sneak peak.
Bicycle banners.
For those of you familiar with Japanese, note the use of old Chinese characters such as the「 轉」in 「自転車」(Jitensha=bicycle).
Img_0335

A small display of parts including, fender ornaments, chaincases, rod brake handlebars, badges, fender ornaments, guarantee medals, tires, chainwheels, pedals, locks, generators, lamps and more.Img_0334_2
Img_0332
More on various displays later.  First the name.
To christen the workshop I hand-painted a sign in Japanese.
Showa Jitensha Labo. (Showa Bicycle Laboratory)
Img_0327_3

Still have a ways to go but will update accordingly.

2018年4月29日 (日)

バックミラー

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

Img_0219_3

やっと春が来ていい天気になりました。
先日アメリカの友人が泊まりに来ていい天気でよかった。sun

さて、日本の大掃除は12月に行いますが、出身地の寒いボストンでは暖かい春に行い、「春の大掃除(スプリングクリーニング)」と言います。

スプリングクリーニング中に珍しいものが出てきました。
自転車のバックミラー。
何年前に大変お世話になっている東京都狛江市の長寿自転車商会 .  の店主に頂いたものです。
店主は89歳現役自転車屋さんで、今も自転車を直すだけでなく昭和自転車をレストアなさっています。

Img_0243

ぱっと見は普通の昭和40年代ごろハンドルに付けられたバックミラーのように見えます。
Img_0246

オールメッキ、ガラス製ミラーコムパッキングでプラスチックは一切なくて昭和らしい作り。
Img_0244

しかし、よく見ると少し通常と異なるブラケットが付いています。.

それは前輪の軸に取り付けるためです。
Img_0246_2

バックミラーを取り付けました。Img_0224

ほぼペダルと同じ程度出っ張っています.Img_0226Img_0227_2

足が視野を遮るかと思ったがそうではありませんでした。Img_0241_2

調整したら以外に視野がよかったです。
しかし、ガラス製で地面にも近いのでどのくらい持つか少し心配です。.
Img_0233

このようなバックミラーは昔の標準整備だった自動車のフェンダーミラーを思い出させます。
現代でもタクシーによく使われています。
2

タクシーに今でも使用されているのはより安全だと言われているからです。
サイドミラーよりも頭を動かす角度が少なく、ほぼ視線だけで済みます。
トヨタ自動車の新タクシーにも使用予定とのこと。

2018年4月15日 (日)

Back Mirror?

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Img_0219_3

Spring is finally here and while "spring cleaning" I came across an interesting item from around the mid-1960s, a Back Mirror.

Back Mirror? 
This is the term Japanese use to refer to  "side mirrors" for cars, and "rear-view mirrors" for motorcycles or bicycles.

I acquired this several years ago from my favorite bicycle shop Long Life Bicycle Shop (長寿自転車商会)in Tokyo.  Perfect name as the proprietor is 89 years young, sharp as a tack and still restores and repairs  bicycles.

Img_0243

At first glance it looks like an ordinary vintage mirror one would attach to the handlebars.
Img_0246

Chrome and real glass mirror, no plastic.Img_0244

But a closer look reveals an unusual bracket.
These mirrors were attached to the front axle.
Img_0246_2

Here is the mirror installed.Img_0224

Sticks out about the same distance as the pedal.Img_0226Img_0227_2

I thought my leg would impede my view but not so.Img_0241_2

After adjustment I was surprised to find that it provided a good view.
Despite the good view, I tend to suspect that, being made of glass, and, being located this close to the ground, the life expectancy of these mirrors may not have been too long.
Img_0233

These mirrors tend to remind me of the "wing mirrors" or "fender mirrors" which used to be standard on most Japanese automobiles  and are still found on most Japanese taxis.
2

The reason most taxis use these mirrors is because they are considered safer.  The logic is that they require less turning of the head, and in some cases, only require simply shifting one's eyes.

«ブリヂストン責任保証メダル