2022年5月14日 (土)

白黒写真の盲点 (ライン入りリム)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels

1950年代(昭和20年代後半~30年代前半)の昭和自転車の写真は圧倒的に白黒です。
カラー写真は1970年代(昭和40年代ころ)から手頃な価格で主流になりました。
個人的には白黒写真が好きで、白黒写真にしかない独特な魅力があります。
ただし、白黒写真では細部が薄められるので本来の良さを見逃しがちで、実際にカラー写真で見ないと、どれだけ素晴らしいか分からない場合が多いです。
BEリムはその例の一つ。

以前の投稿でBEリムBEタイヤを見てきました。
BEリムは全体的にクロムメッキで、スポークは黒エナメルでした。
多くのリムは自転車メーカー商標リムメーカー商標刻印がありました。
ライン入りリムで実に芸術的傑作品でした。
2つの例を見てみましょう。

1つ目は、太いブルー・エナメルラインで、両側に細い赤線引きがあります。
Img_3823  

現代の自転車はクロムすらあまり見掛けません。
BEリムは全体的にクロムメッキ。
Img_3825
Img_3827
Img_3819

BEタイヤの耳がはめ込む溝が水色に塗られていることに注目。
BEタイヤの特徴の一つは、耳がチューブを包み込むため、リムテープが不要で、その機能がBEタイヤに組み込まれていることです。
Img_3831

スポークワッシャーは現代の自転車にありません。
Img_3829

二つ目の例は太い黒エナメルラインで、両側に細い金線引きがあります。
Img_3809
Img_3835

金色の商標刻印に注目。
Img_3837
Img_3834

BEタイヤの耳をはめ込む溝は深赤色に塗られていることに注目。
Img_3811

スポークワッシャーは現代の自転車にありません。
Img_3813

BEリム/タイヤがお気に入りです。
多くの古いものと同じように、シンプルで、頑丈で、美しく出来ています。
重い荷物を運び、未舗装の道路に耐えられるように作られています。
BEリムに問題があるとしたら、何年にもわたって頻繁に使用し風雨に晒されると、ブレーキシューの摩擦でクロムメッキが薄くなり錆が発生する可能性があります。
新家(ARAYA)はステンレスのBEリムを製造することでこの問題がなくなりました。
残念ながら、2010年ごろ廃番になりました。

2022年4月29日 (金)

Lost in Black & White (Center Lines)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Most photos from the 1950s of vintage Japanese bicycles are in black & white.  That's because color photography only became affordable and mainstream in the 1970s.  Personally, I like black & white photos, they have a certain charm all their own.  However, some details tend to become diluted or even lost in black & white photos and it isn't until we actually see them in color do we gain a true appreation of their beauty.  BE rims are one of many examples.

We have seen BE rims and BE tires in previous posts.  BE rims were all chrome and typically spokes were black enamel.  Many bore the bicycle manufacturer or rim manufacturer's trade mark.  And, some were absolute artistic masterpieces that had  center lines.  Lets take a look at two examples.

First is a thick blue enamel center line with thin red trim on both sides.
Img_3823  

You don't see much chrome on bicycles anymore.
The entire rim itself is chromed.
Img_3825
Img_3827
Img_3819

Note that the channel where the edges (flaps) of the BE tire sit is painted blue.
The nice thing about BE tires is that the edges (flaps) encase the tube so no need for rim tape, that function is designed into the BE tire.
Img_3831

Spoke washers, something we don't see today.
Img_3829

Second is a thick black enamel center line with gold trim on both sides.
Img_3809
Img_3835
Note the gold trade mark stamp.
Img_3837
Img_3834

Note that the channel where the edges (flaps) of the BE tire sit is painted red.
Img_3811

Again, spoke washers, something we don't see today.
Img_3813

I am totally sold on BE rims/tires.  Like most old things, they were designed and manufactured to be simple, strong, and beautiful.  They were built to carry heavy loads and withstand unpaved roads.  If I were to find any fault with BE rims it would be that, over many years of heavy use, the friction from braking can wear away the chrome plating down to the bare metal leading to rust.  Araya solved this by manufacturing stainless steel BE rims.  Unfortunately, after many years these were discontinued in 2010.  

 

 

2022年4月16日 (土)

道具箱(第三回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

「道具箱(第1回」では、シートチューブの裏上に取り付けられた金属製の道具箱を取り上げました。
前回の「道具箱(第二回)では、ハンモックサドル専用に設計されていた革製の道具箱を見ました。
今回は、もう一つ珍しい革製道具箱を見ましょう。

高級サドル裏側のストラップ穴に取り付けるように出来ている道具箱です。
Img_3533

表に開け閉め用の金具が付いていません。
Img_3548

少し変わっている断面図。
Img_3550

開け閉めは右側面に付いている革製ストラップで行います。
Img_3535

ストラップは底をスナップで閉じています。
開くには、ストラップを引き下げてスナップを外します。
Img_3536

ストラップを引っぱると工具入れが出てきます。
Img_3537

工具入れ
Img_3538
Img_3539

「道具箱(第二回」で見たハンモックサドルと同様に、内側の工具入れが取り出せるようにできています。
Img_3540

中には工具4本
Img_3541

工具に「Kennet」刻印
Img_3551
Img_3553

以前、「アイデア考古学」を言及しました。
古い物は現代版の先祖です。

2022年4月 1日 (金)

Tool Kit (Part 3)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In "Tool Kit (Part 1)" we examined a metal tool box that attached directly behind the top of the seat tube.  And, in the previous post, "Tool Kit (Part 2)", we took a look at a tool kit; one made of leather and specifically designed for hammock saddles.  In this post let's take a look at another unique leather tool kit.

This one fastens to the two eyelets provided on the back of high-end saddles.
Img_3533

Note that the front has no open/close fasteners.
Img_3548

Also a unique profile.
Img_3550

A leather strap attached to the side snaps to the bottom to keep the kit closed. 
Img_3535

To open, pull down on the strap to unsnap it.
Img_3536

Pull on the strap.
Img_3537

And the tool kit slides out.
Img_3538
Img_3539

Similar to the hammock saddle tool kit we saw in "Tool Kit (Part 2)"  the inner pouch can be pulled all the way out.
Img_3540

The kit has a set of four tools.
Img_3541

Tools are stamped "Kennet"
Img_3551
Img_3553

I've mentioned what I like to call "Idea Archeology".  Old things are the ancestors of today's version.  Frozen in time, old things are unique because they are a virtual time machine enabling us to have a glimpse of the design, technology, materials, features, functionality and ideas of their generation.

2022年3月19日 (土)

道具箱(第二回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の投稿「道具箱(第1回」では、シートチューブの裏上に取り付けられた金属製の道具箱を取り上げました。
今回は、ハンモックサドル専用に設計されていた革製の道具箱を見てみましょう。
筒型の革製道具箱で、ハンモックサドルのサスペンションコイルの中に差し込むように出来ています。
Saddle_and_bag_20220223095201
Img_3232
Img_3234
Img_3235

 Img_3219
Img_3222

道具箱は二重の筒で出来ています。
つまり、外側筒(本体)と道具入れの内側筒。
Img_3220

Img_3226

道具はオレンジ色の布に包まれています。
その布は道具を固定させ、鳴らない用途と万一途中どこかでメンテすることになったら、その後手拭きができると推定します。
Img_3203

中には小さな油差しと工具4本。
Img_3210

油差しと工具一式 
Img_3213

スパナ―類
Img_3211

次回は、別の道具箱を取り上げます。

2022年3月 4日 (金)

Tool Kit (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post "Tool Kit (Part 1)" we examined a metal tool box that attached directly behind the top of the seat tube.  In this post we shall take a look at another tool kit; one made of leather and specifically designed for hammock saddles

Here is the leather tubular tool kit specifically designed to fit inside the hammock saddle frame loops.
Saddle_and_bag_20220223095201
Img_3232
Img_3234
Img_3235

 Img_3219
Img_3222

The kit is designed as a tube within a tube.
That is, an outer tube (case) and an inner tube containing the tools.
Img_3220

Img_3226

The tools are wrapped in an orange cloth.
The cloth prevents the tools from jingling and can be used to wipe one's hands after performing any maintenance or repairs.
Img_3203

The kit contains an oiler and set of four spanners.
Img_3210

Oiler
Img_3213

Set of four spanners
Img_3211

In the next English post we shall continue to look at vintage Japanese tool kits.

2022年2月19日 (土)

道具箱 (第一回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

➀昭和自転車【導入偏】, ②現代の作りと違う【前半】【後半】で現代の自転車にはない昭和自転車の特徴をある程度までまとめました。
しかし、まだまだ特徴があります。
その一つは金属製の道具箱です。

金属製の道具箱は紳士用自転車にも婦人用自転車にもシートチューブの裏上に取り付けられていました。

紳士モデル
Img_3060
Img_3063b

婦人モデル
Img_3061
Img_3062b

昭和30年前後の金属製の道具箱。
Img_3070

黒エナメル塗装金線引きと金色文字
Img_3068

左開きでワイヤ取手を上に上げると開きます。
Img_3078

中には小さな油差しと工具4本。
Img_3076

油差しと工具一式
Img_3081

表面にがありますが、未使用のようでした。
Img_3084

緑エナメル塗装と金線引きと金色文字版
Img_3095

次回、別の道具箱を取り上げます。

2022年2月 4日 (金)

Tool Kit (Part 1)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the three videos "➀Vintage Japanese Bicycles (Introduction)",   "②They Don't Make Them Like They Used To (First Half)" and  "③ (Second Half)" I captured some of the features of vintage Japanese bicycles that are no longer commonly found on today's bicycles.  But there are still many others.  One additional feature is the metal tool box (tool kit).

The metal tool box clamped on directly behind the top of the seat tube, both on gents & ladies models.

Gents model
Img_3060
Img_3063b

Ladies model
Img_3061
Img_3062b

Here is an actual metal tool box dating back to the mid-1950s.
Img_3070

It is black enamel with gold lettering and pinstripes.
Img_3068

It opens from the left side by sliding the wire loop upwards.
Img_3078

The door pivots on hinges, and inside there is a small oiler (oil can) and set of four tools.
Img_3076

Oiler and set of tools.
Img_3081

There is some rust, but no wear and tear.
Img_3084

The same style metal tool box, in green & gold.
Img_3095

In the next English post we shall continue to look at vintage Japanese tool kits.

2022年1月22日 (土)

備えあれば、憂いなし

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

先日、関東に4年ぶりに雪が積もりました⛄⛄⛄

アメリカニューイングランド地方の出身なので、積雪がない冬は冬ではありません。
と言っても先日の積雪はわずか10cm。
我が家の裏庭です。(白黒写真ではありません)
Img_2966
Img_2967

しかし、雪は昭和自転車とどういう繋がり?
それは・・・

「備えあれば憂いなし」の諺がお気に入りの一つ。
幼少時から、故郷ニューイングランド地方で、冬に備えることの大切さを身につけました。
現在は関東に住んでいますが、冬の備えはセキネの軽運搬車に頼っています。
重量36㎏で実に頑丈。耐久性抜群!
大型リアキャリアやキラクスタンドなど、現代の自転車にはない、優れた頑丈なパーツで出来ています。
Img_2974
Img_2976
Img_2977

薪を運ぶのに最適!!
Img_9989

敬愛する作家、ヘンリー・デイヴィッド・ソローは、
実家から自転車でたった30分のところに住んでいました。
有名な「ウォールデン森の生活」という作品に、次のように書いています
(薪は)私を1回暖めてくれました。1回は木の根を薪にする時に、もう1回はもちろん暖炉で燃やす時に。こうして2回も人を暖める燃料は薪をおいてほかにありません。

その通り!!
実は私にとっては4回暖めてくれましす。

1回目
木を40㎝刻みに切る時。

シンプルな重労働なのでシンプルに出来るように最優先しています。
チェーンソーなし、シルキーカタナボーイ650 (市場最長の折りたたみ鋸)で丸太を切ります。
Img_2570
Img_9993

2回目
セキネ軽運搬車か背負子で家まで搬送する時。
(薪は思ったより重いです!)
Photo_20220107152601
Img_5559b_20220107133901
二宮金次郎!?

Img_2573

3回目
丸太を割る時。(真冬でも汗をかきます)
Img_9997a

4回目
暖炉で薪を燃やす時。
Img_2968

ウォールデン森の生活
「人はみな自分の薪の山に敬愛の眼差しを向けます。」も書いています。
謹聴!謹聴!
Img_2947
薪の数だけ達成感があります。

2022年1月 7日 (金)

Failing to Prepare is Preparing to Fail

次回この記事の日本語版を投稿します。

Yesterday it snowed!!!!⛄⛄⛄
Being from New England I grew up with snow and it is just not winter without snow!
Img_2966
Img_2967

But what does snow have to do with vintage Japanese bicycles?
Read on.

One of my favorite sayings is "Failing to prepare is preparing to fail".
When I was growing up in New England, I learned the importance of preparing for winter.
Here in Japan, where I live now, to prepare for winter I use my 
Sekine light-carrier cycle.
Weighing in at 80lbs (36kg) unloaded, it is all heavy-duty.
It has several advantages over today's bicycles including a big heavy-duty rear carrier and a heavy-duty roller-equipped stand.

 
Img_2974
Img_2976
Img_2977

And, it is great for hauling firewood.
Img_9989

My favorite author, Henry David Thoreau, whose hometown was within a bicycle ride away from mine, in his infamous work, Walden, wrote: "(logs) warmed me twice—once while I was splitting them, and again when they were on the fire, so that no fuel could give out more heat".

How true!
Actually they warm me FOUR times!!!!

1. First
When cutting trees into 40cm logs.  No chainsaw, I strive to keep things simple, so I do all my log cutting by hand manually with a Silky Katanaboy (folding saw with 65cm blade, longest on the market) and afterwards, depending on their size and weight either roll them to the street or carry them to the street on by back with a shoiko (a wooden rack with shoulder straps for carrying loads on one's back).
Img_2570
Img_9993

2. Second
When hauling them back home either on my back with a shoiko or with my Sekine light-carrier cycle.Photo_20220107152601
Img_5559b_20220107133901
Img_2573

3. Third
When log splitting.
Img_9997a

4. Fourth
When in the fireplace.
Img_2968

Thoreau also wrote in Walden: "Every man looks at his wood-pile with a kind of affection."
Hear, hear!
Img_2947

«丸石風切(カンガルー)第7回