2021年11月27日 (土)

丸石風切(カンガルー)第6回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

この連載(第1回2回3回4回)では、
丸石商会が使用しているカンガルー商標の起源は、明治45年(1912年)にイギリスのコベントリーPremier Cycleから輸入したプリミアモデルだったことに辿り着きました。
そして前回(第5回)で、丸石商会は1912年より前から、米国ニューヨーク州バッファロー市のPierce Cycle Companyから自転車を輸入していたことを指摘しました。

ここまで丸石商会がプリミヤモデルに使用していたカンガルー商標に注目して来ましたが、実は商標をもう一つ使用していました。 
それは、読んで字のごとくになっています。
丸(〇)の中に石➡丸石

丸石商標付き保証メダル
Img_1970_20211022093101

丸()の中に➡丸石
Img_1971

丸石商標付きヘッドバッジ.
Img_0523_20211022093101
Img_0524

同じ商標がピアスモデルに使用されました。
Img_0514_20211109132601
Piercetried-and-true_20211109132601

風切にも
Img_0502_20211109133801
Img_0505_20211109133801

看板や広告などにも
Tmrkkk67img600x4501289676775ukkvfj66778
(以下の広告に丸石商標が4つありますが、見つけられますか)
Nihonkarakuriimg450x6001250401380rtoiwr5

前掛けにも

162
 

昭和31年(1956年)の輸出カタログ広告に、丸石ビルディング屋上のネオンサインの商標が載っています。
当時、取り扱っていたブランド名に注目。
・Premier
   (元々イギリスのコベントリーPremier Cycleから輸入)
・Pierce
 (元々米国ニューヨーク州バッファロー市のPierce Cycle Companyから輸入)
・Golden Arrow
   (不明)
・Maruishi
 (独自ブランド)
19561

次回、丸石の最終投稿では、昭和6年(1931年)に完成し、現在も「日本の有形文化財」として登録されている丸石ビル(上)を取り上げたいと思っています。


2021年11月12日 (金)

Maruishi Fender Ornament (Kangaroo) Part 6

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first four installments (Part 1, Part 2, Part 3, Part 4) we traced the origin of the kangaroo trade mark used by Maruishi Shokai on its Premier model which was first imported from Premier Cycle of Coventry, England in 1912.  And, in the previous post (Part 5), we noted that even prior to 1912, Maruishi was already importing bicycles from Pierce Cycle Company, Buffalo, New York, USA.

Along with the kangaroo trade mark first used on the Premier model, Maruishi also had another trade mark.  In Japanese, Maruishi is written with the two characters Maru (丸= round, circle)and Ishi (石=stone), thus, literally "Round Stone".  The trade mark is a pictogram using an "oval=O” to express "丸=round" with the character for stone (石) inside it.

Here is a guarantee medal with the Maruishi trade mark.
Img_1970_20211022093101

Maru (round) "O" and Ishi (stone) .
Img_1971

Here again is the trade mark on a head badge.(←link Japanese only)
Img_0523_20211022093101

Maru (round) "O" and Ishi (stone) .
Img_0524

The same trade mark was used on the Pierce model.
Img_0514_20211109132601
Piercetried-and-true_20211109132601

And also on some fender ornaments.
Img_0502_20211109133801
Img_0505_20211109133801

On signs and advertisements.
Tmrkkk67img600x4501289676775ukkvfj66778
(There are four trade marks in the advertisement below.
   can you find them all?)
Nihonkarakuriimg450x6001250401380rtoiwr5

And even on work aprons.

162
 

The trade mark appeared in neon lights perched high atop the Maruishi Building as seen in this advertisement taken from a 1956 export catalog. Note the "Brands" listed.
・Premier
   (originally imported from Premier Cycle of Coventry, England)
・Pierce
   (originally imported from Pierce Cycle Company, Buffalo, New York, USA.)
・Golden Arrow
   (Unknown)
・Maruishi (own brand)
19561

In the next, and final post on Maruishi, we will take a closer look at the Maruishi Building (above) which was completed in 1931, still stands today and is registered as a "tangible cultural property of Japan".

2021年10月31日 (日)

丸石風切(カンガルー)第5回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

この連載(第1回2回3回4回)では、
丸石商会が使用しているカンガルー商標の起源は、明治45年(1912年)にイギリスのコベントリーPremier Cycleから輸入したプリミアモデルだったことに辿り着きました。
それよりも前に、丸石商会は米国Pierce Cycleからピアス(Pierce)というモデルを輸入していたこともあります。
Pierce Cycle Companyは、リアショックアブソーバー、フロントリーフスプリングフォーク、チェーンレスドライブを備えた下記のような革新的なモデルを提供しました。
Piercearrow-bicycle-piercearrow-society
Courtesy of Pierce-Arrow Society

これはPierceのヘッドバッヂ。
会社のスローガン「Tried and True」に注目。
Pierce-bicycle-badge-the-buffalo-transpo
Courtesy of The Buffalo Transportation Pierce-Arrow Museum

丸石商会のPierceモデルのバッヂにも"Tried and True"(実績あり信頼できる)スローガンが刻印されています。

Pierce-maruishi-sholai-japan-bicycle-gui
Img_0514_20211013204601
Piercetried-and-true

海外から輸入した自転車の選択が鋭かったです。

2021年10月15日 (金)

Maruishi Fender Ornament (Kangaroo) Part 5

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous four installments (Part 1, Part 2, Part 3, Part 4) we traced the origin of the kangaroo trade mark used by Maruishi Shokai on its Premier model which was first imported from Premier Cycle of Coventry, England in 1912.  But it is important to also note that even prior to this Maruishi was already importing Pierce models from the US.  Pierce Cycle Company offered innovative models like the one below equipped with rear shock absorber, front leaf spring forks and chainless drive.  

Piercearrow-bicycle-piercearrow-society
Courtesy of Pierce-Arrow Society

This is the Pierce head badge.
Note the company slogan "Tried and True".
Pierce-bicycle-badge-the-buffalo-transpo
Courtesy of The Buffalo Transportation Pierce-Arrow Museum

And here is a Maruishi Pierce model badge with the same slogan "Tried and True".

Pierce-maruishi-sholai-japan-bicycle-gui
Img_0514_20211013204601
Piercetried-and-true

When it comes to selecting bicycle companies to import from, Maruishi sure knew how to pick winners.

2021年10月10日 (日)

丸石風切(カンガルー)第4回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の丸石風切(カンガルー)第3回では、
95年前の出版物にイギリスのコベントリーのPremier Cycle Co. Ltd., が1912年から日本に自転車を輸出していると記載していたことを書きました。
1920年に兵庫県の製造拠点として日英自轉車製造株式會社(The Anglo-Japanese Cycle Mfg., Co., Ltd. ➡省略名A.J.C.を設立しました。
A.J.C.は日本国内でPremierモデルの自転車を製造し、丸石商会(Maruishi Co.)が販売代理店を務めました。

これは、イギリスのコベントリーのPremier Cycle会社が使用していたカンガルーの商標です。
1890_premier_12_20210919201101
(Photo property of ONLINE BICYCLE MUSEUM)

A.J.C(国内製造拠点)と丸石商会(Maruishi Co. 販売代理店)の両方がカンガルーを商標として使用していました。
しかし、なぜカンガルーの商標が何種類もあるのがは謎のままです。

丸石商会 (Maruishi Co.) カンガルー
ヘッドバッヂ
Premier-head-badge-japan-bicycle-guide
Premier-head-badge

保証メダル
7_20210918115401

風切
Img_0515

よく見ると綴りが間違っています➡ "Premier"がPrimierになっています。
Img_0515b

 

A.J.C. Kangaroo
ヘッドバッヂ①
Img_0571 

ヘッドバッヂ②
Img_0532

保証メダル ➀
Premier-guarantee-medal

保証メダル ②
Img_0304_20210918115401

同じA.J.C.でも丸石商会でも商標のカンガルーにはいくつかのバージョンがあります。
なぜかまだ謎のままです。
謎は多いのですが、残念ながら解く時間は少ないです。

2021年9月24日 (金)

Maruishi Fender Ornament (Kangaroo) Part 4

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post Maruishi Fender Ornament (Kangaroo)Part 3 we saw a photo book published 95 years ago which explained that Premier Cycle of Coventry, England had been exporting bicycles to Japan since 1912.  In 1920 it established The Anglo-Japanese Cycle Mfg., Co., Ltd. (aka A.J.C.) , as its manufacturing base in Hyogo Prefecture. Thus,  A.J.C. manufactured the Premier model bicycles locally in Japan and Maruishi Shokai (Maruishi Co.) was its distributor.  

This is the kangaroo trademark used by Premier Cycle of Coventry, England. 
1890_premier_12_20210919201101
(Photo property of ONLINE BICYCLE MUSEUM)

Both A.J.C (local manufactuer) and Maruishi Co. (distributor), used the kangaroo as their trademark. But, what remains a mystery is why there were so many variations in the kangaroo trademark.  

Maruishi Shokai (Maruishi Co.) Kangaroo
Head badge
Premier-head-badge-japan-bicycle-guide
Premier-head-badge

Guarantee medal
7_20210918115401

Fender ornament
Img_0515

Upon close inspection "Premier" is misspelled Primier.
Img_0515b

 

A.J.C. Kangaroo
Head badge ①
Img_0571 

Head badge ②
Img_0532

Guarantee medal ➀
Premier-guarantee-medal

Guarantee medal ②
Img_0304_20210918115401

Why the difference? It remains a mystery.
So many mysteries, so little time.

 

2021年9月11日 (土)

丸石風切(カンガルー)第3回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の丸石風切(カンガルー)第2回では、
丸石自転車の商標のカンガルーはイギリスの Premier Cycle Co, Ltd.,が起源と推測を述べました。

1884年、イギリスのコベントリーにHillman Herbert & Cooperという会社がやや小さ目のオーディナリ自転車を作って、カンガルーと名付けました。
1892年に同社は社名をPremier Cycle Co. Ltd.に変更しましたが、ロゴとしてカンガルーをそのまま使用。

そして、Premier Cycleのカンガルー商標付き保証メダル2個を見ました。
1個目は「A.J.C. Mfg. Co.」と2個目は「 Maruishi Co (丸石商会)」。
A.J.C. Mfg. Co.」とは一体何の省略?
丸石商会とどういう繋がり?。
答えは大正15年(1926年)の出版物にありました。
95年前!!

Img_2689

A.J.C. というのは Anglo-Japanese Cycleの省略。
(The Anglo-Japanese Cycle Mfg, Co., Ltd. ➡日英自轉車製造株式會社)

Premier Cycleは明治45年(1912年)から自転車を日本に輸出していました。

大正9年(1920年)に 日英合同で製造するためにA.J.C. (日英自轉車製造株式會社 The Anglo-Japanese Cycle Mfg., Co., Ltd.)を創設しました。
Img_2689b

会社は兵庫県神戸市筒井町にありました。
工場敷地1300坪。
(写真を拡大して見て下さい。)
Img_0501

商品の輸送に馬車を使用していることが時代を物語ります。
Img_0501b

従業員は約350人
年間製造台数は自動自転車(バイク)5千台、自転車は3万5千台。
Img_2691
Img_2692

プリミヤ(Premier) 自転車 (大正15年、1926年)
Img_2693

ということで、A.J.CはPremierモデルの自転車を製造し、丸石商会(丸石株式会社)は販売代理店を務めていました。
Img_0304_20210622150001
7_20210622154701

この本のお陰で、丸石自転車の商標のカンガルーの起源は、
推測通り、1884年、イギリスのコベントリーにHillman Herbert & Cooperという会社がやや小さ目のオーディナリのカンガルーという名付けた自転車になります。

 

2021年8月27日 (金)

Maruishi Fender Ornament (Kangaroo) Part 3

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post Maruishi Fender Ornament (Kangaroo)Part 2 we continued to examine my theory that the origin of the kangaroo trademark used by Maruishi dates back to 1884 when Hillman Herbert & Cooper, a company in Coventry England, made a dwarf ordinary and named it the Kangaroo.  In 1892 the company changed its name to Premier Cycle Co. Ltd., but retained the kangaroo as its logo.  And, we examined two Premier Cycle guarantee medals; each bearing a kangaroo trademark, the first manufactured by A.J.C. Mfg. Co., and the second by Maruishi Co.  What was A.J.C. Mfg. Co. ?  What does A.J.C. stand for and how was it related to Maruishi Co.?  I found the answers in a photo book published 95 years ago, back in 1926.  

Img_2689

A.J.C. stands for The Anglo-Japanese Cycle Mfg, Co., Ltd.
(日英自轉車製造株式會社)
Premier Cycle had been exporting bicycles to Japan since 1912.
In 1920 it established The Anglo-Japanese Cycle Mfg., Co., Ltd., as a local manufacturing base in Japan. Img_2689b

The company was located in Kobe City, Hyogo Prefecture with a complex occupying over 4,200 square meters.
Img_0501

Note the use of horse drawn wagons to transport goods.
Img_0501b

In 1920 the factory employed around 350 employees.
Annual production of 5,000 motorcycles and 35,000 bicylces.
Img_2691
Img_2692

Premier model bicycles (1926)
Img_2693

Thus, A.J.C manufactured the Premier model bicycles while Maruishi Shokai (Maruishi Co.) served as its distributor.
Img_0304_20210622150001
7_20210622154701

Thanks to the information contained in the photo book, it proves my theory that the origin of the kangaroo trademark used by Maruishi dates back to 1884 when Hillman Herbert & Cooper, a company in Coventry England, made a dwarf ordinary and named it the Kangaroo. 

 

2021年8月14日 (土)

丸石風切(カンガルー)第2回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の丸石風切(カンガルー)第1回では、丸石自転車の商標のカンガルーはイギリスの Premier Cycle Co, Ltd.,が起源と推測を述べました。
今後の投稿で推測が合っていることを裏付けていきます。

まず、Premier Cycle保証メダルを2つ見てみましょう。

1. Premier Cycle, manufactured by A.J.C. Mfg. Co.
    株式会社プリミヤ製作所製品
Img_0304_20210814141601

2. Premier Cycle, Maruishi Co.
形状と素材を別にして似ていることは似ていますが、相違点もあります。
7_20210814141001

カンガルーの姿勢に注目して下さい。
一枚目メダルのカンガルーは、ボクシングのように腕を前に向けて構えています。
Kangaroo-1

2枚目メダルのカンガルーは腕を横にして直立しています。
Kangaroo-2

そして、2枚目メダルには「コティノス」も付いています。
「コティノス」というのはギリシャ語で古代オリンピック大会の勝者に与えられたオリーブ花輪(花冠)。
現代オリンピックの金メダルと同じです。
Greak-olive-wreath

1884年、イギリスのコベントリーにHillman Herbert & Cooperという会社がやや小さ目のオーディナリ自転車を作って、カンガルーと名付けた。
1892年に同社は社名をPremier Cycle Co. Ltd.に変更しましたが、ロゴとしてカンガルーをそのまま使用。
丸石商会の沿革は1907年に遡って、カンガルーを商標としてプレミアモデルを製造していました。
したがって、両社が同様に立っているカンガルーを使用しているため、丸石商会の長い歴史上初期のある時点で、Premier Cycle Co. Ltd.と何らかの形で手を組んだ可能性が高いと推測されます。

次回は、
A.J.C. Mfg. Co.,がイギリスからPremier完成車を輸入から始め、その後国内で製造した証を取り上げます。

 

2021年7月31日 (土)

Maruishi Fender Ornament (Kangaroo) Part 2

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post Maruishi Fender Ornament (Kangaroo)Part 1 we took a look at Premier Cycle Co, Ltd., which I surmise is the origin of the kangaroo trademark used by Maruishi.  As we shall see in the next couple of installments, this appears to be correct.

Here we have two very similar Premier Cycle guarantee medals.

1. Premier Cycle, manufactured by A.J.C. Mfg. Co.
Img_0304_20210814141601

2. Premier Cycle, manufactured by Maruishi Co.
Very similar indeed, but besides the obvious shape and materials there are a couple of subtle differences.
7_20210814141001

In the first the kangaroo is poised with its arms out in front as if boxing.
Kangaroo-1

In the second, the kangaroo is standing more upright with arms at its sides as if standing at attention.Kangaroo-2

The second also has a Greek olive wreath, also known as a kotinos.  In modern Olympic Games, medals are awarded to winners; however, in ancient Olympic Games winners were awarded a kotinos.  So the olive wreath is synonymous with champion.

Greak-olive-wreath

Keep in mind, my theory is that the origin of the kangaroo trademark dates back to 1884 when Hillman Herbert & Cooper, a company in Coventry England, made a dwarf ordinary and named it the Kangaroo.  In 1892 the company changed its name to Premier Cycle Co. Ltd., but retained the kangaroo as its logo.  Now, Maruishi Shokai's roots date back to 1907.  The company manufactured Premier models using a kangaroo as its trademark. Thus, I surmise that at some point in the early part of Maruishi's long history it likely dealt with Premier Cycle Co. Ltd., as both companies use a similar kangaroo standing erect. And, as we shall see in the next post, that point in time was when A.J.C. Mfg. Co. imported and later manufactured Premier models here in Japan.

 

«丸石風切(カンガルー)第1回