2018年1月 7日 (日)

作業部屋(7)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)では、作業部屋の胴体となる作業台を作り、
作業部屋(3)は、使用時に一時的に体の一部となる「四肢」の工具でした。
作業部屋(4)と(5)では、それぞれ「右手」となる立万力と「左手」となるフレーム万力を与えました。

前回作業部屋(6) では脚一本となる簡素で実用的な前車輪を地面から持ち上げるメンテスタンドでした。
今回、作業部屋に脚をもう一本与えます。

こちらは2本目の脚となる、メンテナンス兼組立スタンドです。
前回の一本目の脚、軽量でシンプルなメンテナンススタンドと非常に対象的でしょう。
こちらは20kgもあります。
Img_3242_2

純正な畑屋メンテナンス兼組立スタンドです。
同一な物は昭和23年の畑屋カタログに載っています。

当時は自転車組立て及び検査が工場ではなく、販売店で行われていました。Img_3239_2

Img_3243Img_3238_2

自転車を逆さまにしてハンドルをハンドル受け2本にセットし、サドルをサドル受けに載せると自転車の重量でクランプ が作動し、ハンドルが固定されます。
もう少し詳しく見て見ましょう。
Img_3237_4Img_3250

ハンドル受けの2個。
赤い部分がクランプ。
Img_3246_2Img_3245_2Img_3244_2

自転車を組立スタンドにセットしたまま。
サドルをサドル受けに載せると自転車の重量で赤いクランプ が作動し、ハンドルを固定します。
Img_3249Img_3263

クランプの止め装置。
サドル受けがトリガーで自転車の重量にて解除しクランプが作動します。
Img_3247_2Img_3257Img_3256

ハンドルがクランプされた状態。
Img_3258Img_3262

古い工具は実に面白い。
この組立スタンドは作業台の上ではなく、下記の写真のように床の上で使用されていました。
Img_3264

2017年12月22日 (金)

Workshop (7)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Workshop I have moved and I am in the long process of getting settled in.  In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock.  In Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench.  In Workshop (3),  the workshop received extremities in the form of tools, and, in Workshop (4) and Workshop(5) I gave the workshop right and left hands by adding a Blacksmith vise and frame vise.  In the last installment, Workshop (6), the workshop received the first of two  legs in the form of a simple but effective front wheel maintenance stand.  In this post, I shall give the workshop its second leg.

Here is the second leg.  A stark difference from the first leg which was a simple lightweight design.  This maintenance and assembly stand weighs in at 20kg!

Img_3242_2

It is an original Hataya maintenance and assembly stand.
The same stand appears in a 1953 Hataya tool catalog.  It is important to note here that bicycles were shipped as kits to retailers who were responsible for final assembly and inspection.

Img_3239_2

Img_3243Img_3238_2

The bicycle is turned upside down and the handlebars are fitted to the two support rests.  Then the saddle is set down, the weight of the bicycle activates a clamp mechanism which in turn clamps the handlebars in place.  Let's take a closer look.Img_3237_4Img_3250

Here are the two handlebar support rests.
Note the red two pronged clamp.
Img_3246_2Img_3245_2Img_3244_2

This is the bicycle set in the stand. When the saddle is set down the weight  of the bicycle releases a clamp mechanism and the red two pronged clamp secures the handlebars in place.
Img_3249Img_3263

Here is the clamp release mechanism.  The saddle rest acts as a trigger and the weight of the bicycle releases the clamp.
Img_3247_2Img_3257Img_3256

Clamp activated and handlebars clamped in place.Img_3258Img_3262

An interesting maintenance and assembly stand.  Of course this stand would not be used on top of the workbench and would be used set on the floor as shown in the photo below.

Img_3264

2017年12月10日 (日)

流されずにシンプルでいい

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

転居後、まだ未開梱だった段ボール箱を開けたら、約10年前に切り抜きしたお気に入り川柳が出てきました。

Img_3225

文明と便利さのことを述べています。
文明が発展と共に、無意識に流されがちです。
やっはり、使い捨ての時代、便利になったぶん、なにかも一緒に捨てている気がしてなりません。

自転車を手に入れて

僕は歩くのをやめた

原付を手に入れて

僕はこぐのをやめた

車を手に入れて

僕は土を忘れた

プールに親しんで

僕は海を遠ざけた

エアコンを手に入れて

僕は大気を疎んじた

文明を一つ手に入れて

便利を手に入れて

道具を一つ手に入れて

僕は心を失った

今、僕はこつこつと

慎重に心を

もとに戻していく

2017年11月26日 (日)

Keep it Simple

次回、この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Workshop I have moved and I am in the long process of getting settled in. Whilst unpacking I came across a poem I had cut out from a Japanese newspaper published in 2008.

Img_3225

The poem deals with civilization and modern conveniences. 
A liberal translation is given below.

When I got a bicycle, I gave up walking

 

When I got a scooter, I gave up pedaling.

 

When I got a car, I lost touch with the earth.

 

When I went to the pool, I gave up the ocean.

 

When I got an air-conditioner, I lost touch with the weather.

 

For every modern convenience I let in,

 

For every gadget I let in,

 

I gave up a piece of me,

 

Now I earnestly strive to restore myself to the way I used to be.

To me, the message is "keep it simple".

2017年11月12日 (日)

作業部屋(6)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる、古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)では、作業部屋の胴体となる作業台を作り、
作業部屋(3)は、使用時に一時的に体の一部となる、まるで「四肢」の工具でした。
作業部屋(4)と(5)では、それぞれ「右手」となる立万力と「左手」となるフレーム万力を与えました。
今回は脚一本を。

こちらは脚です。
簡素で実用的な前車輪を地面から持ち上げるメンテスタンド。
前ロッドブレーキ調整やスポーク張り具合調整やパンク修理やタイヤ交換やコーン(玉押し)調整などの前車輪周りのメンテに実に最適な道具。
この簡素で巧みな仕掛けの前輪メンテスタンドを見てみましょう。

Img_0018_2

径約1cmの鉄棒3本(フレーム受けと本体とハンドル)とフレーム受けと本体の繋ぎ目。
四か所でスポット溶接実、実に簡素なデザイン、ネジもナットも不要。
フレーム受け部にキズ防止の短いゴムチューブ2本も付いています。
Img_0039

フレーム受け部。
受け部にゴムチューブ2本がスタンドをフレームに取り付ける時にキズを防ぐ役割。
Img_0029

受け部がダウンチューブの下部とヘッドチューブの裏に嵌まる。
Img_0024_2

ハンドル付きで片手でスタンドをフレームに嵌めやすい。Img_0031Img_0011_2Img_0025

スタンドの下部が広くて安定性を提供する。.
Img_0037

片手でスタンドをフレームとフォークの間に差し込んで、受け部をダウンチューブの下部とヘッドチューブの裏に嵌める。

Img_0005_3

自転車を上に持ち上げながらスタンドを前にスライドして前車輪が地面から浮きあがります。
Img_0026

スタンドの広い下部と自転車の重さがリアスタンドに配分されることによって自転車が安定し前車輪のメンテ環境がいい。
Img_0027

スタンドの角度を変えることによって前車輪の高さ調整も出来ます。
急な角度で車輪が高くなります。
Img_0019_2

狭隅角度で車輪が地面から僅かに上がります。
Img_0012

Img_0013

このような前車輪メンテスタンドが便利でシンプルな素材や作り、使いやすくて一生使えます。
Img_0042

2017年10月30日 (月)

Workshop (6)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Workshop I have moved and I am in the long process of getting settled in.  In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock.  In Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench.  In Workshop (3),  I gave the workshop extremities in the form of tools, and, in Workshop (4) and Workshop(5) I gave the workshop right and left hands by adding a Blacksmith vise and frame vise.  In this installment the workshop will receive the first leg.

Here is the leg, a simple but effective front wheel maintenance stand to raise the front wheel off the ground.  Excellent for working on and around the front wheel: adjusting rod brake stirrups, adjusting spoke tension, fixing flats, changing the tire, adjusting cone bearings, etc.  Let's take a closer look at this simple yet ingeniously designed front maintenance stand.
Img_0018_2

Very simple materials, only uses 3 pieces of rod iron (neck, body and handle), a joiner piece connecting the neck to the body, and, two rubber tubes on the neck fork to protect the bicycle from getting scratched. No screws or nuts, just spot welded in four places.

Img_0039

Here is the neck.
Again, note the rubber tubes on the neck fork to protect the bicycle from getting scratched.

Img_0029

The neck fits in the joint formed between the underside of the down tube and rear of the head tube.
Img_0024_2

The handle allows the stand to be fitted to the frame with one hand.Img_0031Img_0011_2Img_0025

The wide base provides stability.
Img_0037

Using one hand the stand is inserted between the main frame and fork, with the neck portion fitted under the down tube and behind the head tube.

Img_0005_3

The stand is pulled forward while simultaneously lifting upwards to raise the front wheel off the ground.
Img_0026

The wide base of the stand, weight of the bicycle and weight distribution shifted to the rear stand all work together to provide a stable condition for working on and around the front wheel.
Img_0027

Changing the angle of the stand raises or lowers the front wheel.
Steep angle raises the wheel well off the ground.
Img_0019_2

Shallow angle lifts the wheel just off the ground.
Img_0012

Img_0013

These old front wheel maintenance stands are very handy, made of simple materials and construction, easy to use, and, will last a lifetime.
Img_0042

2017年10月15日 (日)

作業部屋(5)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる、古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)では、作業部屋の胴体となる作業台を作り、
作業部屋(3)で、使用時に一時的に体の一部となり、まるで「四肢」である、工具でした。
前回の作業部屋(4)では「右手」となる立万力を与え、今回は「左手」を。

右手と同様に左手は自転車修理用に設計された万力の一種で、
「フレーム万力またはパイプ万力」と言います。
見てみましょう。
Img_0552

左側面に穴が二つ。
Img_0556_3

上面も穴が2つ。
Img_0558

右側面は穴が一つだけ。
Img_0559_2

フレーム万力の前半分を取り外し断面的な構造が見えてきます。
各々の溝でフレームを縦、横、斜めに固定できます。
Img_0565_2

畑屋工具カタログから抜粋した図ですが、よく似ています。
(畑屋について作業部屋(3) を参照)
Img_0569

前半分の合わせ面(左側)と後半分の合わせ面(右側)
Img_0566


横に固定
Img_0560

縦に固定
Img_0562_2

斜めに固定 
Img_0563_2

斜めに固定(フレームが逆さま).
Img_0564

作業台の左手と右手
Img_0551

2017年10月 2日 (月)

Workshop (5)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Workshop I have moved and I am in the long process of getting settled in.  In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock.  In Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench.  In Workshop (3),  I gave the workshop extremities in the form of tools, and, in Workshop (4) I gave the workshop a right hand by adding a Blacksmith vise. In this installment the workshop will receive a left hand.

The left hand, like the right hand, is also a vise designed specifically for bicycle shops and is known in the bicycle industry as a frame or pipe vise.
Img_0552

Left side has two holes.
Img_0556_3

Top has two holes.
Img_0558

Right side has a single hole.
Img_0559_2

Here is the back half of the vise.  The grooves allow the frame to be held vertically, horizontally or diagonally.
Img_0565_2

Below is a similar vise taken from a Hataya catalog.
(Refer to Workshop (3) for more on Hataya)
Img_0569

Here we see the mating surface, the back half on the left and the front half on the right.
Img_0566


Frame held horizontally.
Img_0560

Frame held vertically.
Img_0562_2

Frame held diagonally (right side up).
Img_0563_2

Frame held diagonally (upside down).
Img_0564

And there they are, the left and right hands on the workbench.
Img_0551

2017年9月16日 (土)

作業部屋(4)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる、古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)では、作業部屋の胴体となる作業台を作り、
作業部屋(3)で、使用時に一時的に体の一部となり、まるで「四肢」である、工具でした。
今回は、作業部屋に「右手」を与えます。


作業部屋の股肱(ここう)です。
昭和20年代ごろの畑屋製の万力。
このような万力は、日本語で「立万力」といいますが、英語では様々な名称があります。
Blacksmith Vise、Leg Vise, Post Viseなど。

それぞれの名前の由来を見て見ましょう。Img_0388_2

Blacksmith Vise (鍛冶屋さんの万力)
名前の通り、鍛工の職場によくある万力。
このような万力は横万力より丈夫に作られているし、挟み部が浮動スクリューで旋回し
鍛工の酷使から守られています。

Img_0400

Post Vise (立万力)
立形の由来
横万力 と違って作業台の上面だけではなく、柱にも取り付けられます。
Img_0389

Leg Vise (脚万力)
万力の下部に付いている長い棒からの由来。

この棒の特徴は、万力自体や万力に挟む部品をたたく時、その衝撃を床へ移すためです。
Img_0390

この万力は酷使に耐えるだけではなく、畑屋工機株式会社に自転車修理で用いるために特別に設計された万力です。
(畑屋について作業部屋 (3) 参照)
Img_0393
Img_0392
Img_0391 Img_0395

畑屋は、工具を国内のみならず、海外にも輸出販売していました。
下記の図は、英語版のカタログから抜粋しました。
Note:  "Specifically designed for bicycle repairing."
「自転車修理で用いるために特別に設計された万力である」

Img_0365_2

日本語版のカタログにも載っています。
「拾五ヶ年保証」
Img_0501

万力の挟み部に注目
上面と右側面に小さな凹面があります。
これは円筒形の小部品(コッターピンやペダル芯、ブレーキロッドなど)固定用。

Img_0396

上面と右側面に凹面あります。
Img_0397

上面だけで固定
Img_0399

右側面だけで固定
Img_0398

一番下の大きな横凹面に注目
これはフレームを挟むためにあります。
Img_0401
Img_0404

Img_0402

畑屋製の万力用フレームクランプ。
どんな万力でも使用可能。
Img_0408

バネ仕掛け式で便利
Img_0407
Img_0409

フレームを縦にも横にも固定することができます。
Img_0410
Img_0415
Img_0411

このような古い自転車専用の立万力は、実に頑丈で代々に伝わってもまだまだ使えます。
「古い」という言葉は、
「衰えている」や「もう使用価値がない」の捉え方が多いですが、
しかし、必ずそうとは限りません。

現代の使い捨て社会の中、消費者運動を加速させるマスマーケティング戦略で、
「新発売」が今までの物よりいいと流されがちですが、「古い」からと言っていつも新発売に叶わない訳ではありません。
古い物が長持ちし、もしくは新発売より良質で、おまけに安価な場合も少なくありません。

今回は、「作業部屋連載」において、
作業部屋に、「右手」を与えたことについて書きました。

次回は作業部屋に「左手」を与えます。

2017年9月 2日 (土)

Workshop (4)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Workshop I have moved and I am in the long process of getting settled in.  In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock, in  Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench, and, in the previous installment, Workshop (3),  I gave the workshop extremities in the form of tools.  In this installment I will give the workshop a right hand.

There she is, the workshop's "right hand", or "right-hand man", an early 1950's Hataya Tool Manufacturing Company vise.  These types of vises go by several different names including:  Blacksmith Vise, Leg Vise and Post Vise.  Let's take a closer at these different names.
Img_0388_2

A Blacksmith vise, as the name implies, is commonly found in metal shops.  These vises, as opposed to a Machinist vise, have a floating screw box which protects the screw from the heavy pounding that comes with the job of forging metal into various shapes.   
Img_0400


Post Vise, as the name implies, requires the vise to be mounted to a vertical brace such as the post of a workbench, as opposed to a Machinist vise which is mounted only to the top of a workbench.
Img_0389

Leg Vise refers to the thick long pole attached to the bottom of the vise which transfers the impact (energy) of hammering to the ground rather than to the screw. 
Img_0390

Besides being heavy-duty and virtually indestructible, this vise was designed and manufactured specifically for bicycle repair by the Hataya Tool Manufacturing Company.
(Refer to Workshop (3) for more on Hataya)
Img_0393
Img_0392
Img_0391 Img_0395

Hataya not only produced tools for the Japanese market but also exported their tools.
The illustration below is from an English catalog. 
Note:  "Specifically designed for bicycle repairing."

Img_0365_2

Note the jaws have been designed with the added convenience of securing small cylindrical parts such as cotter pins, pedal axles, brake rods, etc.
Img_0396

Both top and right side have this added feature.
Img_0397

Top only.
Img_0399

Side only.
Img_0398

Note the large concave portion below the jaws.  This is used to mount the top tube in so that the vise also serves as a bicycle work stand.

Img_0401
Img_0404

Img_0402

This is a Hataya frame clamp that fits into the jaws of any vise.
Img_0408

Conveniently spring loaded.
Img_0407
Img_0409

Can be used to hold the frame horizontally or vertically.
Img_0410
Img_0415
Img_0411

These Blacksmith vises are amazing and will easily outlive their original owners.  "Old" often gets a bad rap; people tend to get caught up in the mass marketing and advertising and in some cases erroneously believe that just because something is "new" is better than "old".   Not always.  In fact in today's disposable society where things are not built-to-last, often "old" is superior to "new" and because "old" is often "used" it is cheaper to boot!

In this instalment we saw the workshop's right hand.  In the next installment we shall take a look at the workshop's left hand.

«突然の訪問者