2020年9月13日 (日)

サス付き革製サドル(第五回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」, 「第四回」の記事で、昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル4種類800系750系 、900系500系それぞれを見て来ました。

今回の記事でサス付き革製サドルをまた取り上げますが、このサドルはそれほど知られていません。

600-series-660

Img_9297a_20200916114501
製造会社によってモデル番号が異なり、通常600系と呼ばれていました。

今まで見て来たモデル(800系), (750系), (900系) と (500系) と比較して先端にあまりサスペンションがなく、ベーススプリング2本だけです。

Img_9297c

後ろに (750系), (900系) , (500系).と同じようにバネ2本。

Img_9297b

(800系), (750系), (900系)(500系).と比較して鳥観図がスマートになっています。
Img_9297e_20200827135901

実用自転車として最低限なサスペンションですが、実用車と軽快車に堺目。
600-series-660

これ以下となると軽快車やスポーツ用でベーススプリング2本の600系と比較して1本のみ。

Sports-model-one-base-spring-wire

そしてさらに行くとサスペンションがないレーシング用の (100系) があります。

Racing-model-no-suspension-100-series

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。

2020年8月29日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 5)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous four posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3) and (Part 4) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series) and (500 series), respectively.

In this installment we shall take a glance at yet another style, albeit a lesser known one.  

600-series-660

Img_9297a_20200916114501

Depending on the manufacturer the model number varied but this saddle style was commonly referred to as the 600 series.

Compared to the front suspension in the other models we've seen so far (800 series), (750 series), (900 series) and (500 series) , less suspension in the front, only double base springs (wires).

Img_9297c

Two coiled springs in the rear, similar to those on the (750 series), (900 series) and (500 series).

Img_9297b

A narrower profile compared to all those seen so far (800 series), (750 series), (900 series) and (500 series).
Img_9297e_20200827135901

As far as utility cycles go, this is about the minimum amount of suspension.
600-series-660

The next step down would be a sports model, having only a single base spring compared to the 600 series double base spring.

Sports-model-one-base-spring-wire

And a step down from the sports model would be entering the racing (100 series) which has no suspension.

Racing-model-no-suspension-100-series

In the next post we shall continue to take a look at another style of leather sprung saddles.

2020年8月17日 (月)

サス付き革製サドル(第四回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「サス付き革製サドル第二回」「サス付き革製サドル第三回」 の記事で、昭和20年代後半~30年代前半の最も一般的な革製サドルの3種類ハンモックサドル (800系)3本バネ付きサドル (750系)
とその二種類の組合せモデル(900系)を見て来ました。

今回の記事から、昭和20年代後半~30年代のあまり知られていないスタイルのいくつかを取り上げます。
まず、この珍しいデザインです。
製造会社によってモデル番号が異なっていましたが通常500系と呼ばれていました。
500系のなか他の類はサドルの先端のサスペンションによって異なります。

先端に800系 や900系 のようにコイルがあり、後ろに750系 や900系 のように2本バネがあります。
この500系の最大の特徴はベーススプリングにコイルになっています。

574

Img_9302a

Img_9302c

Img_9307d

後ろに2本バネ.
Img_9302b

鳥瞰図
Img_9302e_20200731054701

I前述のように、500系は、サドルの先端のサスペンションがによってモデル番号が異なります。
見比べて下さい。

560
560

570
574

590
Img_9333-copy

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。

2020年7月31日 (金)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 4)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous three posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 2), and Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 3) we took a look at the three most popular sprung leather bicycle saddle styles from the 1950's: hammock saddle (800 series)3-spring saddle (750 series) and 900 series.

Starting with this installment we shall begin to look at a few of the lesser known styles from the 1950's.  First up is this unusual design. Depending on the manufacturer the model number varied but was most commony referred to as the 500 series, with other variants depending on the type of suspension in the nose.

It has loops in the nose, similar to the 800 series and 900 series, and, two coiled springs in the back similar to the 750 series and 900 series. What sets this sadde apart from the others is its unique base spring (wires) which are looped.

574

Img_9302a

Img_9302c

Img_9307d

Two coiled springs in the back.
Img_9302b

Top profile.
Img_9302e_20200731054701

In the 500 series, as previously mentioned, different model numbers for different suspension in  nose.
Compare the following.

560
560

570
574

590
Img_9333-copy

In the next English post we shall continue to take a look at another saddle model from the 1950s.

2020年7月19日 (日)

サス付き革製サドル(第三回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「サス付き革製サドル第二回」 の記事で、ハンモックサドル3本付きサドルを見て来ました。
私はオールドスクール(保守的)なので、
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けている、
と述べました。

シンプルで本物の材質で作られているものを手入れし、より長持ちさせるのが好きです。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれると信じています。
革製サドルも手入れすれば乗り心地が良く長持ちします。

この連載では、昭和20年代後半~30年代前半、革製サドルは形よりもサスの種類が多かったです。

今回は、最も一般的なモデルを取り上げます。
それは3本バネサス付きのモデルです。
革製サドル製造会社によってモデル番号が異なっていましたが、3本バネ付きサスサドルは通常750系と呼ばれていました。

今回取り上げるサドルは、ハンモックサドル (800系)3本バネ付きサドル (750系)の組合せモデルです。
この組み合わせモデルは通常9000系と呼ばれていました。

900系
900

前にコイル、後ろにバネ2本。
Img_9279a

先端のコイル
これはハンモックサドル (800系) のデザインからです。
Img_9279e
Img_9279d

後ろのバネ2本。
これは3本バネ付きサドル (750系) デザインからです。
Img_9279c

Img_9279b

鳥瞰図
Img_9279f

900系に主な違いは先端のコイル数と下部のベーススプリング数。
下記の比較して下さい。

 900 A
900-series_20200621144101

900 B
Img_9326

900 C
Img_9327

900系は 800系(ハンモックサドル)750系(3本バネ付きサドル)より部品点数が多い。

Img_9320

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。

2020年7月 4日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 3)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous two posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), and Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 2), we took a look at the hammock saddle and  3-spring saddle.  I mentioned that I am old fashioned, I make a conscious effort to appreciate the simple things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.  I enjoy taking care of things that are made well from genuine materials.  I believe that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.  Sprung leather saddles are a good example, if one takes care of the leather, the saddle will provide long lasting comfort, and, last a long time.

In this series we are looking at  a few of the main models from the 1950's, focusing on the suspension as the majority of the saddles varied mainly based more on how the saddle was sprung, i.e. the suspension, rather than the top profile. 

In this installment, let's take a look at a design that is basically a combination of the hammock saddle (800 series) and 3-spring saddle (750 series). Although individual manufacturers had their own model numbers in general this combination of the hammock saddle and  3-spring saddle was commonly known as the 900 series.

900 series
900

It has a loop in the nose and 2-spings in the back.
Img_9279a

Loops in the saddle nose.
This portion of the design is taken from the hammock saddle (800 series) .
Img_9279e
Img_9279d

And, 2-springs in the rear.
This portion of the design is taken from the 3-spring saddle (750 series)
Img_9279c

Img_9279b

Top profile
Img_9279f

The main difference among the 900 series appears to be the number of flat base springs and the size and number of loops in the saddle nose.  Compare the following.

900 A
900-series_20200621144101

900 B
Img_9326

900 C
Img_9327

The 900 series has more parts compared with the 800 series or "hammock" saddle and 750 series 3-spring saddle.

Img_9320

In the next English post we shall continue to take a look at another main saddle model from the 1950s.

2020年6月21日 (日)

サス付き革製サドル(第二回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回「サス付き革製サドル第一回」の記事で、ハンモックサドルを見ました。
私はオールドスクール(保守的)なので、
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けている、
と述べました。

シンプルで本物の材質で作られているものを手入れし、より長持ちさせるのが好きです。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれると信じています。
革製サドルも手入れすれば乗り心地が良く長年持ちします。

この連載では、昭和20年代後半~30年代前半、革製サドルは形よりもサスの種類が多かったです。

今回は、最も一般的なモデルを取り上げます。
それは3本バネサス付きのモデルです。
革製サドル製造会社によってモデル番号が異なっていましたが、3本バネ付きサスサドルは通常750系と呼ばれていました。

750系
Img_9322-750-series

バネは全部で3本。
Img_9278a

前にバネが一本。
Img_9278c

後ろにバネが2本。
Img_9278b

鳥瞰図
Img_9278d  

750系は最もスタンダードモデルで、子供用や婦人用を別にしてモデルの主な違いは塗装サスかメッキサスとお洒落なバネ。
下記を比較して下さい。

750A (塗装サス)
Img_9322

750B (メッキサスとお洒落なバネ)
Img_9323

品があるお洒落なばねのアップ。
Img_2381

750系は 800系の「ハンモック」サドルより部品点数が若干多い。

Img_9321

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。

2020年6月 6日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), we took a look at the hammock saddle.  I mentioned that I am old fashioned, I make a conscious effort to appreciate the simple things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.  I enjoy taking care of things that are made well from genuine materials.  I believe that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.  Sprung leather saddles are a good example, if one takes care of the leather, the saddle will provide long lasting comfort, and, last a long time.

In this series we are looking at  a few of the main models from the 1950's, focusing on the suspension as the majority of the saddles varied mainly based more on how the saddle was sprung, i.e. the suspension, rather than the top profile. 

In this installment, let's take a look at what surely was one of the most common styles, the 3-spring leather saddle. Although individual manufacturers had their own model numbers in general the the 3-spring leather saddle was commonly known as the 750 series.

750 series
Img_9322-750-series

Three springs in total.
Img_9278a

One spring in the saddle nose.

Img_9278c_20200827140801

And, 2 springs in the rear.
Img_9278b

Top profile
Img_9278d_20200827140001   

The 750 was pretty much the standard model and apart from juvenile and lady's models, the main difference was painted or chrome suspension and fancy coil springs.  Compare the following.

750 A (Painted suspension)
Img_9322

750 B (Chrome suspension with fancy coil springs)
Img_9323

Closeup of fancy coil springs.
Img_2381

The 750 series has more parts compared with the 800 series or "hammock" saddle.

Img_9321

In the next English post we shall continue to take a look at another main saddle model from the 1950s.

2020年5月24日 (日)

サス付き革製サドル(第一回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

私は実にオールドスクール(保守的)です。
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けています。

シンプルで本物の材質で作られ、使い勝手が良く、ローメンテで長持ちするもの。
一生持つもの。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれるモノがいい。

サス付き革製サドルはその一つ。
革靴やブーツ、野球グローブなどの革製品は、使えば使うほど味が出るだけではなくピッタリ体にフィットしてきます。
革製サドルも手入れすれば乗り心地が良く長年持ちます。

昭和20年代後半~30年代前半、革製サドルは形よりもサスの種類が多かった。
今回は第一回ですが、今後もいくつかのモデルを取り上げると思います。

まず、ハンモックというモデル。
クラシックなデザイン。
革製サドル製造会社によってモデル番号が異なっていましたが、ハンモックは通常800系と呼ばれていました。

800

横顔は確かにハンモックに似ています。
Img_9280a

前コイル
Img_9280d

後ろコイル。
Img_9280b

鳥瞰図
Img_9280e

800系はいくつかの種類がありました。
主に前後コイルの径や数によって異なりました。

下記のモデル類を見比べて下さい。

800
800

880
Hammock-880

890
Img_9310

ハンモック(800系)は実にシンプルなデザイン。
パーツ数が最も少なかったモデルの一つ。
Img_9316

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。




2020年5月 9日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1)

次回この記事の日本語版を投稿します。

I admit it.  I am old-fashioned. I make a conscious effort to appreciate the simple things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.  I like simple things that are made well from genuine materials, work well and with care will last a long, long time.  Preferably a lifetime.  I like the fact that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.  Sprung leather saddles are a good example.  Leather is great, much like a fine pair of leather shoes, boots,  or a high-quality leather baseball glove, through repeated use they literally mold or conform to one's individual physique for a truly perfect fit.  If one takes care of the leather, the saddle will provide long lasting comfort.

In the 1950's the majority of the saddles varied mainly based more on how the saddle was sprung, i.e. the suspension, rather than the top profile.  In the next few posts I shall introduce some of the main models.

Let's begin with the "Hammock" saddle.  This is a classic design.  Although individual manufacturers had their own model numbers in general the Hammock saddle was referred to as the 800 series.

800

The profile even resembles a hammock.
Img_9280a

Front loops.
Img_9280d

Back loops.
Img_9280b

Top profile.
Img_9280e

In the 800 series, there were other variations, mainly based on additional number of coils or loops in the front and back.
Compare the following models.

800
800

880
Hammock-880

890
Img_9310

The 800 series or Hammock saddle was indeed a simple design.
As will become self-evident over the next few posts it was the 800 series or Hammock saddle which had the fewest number of parts.

Img_9316

In the next English post we shall continue to take a look at another main saddle model from the 1950s.

«出前