2016年5月15日 (日)

カスタム山口べニー

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和自転車の愛好家のUさんが、愛車のカスタム山口ベニー(丸紅山口ベニー?)自転車の写真を送ってく下さいました。

Uさんによると、
「実用車を好きになった理由は、昔の頑丈な作り込みと今の時代に無い癒される形に惚れてしまいました。
実用車に乗っている時は、時間を忘れますね、日頃のストレスもなぜか抜けて行く様な感じがします。」
とのことです。
.
Dsc_0213

ピカピカに輝かれています!!
Dsc_0214Dsc_0113

カスタムで少し見てみましょう。
まず、手で手動するウインカーです。.
Dsc_0233
Dsc_0231

金文字で書かれているフレームカンバン。
「長寿商会」、字が上手いですね。
Dsc_0211

革製筒型の工具箱
この筒型の工具箱はハンモックサドルのループに
Dsc_0201Dsc_0197

荷台に箱を付けるとまるで50年以上前にタイムスリップした感じですね。Dsc_0285
Dsc_0286

Uさん、写真を送って下さいましてありがとうございました。

愛車を他の昭和自転車愛好家に見てもらいませんか。
よろしければあなたの愛車写真をshowajitensha@hotmail.co.jpへお送り下さい。

2016年4月30日 (土)

Custom Yamaguchi Benny

次回この記事の日本語版を投稿します。

Here is a fine customized Yamaguchi Benny, possibly a Marubeni-Yamaguchi Benny,  sent in from U-san.  According to U-san he fell in love with old utility bicycles due to how well they were made, not to mention their durability.  Riding a comfortable, simple clean machine is how U-san relieves stress, an upright position and limited speed ensures that he can take in the scenery and enjoy the ride thereby forgetting daily cares.
Dsc_0213

Certainly is one clean machine!  Sparkling!
Dsc_0214Dsc_0113


Let's take a look at some of the additions.  First off is a pair of manually operated turn signals.
Dsc_0233
Dsc_0231

Next up is a nice gold lettered frame sign and leather frame cover.
Dsc_0211

A nice cylindrical leather tool pouch (←link Japanese only) designed to fit in the loops of the hammock saddle.
Dsc_0201
Dsc_0197

Add a box to the rear carrier and it is like being transported back in time 50 years.Dsc_0285
Dsc_0286

A big thanks goes out to U-san for sharing photos of his cusomized Yamaguchi Benny.  If you would like to share photos of your vintage Japanese bicycle with other enthusiasts please send them to showajitensha@hotmail.co.jp

2016年4月16日 (土)

日米富士の高級車

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

日米富士の高級車。
事情があって持ち主はもう既に手放しましたが、いくつかの細かい点を見てみましょう。
Img_0888Img_0889

ブレークの握りに注目。.
Img_0890_2

 日米富士の実に面白いところは商標(富士山)を部品に設計し込まれているところ。.

日米富士の風切りは山(富士山)の模様。
泥除けステーのネジ頭に商標の刻印があります。

Img_0929Img_0775
Img_0776

6ボルト・8ワットのダイナモ。
三共製のオールメッキでバッジ付き。Img_0896Img_0787Img_0788_2

フォークに転写マーク。
フォーククラウンカバーにも刻印。
Img_0777_2
Img_0786
Img_0781

このような珍しいブレーキは初めて見ました。Img_0782

泥除けステーにも刻印。
Img_0789

泥除けが尖っていて山のような形状。
Img_0793Img_0791
Img_0794
Img_0795
Img_0797

少し見にくいですがハブにも刻印。
スポークは黒いエナメル。
リムにも刻印。
Img_0799
Img_0798

Img_0887

ランプブラケットにも刻印。
Img_0898
Img_0897

三共製のランプ。.
Img_0894
Img_0895

純正な日米富士ベル。
Img_0807
Img_0806

ハンドルは、ロッドの代わりにチェーンがハンドルを通っています。
Img_0805Img_0912Img_0801


ヘッドバッジ
Img_0808_2
Img_0809

ヘッドチューブワン
ここまで一個々に社名や商標など刻印するのは素晴らしい。.
Img_0810
Img_0811

フレーム(トップチューブ)カバー
Img_0812
Img_0813

革製ハンモックサドル。
後ろにバッジ付き。
バッジに覇王と書いてありますが、これは覇王号自転車ではなく
日米富士の高級車なので後で付けられたかもしれません。
覇王号に詳しい「しげPさん」からコメントがありました。Img_0921
Img_0823
Img_0847

チェーンケース
Img_0832Img_0923

Img_0836

コッターピンカバー
Img_0840_2

高級車モデル用の拡張ブレーキ。
黒いエナメルスポーク。
Img_0843
Img_0842Img_0844Img_0873

リア泥除けステーバッヂ
Img_0850
Img_0851

反射板(枠は商標の富士山形状)
反射板の真下にバッヂがあります。
この箇所にバッヂがあるのは初めて見ました。.
Img_0853_2
Img_0854_2
Img_0858_2

これは実に素晴らしい。
純正な日米富士のロック。
富士山の形状に出来ています。
(頂上に注目)
Img_0863
Img_0865
Img_0866
Img_0867

珍しい銅メッキの台。
後ろにFujiの刻印。
Img_0922_2
Img_0859

2016年4月 2日 (土)

Nichibei Fuji Deluxe

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Here is a real treat an original Nichibei Fuji high-end model.  Nichibei Fuji was a leader in the bicycle manufacturing industry and this is one a deluxe model.
Img_0888Img_0889

Note the bull-horn brake levers.
Img_0890_2


Let's take a look at some of the finer points.  First is the fender ornament in the shape of the company logo Mt. Fuji.  Even the tiny screws bear the company logo.  Nichibei Fuji was known for going to great lengths to design-in their logo (Mt. Fuji) into individual parts.
Img_0929Img_0775
Img_0776

An all chrome 6 volt 8 watt heavy-duty generator.Img_0896Img_0787Img_0788_2

The fork is stamped with the Fuji logo and the fork has an ornate Fuji transfer.
Img_0777_2
Img_0786
Img_0781

Note the rare brake mechanism, first time I have seen this setup.
Img_0782

Fender stays stamped with Fuji logo.
Img_0789

The Fuji crested fenders.
Img_0793Img_0791
Img_0794
Img_0795
Img_0797

Though difficult to see the front hub bears the Fuji stamp.
Note the black enamel spokes and the stamp on the rim.
Img_0799
Img_0798

Img_0887

Lamp bracket with the Fuji logo.
Img_0898
Img_0897

Nice big all chrome Sankyo light.
Img_0894
Img_0895

Original Fuji bell.
Img_0807
Img_0806

Rare bull horn brake levers.
This setup employed a chain which ran through the handlebars to the short rod at the head.
Img_0805Img_0912Img_0801


Head badge
Img_0808_2
Img_0809

The detail of ensuring that every part bears the company name or logo is amazing.
Img_0810
Img_0811

Top tube (frame) cover.
Img_0812
Img_0813

Original leather hammock saddle.
Note the badge on the rear of the saddle.
Img_0921
Img_0823
Img_0847

Great chaincase.
Img_0832Img_0923
Img_0836Img_0840_2

Original drum brake or expansion brake found only on the high-end models.
Standard models employed the typical band brake setup.  As we saw with the front wheel the spokes are black enamel and the rim bears the Fuji mark.Img_0843
Img_0842Img_0844Img_0873

Rear fender stay badge.
Img_0850
Img_0851

Rear reflector in a mountain-shaped (Mt Fuji) case.
Note the badge beneath the reflector.  This is quite rare and the first time I have ever seen a rear fender with a badge in this location.
Img_0853_2
Img_0854_2
Img_0858_2

This is unbelievable.  A genuine Nichibei Fuji lock.  Note how Nichibei Fuji designed-in the company logo (Mt. Fuji) into the casing.
Img_0863
Img_0865
Img_0866
Img_0867

Nice copper plated rear rack with the cursive Fuji stamp on the rear.
Img_0922_2
Img_0859

2016年3月20日 (日)

セキネ 超特級自転車

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

約6ヶ月前、Mさんからの素晴らしいヒドリ自転車のレストアを投稿しました。
Mさんからのさらに素晴らしいセキネ超特級自転車の写真をいただきました。
見てみましょう。

およそ60年前の自転車です。
Zdscf1206
Zdscf1214

私は以前、 新古品のセキネビジネス号のフレームを購入して純正なセキネ自転車部品をこつこつ集めてセキネ自転車を組みました。 Zdscf1216

珍しく前泥除けの先端にバッヂがあります。
3層黒いエナメル塗装金線引きが実に綺麗です。
Zdscf1217

ランプに「National」 と「Sanyo Electric Co., Ltd.」の刻印があります。
昭和2年、松下電気(現パナソニック)は、自転車ランプ製造で「National」という商標を使いはじめました。
「松下電器」の創業者は松下幸之助氏ですが、
昭和22年、義息の元松下電器社員の井植歳男氏が三洋電気製作所を設立し、松下幸之助氏にNationalランプ発電機の製造権を譲られました。
Zdscf1218

オリジナル純正なセキネ ハンモック革製サドル
Zdscf1220

荷台に「セキネ」の刻印があります。
Zdscf1221

前泥除けと同じようにバッヂ があり、 泥除けステーのボルト頭にも刻印があります。 
Zdscf1222

セキネ自転車は元々チェーンケースの製造会社から始まりました。
このチェーンケースを一目見るだけで「なるほど!」と言いたくなります。Zdscf1224

シートチューブにバッヂ があって、「関根自転車工場謹製」。
Zdscf1225

セルロイド握り にもセキネ (CS) マーク。
Zdscf1226

ペダルのゴム製のブロックを良く見ると、
セキネ (CS) マークがそれほど擦り減っていないということはそれほど乗られてなく永年どこかで眠っていたと思われます。
ペダルはスピンドルに珍しいセルロイド製のカバーが付いています。
さすが、超特級自転車のモデル。

Zdscf1228

ハンドルも高級自転車の証。
ラグに注目して下さい。
高級車はロッドのスプリングハウジングが鋳造されています。
このようなハウジングにより、スプリングが錆びません。
製造メーカーのロゴ付きカバーでスプリングが内工式になります。
ラグは尖っていておしゃれで作りが凝っています。
昔はいい仕事をしていましたね。
Zdscf1230

革製トップチューブフレームカバーZdscf1232

ヘッドバッヂ
現代の自転車にたまに見かけますが、シールか色なし。
ここまで凝った作りは見かけません。
 
Zdscf1234

フォーククラウンカバーに「Sekine」刻印。 .
Zdscf1235

実に目すらしい「セキネ特級タイヤ―」。.
Zdscf1236

トレッドに「SEKINE」の浮き登り文字Zdscf1239

頑丈でおしゃれなカギ。
「輝き二つの大臣賞」.
Zdscf1240

バンドブレーキにもスタンドにも泥除けステーにも全てセキネ(CS)の刻印。
名前を付けるなら、まず良品が前提条件
Zdscf1242

リムに黒くて太いセンターライン入り。.
Zdscf1248

セキネ泥除けフラップ
Zdscf1253

セキネ超特級自転車は素晴らしいモノづくりです。
まさに 現代の作りと違う【後半】

現在、日本は優れている自動車、オートバイ、家電製品など良く知られていますが、戦後から自動車社会になるまで(30年代半ば)主な家庭は自転車に頼りました。
戦後の製造出発点は自転車だったと過言ではありません。 

Mさん、写真を送って下さいましてありがとうございました。

愛車を他の昭和自転車愛好家に見てもらいませんか。
よろしければあなたの愛車写真をshowajitensha@hotmail.co.jpへお送り下さい。

2016年3月 6日 (日)

Sekine (Ultra-Special Class)

次回この記事の日本語版を投稿します。

Loyal fans may recall that about six months back I posted a fine restoration of a Hirori bicycle by M-san.  Well, M-san is back and this time with a really fine Sekine restoration.  Let's take a look.

Here she is.  Probably just over 60 years old,  A Sekine Ultra-Special Class model.
Zdscf1206
Zdscf1214

Years ago, having acquired a NOS (New Old Stock) Sekine frame (Sorry Japanese only) and collected parts to build my own Sekine.  But M-san's Sekine is all original.
Zdscf1216

Note the badge (sorry Japanese only) on the front fender.  Three layer black enamel paint. And to top off the black enamel paint  fancy gold transfer pinstriping.
Zdscf1217

The headlight bears "National" and "Sanyo Electric Co., Ltd."on it.
"National" was the brand name of bicycle lamps produced by Matsushita Electric Industrial Co., Ltd, which later became the electronics giant "Panasonic".  Matsushita is the last name of the company's founder Konosuke Matsushita who began producing  bicycle lamps in 1927.  Matsushita's brother-in-law Toshio Iue founded Sanyo Electric Co., Ltd. in 1947 and began producing lamp generators.
Zdscf1218

Original hammock saddle in great shape considering it is well over
half a century old.
Zdscf1220

Sekine (セキネ)stamped on the rear carrier brace.
Zdscf1221

As we saw on the front fender, an exquisite rear fender stay badge (←Japanese only), even the bolt heads are original bearing the Sekine (CS) mark.
Zdscf1222

Sekine originally started out producing chaincases, this one is a beauty.
Zdscf1224

Note the badge on the down tube.   
Zdscf1225

Original celluloid grips complete with the Sekine (CS) mark.
Zdscf1226

Since the Sekine mark (CS) on the rubber block pedals show only a little sign of wear, it is obvious that the bicycle was rarely ridden.  The pedals have the rare white celluloid cover on the pedal spindles.
Zdscf1228

Another sign that this was one of the high-end bicycles that Sekine produced at the time is the handlebars.  Note the pointed crown and brass plate which covers the spring housing for the rod brakes.
Zdscf1230

An all leather top tube frame cover.
Zdscf1232

Nice ornate head badge.
Zdscf1234

"Sekine" engraved/stamped into the sides of the fork crown cover.
Zdscf1235

Rare Sekine Special Class whitewall tires.
Zdscf1236

Note that "SEKINE" is molded into the tread.
Zdscf1239

Heavy duty ornate lock.
Zdscf1240

Original Sekine rear band brake bearing the Sekine (CS) mark.
Note that the stand and fender stay also bear the Sekine (CS) mark.
If you are going to put your name on it, it had better be good.
Zdscf1242

Note the black center line with gold pinstriping on the rim.
Zdscf1248

"Sekine" mud flap.
Zdscf1253

A big thanks goes out to M-san for sharing photos of his superb Sekine Ultra-Special Class bicycle.  If you would like to share photos of your vintage Japanese bicycle with other enthusiasts please send them to showajitensha@hotmail.co.jp

2016年2月20日 (土)

タイヤ・トレッド

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~30年代前半の国産自転車製造会社は、
各部品と言っていい程、社名及び商標 を付けていました。

フレームから泥除けの小さな六角頭ネジにまで、部品一個一個に社名及び商標の刻印が付いています。

面白いことに、消耗するタイヤにまで、つまりトレッドに社名か商標が形成されていました。   
これは現代では見かけません。 
(タイヤトレッドに「THE MARUKA TYRE」に注目)
Img_9300_3

昭和33年のカタログからの写真です。
.タイヤトレッドに 英語と日本語で、
「THE BULL DOG TYRE ブルドックタイヤー」 と社ロゴのブルドッグの顔も付いています。
P1080539

いくつかの実例を見てみましょう。

1. 中西自転車
トレッドは小さい文字で「NAKANISHI」になっています。
Img_0401


2. ゼブラ タイヤ
良く見るとトレッドにゼブラ(Zebra)のイニシャル「」が形成されています。
トレッドだけ黒、サイドウオールが白。
昔の高級自動車と同じですね
Img_0394_2

下の写真は純正のゼブラタイヤで色は渋い赤茶色。
サイドウオールにゼブラ商標もあります。
面白いことに、昔は保険証もセブラ・マークの形です。Img_0396

3. ダンロップタイヤ
トレッドは "THE DUNLOP TYRE" となっています。
Img_0397

もう一つのダンロップ自転車タイヤです。.
Img_0404

トレッドは何の模様か分かりますか。Img_0405

縦にすると分かりやすくなります。
「ダンロップ」タイヤの創業者であるジョン・ボイド・ダンロップ氏(1841-1921)です。
  Img_0536_2John_boyd_dunlop_418px_2Img_0535

ダンロップ氏はサイドウオールにも。.Img_0399


Img_0398

現代の作りと違う【前半】

現代の作りと違う【後半】 

2016年2月 5日 (金)

Tire Tread

次回、この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned repeatedly in this blog in the 1950s Japanese bicycle manufacturers literally went out of their way to put their name or logo on every individual part, often more than once on a single part, from the frame right down to the tiny fender stay bolts.  Yes, and in many cases even the beaded edge (BE) tires bore either the bicycle manufacturer or tire manufactuer's name designing the name into the tire tread with raised letters.   

Note the raised letters MARUKA TYRE on the tread.
Click on the photos to enlarge.
Img_9300_3

Taken from a 1950's bicycle catalog.
Note the tire tread reads: "THE BULL DOG TYRE" in English and in Japanese along with the company logo, the head of a bull dog.
P1080539

Let's take a look at a few examples.

1. Nakanishi Cycle
Img_0401


2. Zebra
Note the raised letter "Z" pattern which is the initial for Zebra Bicycle Company, and,
the whitewalls, only the tread is black.
Img_0394_2

Here is a another example, note the reddish brown color..  The Japanese nicknamed these tires Candy Tires (AME TAIYA) as their color resembled that of hard candy during that period.  The color is actually due to a high concentration of natural rubber and lack of black carbon typically found in the predominantly popular black tires. 
Note the Zebra Company logo on the sidewalls.  The Zebra bicycle company produced its guarantee medal (Japanese only) in the same shape as the company logo.
Img_0396

3. Dunlop Tyre
Note the "THE DUNLOP TYRE" tread.
Img_0397

Here is another Dunlop tire.
Img_0404

Note the tread. Can you make out what it is?Img_0405
Turn it right side up and it is easier to recognize; the bust of the Dunlop company founder, John Boyd Dunlop (1841-1921).
  Img_0536_2John_boyd_dunlop_418px_2Img_0535

Mr. Dunlop even appears on the sidewalls.Img_0399


Img_0398

Yes, they just don't make them like they used to.

They just don't make them like they used to, two.

2016年1月24日 (日)

内装2段ハブ ③

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

「内装2段ハブ②」では、車輪組立てを終えて最後にチューブとタイヤを付けます。

取り外したタイヤです。
「BE(Beaded Edge)タイヤ」または「耳付きタイヤ」と呼ばれています。
現代の自転車は99%がW/O(Wired On=クリンチャー)です。

どうして「耳付きタイヤ」と呼ばれているかというとタイヤ左右に「耳」が付いています。
下記の写真の白い部分が「耳」です。
この「耳」はチューブを包んでチューブを守ります。
Img_0711

耳はチューブを包んで重なるので新品のBEタイヤの耳にバルブの穴を開ける必要があります。 
Img_0712

新品のBEタイヤです。
結構固いのでリムに嵌めるのに力が要ります。
Img_0540

BEタイヤはまだ製造されています。
穴開け目印が耳にあります。
Img_0556

バルブ穴明け工具があれば楽にできます。
Img_0565

バルブ穴明け工具で左右の耳に穴を開けます。
Img_0567
Img_0569

BEタイヤの片方のバルブ穴をリムのバルブ穴に合わせて片方だけリムに付けます。
バルブ穴がずれないように要注意。
Img_0573_3

耳を内側に織り折り曲げて入り込むようにします。Img_0575

チューブのバルブをバルブ穴に挿入し抜けないようにナットを少しだけ付けます。
空気を少し入れればチューブの捻じれを防げます。
タイヤレバーを使って耳を折り曲げてチューブの下に差し込んでいきます。Img_0574_2

リムやタイヤの両側を確認して耳がしっかり入っていることを確認。
空気を少しずつ入れて均等に膨らんできていることを確認。
チューブがきちんとタイヤに包まれていなければ出っ張ります。
空気を抜いて出っ張っているところを調整してからまた空気を入れます。Img_0582

完成!
Img_0582_2

2016年1月10日 (日)

2 Speed Internally Geared Hub (Part 3)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Wheel building was completed in "2 Speed Internally Geared Hub (Part 2)" and all that remains is to add an inner tube and tire.

This is the old tire after being removed from the rim.  It is known as a BE (Beaded Edge) tire and you won't find this type of tire at your local bicycle shop since 99% of today's bicycles use "clincher" or  W/O  (Wired On) tires. 

BE tires have flaps (or ears) which run along each side of tire.  These flaps wrap around the inner tube forming an excellent protective casing.
Img_0711

Here you can see the white flaps with holes for the valve stem.   
Img_0712

This is what a new BE tire looks like. It takes some muscle to fit
a new BE tire onto a rim.
Img_0540

Typically the flaps (white) will have an outline of where the valve hole should be cut.
Img_0556

A "valve hole punch" makes the job easy.
Img_0565

Punch a hole in the flap on each side of the tire.
Img_0567
Img_0569

Align the valve hole on the tire with the valve hole on rim,
and using a tire lever work one side of the tire onto the rim
as shown below. Make certain that the tire valve hole and rim valve hole stay aligned.
Img_0573_3

Fold the flap inward all the way around the rim so that the bead
is fully seated to the rim.
Img_0575

Insert the inner tube and screw the nut on just a little to prevent the valve from coming out of the valve hole. Using tire levers work the remaining flap onto the rim so that the flap is under the tube.
Img_0574_2

Check that the bead is properly seated on both sides of the rim.
Pump up the tire.  If any bulges appear it indicates that the tube is not completely encased or that the bead is not properly seated.
Let out the air and refit as necessary.Img_0582

The completed wheel with tire. Ready to roll!
Img_0582_2

«内装2段ハブ ②