2019年11月10日 (日)

ゴールド三馬自転車 「ジャンクそれともお宝 第2回」

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

ゴールド三馬自転車連載の「ジャンクそれともお宝 第1回」で予告したように、
今回はこのコールド三つ馬自転車が昭和20年後半~30年前半の最高級モデルだということを裏付ける詳細を 取り上げます。

自転車の前から見てみましょう。
まず、風切(マスコット)
風雨にさらされましたが奇跡的にまだ付いています。
風切(マスコット)は星の数ほどありますが、こんなに際立って美しいのは滅多にありません。
このカッコイイ風切の新品を御覧になって下さい(←クリック)

 03_20191025093801

50

よく見ると微かにフォークが剣先フォークと分かります。
ハイエンドモデルの証拠の一つ。
06_20191007194201

ダイナモのバッヂ取付用穴が見えますが、残念ながらバッヂは外れてしまったようです。63_20191008193401

車輪は黒ライン入りリムとバルブ穴の両側に三つ馬商標刻印があります。
これらもハイエンドモデルの証拠の一つ。
また、ハブにグリース注入口付き。
40_20191025094001

43

41_20191025094101

バッヂは七宝焼き製で実に美術品そのもの
各々色は一つ一つ手で塗ってからオーブンで焼かれたからこそ出来上がり色が豊かで表面が艶々。
バッヂは60年以上前に作られたもの。
自転車は全体的に風雨にさらされましたが、七宝焼き製バッジはまだじゅうぶん光沢があります。

49

04_20191007210001

登録番号がまだ付いています。
37

ハンドルをよく見て下さい。
ロッドが内工式です。
これもハイエンドモデルの証拠の一つ。
残念ながら長年風雨にさらされ、握りが腐ってしまいました。
48

47

握り自体は腐ってしまいましたが、ティアドロップ形の金具が残っています。
46

08

三馬の商標が前泥除けステーバッヂに刻印されています。
バッジを固定している小さなボルトに注目して下さい。
ボルトヘッド にも商標に鋳物されています。
(写真をクリックして写真が拡大し、これらの小さなボルトヘッドの商標を確認してください。)
17_20191007205101 

シートチューブに三馬エンブレム付き。
よく見るとリベットで取付られたバッヂではなく、恐らく「ろう付け」されたエンブレム。
10_20191019171901

通産大臣賞受領バッヂ
11_20191019171901

シートチューブにまた七宝焼き製バッジ
現代の自転車に見かけない言葉「謹製」が付いています。
「謹製」というのは昭和30年代以前の自転車に見かける言葉です。
国語辞典で調べると「心を込めて、謹んで作ること」と書いてあります。
まさに昭和30年代以前の職人さんを感じさせます。

「謹製」が付いている他のバッヂはこちらへ。
12_20191019171901

シートチューブの一番下のバッジ「特級製」。
13    

ジャンク?
それともお宝?
皆様の判断にお任せします。
ただし、この連載が終わるまでご判断はお待ちください。

次回も引きつづき、この特級ゴールド三馬號 が、戦後の国産自転車黄金時代の昭和20年後半~30年前半 で最高級モデルということを裏付ける 残りの詳細を取り上げる予定です。

2019年10月25日 (金)

Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in the previous post,  Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 1), in this installment we shall examine the details on this bicycle which indicate that, back in the early 1950's, this was one of the top high-end models. 

Let's start at the front. First up is the fender ornament.  She is weather-beaten but miraculously still intact. There are many fender ornaments, but not many as prominent as this one.  Click on the following link to see a closeup of what this  sleek stallion looked like when she was new.


03_20191025093801

50

If you look closely you can just make out the remnants of the chrome tipped fork a good indicator that this was indeed a high-end model.
06_20191007194201

This generator appears to have lost its badge as can be seen from the two rivet holes on the body.

63_20191008193401

Black center line rims along with the Mitsuuma trademark stamped on both sides of the valve hole. Again, another indicator that this was indeed a high-end model. Note also that the hub is equipped with a grease nipple.

40_20191025094001

43

41_20191025094101

Cloisonne enamel badges, these types of badges are true works of art.
Each of the various colored pigments was actually applied by hand,  one at a time and then the badges were baked in an oven to achieve glossy glass finish.  These badges are over 60 years old.  The bicycle is weather-beated yet the badges maintain their high gloss finish.
49

04_20191007210001

The registration plate is still attached.  
37

Note the handlebars.
This style of handlebars, "through the bar" style, is yet another telltale sign of a high-end model.  Unfortunately, over time the original grips have literally disentergrated.
48

47

Although the original grips have disintergrated, the teardrop grip ends are still intact, another high-end model hint.46

08

Front fender badge complete with Mitsuuma trademarks casted into the tiny bolt heads.
(Click on photo to enlarge and note the trademark on these tiny bolt heads.)
17_20191007205101 

The seat tube has the Mitsuuma emblem.  This does not appear to be a typical riveted badge, possibly a brazed on emblem.10_20191019171901

This badge indicates that Mitsuuma proudly received the distiguished Ministry of Trade & Commerce Award.
11_20191019171901

Here again, is another cloisonne enamel badge.  At the very bottom of the badge are two characters which together are read 謹製=kinsei.  To me, no other word better conveys the spirit of the craftsmen and women of this period, or the Japanese spirit to provide the best product possible than this word 謹製=kinsei.  It is written with two characters 謹=kin and 製=sei. The first character 謹=kin means "humble", and the second character 製=sei "to manufacture".  The meaning is "to pour one's heart into crafting the best product possible".    

You can see photos of other badges bearing this word 謹製=kinsei here (post is in Japanese language only).
12_20191019171901

The last badge at the bottom of the seat tube is a badge indicating this Gold Mitsuuma is a "Special Grade" model.
13    

Is she "Junk" or "Jewel"?   
You be the judge.
But wait, don't pass judgement just yet.

Wait until all the evidence is in. In the next installment in this series we shall continue to take a closer look at the remaining details on this bicycle which indicate that, back in the early 1950's, this was certainly one of the top high-end models.

2019年10月13日 (日)

ゴールド三馬自転車 「ジャンクそれともお宝 第1回」

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半の特級ゴールド三馬自転車です。 
02_20190929112701
かなり風雨にさらされて壊れて錆だらけでプロジェクトの選択として決して頂点とは言えません。

01_20190929112801
しかし、この特級三馬自転車は、戦後の国産自転車黄金時代と言っても過言ではない昭和20年後半~30年前半の最高級モデルだったようです。
次回、その詳細を 取り上げる予定です。

60_20190929112801
このブログをよくご覧下さっている方は、山口マルワイ號をレストアしたHさんのことを覚えているでしょう。
この特級ゴールド三馬に一目惚れして、戦後間もなく自転車が現代の自動車として主役でどれだけ工芸品を現代及び後世の方々に
分かって頂くためにレストアをすることにしたとのこと。

錆だらけ。
61_20190929112801

長い年月に風雨にさらされた。
57_20190929112901

壊れて荒れ果ている。
25

一部欠品。
58_20190929112901

しかし、よい物は必ず甦る。
腐っても腐ってもまだまだ鯛。
59_20190929112901

ジャンク?
それともお宝?
皆様の判断にお任せします。
ただし、この連載が終わるまでご判断はお待ちください。

次回、この特級ゴールド三馬號の詳細を取り上げる予定です。

2019年9月28日 (土)

Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 1)

次回この記事の日本語版を投稿します。

Here is a Special-Grade Gold Mitsuuma from the early 1950's.

02_20190929112701

As far as project selection goes, this is one of those weather-beaten, broke-down rusty relics, not exactly at the top of the project selection pyramid. 
01_20190929112801  
However, the details on this bicycle, as we shall see in a later post, indicate that, back in the early 1950's, this was one of the top high-end models.   

60_20190929112801
Mr. H, who loyal fans will recall previously restored a Yamaguchi MARUWAI-GO, fell in love with this Special-Grade Gold Mitsuuma and deeply felt someone had to restore it for prosterity, so that current and future generations can appreciate the attention to detail and workmanship of these amazing machines at a time when, bicycles were prized possesions, literally holding the status of today's automobile.

She is rusted.
61_20190929112801

She is weather-beaten.
57_20190929112901

She is broke-down.
25

She is missing parts.
58_20190929112901

None the less, quality is quality, and a diamond on a dunghill is still a diamond.
59_20190929112901

Is she "Junk" or "Jewel"?   
You be the judge.
But wait, don't pass judgement just yet.
Wait until all the evidence is in.

In the next English post we will take a close look at the finer details.

2019年9月15日 (日)

スタンド類

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

海外の若い昭和自転車愛好家・ジョージさんから次のような内容のメールが届きました。

「昭和20年代後半~30年代前半と思われる山口自転車を手に入れたが、スタンドが欠品している。
リチャードさんの過去のブログを検索してみたがスタンド類及びスタンドの違いについて情報が見つからない。」とのこと。

言われた通り、確かにまだスタンド類とその違いという記事は投稿していません。
今回はそのテーマを取り上げます。

一般的には、普通の一本式スタンドを除けば、基本的にスタンドは次の3種類があります。
(左→右)
1. チャネル式のスタンド
2. 箱式のスタンド
3. キラクスタンド

Img_2035_20190830122801

1.チャネル式のスタンド
紳士用婦人用及び実用車に最も一般的なスタンドです。
バネが装備されて蹴り上げられて降ろしたら立てる状態でロックできます。
主に2種類でチェーンステー取付用とシートステー取付ステー用があります。
Img_2042

チェーンステー取付用チャネル式のスタンド
Img_2035_20190830101901

シートステー取付用チャネル式のスタンド
Img_2034

Img_2028_20190830100801

Img_2023

上の写真の自転車の荷台が小さくてタイヤも細いです。
下記の「2.箱式のスタンド」が付いている自転車写真や「3.キラクスタンド」が付いている自転車写真と見比べれば一目瞭然です。


2. 箱式のスタンド 
この箱スタンドはチャネル式スタンドよりも丈夫で頑丈で実用車にも使われてたこともありますが、一般的に軽運搬車に取り付けられていました。
主にシートステーに取付けられていました。
スタンドの三種類(チャネル式、箱式、キラク)の中で最も珍しいです。
Img_2041


Img_2027

Img_2025

3. キラクスタンド
最も丈夫で頑丈なスタンドで軽運搬車にも使われていましたが、主に重運搬車用でした。
チャネル式や箱式スタンドと違ってキラクスタンドにローラー装備されたお陰で重い荷物積載してもスタンドを上げ下げできます。
主にチェーンステーに取付けられていました。
Img_2036

Img_2019
Img_2030

Img_2033

太いタイヤ(2.5吋か3吋)と大きな荷物を運搬するための大型荷台に注目。
運搬車鉄のロバで積載された状態でスタンドの上げ下げを可能にしたのがローラー付きのキラクスタンドです。

今回の記事がジョージさんの参考になれば幸いです。(英文同記事は前回UP済)

 

2019年8月30日 (金)

Stands

次回この記事の日本語版を投稿します。

This post is in reply to an email I received from a young enthusiast, George, who writes "I have what I believe to be a 1950's Yamaguchi bicycle but it doesn't have a stand.  I looked on your blog but was unable to find any information on stands, the types and differences, etc."

Well George, you are correct I have yet to do a post on stands.  But this one is for you and I hope it provides some insight.

Generally speaking, if we exclude the common day single leg side stand, there are basically 3 different types of stands:
1. Channel
2. Box
3. Roller-equipped 

Img_2035_20190830122801

1.Channel Type Stand
This is the most common type of stand found mainly on, gents' and ladies' roadsters, as well as, utility cycles
Equipped with springs the stand is kicked up and when lowered can be locked in the down (stand) position.
These stands come in two main designs, chain stay mounted or seat stay mounted.

Img_2042

Chain stay mount type
Img_2035_20190830101901

Seat stay mount type
Img_2034

Img_2028_20190830100801

Img_2023

Note the short rear carrier, compare it, and the tire size, with the photos below.

2. Box Type Stand 
This type of stand is stronger and sturdier than the Channel type and is occasionally found on utility cycles but more commonly on light carrier cycles.  These types of stand were mainly fitted to the seat stays. Of the three types, Channel, Box and Roller Equipped, the Box stand is the least common.

Img_2041


Img_2027

Img_2025

3. Roller-Equipped Heavy Duty Type
This is the strongest and sturdiest stand occasionally found on light-carrier cycles but mainly on heavy-duty carrier cycles.  Referred to in Japanese as Kiraku (a cinch) the rollers on the stand enable the stand to be raised and lowered even when heavily loaded. These types of stand were mainly fitted to to the chain stays.

Img_2036

Img_2019
Img_2030

Img_2033

Note the wide tire, typically 2.5" or 3", and, the large extended carrier for hauling large loads.  Carrier cycles were true beasts of burden and the roller-eqipped stand made it possible to raise and lower the stand when loaded.

 

2019年8月18日 (日)

自轉車 (子供の本 昭和17年出版)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

子供の本「自轉車」です。
真珠湾攻撃から6ヶ月後の昭和17年5月に初出版されました。
自転車関連以外にも、戦時中は子供(少国民)も含めて国民全員一丸となって天然資源を節約しなければならないことも書かれています。

表紙 (旧読み 右から左へ)
自轉車(轉=転の旧漢字)
少国民文化教本 
少国民は死語ですが、第二次大戦までは「小学生」という意味でした。
社法人圖画工作研究所編 (圖=図の旧漢字)
Img_1979

裏紙
定價=価の旧漢字
65銭 は1円未満の金額計算単位ですが、昭和28年(1953年)の「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」 によって発行されなくなりました。現在では利子や為替でしか使われていません。

平仮名で子供のお名前「おかだ たかこ」と上手に手書きされています。
Img_1982

昭和17年5月27日初版印刷
Img_1986

当時の本は左から右へに開きます。
Img_1983

Img_1991

序文
Img_1994

序文の一部(抜粋)
Img_1996
Img_1997
Img_1998
Img_1999
Img_1993
バケツが木製の桶

Img_1989
右ページに三輪車に乗っている子が玩具の銃を背負っています。

Img_1988
自転車屋

Img_1990
戦地の兵隊さん

戦争が長引けば長引くほど金属回収が激しくなり、自転車のみならず不要不急線(線路撤去)、お寺の鐘、校門、二宮金次郎の像、ミシン、鍋、釜などなど…あらゆるものが回収され溶かされて軍需品に生まれ変わりました。
渋谷のアイコンであるハチ公も金属供出され一度は失われましたが、昭和23年に2代目ハチ公が再建され今に至ります。 
下記はの写真は、1944年10月13日に行われたハチ公の出陣式の様子です。

Qa26_01
写真: 毎日新聞 

来年は戦後75年。
2020年東京オリンピックが行われます。
この機会に世界が過去を振り返り、
二度と戦争はしない!
と世界全体が宣誓する記念の年となることを切に願います。

 

2019年8月 3日 (土)

The Bicycle (A children’s book, 1942)

次回この記事の日本語版を投稿します。

Here is a children's book entitled "The Bicycle" first published in May 1942, just six months into WWII. 
The book allows a glimpse of a nation at war and the need for everyone, including children, to conserve natural resources.

Front Cover
Img_1979

Back cover
Cost 65 sen (Note that the currency unit is "sen", 100 sen equals 1 yen). 
The "sen" currency was phased out in 1953, and the unit is now only used in interest rates and exchange rates.
Even has the child's name written in hiragana, Takako Okada.
Img_1982

First published in May 1942
Img_1986

The following are telltale signs of old Japanese books.
1. Opens from left to right.
2. Horizontal script is printed right to left.
3. Use of old style characters. (國 = 国、轉 = 転、圑=団、圖=図)
Img_1983

Img_1991

Foreword
Img_1994

Loosely translated excerpt from foreword.
Img_1996
‟As many of you know the importation of gasoline from foreign countries has come to a halt.
However, gasoline is indispensable for aircrafts and tanks.”


Img_1997
‟Thus, gasoline is very precious when it comes to protecting the homeland.
Which is why the use of automobiles and the like which run on gasoline have become limited.
But what can be used in place of automobiles?”


Img_1998
The answer is the bicycle.
Yes, bicycles do not require gasoline or coal.
And bicycles will take you as far as you can pedal.
That is why bicycles have become so popular of late, men and women, adults and children、even our soldiers in the field, everyone is using bicycles.


Img_1999
‟However, precisely because there are so many people using bicycles, we must consider how we can take care of bicycles and make them last as long as possible.  In order to do so it is important to obtain a solid understanding of how bicycles work, and, how to ride and maintain them.  With this book you shall learn all these things."

Img_1993
Note the bucket is made of wood.

Img_1989
Note on the right page, a toddler with toy rifle riding tricycle.

Img_1988
Bicycle repair shop

Img_1990
Bicycle infantrymen

As the war wore on, scrap drives became more and more intense, very sadly many a bicycle was donated to the war effort and melted down for munitions.  Even Shibuya's icon, Hachiko, that beloved bronze statue; the original statue was donated to the war effort as shown in this photo of Hachiko's send-off ceremony on October 13th 1944.

Qa26_01
Photo courtesy of "The Mainichi" newspaper. 

It is easy to see why Japanese, not only adults, but children who grew up during the war have mottainai-shugi instilled in them.  Next year the world will mark the 75th anniversary of the end of WWII.  In addition, the world will come together in Japan as it hosts the 2020 Olympic Games.  It will be a fine opportunity for the world as one, to reflect on the past and reconfirm the rewards of peace. 

2019年7月21日 (日)

謎の工具

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

工具が面白くて好きです。
工具は一個一個何かの目的で設計されています。

しかし、古い自転車工具となると何の目的で出来ているのか?つまり「謎の工具」が少なくはありません。
いくつか持っている限られた古い自転車カタログが謎の解明に大変参考になっています。

しかし、カタログに全ての工具が載っている訳ではありません。
以前、謎を解くために、古い自転車の愛好家しげP自転車の日記 に協力して頂き、他の古い自転車愛好家達の力をお借りしたこともあります。
そのお陰で謎の工具について解明することが出来ました。 

この工具もその一つです。
結局、本田スーパーカブ用のブレーキロット回し   ということが分かりました。
昔は「自転車屋」よりも「OO輪業」と掲げ、
リアカー、自転車、原付き、スクーター、バイクにも対応していました。

Img_0

この工具は スポーク切り と分かりました。
ホィールを組んだ後の余ったスポーク端を切り取るための工具です。
Img_5

先日、「古い自転車専用工具一箱」を手に入れました!!
Img_1772
やはり、その中には今まで見たことがない工具がありました。
では見てみましょう。

何らかの特殊なペンチの様です. 
Img_1774_20190704162201
Img_1776

先端をもう少し見て見ましょう。 
Img_1780

先端の内側はボトルの先のように窪んでいます。
Img_1779

窪みが何かを挟むように飛び出しているようですが、一体何を?
Img_1777

考えに考えた末、恐らくタイヤチューブのバルブコアを抜く工具だと思います。
試してみましょう。
Img_1787

バルブコアと工具先端の窪みの形状が同じ??
Img_1790

ビンゴ!!
バルブコアをしっかり掴めるように窪みの径がバルブコア下部より僅かに細い。
窪みの上部の径がバルブコアのネジ山径より広くてバルブコアを挟む時にネジ山が潰れないように出来ています。
Img_1792

バルブキャップネジ山を守りながらバルブコアを掴み楽に抜くことが出来きます。
Img_1797

バルブコアの虫ゴムは時間が経つとバルブ内にくっついて中々抜くことが出来ない場合もあります。
特に長年風雨に晒された自転車にはバルブコアのくっつき具合が酷い。
Img_1798 

不思議な工具。 
Img_1799


おそらく手作り工具でしょう。
鍛冶屋ペンチに加工された先端部を取付けられた。
鍛冶屋ペンチ2つの穴は元の支点用。

Img_1775_20190706082601

どなたかこのような工具を見たことがありましたらご連絡ください。

2019年7月 6日 (土)

Mystery Tool

次回この記事の日本語版を投稿します。

I recently acquired a box full of old bicycle tools.
Img_1772

Tools are interesting, they are all designed with a specific purpose in mind; however, with old bicycle tools it is often difficult to figure out exactly what the tool was designed to do.  I have a few old tool catalogs which have been very helpful in uncovering the purpose of unfamiliar tools.  But catalog information is limited and I have had to rely on other sources to unravel mysterious tools.  In the past a fellow vintage Japanese bicycle enthusiast "ShigeP" over at しげP自転車の日記 (Japanese only), has enlisted the assistance of other enthusiasts to help solve a couple of mysteries. 

This mystery tool below was solved at ShigeP's blog and turned out to be a rear drum brake adjustment tool for Honda Super Cub scooters.  In the old days, bicycle shops serviced not only bicycles but mopeds, scooters and motorcycles.Img_0

This mystery tool below turned out to be a spoke cutter used to cut the excess spoke ends after assembling a wheel.Img_5

In the recent batch of vintage bicycle tools, once again, there was a mystery tool, one I have yet to come across. 
Let's take a look.

Appears to be some sort of pliers. 
Img_1774_20190704162201
Img_1776

Let's take a closer look at the tips. 
Img_1780

The tips have been hollowed out to create a specially designed cavity.
Img_1779

The cavity must clamp onto something, but what???
Img_1777

My guess is that this is a tool created to pull out stuck Woods (aka Dunlop/English) tire tube valve cores.
Let's take a closer look.
Img_1787

The Woods (aka Dunlop/English) valve core seems to have the same contour as the cavity.
Img_1790

Perfect fit!
The cavity diameter is slightly smaller than the valve core allowing it to firmly grab the valve core.
Img_1792

Valve core is easily pulled out without any damage to the core itself, nor the cap screw threads.
Img_1797

The valve rubber has a nasty way of welding itself to the valve inner walls, this is especially true on old bicycles which have been sitting for years.
Img_1798 

Interesting tool. 
Img_1799

Most likely a one-of-a-kind tool fabricated by someone by machining the tips and then adding them to an old pair of Backsmith pliers. The two holes are obviously the original pivot point. 

Img_1775_20190706082601

If anyone out there has seen something similar kindly let me know.

«鈴木商会 (勿体ない主義の教訓)