2017年11月12日 (日)

作業部屋(6)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる、古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)では、作業部屋の胴体となる作業台を作り、
作業部屋(3)は、使用時に一時的に体の一部となる、まるで「四肢」の工具でした。
作業部屋(4)と(5)では、それぞれ「右手」となる立万力と「左手」となるフレーム万力を与えました。
今回は脚一本を。

こちらは脚です。
簡素で実用的な前車輪を地面から持ち上げるメンテスタンド。
前ロッドブレーキ調整やスポーク張り具合調整やパンク修理やタイヤ交換やコーン(玉押し)調整などの前車輪周りのメンテに実に最適な道具。
この簡素で巧みな仕掛けの前輪メンテスタンドを見てみましょう。

Img_0018_2

径約1cmの鉄棒3本(フレーム受けと本体とハンドル)とフレーム受けと本体の繋ぎ目。
四か所でスポット溶接実、実に簡素なデザイン、ネジもナットも不要。
フレーム受け部にキズ防止の短いゴムチューブ2本も付いています。
Img_0039

フレーム受け部。
受け部にゴムチューブ2本がスタンドをフレームに取り付ける時にキズを防ぐ役割。
Img_0029

受け部がダウンチューブの下部とヘッドチューブの裏に嵌まる。
Img_0024_2

ハンドル付きで片手でスタンドをフレームに嵌めやすい。Img_0031Img_0011_2Img_0025

スタンドの下部が広くて安定性を提供する。.
Img_0037

片手でスタンドをフレームとフォークの間に差し込んで、受け部をダウンチューブの下部とヘッドチューブの裏に嵌める。

Img_0005_3

自転車を上に持ち上げながらスタンドを前にスライドして前車輪が地面から浮きあがります。
Img_0026

スタンドの広い下部と自転車の重さがリアスタンドに配分されることによって自転車が安定し前車輪のメンテ環境がいい。
Img_0027

スタンドの角度を変えることによって前車輪の高さ調整も出来ます。
急な角度で車輪が高くなります。
Img_0019_2

狭隅角度で車輪が地面から僅かに上がります。
Img_0012

Img_0013

このような前車輪メンテスタンドが便利でシンプルな素材や作り、使いやすくて一生使えます。
Img_0042

2017年10月30日 (月)

Workshop (6)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Workshop I have moved and I am in the long process of getting settled in.  In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock.  In Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench.  In Workshop (3),  I gave the workshop extremities in the form of tools, and, in Workshop (4) and Workshop(5) I gave the workshop right and left hands by adding a Blacksmith vise and frame vise.  In this installment the workshop will receive the first leg.

Here is the leg, a simple but effective front wheel maintenance stand to raise the front wheel off the ground.  Excellent for working on and around the front wheel: adjusting rod brake stirrups, adjusting spoke tension, fixing flats, changing the tire, adjusting cone bearings, etc.  Let's take a closer look at this simple yet ingeniously designed front maintenance stand.
Img_0018_2

Very simple materials, only uses 3 pieces of rod iron (neck, body and handle), a joiner piece connecting the neck to the body, and, two rubber tubes on the neck fork to protect the bicycle from getting scratched. No screws or nuts, just spot welded in four places.

Img_0039

Here is the neck.
Again, note the rubber tubes on the neck fork to protect the bicycle from getting scratched.

Img_0029

The neck fits in the joint formed between the underside of the down tube and rear of the head tube.
Img_0024_2

The handle allows the stand to be fitted to the frame with one hand.Img_0031Img_0011_2Img_0025

The wide base provides stability.
Img_0037

Using one hand the stand is inserted between the main frame and fork, with the neck portion fitted under the down tube and behind the head tube.

Img_0005_3

The stand is pulled forward while simultaneously lifting upwards to raise the front wheel off the ground.
Img_0026

The wide base of the stand, weight of the bicycle and weight distribution shifted to the rear stand all work together to provide a stable condition for working on and around the front wheel.
Img_0027

Changing the angle of the stand raises or lowers the front wheel.
Steep angle raises the wheel well off the ground.
Img_0019_2

Shallow angle lifts the wheel just off the ground.
Img_0012

Img_0013

These old front wheel maintenance stands are very handy, made of simple materials and construction, easy to use, and, will last a lifetime.
Img_0042

2017年10月15日 (日)

作業部屋(5)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる、古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)では、作業部屋の胴体となる作業台を作り、
作業部屋(3)で、使用時に一時的に体の一部となり、まるで「四肢」である、工具でした。
前回の作業部屋(4)では「右手」となる立万力を与え、今回は「左手」を。

右手と同様に左手は自転車修理用に設計された万力の一種で、
「フレーム万力またはパイプ万力」と言います。
見てみましょう。
Img_0552

左側面に穴が二つ。
Img_0556_3

上面も穴が2つ。
Img_0558

右側面は穴が一つだけ。
Img_0559_2

フレーム万力の前半分を取り外し断面的な構造が見えてきます。
各々の溝でフレームを縦、横、斜めに固定できます。
Img_0565_2

畑屋工具カタログから抜粋した図ですが、よく似ています。
(畑屋について作業部屋(3) を参照)
Img_0569

前半分の合わせ面(左側)と後半分の合わせ面(右側)
Img_0566


横に固定
Img_0560

縦に固定
Img_0562_2

斜めに固定 
Img_0563_2

斜めに固定(フレームが逆さま).
Img_0564

作業台の左手と右手
Img_0551

2017年10月 2日 (月)

Workshop (5)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Workshop I have moved and I am in the long process of getting settled in.  In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock.  In Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench.  In Workshop (3),  I gave the workshop extremities in the form of tools, and, in Workshop (4) I gave the workshop a right hand by adding a Blacksmith vise. In this installment the workshop will receive a left hand.

The left hand, like the right hand, is also a vise designed specifically for bicycle shops and is known in the bicycle industry as a frame or pipe vise.
Img_0552

Left side has two holes.
Img_0556_3

Top has two holes.
Img_0558

Right side has a single hole.
Img_0559_2

Here is the back half of the vise.  The grooves allow the frame to be held vertically, horizontally or diagonally.
Img_0565_2

Below is a similar vise taken from a Hataya catalog.
(Refer to Workshop (3) for more on Hataya)
Img_0569

Here we see the mating surface, the back half on the left and the front half on the right.
Img_0566


Frame held horizontally.
Img_0560

Frame held vertically.
Img_0562_2

Frame held diagonally (right side up).
Img_0563_2

Frame held diagonally (upside down).
Img_0564

And there they are, the left and right hands on the workbench.
Img_0551

2017年9月16日 (土)

作業部屋(4)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる、古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)では、作業部屋の胴体となる作業台を作り、
作業部屋(3)で、使用時に一時的に体の一部となり、まるで「四肢」である、工具でした。
今回は、作業部屋に「右手」を与えます。


作業部屋の股肱(ここう)です。
昭和20年代ごろの畑屋製の万力。
このような万力は、日本語で「立万力」といいますが、英語では様々な名称があります。
Blacksmith Vise、Leg Vise, Post Viseなど。

それぞれの名前の由来を見て見ましょう。Img_0388_2

Blacksmith Vise (鍛冶屋さんの万力)
名前の通り、鍛工の職場によくある万力。
このような万力は横万力より丈夫に作られているし、挟み部が浮動スクリューで旋回し
鍛工の酷使から守られています。

Img_0400

Post Vise (立万力)
立形の由来
横万力 と違って作業台の上面だけではなく、柱にも取り付けられます。
Img_0389

Leg Vise (脚万力)
万力の下部に付いている長い棒からの由来。

この棒の特徴は、万力自体や万力に挟む部品をたたく時、その衝撃を床へ移すためです。
Img_0390

この万力は酷使に耐えるだけではなく、畑屋工機株式会社に自転車修理で用いるために特別に設計された万力です。
(畑屋について作業部屋 (3) 参照)
Img_0393
Img_0392
Img_0391 Img_0395

畑屋は、工具を国内のみならず、海外にも輸出販売していました。
下記の図は、英語版のカタログから抜粋しました。
Note:  "Specifically designed for bicycle repairing."
「自転車修理で用いるために特別に設計された万力である」

Img_0365_2

日本語版のカタログにも載っています。
「拾五ヶ年保証」
Img_0501

万力の挟み部に注目
上面と右側面に小さな凹面があります。
これは円筒形の小部品(コッターピンやペダル芯、ブレーキロッドなど)固定用。

Img_0396

上面と右側面に凹面あります。
Img_0397

上面だけで固定
Img_0399

右側面だけで固定
Img_0398

一番下の大きな横凹面に注目
これはフレームを挟むためにあります。
Img_0401
Img_0404

Img_0402

畑屋製の万力用フレームクランプ。
どんな万力でも使用可能。
Img_0408

バネ仕掛け式で便利
Img_0407
Img_0409

フレームを縦にも横にも固定することができます。
Img_0410
Img_0415
Img_0411

このような古い自転車専用の立万力は、実に頑丈で代々に伝わってもまだまだ使えます。
「古い」という言葉は、
「衰えている」や「もう使用価値がない」の捉え方が多いですが、
しかし、必ずそうとは限りません。

現代の使い捨て社会の中、消費者運動を加速させるマスマーケティング戦略で、
「新発売」が今までの物よりいいと流されがちですが、「古い」からと言っていつも新発売に叶わない訳ではありません。
古い物が長持ちし、もしくは新発売より良質で、おまけに安価な場合も少なくありません。

今回は、「作業部屋連載」において、
作業部屋に、「右手」を与えたことについて書きました。

次回は作業部屋に「左手」を与えます。

2017年9月 2日 (土)

Workshop (4)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Workshop I have moved and I am in the long process of getting settled in.  In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock, in  Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench, and, in the previous installment, Workshop (3),  I gave the workshop extremities in the form of tools.  In this installment I will give the workshop a right hand.

There she is, the workshop's "right hand", or "right-hand man", an early 1950's Hataya Tool Manufacturing Company vise.  These types of vises go by several different names including:  Blacksmith Vise, Leg Vise and Post Vise.  Let's take a closer at these different names.
Img_0388_2

A Blacksmith vise, as the name implies, is commonly found in metal shops.  These vises, as opposed to a Machinist vise, have a floating screw box which protects the screw from the heavy pounding that comes with the job of forging metal into various shapes.   
Img_0400


Post Vise, as the name implies, requires the vise to be mounted to a vertical brace such as the post of a workbench, as opposed to a Machinist vise which is mounted only to the top of a workbench.
Img_0389

Leg Vise refers to the thick long pole attached to the bottom of the vise which transfers the impact (energy) of hammering to the ground rather than to the screw. 
Img_0390

Besides being heavy-duty and virtually indestructible, this vise was designed and manufactured specifically for bicycle repair by the Hataya Tool Manufacturing Company.
(Refer to Workshop (3) for more on Hataya)
Img_0393
Img_0392
Img_0391 Img_0395

Hataya not only produced tools for the Japanese market but also exported their tools.
The illustration below is from an English catalog. 
Note:  "Specifically designed for bicycle repairing."

Img_0365_2

Note the jaws have been designed with the added convenience of securing small cylindrical parts such as cotter pins, pedal axles, brake rods, etc.
Img_0396

Both top and right side have this added feature.
Img_0397

Top only.
Img_0399

Side only.
Img_0398

Note the large concave portion below the jaws.  This is used to mount the top tube in so that the vise also serves as a bicycle work stand.

Img_0401
Img_0404

Img_0402

This is a Hataya frame clamp that fits into the jaws of any vise.
Img_0408

Conveniently spring loaded.
Img_0407
Img_0409

Can be used to hold the frame horizontally or vertically.
Img_0410
Img_0415
Img_0411

These Blacksmith vises are amazing and will easily outlive their original owners.  "Old" often gets a bad rap; people tend to get caught up in the mass marketing and advertising and in some cases erroneously believe that just because something is "new" is better than "old".   Not always.  In fact in today's disposable society where things are not built-to-last, often "old" is superior to "new" and because "old" is often "used" it is cheaper to boot!

In this instalment we saw the workshop's right hand.  In the next installment we shall take a look at the workshop's left hand.

2017年8月20日 (日)

突然の訪問者

I'll be back soon with another English post until then stay trued and happy wheels.

少しずつワークショップを立ち上げているなか、
先日、昭和自転車愛好家のKさんが突然訪ねて来られました。
今まで昭和自転車の愛好家に何人かお会いしたことがありますが、Kさんは最年少です。

Kさんは、毎日8時間以上も昭和30年前後の重運搬車で荷物を届ける宅配関連の仕事をしているそうです。
Kさんが配達で使用される愛車、「鉄製駄馬」です。
重運搬車で、まさに「鉄製駄馬」ですよね!
大きな荷物を搬送するために、
ホィールベースが長~~く、フレーム角度が浅~~く、大きな荷台。

Img_7628
Img_7624

Kさんの愛車は「丹頂」という自転車です。
昭和30年代前半ごろまでのバッヂ類は七宝焼製で、実に工芸品です。
重運搬車の割にはバッヂ類がとても綺麗なのが珍しいこと。
自動車社会以前、重運搬車はまるで鉄製の駄馬、日々重い荷物を運んでくれました。
Img_7630_2Img_7636_2

丹頂の風切
Img_7632

凝った泥除けステーバッヂ
Img_7646

頑丈なバネ付きフォーク
Img_7633
Img_7634

前車輪のオイルさしハブ.
注: オイルキャップ「OIL」
   黒いスポーク
Img_7635

毎日8時間以上重運搬車で荷物を宅配するのは重労働です。
Kさんは重運搬車にビンテージ66(ツーシックス)製の3段内工リアハブを付けました。
以前、私も 同一66(ツーシックス)製のハブを使用し車輪を組んだことがあります。
ハブ事態は重いですが、シンプル&メンテフリーで良いです。
Img_7643
Img_7638

3段付きと言っても重運搬車で宅配するのは重労働。
その証拠のひとつはKさんの手。
Img_7625

夕方や夜も宅配するので、明るいランプが欠かせません。
原付が負けるくらい明るいランプを付けています。
配線のターミナル接続部を改良して、差し込みやすくしています。
このアイデアは頂き!!
Img_7642_2Img_7647Img_7651
Img_7640_2

丈夫なローラ付きリアスタンド(気楽スタンド)のお陰で、重い荷物を積んでも鉄駄馬を安定に乗り降り・駐輪できます。
前後の車輪は1 3/4ですが、リア泥除けの幅が広いので、元々2インチだったでしょう。
Img_7645

丹頂はオリジナルではないハンドルかもしれません。
見たことない商標で、もしお分かりになる方がいらっしゃれば是非
ご連絡下さい。 showajitensha@hotmail.co.jp.
Img_7653

2017年8月 5日 (土)

Surprise visit

次回この記事の日本語版を投稿します。

The other day whilst in the midst of the slow incremental process of creating a workshop I had an unexpected visit from a fellow vintage Japanese bicycle enthusiast, K-san.
I have met many vintage bicycle enthusiasts over the years, but the first time to meet one so young.  Turns out that K-san is a bicycle courier and spends eight hours or more each day running deliveries on a vintage 1950's era heavy duty carrier cycle.  Let's take a closer look.

Here is K-san's two-wheeled "steel packhorse" for running deliveries.
Note the long wheelbase and shallow frame angle design and extended large rear carrier for transporting extra-large loads.
Img_7628
Img_7624

The bicycle is a Tancho.  As is typical of the early or mid-1950's era Japanese bicycles the badges (Link in Japanese language only)  are pure works of art made with Japanese cloisonne  (七宝焼き Shippoyaki). 
The badges are in very good condition for a heavy duty carrier cycle which were steel packhorses and often took tremendous beatings.
Img_7630_2Img_7636_2

Fender ornament.
Img_7632

Ornate front fender stay badge.
Img_7646

Heavy duty springer front fork.
Img_7633


Img_7634

Oil lubricated front hub. (Link is in Japanese language only)
Note the oil cap.
Black spokes.
Img_7635

Riding over eight hours a day on a heavy duty carrier cycle transporting large heavy packages is tough work.
K-san fitted his steel packhorse with a vintage Japanese 66 Two Six 3-speed internally geared hub.
These are really good 3-speed hubs, in the past I built a wheel with the same 3-speed hub and used a Sturmey-Archer quadrant shifter (Link in Japanese language only).
Img_7643
Img_7638

Even though it is fitted with a 3-speed internally geared hub, making deliveries on a heavy duty carrier cycle is tough work, as can be seen by the blisters on K-san's hands.Img_7625

Making deliveries into the evening requires sufficient lighting.
K-san has fitted his two wheeled steel packhorse with a fine headlight and taillight.
Note how K-san has improved the wire connections fitting the wire ends with terminal connectors.
Img_7642_2Img_7647Img_7651
Img_7640_2

Nice roller equipped heavy duty stand keeps the steel packhorse stable even when parked with a full load on the rear carrier.
The Tancho is fitted with 1 3/4 inch rims/tires on both the front and rear; however, given the width of the rear fender I suspect it originally had 2 inch rim/tire.
Img_7645

Help needed.
The Tancho is fitted with a handlebar that may be unoriginal to the Tancho.
If anyone recognizes the trade mark below kindly contact me at showajitensha@hotmail.co.jp.
Img_7653

2017年7月18日 (火)

作業部屋(3)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)で、作業部屋の胴体となる作業台を作りました。
次は作業部屋の「四肢」になる手工具です。

よく考えてみると、手工具は手作業、例えばネジを回したり、ナットを固定させたり、ネジ山を切ったりすることは、一時的に体の一部になります。
手工具に手加減を加え作業するからこそ、一時的に身体の延長となるのです。

Img_7476

Img_7475_tools

Img_7487

Img_7508Img_7488_2

古工具は古い自転車と同じような特徴があります。
シンプルで頑丈で商標の刻印商標が工具設計に作り込まれている場合もあります。

昭和20年代後~30年代前半に様々な工具製造会社があったようですが、よく知られている3社を取り上げましょう。(昭和28年の輸出カタログから抜粋)
Img_7518

1.  畑屋
約100年前に設立し、現存している会社です。
もう自転車工具はメインではありませんが、まだ一部の自転車工具を製造しています。Img_7514

2. 宝山 Hozan (HKC)
半世紀前に設立し、現存している工具製造会社です。
現在、多数の自転車専用工具も製造しています。
Img_7517

3.大塚 
大塚製作所の沿革は見つかりませんでした。
但し、大塚製作所の工具に対して面白いことに商標は鍵でした。
そのカギ商標が工具設計に作り込まれた例は少なくはありません。
Img_7505


自転車の古工具は実に面白いです。
今後、工具の種類や使い方など投稿する予定です。
一箱分の古い手工具だけではなく、大き過ぎて箱に入らなかった工具をまだ整理しなければなりません。
少しずつ、少しずつ進みます。
Img_7494
Img_7511

 

2017年6月18日 (日)

Workshop (3)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Workshop I have recently moved and I am in the process of getting settled in. In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock, and, in the previous installment, Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench.  In this installment, I will give the workshop extremities in the form of hand tools. Extremities? Yes, indeed extremities as hand tools are simply temporary body parts or extensions used to perform a task, turn a screw, hold a nut, cut threads, etc.  The User is the force and control behind the tool, thus the tool is simply an extension of the body.

Img_7476

Img_7475_tools

Img_7487

Img_7508Img_7488_2

Old hand tools bear the same characteristics as old bicycles. They are simple, made to last, bear the manufacturer’s trademark and, in some cases, even have the manufacturer’s trademark designed-in. 

There were many tool manufacturers; however, some of the more well-known include the following as indicated in a 1953 export catalog.Img_7518

1.  Hataya
Established nearly a century ago the company still exists today, though they changed their focus and today only make a few bicycle tools.Img_7514

2. Hozan (HKC)
Established over a half century ago the company still exists today and manufactures a wide variety of bicycle tools.
Img_7517

3.Ohtsuka (Key Brand)
Unable to trace this company.  One interesting fact of Ohtsuka brand was that the company trademark was a key, and, the company often designed-in their trademark.
Img_7505


Old hand tools is a fascinating aspect of vintage bicycles and I look forward to posting more information on tools and their usage in the future.  I still have a chest of old tools to sort through, not to mention larger tools that wouldn't fit in the chest.  But all in good time.
Img_7494
Img_7511

 

«作業部屋(2)