2014年8月29日 (金)

Work Apron

次回、この記事の日本語版を投稿します。

As anyone who has worked in Japan knows, the vast majority of companies have uniforms.  And even for those smaller privately owned shops and craftsmen,  there is the work apron known as maekake in Japanese. 

Worn around the waist and tied off in the front, work aprons not only help to keep the user's clothes clean, but also serve an important advertising function.  Let's take a look at this tidbit of history, a maekake which dates back around 60 years.162

Work aprons are used by a wide variety of shops, and are certainly not limited to bicycle shops.  Typical work aprons are made of a coarse indigo colored woven fabric with the proprietor's shop name, address and advertisement printed in white.  Let's start at the top and work our way down.

At the top in Kanji it reads "Yamaguchi Bicycles and Maruishi Bicycles".159

Printed in the middle of the apron are the emblems for Maruishi and Yamaguchi bicycles along with the silhouette of a bicycle.  Note the detail in the silhouette, full chaincase, headlight, front fender ornament, rear rack, stand and even a generator on the rear wheel.
158

Printed in large characters just below the bicycle emblems and silhouette is the name of the bicycle shop which reads Azuma (Bicycle) Shop.
161

Underneath the shop's name is the address and telephone number.
The telephone number "333" reflects just how old this work apron is, a three digit telephone number.  But, what a lucky telephone number three "3's"!
160

I ran a quick search for these maekake and was surprised to see various old one's up for grabs on Ebay.  Appears these maekake are gaining popularity. One can even have a custom printed maekake made from a company called Anything (Japanese website).

2014年8月17日 (日)

スポークベル (後半 ロッド式)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

現代では滅多に見かけない回転式ベルについて以前紹介したことがありますが、
前回の記事では、
それよりもっと珍しいケーブル式スポークベル(下記)について取り上げました。

P1300383_2

ロッドブレーキは、ケーブル式ブレーキの元祖であることと同じように、
ロッド式スポークベルは、ケーブル式スポークベルの元祖です。
今回、取り上げるのは非常に珍しいロッド式スポークベルです。

ケーブルの代わりにロッドがあり、後は基本的に同じです。
ロッド式なので、実にシンプルで機能的な構造です。

ロッド式スポークベルのレバーです。
ケーブル式スポークベルと違います。

P1290883

写真の左下にレバーとクラッパーに繋がっている細いロッドが見えます。P1290878

P1290886_4

この時点では、バネ付クラッパーはスポークに当たっていません。
.P1290872

良く見ると、バネ付クラッパーに繋がっている細くて黒いロッドが見えます。

.P1290859_2

レバーを押すとロッドによりバネ付クラッパーが上がり、
スポークに当たり、
連発のリン、リン、リン、リン~~~。

P1290873_3

P1290875_2

シンプルで機能的で良いですね。
ケーブがないので伸びないし調整不要。
それは古い自転車の魅力の一つ、頑丈でシンプルなのでローメンテです。

2014年8月 1日 (金)

Spoke Bell (Part 2: Rod activated type)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post I mentioned that I have written about bicycle bells in the past, with a focus on revolving bells,  and we took a look at another kind of bell rarely seen today the cable operated spoke bell shown below.
P1300383_2

It was also mentioned in the previous post that just as rod brakes preceded cable operated brakes, so too did rod operated spoke bells precede cable operated spoke bells.  Thus, in this post we will take a look at a very rare rod activated spoke bell.

The basic opertion is exactly the same only instead of a cable, rod linkage is utilized. As can be expected, the mechanism, right down to the adjustment rod linkage, is ingeniously simple, yet functional.

Here is the lever used to activate the spoke bell.  Compare this with the cable activated spoke bell lever. (Click on photos to enlarge.)

P1290883

Note the rod linkage and the thin rod, at the bottom of the photo, which runs all the way down to the bell and is connected to the spring held clapper.
P1290878

P1290886_4

At the normal resting position the spring held clapper is away from the spokes.P1290872

Note the rod attached to the spring held clapper.P1290859_2

Pressing downward on the lever pulls a rod connected to the spring held clapper up and into the spokes.
P1290873_3

P1290875_2

Simple, functional and effective.  No cable stretch or adjustment to worry about.  That is one of the things that I like about these old bicycles, not only are they strong and sturdy, but they are virtually maintenance free!

 

2014年7月21日 (月)

スポークベル (前半 ケーブル式)

I will be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

以前、自転車ベル、特に現代は滅多に見かけない回転式ベルについて紹介しました。
しかし、回転式ベルほど珍しく、現代見かけないベルはもう一種類あります。
それはスポークベルです。

P1300383_2
スポークベルは実に面白い発想です。
ハンドルに付いているレバーを引くことにより、バネ付きクラッパーがスポークに当たりスポーク一本々がバネ付きクラッパーを曲げ離します。 
その結果は機関銃のようなリン・リン・リン・リン・リン・リン~。

スポークベルの操作レバーです。
P1300398

この時点でバネ付クラッパーはスポークに当たっていません。.

P1300395_2

レバーを引くとケーブルによりバネ付クラッパーが下がりスポークに当たります。.P1300400

P1300396_4

上記の例はバネ付クラッパーが常に上がった状態で、レバーを引くとバネ付クラッパーが下がりスポークに当たります。. 

逆のパッターンもあります。
下記の写真のようにバネ付クラッパーが常に下がった状態で、レバーを引くとバネ付クラッパーが上がりスポークに当たります。. 
P1300405

昭和30年ごろのカタログを見てみたら、両方のモデルが載っています。
下記の2枚の写真を比べ合うと上はバネ付クラッパーが下がる式、下の写真はバネ付クラッパーが上がる式。
2down_3

1_up

実は、面白いことに、4年前に古い自転車部品一箱を買ったとき、見たことがない部品が入っていました。
その部品はロッド式スポークベル用の一部のパーツと後で分かりました。
というのは、ロッドブレーキはケーブル式ブレーキの元祖であることと同じように、ロッド式スポークベルはケーブル式スポークベルの元祖です。

次回、その非常に珍しいロッドブレーキスポークベルをご紹介します。

 

2014年7月 6日 (日)

Spoke Bell (Part 1: Cable activated type)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I have written about bicycle bells in the past, with a focus on revolving bells.  However, there is another kind of bell rarely seen today and that is the spoke bell.
P1300383_2
Spoke bells are an ingenious design, whereby pulling a cable operated lever moves a spring held clapper into the spokes, and, as the wheel turns, each spoke then bends and releases the spring held clapper rending a machine-gun of rings:  ding-ding-ding-ding-ding-ding. 

Here is the lever attached to the handlebars.P1300398

At this position the spring held clapper is away from the spokes.

P1300395_3

Squeezing the lever pulls the cable which moves the spring held clapper into the spokes. P1300400

P1300396_4

In the above example, the spring held clapper is normally in the raised, away from the spokes position, until the lever is depressed at which time the spring held clapper is lowered into the spokes rendering a barrage of dings:  ding-ding-ding-ding-ding-ding-ding-ding. 

The vast majority of designs are like the one below whereby the normal postion of the spring held clapper is in a lowered, away from the spokes position, until the lever is depressed at which time the spring held clapper moves up into the spokes.
P1300405

The following two models are from a 1950's catalog.  Upon close examination, one can see that the top photo is of the type where the spring held clapper is lowered into the spokes.  And, conversely, the bottom photo is of the type where the spring held clapper is raised into the spokes.
2down_3

1_up

A few years ago I purchased a box of very old bicycle parts.  At the time, I had know idea what some of the parts were, until I discovered later that the parts were for a rod activated spoke bell.  That's right, it is interesting to note that,just as the rod brake is the forefather of  the cable brake, the rod spoke bell is the forefather of the spoke bell.

In the next installment we will take a look at a rod activated spoke bell.

 

2014年6月21日 (土)

バタバタ自転車

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

数ヶ月前、都内の某大型雑貨店にて、
錆落とし、塗装、メッキポリッシュなどなど、自転車レストアの実演販売をしていました。

客を引き寄せるために古いエンジン付き自転車が展示されていました。
良く見たら、丸石自転車
歴史が古く、元々「丸石商会」という会社でした。
028

バイクや自動車製造で有名なHONDAは、昭和22年ころ同じようなエンジン付き自転車ホンダA型を製造しました。
旧軍の発電機用のエンジンを利用し、そのエンジンの音で通称「バタバタ機」。
025

特に面白いのはフロントフォークとサスペンションのデザインです。.   
027

頑丈で大きなバネです。
戦後の道路状態を考えると不可欠だったでしょう。 
026

ホンダ ヤマハ, カワサキ スズキ の4社は現在世界中に良く知られています。
しかし、4社共に戦前はオートバイ製造はなく、戦後からスタートしました。
大したもんです。

2014年6月 6日 (金)

Motorized Bicycle

次回、この記事の日本語版を投稿します。

A few months back, I happened to visit a department store and the bicycle section was promoting rust removal solvents, touch-up paint, chrome polish and other bicycle restoration goods.  There on display was a great "attention-getter", an old motorized bicycle.  Upon close inspection it turned out to be a bicycle manufactured by Maruishi, a company still in the bicycle business.
028

It is hard to believe but the famous motorcycle and automobile manufacturer Honda first started out by producing a similar motorized bicycle back in 1947, the Honda A-Type,  also, referred to in Japanese as the Bata-Bata Bike, taken from the sound the engine made.
025

The engineering design behind the suspension equipped offest front forks on these old motorized bicycles, or mopeds, is quite interesting.   
027

Heavy duty spring to smooth out the bumps.  Road conditions over half a century ago where certainly nowhere near what they are today.
026

Japan has come a long way; espescially when one considers two wheeled motorized transportation. None of the big four Honda, Yamaha, Kawasaki or Suzuki were producing motorcycles prior to WWII.

2014年5月24日 (土)

チェーンホィール (後半)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の記事「チェーンホィール 前半」 では、
昭和20年代後半~30年代前半自転車の部品一個一個に、社名・商標が1箇所かそれ以上付いていたことを取り上げました。

また、日本自転車製造会社がチェーンホィールのデザインに社名・社ロゴ・商標を造り込んだのは、おそらく英国から取り入れたのでしょう。

今回、チェーンケースがまるでチェーンホィールの絵の額の役割のようであり、
チェーンホィールの芸術さをどのように引き立ていたか、を取り上げます。

当時、実用車や軽運搬車にはチェーンケースが付いていました。 
透明なセルロイドを使ってざまざまなデザインでチェーンホィールの芸術を引き立てていました。

1. チェーンケース全体的に透明なセルロイド製

2.チェーンケース外側は透明なセルロイド製、内側が塗装された鉄板

3.チェーンケースの鳩目が、透明なセルロイド製

下記の写真をクリックすると拡大します。
(チェーンケースを注目、全体的に透明なセルロイドでできています。
Photo

次は、外側が透明なセルロイドで内側は白い塗装鉄板です。
これは昨年取り上げた日米富士フェザー号です。
チェーンホィールに注目して下さい。
日米富士商標のデザインが3箇所も作り込まれています。Img_20130721_234852830

これも、また美しいデザインです。
外側が透明なセルロイドですが、中央は塗装されています。
ゴールド色のチェーンはオリジナルとは思いませんが、
素晴らしいアクセントです。

Bicycle Fanというサイトの管理者トミーさんのご協力。012 013 051

最後に、透明なセルロイド製の鳩目。
Img_7139 

当時、社名や商標が作り込まれたチェーンホイールが多かったですが、残念ながら、メッキや塗装された鳩目に塞がれたため、その芸術さを味わえなかった場合が少なくはありませんでした。   
Sunrabbit_06

2014年5月 9日 (金)

Chainwheels (Second Half)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post (Chainwheel First Half) it was noted how on vintage Japanese bicycles nearly each and every part bear the manufacturer's name or trademark, often more than once. We also saw how Japanese manufacturers adopted the practice of designing the company name, logo or trademark into the design of their chainwheels.

In this post we will take a look at how these ornate chainwheels were actually showcased by the unique chaincases of that era.

1950's, with the exception of heavy duty carrier cycles, the vast majority of bicycles came with chaincases.  Some of the chaincase designs incorporated the use of transparent celluloid to showcase the chainwheel.  There were all transparent celluloid chaincases chaincases with all transparent outer half and all steel inner or backside, and, chaincases with only transparent celluloid chainwheel covers.  In each case the use of transparent celluloid enabled the manufacturers to advertise their brand, and, for onlookers, to appreciate the cleverly designed chainwheels.

Click on the photo below to enlarge.  Note that the entire chaincase is transparent.
Photo

Here is a fine example of a chaincase where the outer half is all transparent celluloid and the inner or back is painted steel.  Faithful readers will recognize this as the finely restored Nichibei Fuji Feather bicycle which was covered in detail last year.
Note the clever design of the chainwheel which employs the Nichibei Fuji trademark three times. 
Img_20130721_234852830

Here is another great example of an artistic chaincase and chainwheel.
Note that, similar to the above example, the outer portion of the chaincase is transparent celluloid with a painted steel backside.  Only in this case, we see that the center portion is colored.  It is doubtful that the gold chain is original, but it sure is a nice accent.
Photos courtesy of Tomi over at Bicycle Fan.012 013 051

Here is an example of a all steel chaincase with transparent celluloid chainwheel cover. 
Img_7139 

Of course there were numerous companies that made ornate chainwheels but covered them with a regular chromed chainwheel covers.  A shame when one considers the artistic beauty of these chainwheels.   
Sunrabbit_06

 

2014年4月29日 (火)

チェーンホィール (前半)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車が気に入っているかの理由
は様々ですが、一つは「心を込めて凝った造り」です。
当時、工業仕様標準化は自転車工業を普及するまでに約10年(昭和28年~38年)掛かりました。
その上、自動化の遅れで、自転車作りは主に手で行なわれ、それは工芸品と言っても過言ではありませんでした。

今回取り上げるのは、チェーンホィールです。 

チェーンホィールのデザインに社名・社ロゴ・商標を造り込むのは、決して日本独特の造りではありません。
イギリスでは昔からチェーンホィールに社名・社ロゴ・商標を造りこんでいました。
有名な英国製ラージ自転車はその一つ。

ラージ
P1280589

当時、日本では庶民が唯一手に入る個人交通手段でした。
自転車は2ヶ月分の給料が掛かりましたが、交通や物運びに不可欠でした。
自転車を登録し、自転車税もあり、まるで自動車のような扱いでした。
現代の自動車ほど地位が高く、非常に貴重なものでした。
激しい競争の中、各メーカーは全てのパーツがメーカーオリジナルパーツの証拠として、
部品一個々に社名・社ロゴを刻印したり、鋳造したりしました。
自転車一台に、社名や社ロゴが100個以上ついていました。

マーク入り社名・社ロゴ① 

マーク入り社名・社ロゴ② 

マーク入り社名・社ロゴ③

マーク入り社名・社ロゴ④

マーク入り社名・社ロゴ⑤

当時の国産チェーンホーイルをいくつかを見てみましょう。

岡本自転車
P1280592_5

ブリジストン (BS)
P1280598_3

ゼブラ自転車   ゼブラケンコー
P1280596_2

ツノダ (TU)
P1280595_2

メヤム
P1280594_2

セキネ(CS) 
P1280593_3

大日本機械工業
これは実に珍しい。
「大日本」反時計回り、つまり右読みなので相当古い。.
P1280590_4

山口(マルワイ)
P1280591_2

マグネット 
Blogimg_7435


チェーンホイールに「光」という字が3箇所作り込まれていますが、分かりますか。
Dsc06950

P1080915_2P1080915

次回、「チェーンホィール(後半)」では、
チェーンケースがまるでチェーンホィールの絵の額の役割のようであり、
どのようにチェーンホィールの芸術的さを引き立ていたか、
を取り上げます。

.

«Chainwheels (First Half)