2019年4月13日 (土)

「スポーク・ベル」ビデオ追加

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の「日米富士ベル」記事で、「回転式ベル」のユーチューブリンクを付けました。
そのビデオを見たロッドブレーキ自転車の愛好家H.G.さんから下記のリクエストを頂きました。

「昭和自転車ブログのお陰で古いと言って必ずガラクタと限りません。
古いからこそ眠った宝物の場合が少なくありませんと確信して来ました。
もし、可能であれば簡単でもいいですが以前取り上げたスポークベルのビデオを投稿して頂けますか。」

調べてみたら確かに以前取り上げたスポークベルの記事は2つ(ケーブル式ロッド式)ありますが、どちらもビデオがありませんでした。
H.G.さんからのご依頼通り簡単なスポークベルビデオを撮ることにしました。

スポークベルは実に面白い発想です。
ハンドルに付いているレバー押すことにより、バネ付きクラッパーがスポークに当たりスポーク一本々がバネ付きクラッパーを曲げ離します。  
その結果は機関銃のようなリン・リン・リン・リン・リン・リン~。

H.G.さんへ
ココをクリックするか下記の写真をクルックすることによって再生できます。

Spoke-bell-photo

 

2019年3月30日 (土)

Spoke Bell (Video Added)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the last post "Nichibei Fuji Bell" I listed a link to a revolving bell on Youtube. I received an email from H.G. who watched the video and wrote in with the following request:

"Thanks to your blog I am a believer in that fact that many old things are not junk, but actually a kind of buried treasure.  I was wondering if you could post a simple video of the spoke bell mentioned in an earlier post."  

Indeed, there is a post on the cable actuated spoke bell, as well as the rod actuated spoke bell but no video of either so the request is legitamate and shall be fulfilled.

Spoke bells are an ingenious design, whereby, when the lever attached to the handlebars is depressed, rod-linkage moves a spring held clapper into the spokes, and, as the wheel turns, each spoke then bends and releases the spring held clapper rending a machine-gun of rings:  ding-ding-ding-ding-ding-ding. 

(Okay, H.G. here you go, just click here or on the linked photo below to see and hear the spoke bell in action.)

Spoke-bell-photo

 

2019年3月17日 (日)

日米富士ベル

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

面白いものを見つけました。
それは純正な日米富士 自転車ベルです。

昭和20年代後半~30年代前半の大半の自転車ベルの特徴は、メッキの真鍮製共振器に商標が鋳られています。

Img_1354

主な自転車製造社は各部品に商標を1個以上仕込まれていましたが、日米富士が特にこだわっていたようです。
「そこまでやるか…」とふと呟くくらい全部品に様々な仕掛けで商標が設計し込まれています。
百聞は一見にしかずなので是非ご自分の目でご確認ください【←クリック】。
ベルの引き金に商標の刻印があります。
ここまでやるか?
Img_1345

ベルの共振器ベースに注目して下さい。
Img_1353

有名な日米富士商標の富士山。
数えてみると25座!
共振器を一周している刻印が山脈に見えます。
ここまでやるか?
Img_1352

一個の自転車ベルに日米富士商標が27個。
現代はここまでやりません。
Img_1357
 
現代も似たようなベルがまだ製造されていますが、現代のモデルは共振器が真鍮製かどうか分かりません。

現代では見かけない、これより古く音量が大きい回転式ベル」 というモデルを試聴して下さい。
注意: 試聴する前に音量を下げるようにお勧めします。

2019年3月 3日 (日)

Nichibei Fuji Bell

次回この記事の日本語版を投稿します。

Here is an interesting find.  A genuine Nichibei Fuji bicycle bell.
Like most bells from the  1950's it is chrome plated and has the manufacturer's trademark casted into the brass resonator.
Img_1354

Although manufacturers went to great lengths to put their trademark on each and every part, often more than once on a single part, Nichibei Fuji appears to have been one of the leaders in designing-in their trademark on virtually every part.  For example, reference the link below to see just how obsessed Nichibei Fuji was in designing-in their trademark.

Mountain Day & Nichibei Fuji (4)
Note the Nichibei Fuji trademark stamped into the trigger.
Img_1345

Also take a close look at the design along the base of the resonator. 
Img_1353

That design is the infamous Fuji logo, 25 of them to be exact, a virtual mountain chain encircling the base of the resonator.
Img_1352

A single bell, and the Fuji trademark appears twenty-seven times.
Nope, they certainly don't make them like this anymore.
Img_1357
 
This style of bell can still be found today, though I am uncertain as to whether or not the resonators are still made of brass. Check out its predecessor, known as the"Revolving" bell, which is rarely seen today, and, moreover, much louder.
WARNING: You may want to lower your volume before hitting the "play" button:)

2019年2月17日 (日)

アイデアの考古学

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

古い物は現代版の先祖です。
繰り返します。
よく考えて下さい。
「古い物は現代版の先祖です。」
古いカタログや写真はもとより、可能な限り現物のヴィンテージ・アンティーク製品を眺めることにより、
昔のアイデアを発掘でき、
いわゆる「アイデアの考古学」ができます。
先日、古い自転車部品カタログで発掘した独創的なアイデアの一つを見てみましょう。

これは、サドルと携帯椅子を兼ねています。
サドルのポストを抜くと、三脚椅子に替わります。
宣伝も面白い。
「孫の代までご使用できます!!」
古い物は、一生使える ように頑丈な作りで出来ていて、買い手の一生以上に持つ場合もありました。
Saddle_post_chair_close_up

2019年2月 3日 (日)

Idea Archaeology

次回この生地の日本語版を投稿します。

Old things are the ancestors of today's version.  Let me repeat that, once again, think about it, "old things are the ancestors of today's version".  Frozen in time, old things are unique because they are a virtual time machine enabling us to have a glimpse of the design, technology, materials, features, functionality and ideas of their generation.
 
Viewing old catalogs, photos or whenever possible real vintage/antique products, allows one to uncover unique ideas from the past; what I like to call "Idea Archaeology".  Let me share with you one ingenious example I came across recently.

Here is a bicycle seat post that, when removed from the seat tube, doubles as a portable chair as the seat post is a built-in tripod.  The ad indicates satisfaction guaranteed, and, built so well that even your grandchildren can use it someday. Probably true as old things were often built-to-last a lifetime, many times outliving their original owners.
Saddle_post_chair_close_up

Interesting idea, now why didn't I think of that? 

2019年1月20日 (日)

カスタム ヒドリ自転車

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

新年は少しクリエイティブに始めましょう。
昨年は、「ブリヂストン自転車(①プロジェクトの選択)」「山口自転車マルワイ號(プロジェクトの選択」「山口マルワイ號(②ビフォア・アフター)」 のレストアプロジェクトを取り上げました。
引き続き、もう一つのプロジェクトをを見てみたいと思いますが、今回はクリエイティブなプロジェクトになります。
このプロジェクトの写真は、
このブログの貢献者「(セキネ 超特級自転車)や「(ヒドリ自転車)参照」 のお一人で、
昭和自転車修復者・愛好家.・コレクターである、Mさんからの提供です。

プロジェクトのテーマは、
「純正に拘らずに、かっこよく」オンリーワンレトロ自転車を作ること。
「ヒドリの新車」というフレームから始め、パーツ1個ずつ約3年を掛けて集めた努力が報われ奇跡的に、ヒドリ純正のパーツが揃いました。チェインケース 、目玉、チェ―ンホイール、クランクアーム、前後泥除け革製サドル 、泥除けステーバッヂ、化粧ネジ(泥除けステーや反射板の固定ネジのこと)。
 
少し見てましょう。
繰り返しますが、
「ヒドリの新車」というフレームから始めたプロジェクトのテーマは、
「純正に拘らずに、かっこよく」オンリーワンレトロ自転車を作ること。
L1810558 

フレームの長いヘッドチューブと深くカーブしているダウンチューブと独特のオーリブ色と薄い黄色のツートーンアクセントが実に優雅な印象を与えます。
L1810557 
 
大きなオグラ純正ランプがかっこいいです。
よく見てみるとレンズ自体に「オグラ」と正にレトロフォントで書いてあります。
レンズにメーカー名が付いているのは初めて見ました。
L1810556 
 
「ヒドリ」マークが多くて当時の自転車を物語ります。
L1810540
L1810548 
ホワイトウォールタイヤとスポークは現代のパーツです。
しかし、これがレトロさを引き立てて、正にテーマ通り「純正に拘らずに、かっこよく」オンリーワンレトロ自転車に大きく貢献しています。
ホワイトウォールタイヤがなおさらレトロ感で優雅な印象を与えます。
L1810544 
純正なヒドリバネサスペンション付き革製サドル。
泥除けの金線引きの先端が矢印になっています。
L1810542 
パーツは全てバラバラで手に入れてチェーンケースの目玉もその一つ。
さすが約3年掛けて根気よく探した努力が報われました。
L1810552 
フレーア泥除け
よく見ると泥除けステーバッヂも化粧ネジもヒドリ刻印付き。
L1810551 

レア泥除けはレトロそのもの。
泥除けステー・反射板の化粧ネジもヒドリ刻印付き。
L1810553
L1810541 
お見事ですね!!
プロジェクトのテーマ通り、オリジナルに拘らなくていい証拠です。
これは間違いなく二度見する方が多いでしょう。
オンリーワンのかっこいいレトロ自転車が出来たMさんに脱帽!!

2019年1月 5日 (土)

Customized Hidori Bicycle

次回この記事の日本語版を投稿します。

What better way to start off the new year than with a creative touch.  Last year the topic of selecting a project was raised in ‟Bridgestone Bicycle (① Selecting a Project)”, "  ‟Yamaguchi MARUWAI-GO (① Selecting a Project)”and, ‟Yamaguchi MARUWAI-GO (② Before/After)‟. Along the same lines let's take a look at another project, this one with a creative twist.The photos are courtesy of M-san, an avid vintage Japanese bicycle restorer, collector and contributor to this blog (see ‟Sekine (Ultra-Special Class)” and ‟Hidori Bicycle”).

Starting with just a frame, the theme of this project was to create as retro-a-look as possible without trying  to  achieve a copy-exact model.  That said, M-san spent nearly 3 years scouring sources to find original Hidori-brand parts.  His efforts were well rewarded by miraculously acquiring, one-by-one,  original Hidori-made chaincase , chaincase cover, chainwheel, crank arm, front fender (Japanese only), rear fender, leather saddle, fender stay badge and cosmetic bolts (Japanese only, tiny fender stay/reflector bolts). 
Let's take a closer look.

Once again, keep in mind that the project started out with only a frame.
L1810558

Note the long head tube, swooping down tube and 2-tone color olive with mellow yellow accents.
L1810557

Large Ogura-made headlamp. First time I have seen an Ogura-made headlamp, or any headlamp for that matter, with the manufacturer's name on the lens itself  (Ogura=オグラ).
L1810556

Lots of Hidori markings.
L1810540
L1810548

The whitewall tires and rims are present-day parts but as previously stated the theme is to create as retro-a-look as possible.  The whitewalls certainly add a retro feel and a touch of class.
L1810544

Genuine Hidori-made sprung leather saddle.
Also note that the tip of the gold pin-stripe (Japanese only) on the rear fender ends in an arrow.
L1810542

Chainwheel cover also acquired separately.
L1810552

Flared front fender.
Note the fender stay badges and tiny fender stay bolts bear the Hidori logo. 
L1810551

Rear flared fender.
Reflector/fender stay bolts bear the Hidori logo.
L1810553
L1810541

This is a great reminder that the restoration theme is up to the restorer and there is no need to be confined to restoring to copy-exact. 
Hats off to M-san for creating one-of-a-kind bicycle that is certain to turn heads.

2018年12月25日 (火)

Tokyo Bike Tour (Help Make it Happen!) ご協力をお願いします。

日本語希望の方は下へ👇

2018 is quickly winding down and it is time to start thinking ahead.  With that in mind I would like to ask you to support an initiative called TOKYO BIKE TOUR.  This initiative is aimed at realizing Japan's largest citizen's cycling event with 10,000 cyclists.  Imagine, 10,000 cyclists riding through major streets in central Tokyo with no cars and no traffic signals! An ambitious initiative to say the least, but not impossible.  With your support we can make it happen.

The initiative is in the planning stage and organizers need to petition the Tokyo Metropolitan Government.  If you would be interested in attending such a ride sometime in the future, please take just 2-minutes to answer a simple questionnaire (Only 5 multiple choice questions, it doesn't get much more pain-free than this!)
Just click on the hyper-link TOKYO BIKE TOUR and click on the "1 Click" button.
1
 
Together we can make it happen.
I look forward to riding together with you and the other 9,998 people through car-less
Tokyo streets with no traffic signals!

2018年も残すところあと僅か。先を考え始めないと。
そこで、皆さんにTOKYO BIKE TOURをサポートしていただけませんか?
TOKYO BIKE TOURとは、
日本最大級の一万人規模での市民対象行事を目指しています。
1万人のサイクリスト達が自動車もない信号もない東京都心の幹線道路を自由に走っていることを想像してみてください。
実現させるのはハーダルが高いですが、皆さんの力があれば決して無理ではありません。
TOKYO BIKE TOURはまだ計画中で、まず東京都や関係官庁などを説得しなければなりません。

TOKYO BIKE TOURの実現を目指して、
参加希望の方は、オンラインアンケートに答えて下さい。
(5問しかないので2分もかかりません!)
ハイパーリンクTOKYO BIKE TOUR をクリックし、「1 Click」ボタンをクリックしアンケートにお答えください。
2

力を合せれば実現できます。
いつか、あなたと私と、他の9,998人で、
自動車もない信号もない東京都心の幹線道路を自由に走ることを楽しみにしています

2018年12月 9日 (日)

ブリッヂストン・マーク

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.
昭和20年代後半~30年代前半の日本では、
自転車の黄金時代と言っても過言ではないかもしれません。

各パーツに マーク入り社名ロゴ が付き、小さな泥除けステー固定ネジにまでちゃんとした刻印があります。
一つのパーツにマーク入りが1個以上の場合も少なくありません。
見えない部品、例えばチェーンホィールでもマーク入りで、一台の自転車にマークの数が100個以上あるものもありました。
前回の「ブリヂストン商標」の記事で予告したように、今回は「ブリヂストン自転車 (①プロジェクトの選択)」で出た自転車のマーク入りを見て見たいと思います。
ブリヂストン自転車 (右側面)
Img_0644
ブリヂストン (左側面)
Img_0648

前泥除け先端
Img_0648_2
タイヤのみならずチューブも純正なブリヂストン製チューブ
Img_1104

前車輪のBEリム
Img_0655

前車輪のハブ
Img_0654

前車輪の泥除けステー
Img_0657

前ブレーキ
Img_0659

Img_1141
前泥除けステ 固定ネジ
Img_1137
Img_0627_2

Img_0670

ランプブラケット
Img_0663_2

ヘッドバッヂ
Img_0665

フォーククラウン
Img_0662

前泥除け
Img_0673

泥除けフラップ
Img_0674Img_1143
Img_0681

リアブレーキ(支点)
Img_0650

ダウンチューブ
Img_0686

シートチューブ
Img_0710 Img_0709

革製サドル(上、横、後)
Img_0623
Img_0689
Img_0629_2
Img_0631

シートチューブラグ
Img_0684

シートチューブボルト
Img_0708

 
チェーンケースクランクホィールカバー
Img_0700 
Img_0699

クランクアーム
Img_0701

ゴムブロックペダル
Img_0625Img_0697
Img_0705
Img_0703
Img_0706_2

リア泥除け
Img_0711
Img_0683_2
Img_0682_3

リア泥除け取付金具
Img_0667

荷台
Img_0719 Img_0695
リア泥除けステーバッヂと固定ネジ
Img_0718

リア泥除けと反射板
Img_1136_2Img_0692
Img_0715

ロック(ロック本体・鍵・デッドボルト全てマーク入り)
Img_0724
Img_0723


リアブレーキとスタンド
Img_0726
Img_0725
Img_0726a

リアBEリム
Img_0633
 
 
 
 

«Bridgestone Markings