2017年1月 9日 (月)

Happy New Year! 2017 Calendar

次回この記事の日本語版を投稿します。

The first Vintage Japanese Bicycle calendar I made was the 2009 Calendar (Japanese only) and thereafter it soon became an unexpected hit Cycle Sports (Japanese only).  People were looking to purchase these handmade calendars and I willingly obliged continuing to produce and sell them 2010 Calendar (Japanese only).  However, due to the sheer demand and printing costs, 2010 was the last year that I mass produced the calendars and starting with the 2011 Calendar each year I have only made them for myself and a few close friends.

Img_4569

This year's calendar was completed on Christmas day 2016. 
Img_4564

At first glance it may appear simply as a loving mother helping to teach her beloved son how to ride a bicycle. But it is more than that.  Note the position of the son's legs.  His left leg is inserted through the triangle portion of the main frame. This is referred to as riding "triangle-style"

Img_4567

Sixty-five years ago bicycles were the only affordable private transportation households could afford, and even then cost two months' salary.  Most families had only one bicycle, the "family bicycle".  Only affluent households had children's bicycles. The vast majority of children growing up in the early to mid-1950's learned to ride a bicycle using the "family" bicycle which was typically a men's 26 inch all steel diamond frame.  The top tube presented a challenge as the child's legs were to short to reach the pedals.  But "where there is a will, there is a way" and children rode adult bicycles despite their legs being too short to reach the pedals by employing an acrobatic-like technique known as"riding triangle style"SANKAKU-NORI (三角乗り). 

Each year I continue to receive requests for Vintage Japanese Bicycle calendars; however, as previously mentioned, due to printing costs and time contsraints I am currently unable to fulfill the requests.  My sincere apologies.  But, rest assured that when time and resources avail I shall once again produce calendars. Until then, stay trued and may the wind always be at your back and the road ahead a smooth one. 

Happy wheels in 2017! bicycle

2016年12月25日 (日)

超メヤム号

先日、下記の問い合わせがありました。

「はじめまして。
突然申し訳ありません。自転車に関してまだ初心者ではありますが、日帝工業の超メヤム号の情報なにかございませんか?
近くに捨ててあるものがそうなのかと思い色々と調べているのですが、メヤム号に関してあまりにも情報が少なく困っています‥
もしなにか情報ありましたら教えて頂けると幸いです。」

遅くなりましたが、情報をやっと手に入れました。
このカタログは何年に出版されたか何も書いてありませんが、おそらく昭和32年ごろと推定します。
【それぞれの写真をクリックすると拡大します。】

Img_4432

カタログは40ページで日帝工業の全モデルラインアップ。
注意: 一番目の紹介は「超メヤム号」。Img_4434

全てのモデル紹介できませんので、依頼者の超メヤム号だけにさせていただきます。
Img_4428

「20世紀の寵児」って…スゴイですね。
Meyam_2

最新技術・高級モデル
Img_4429

革製握り、剣先フォークなど高級感満々
Img_4438

名古屋工場
Img_4439

戦前から三井物産と提携のメヤム商標
Img_4436

Img_4433

2016年12月11日 (日)

山の日と日米冨士 第4回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

山の日と日米富士 第1回」では、日米富士の商標が富士山であることを取り上げました。
その商標を様々な部品に作り込み、最も良く知られているのが
日米富士風切です。
以前、日米富士フェザーの連載(
でいくつかの実例を取り上げました。
連載第2回目」と「第3回目」で、日米富士の商標が作り込まれたロック山形のリア反射板を見ました。

今回最後になる第4回目では、日米富士の商標が作り込まれた珍品を見てみましょう。

昭和20年代後半~30年代前半の自転車製造会社は、自社の商標をチェーンホィールに作り込むのが一般的でした。
大半は工芸品であってもチェーンケースに隠されてしまいました。
しかし、チェーンケース2種類が透明なセルロイドを利用したデザインのお陰で、チェーンホィールが晒されました。

それは全体か表の透明セルロイド製のチェーンケースと透明なセルロイド製のチェーンホイルのカバー(鳩目や目玉ともいう)でした。

Img_20130707_105300884
Gogowanderersimg600x4501319639286g6

日米富士の商標はチェーンホィールのみならずチェーンケースにも作り込まれています。
ケースに山形が浮き上がるように形成されたことに注目してください。
Img_20130721_234852830
Fuji_feather_1

下記の写真は、昭和20年代後半のカタログから抜粋した日米冨士覇王号です。
チェーンホィールと透明なチェーンケースや山形風切に注目してください。
Fuji_hao_3

素晴らしいですね。
これで日米冨士商標特集は終わります。

2016年11月26日 (土)

Mountain Day & Nichibei Fuji Part 4

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first installment Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1) we noted that Nichbei Fuji used Mt Fuji as its trademark; the company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts (See also Fuji Feather Series 1, 2, 3, 4) the most common example being the infamous Nichibei Fuji fender ornament.  In the second installment we saw a fine example of the Nichibei Fuji trademark designed into a lock, and, in the third installment we examined the white mountain shaped rear reflector.  In this, the fourth and final installment, we shall take a look at yet another part that Nichibei Fuji designed-in their trademark.

In the 1950's it was common for most bicycle manufacturers to design-in their company trademark into the chainwheel.  Many are works of art, despite the majority of them being covered up and hidden by the chaincase. However, broadly speaking, there were two chaincases that enabled these works of art to be viewed: the all clear celluloid chaincases, and, the clear celluloid chainwheel cover chaincases.

Img_20130707_105300884
Gogowanderersimg600x4501319639286g6

The Nichibei Fuji trademark is found not only in the chainwheel but also on the chaincase.  Note how the clear celluloid chaincase has been molded so that the trademark is raised.
Img_20130721_234852830
Fuji_feather_1

The photo below is taken from an early 1950's bicycle catalog.
Note the chainwheel and the all clear "see-through" chaincase.
Fuji_hao_3

2016年11月13日 (日)

山の日と日米富士 (第3回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

山の日と日米富士 第1回」で、日米富士の商標が富士山であることを取り上げました。
その商標を様々な部品に作り込み、最も良く知られているのが日米富士風切です。
以前、日米富士フェザーの連載( )でいくつかの実例を取り上げました。
山の日と日米富士 第2回」で、日米富士の商標ロックに作りし込まれた例を見ました。

今回もまた日米富士の商標が作り込まれた珍品を見てみましょう。

一見、山頂の冠雪に見えますが、これは日米富士の白いエナメル塗装リア反射板の上部です。
.
Img_2539

反射板の全体です。
上部が山形になっていることと、下部のFUJIという文字の切り抜きに注目。
Img_2550


Img_2524

日米冨士の泥除けの特徴は山形で、反射板の取付面も同形状です。.
Img_2541_3

Img_2533

自転車モデルによって様々なサイズの反射板。.
Img_2522
Img_2527

FUJI文字の切り抜きなしの例。.
Img_2537

次回、また日米富士商標が作り込まれた部品を取り上げます。

2016年10月29日 (土)

Mountain Day & Nichibei Fuji Part 3

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first installment Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1) we noted that Nichbei Fuji used Mt Fuji as its trademark; the company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts (See also Fuji Feather Series 1, 2, 3, 4) the most common example being the infamous Nichibei Fuji fender ornament.  In the second installment we saw a fine example of the Nichibei Fuji trademark designed into a lock.  In this, the third installment, we shall take a look at yet another part that Nichibei Fuji designed-in their trademark.

At first glance this appears to be a snow capped mountain.  But actually this is the top portion of a white enamelled Nichibei Fuji rear reflector.Img_2539

Here is the Nichibei Fuji reflector.
Note how the top is mountain shaped, and, the bottom has the letters FUJI cut out.
Img_2550


Img_2524

Nichibei Fuji fenders had a distinct pointed, mountain shape, the countour is apparent in the design of the reflector.
Img_2541_3

Img_2533

Nichibei Fuji reflectors came in various sizes for different models.
Img_2522
Img_2527

Here is an example without the FUJI letter cutout, only the mountain peaks.
Img_2537

In the next installment in this series we shall take yet another look at a part where Nichibel Fuji designed-in the company trademark.

2016年10月18日 (火)

号外!長寿自転車商会テレビ出演

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

87歳で現役の師匠のお店「長寿自転車商会」がテレビで紹介されました。tv

今まで何度もテレビで紹介されていますが、今回はテレビ朝日の「じゅん散歩」という番組に出ました。
高田純次さんが東京狛江市を散歩中、師匠のお店に立ち寄られました。

日時:   10月17日(月)9時55分~10時30分
番組:   じゅん散歩
放送局: テレビ朝日

じゅん散歩 狛江市 長寿自転車商会  ☜クリック

2016年10月 2日 (日)

山の日と日米富士 第2回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

山の日と日米富士 第1回」で、日米富士の商標が富士山であることを取り上げました。
その商標を様々な部品に作り込み、最も良く知られているのが日米富士風切です。
以前、日米富士フェザーの連載( )でいくつかの実例を取り上げました。

今回、また日米富士の商標が作り込まれた珍品を見てみましょう。

それは日米富士のロックです。

本体がまさに 日米富士の商標 山頂がくっきり、富士山の後ろに朝日と麓があります。
現物は長寿自転車商会日米富士の高級車です。
Img_0866

ロックの棒が六角形で品があり、高級車に相応しいです。
この状態は解除状態、つまり自転車に乗る状態です。
Img_0863

こちらは棒がスポークに入っていて駐車及びロック状態です。
Img_0864Img_0868

半世紀前と思えぬ鍵です。.
Img_0865

ロックが盗まれないように面白い仕掛けが付いています。.
Img_0867

解除及び自転車に乗る状態で六角棒が元の位置にあります。
メッキプレートに注目、六角棒が通るように六角穴が切り抜かれています。
Img_0871

プレートにバネが付いていて、解除及び自転車に乗る状態で上に動かして本体を外す用のネジが曝されます。
Img_0870Img_0872

駐車及びロックが掛かっている状態で棒が六角穴を通ってスポークの間に入り、プレートを動かせなくなる防犯の仕掛けです。
Img_0869_2

日米富士ロックは、富士山の本体や六角棒、現代と思わせる鍵など、
実に工芸品と言っても過言ではないでしょう。.
Img_0876

次回、また日米富士商標が作り込まれた部品を取り上げます。

2016年9月17日 (土)

Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1) we noted that Nichbei Fuji used Mt Fuji as its trademark; the company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts (see also Fuji Feather Series 1, 2, 3, 4) the most common example being the infamous Nichibei Fuji fender ornament. 

In this post we will look at yet another very unique part that Nichibei Fuji designed-in their trademark, the Nichibei Fuji lock.

The Nichibei Fuji lock. 
Note how the casing is casted in the form of the Nichibei Fuji trademark, emphasizing the sharp mountain peaks, round rising sun behind the mountain and the mountain base.  This particular lock was on the Special Delux Model and is courtesy of Choju Jitensha Shokai (Japanese only).
Img_0866

The bar is hexagonal shaped and definitely adds a touch of class.
Photo of the lock in the unlocked "riding" position.
Img_0863

Photo of the lock in the locked "parking" position with the bar extended into the spokes.
Img_0864Img_0868

Fancy modern-day key not something one would expect to see on a lock that is over half a century old.
Img_0865

The unique design employs an anti-theft mechanism to prevent the lock itself from being stolen.
Img_0867

Here is the lock in the unlocked "riding" position with the bar retracted.
Note the silver plate with hexagonal hole which allows the bar to pass through it.
Img_0871

The silver plate is sprung and can be moved upward only when the bar is retracted and in the unlocked or "riding" position to reveal the screw which enables the case cover to be removed.
Img_0870Img_0872

When in the locked "parking" position the bar passes through the silver plate and is extended into the spokes and the silver plate cannot be moved; thereby serving as an anti-theft device.   
Img_0869_2

The Nichibei Fuji lock with its case casted in the form of the Nichibei Fuji trademark, and its modern-day key, hexagonal bar and anti-theft mechanism make it both aesthetically and functionally a work of art.
Img_0876

In the next part of this series we will examine one more unique part that Nichibe Fuji designed-in their logo.

2016年9月 3日 (土)

山の日と日米富士 第1回 

I’ll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今年(平成28年)から8月11日が「山の日」という新しい国民の祝日になりました。
「山の日」と昭和自転車はどういう関連?と思っているでしょう。

国内で最も有名かつ日本の象徴であるのは富士山です。
富士山はあの有名な「日米富士自転車」の商標で、様々の部品に山形商標を作り込みました。

以前、日米富士フェザーの連載( )でいくつかの実例を取り上げました。
初めての山の日を記念するために、日米富士の最も山形が作り込まれた部品の風切を見てみましょう。
風切は大きく分けるとフィギュア式板かプレート式の2種類があって、日米富士の風切はこの両方でできていると言っても過言ではないでしょう。

実に古くて手描きのようで傑作です。
注:日米冨士、つまり富士の「富」は「ウ」冠のではなく「ワ」冠で古さを物語っています。
.Img_2345_2

鋳物で製造されたオールメッキメッキ版、とても珍品です。
雲も付いているのがすごいですね。
厚さ3mm頂点の雪も雲もローマ字も浮き上がっています。
重くて品が良くて高級モデルに付いていたのでしょう。Img_2339_2

最も多かった例です。
富士はローマ字です。
.Img_2334_2

モデル名も載っていた場合もありました。
こちらは日米富士のトップモデル覇王号の風切です。
全て漢字でローマ字は1文字もありません。
Img_2333

鬼号の風切です。
Img_2343_2O

もっと若い鬼号の風切です。
漢字は一文字もないのが少し寂しい。
Img_2341_2

日米富士の風切は圧倒的に山形が多いですが、そればかりではなかったようです。
若い覇王号の風切です。
Img_2340_2

次回、また日米富士の山形商標が作り込まれた珍しい部品を取り上げます。

«Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1)