2024年7月14日 (日)

長寿自転車商会とサイゴンのカレー

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

以前にも何度か触れたことがありますが、東京の狛江市に老舗の長寿自転車商会があります。
店主は95歳で現役なので実にぴったりな店名です。
日本の自転車に関しる知識は生きる百科事典のように幅広く、師匠と崇め長年大変お世話になっています。
P1090195-1

量販店が多い現代では、店主と自転車修理人が同人物である個人店は実に珍しく頼もしいです。
Img_7679

店主は自転車業界に19歳から入り、お店は来年で70周年となり、まるで小さな博物館のようです。
P1190630
Img_8791 
ほぼ20年間お店に通っていますが、毎回必ず国産自転車、特に大好きな1950年代の自転車について何か新しいことを得ます。


自転車店から徒歩わずか3分の便利な場所に、私にとっては日本で一番美味しいカレーのレストラン「SAIGON サイゴン」があります。
Img_0775
Img_0774

「サイゴンカレー」の隠し味をずっと考えてきました。
しかし、なかなか分かりません。
先日、レストランを訪れた時、その秘密が分かったような気がしました。
Img_0772

それはレストランの壁に手書きで貼ってあったのですが、長年通っていたにもかかわらず、気づきませんでした。
Saigon

一度読んで、悟りを開いたような気がしました。
「手間を楽しめる、人間になれ」
なにかもインスタント食品が横行する昨今、良い品質を得るために近道なし、それがこのお店のカレーと他のと一線を画すものであることがわかりました。

昭和自転車にも通じる言葉だと思います。
Img_0773

2024年6月30日 (日)

Long Life Bicycle Shop and Saigon Curry

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I have mentioned in several previous posts the vintage bicycle shop in Komae, Tokyo, 長寿自転車商会 (CHOJU JITENSHA SHOKAI) which translates to Long Life Bicycle Shop.  And long life it is as the proprietor is 95 years young and continues to repair bicycles.  His wide range of knowledge and experience makes him a living encyclopedia when it comes to Japanese bicycles.
P1090195-1

In today's world of chain stores, it is refreshing to visit a one-man establishment where the owner is the same person who repairs your bicycle.
Img_7679

The shop has been in business for so many decades that it is sort of a mini-museum.P1190630

I have been visiting the shop for nearly two decades and each time I never fail to learn something new.  
Conveniently located just a three-minute walk from the bicycle shop is SAIGON restaurant which I think serves the best curry in Japan.
Img_0775
Img_0774

I've always wondered what the secret ingredient is that makes the curry do delicious.
The other day when I visited the restaurant, I think I may have discovered the secretImg_0772

There it was, handwritten and posted on the wall in the restaurant, but despite having eaten there for nearly two decades, I never noticed it.
Saigon

Once I read it, I felt enlightened.
Loosely translated, it read, "Savor the time and effort you put into something as it builds character".
In today's world of instant-foods, I found this tidbit refreshing and came to understand that there is no short-cut to good quality and that's what sets their curry apart from the rest.
Img_0773

2024年6月16日 (日)

工具参照資料 (畑屋)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の投稿では、ホーザンの工具ガイドを紹介しました。
今回は畑屋の工具カタログを紹介します。
このカタログの利点は、工具の説明だけでなく、一部の工具に使用イラストが付いていることです。
これは、工具が実際にどこでどのように使用されるか役立ちます。

ちなみに、国産工具、特にレンチにご興味がある方は、コンビネーションレンチ・コレクションをご覧ください。
国産製造業者の研究は信じられないほど素晴らしいです。
前回のホーザンと今回の畑屋を参照してください。
Hataya-tool-catalog-japanese-cover-small
Hataya-tool-catalog-japanese-page-1
Hataya-tool-catalog-japanese-page-2
Hataya-tool-catalog-japanese-page-3
Hataya-tool-catalog-japanese-page-4
Hataya-tool-catalog-japanese-page-5
Hataya-tool-catalog-japanese-page-6
Hataya-tool-catalog-japanese-page-7
Hataya-tool-catalog-japanese-page-8
Hataya-tool-catalog-japanese-page-9
Hataya-tool-catalog-japanese-page-10
Hataya-tool-catalog-japanese-page-11
Hataya-tool-catalog-japanese-page-12
Hataya-tool-catalog-japanese-page-13
Hataya-tool-catalog-japanese-page-14
Hataya-tool-catalog-japanese-page-15
Hataya-tool-catalog-japanese-page-17-bac

 

 

 

 

 

 




 

 

2024年6月 2日 (日)

Tool Reference (Hataya English)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post we looked at a handy tool guide from Hozan.  In this post we will look at a tool catalog from Hataya.  The nice thing about this catalog is that, in addition to the description, it provides illustrations for some tools.  This is helpful to understand where and how the tool is actually used.

On a side note, if you are interested in Japanese tools, especially wrenches, head on over to Combination Wrench Collection.
Although the site is in Japanese, many of the brand names are listed in English.  The amount of research is incredible.
Check out the Hozan page and  Hataya page.

Image_20240602_0001
Image_20240602_0002a
Image_20240602_0003a
Image_20240602_0004a 
Image_20240602_0005a
Image_20240602_0006a
Image_20240602_0007a
Image_20240602_0008a
Image_20240602_0009
Image_20240602_0010a

 

2024年5月19日 (日)

工具参照資料 (宝山)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

これは、1951 年に書かれた興味深くて便利な国産自転車工具識別ガイドです。
1946 年に設立されたHOZAN(宝山)工具製作会社のもので、現在も自転車工具を製造しています。
写真をクリックすると拡大します。
各工具のイラストを見てその工具の用途を特定してみてください。
(答えは左側の一覧表⇒日本語版は図の下)

Hozan-1951-japan-bicycle-guide

   1 スポークニッパー
   2 ブレーキ直し(前ブレーキの横寄りを正位置に)
   3 ハブコーン抜き
   4 振れ取り機
   6 八つ口レンチ
   7 フリー式レンチ(ラチェット)
   9 前後T型レンチ(4つ口レンチ)
  12 ペダルレンチ
  19 手廻しグラインダー
  25  耳切りパンチ(耳付きタイヤのバルブ穴パンチ)
  26 ハブコーンプライヤー
  28 ヘッドコーンプライヤー
  29 ヘッド・ハンガー廻し(C型レンチ)
  30 自転車兼リアカーホイール軸(心棒)つかみ
  31 ネジ廻し
  34 プライヤー・8インチ
  38 モンキーレンチ
  39 ワイヤカッター
  40 泥除け穴明器
  41 チェーン切器
  44 ハンドル抜き機
  52 チューブローラー
  53 バック広げ
  54 フリーホィール抜き
  57 ブラケット抜き(ハンガーワン抜き)
  62 クランクコッターピンネジ切
  64 ペダルタップ
  66 ハンガータップ
  67 リーマー
  69 フォークリーマー
  71 タップとダイス
  81 羽子板型ネジ切(ネジ山直し)
  88 スポークレンチ(ニップル廻し)
  91 フォークネジ切器
103 カラス口プライヤー
105 コースターバンド広げ???
        ※これは見たこともなく使ったこともない
106 真鍮製油差し
112 13口レンチ
113 クランクホィール抜き
116 耳付きタイヤ抜き(耳付きタイヤーの嵌め・外し)
118 スパナ 3本セット
203 9つ口レンチ

 

2024年5月 5日 (日)

Tool Reference (Hozan English)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Here is an interesting, and handy, Japanese bicycle tool identification guide in English dating back to 1951.  The company, Hozan, established in 1946, is still manufacturing bicycle tools today.  Click on the photo to enlarge.  See if you can identify what each tool is used for and check your answers in the accompanying list!

Hozan-1951-japan-bicycle-guide

2024年4月21日 (日)

自転車チャイルドシート

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

米国で育った幼い頃、祖父が所有していた 1950 年代のオールズモビルの前部座席に 3 人並んで乗っていたことを鮮明に覚えています。
当時の自動車にはチャイルドシートはなく、エアバッグもシートベルトもありませんでした。
あの頃と比較して自動車の安全基準は大きく進歩しました。
しかし、自転車はどうでしょうか?
ヘルメットやその他の保護具の着用を除けば、私が子供の頃の 1960 年代初頭以来、標準の安全機能に関してはあまり変わっていないような気がします。
日本で確実に変わったのは自転車用チャイルドシートです。
1 人または 2 人の子供を乗せるために特別に設計された自転車モデルがあります。

Product-line-up

1950 年代、子供を乗せる最も一般的な手段は、子供をリアキャリア (荷台)の上に座らせることでした。.P1120373a

未舗装は少なくなかったため道は凸凹でした。
子供のお尻を守るため、以下に示すように、座布団を荷台の上に置くことがよくあったようです。
P1120721
P1120750
P1120410

子供はヒヤリを繰り返して、しっかりしがみつくことと足をスポークに近づけないことを覚えたでしょう。P1120864_20240405204301

幼児はおんぶして乗せられました。  
P1120380

下の写真をよく見て以下の 3 点に注目してください。
(1) 前述の荷台上の座布団
(2) 婦人自転車用のチャイルドシート
(3) 後輪スポークにお母さんのスカート及び子供の足が巻き込まれるのを防ぐガード。
P1120489a

実用自転車には、トップチューブに取り付けられるチャイルドシートがありました。P1120486

ご覧の通りクッションがありません。
Img_0571_20240407112301
Img_0574
Img_0573
Img_0572
Img_0570
 
子供のお尻を保護するために、座布団などが置かれました。
P1120649
P1120646


最後に、荷台に木箱を結び付けるだけで「チャイルドシート」を自作した人もいたようです。
P1120487_20240406055401

 

2024年4月 7日 (日)

Child seats

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I can vividly remember as a small child growing up in the U.S., riding three abreast in the front seat of my grandfather's 1950s Oldsmobile.  Back then, there were no child seats and automobiles had no airbags nor seat belts.  Automobile safety has come a long way.  But what about bicycles?  Apart from wearing a helmet or other protective gear, not much has improved in terms of standard safety features since I was a kid back in the early 1960s.  In Japan, one thing that certainly has changed is bicycle child seats.  There are bicycle models specifically designed for carrying one or two children.

Product-line-up

Back in the 1950s, the most common means to carry children was to have them simply sit directly atop the rear carrier (aka luggage rack).
.P1120373a

It was a bumpy ride, as most of the streets were unpaved.  To provide comfort, often a zabuton (a floor seat cushion used in traditional tatami mat floors) was placed on the rear carrier to provide the child with some comfort as shown below.
P1120721
P1120750
P1120410

Of course, the precious child learned to hold on for life, and, to keep one's feet away from the spokes.
P1120864_20240405204301

Infants were carried on the rider's back onbu-style.  
P1120380

Look closely at the photo below as there are three important points.
(1) The zabuton atop the rear carrier.
(2) The womens bicycle front-mount bicycle seat.
(3) The guard to keep both the mother's skirt and the child's feet from getting caught in the rear wheel spokes.

P1120489a

For mens bicycles, there were front-mount bicycle seats which were fitted to the top tube.P1120486

These front-mount child seats too often lacked any padding.
Img_0571_20240407112301
Img_0574
Img_0573
Img_0572
 Img_0570 

Some sort of improvised padding was placed on the seat to protect the child's bottom.
P1120649
P1120646

And, finally, some people made their own child seats by simply strapping a wooden box to the rear carrier.
P1120487_20240406055401

 

2024年3月24日 (日)

ペダル

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

風切り, バッジ 反射板, 握り, 保証メダル, フレーム巻き, チェーンホイル回転式ベル, スポークベル浮彫文字のタイヤトレッド, 黒エナメル塗装と金線引き, サス付き革製サドル, センターライン入りクロムリム, ヘッドランプ, などなど1950年国産自転車パーツの凝ったデザイン及び作り、小さな泥除けステー化粧ネジに至るまで、私にはたまりません。
ペダルについても同様です。

下記のデザイン(800系)は、ゴムブロックペダルの中でも高級自転車向けの最高級品でした。
ゴム製ブロック4個の構造に金属製コーン型の仕切りに注目してください。
ゴムブロックの一個々4側面にはメーカーの登録商標刻印が付いています。
 Img_0191
20240309-085627

白いセルロイド製ペダル軸パイプに黒文字登録商標刻印(ゴールドペン号)
Photo_20240309064801

黒いセルロイド製ペダル軸パイプに金文字登録商標刻印(白鶴号)
Img_9514
Img_9545 

高級自転車のペダルがワンランク上のものになるのも当然なことです。
ただし、ゴムブロック2本標準ペダルデザイン(200系)の一部でさえ、クロムメッキ軸パイプと4側面に華やかな登録商標刻印があるお洒落なものもありました。
Img_0195

ゼブラ 登録商標

Zebra-yahoo-auction_20240309092301

ペダルは、1950 年代以前の自転車がいかに必要以上に設計された二輪の芸術品であったかを示す 1 つの例にすぎません。
現代とのモノづくり(前半) と (後半)とに示すように当時の自転車は工芸品です。

2024年3月 9日 (土)

Pedals

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Fender ornaments, badges reflectors, grips, guarantee medals, frame top tube covers, chainwheelsrevolving bells, spoke bellsraised letter tire treads, black enamel paint and pinstripes, sprung leather saddles, chrome center-line rims, chrome headlamps, and the list goes on and on; you name it, the design and detail of each part on Japanese bicycles from around the 1950s, right down to the tiny fender stay bolts, never ceases to amaze me.  The same holds true for pedals.  

The design below was, among rubber block pedals, top of the line for high-end bicycles.
Note the four separate rubber blocks with metal pyramid dividers, each block bears the manufacturer's trade mark on all four sides.
 Img_0191
20240309-085627

Another example, Kin (Gold) Pen.
Note the white celluloid spindle sleeve.
Photo_20240309064801

One more, from a Hakutsuru bicycle, this time with a black celluloid spindle sleeve, 
Img_9514
Img_9545 

It makes sense that pedals for high-end bicycles would be a notch above the rest.  However, even some of the standard rubber block pedals with their polished chrome, and ornate trade marks on all four sides were works of art.Img_0195

Zebra trade mark

Zebra-yahoo-auction_20240309092301

Pedals are just one more example of how bicycles from the 1950s or earlier, were over-engineered works of art on two wheels.
Indeed, they just don't make them like they used to (Part 1) and (Part 2).

«救急輪タク