2016年9月17日 (土)

Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1) we noted that Nichbei Fuji used Mt Fuji as its trademark; the company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts (see also Fuji Feather Series 1, 2, 3, 4) the most common example being the infamous Nichibei Fuji fender ornament. 

In this post we will look at yet another very unique part that Nichibei Fuji designed-in their trademark, the Nichibei Fuji lock.

The Nichibei Fuji lock. 
Note how the casing is casted in the form of the Nichibei Fuji trademark, emphasizing the sharp mountain peaks, round rising sun behind the mountain and the mountain base.  This particular lock was on the Special Delux Model and is courtesy of Choju Jitensha Shokai (Japanese only).
Img_0866

The bar is hexagonal shaped and definitely adds a touch of class.
Photo of the lock in the unlocked "riding" position.
Img_0863

Photo of the lock in the locked "parking" position with the bar extended into the spokes.
Img_0864Img_0868

Fancy modern-day key not something one would expect to see on a lock that is over half a century old.
Img_0865

The unique design employs an anti-theft mechanism to prevent the lock itself from being stolen.
Img_0867

Here is the lock in the unlocked "riding" position with the bar retracted.
Note the silver plate with hexagonal hole which allows the bar to pass through it.
Img_0871

The silver plate is sprung and can be moved upward only when the bar is retracted and in the unlocked or "riding" position to reveal the screw which enables the case cover to be removed.
Img_0870Img_0872

When in the locked "parking" position the bar passes through the silver plate and is extended into the spokes and the silver plate cannot be moved; thereby serving as an anti-theft device.   
Img_0869_2

The Nichibei Fuji lock with its case casted in the form of the Nichibei Fuji trademark, and its modern-day key, hexagonal bar and anti-theft mechanism make it both aesthetically and functionally a work of art.
Img_0876

In the next part of this series we will examine one more unique part that Nichibe Fuji designed-in their logo.

2016年9月 3日 (土)

山の日と日米富士 第1回 

I’ll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今年(平成28年)から8月11日が「山の日」という新しい国民の祝日になりました。
「山の日」と昭和自転車はどういう関連?と思っているでしょう。

国内で最も有名かつ日本の象徴であるのは富士山です。
富士山はあの有名な「日米富士自転車」の商標で、様々の部品に山形商標を作り込みました。

以前、日米富士フェザーの連載( )でいくつかの実例を取り上げました。
初めての山の日を記念するために、日米富士の最も山形が作り込まれた部品の風切を見てみましょう。
風切は大きく分けるとフィギュア式板かプレート式の2種類があって、日米富士の風切はこの両方でできていると言っても過言ではないでしょう。

実に古くて手描きのようで傑作です。
注:日米冨士、つまり富士の「富」は「ウ」冠のではなく「ワ」冠で古さを物語っています。
.Img_2345_2

鋳物で製造されたオールメッキメッキ版、とても珍品です。
雲も付いているのがすごいですね。
厚さ3mm頂点の雪も雲もローマ字も浮き上がっています。
重くて品が良くて高級モデルに付いていたのでしょう。Img_2339_2

最も多かった例です。
富士はローマ字です。
.Img_2334_2

モデル名も載っていた場合もありました。
こちらは日米富士のトップモデル覇王号の風切です。
全て漢字でローマ字は1文字もありません。
Img_2333

鬼号の風切です。
Img_2343_2O

もっと若い鬼号の風切です。
漢字は一文字もないのが少し寂しい。
Img_2341_2

日米富士の風切は圧倒的に山形が多いですが、そればかりではなかったようです。
若い覇王号の風切です。
Img_2340_2

次回、また日米富士の山形商標が作り込まれた珍しい部品を取り上げます。

2016年8月19日 (金)

Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Starting this year (2016) Japan instituted a new national holiday called Mountain Day which will be held every August 11th. So what does Mountain Day have to do with bicycles you may ask? By far the most famous of all mountains in Japan is Mt Fuji. Mt Fuji is not only a symbol of Japan but the trademark of one of Japan’s most famous bicycle manufacturers, Nichbei Fuji. The company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts. Examples can be seen in the four post Fuji Feather Series (Post 1, 2, 3, 4). To commemorate Japan’s first Mountain Day let’s take a look at one of the most well-known parts that Nichibei Fuji designed and produced in the fashion of Mt Fuji, the infamous Nichbei Fuji fender ornament.

Fender ornaments roughly came in two styles the figure (Japanese link only) and plate type (Japanese link only) .  The Mt Fuji shaped Nichibei Fuji fender ornaments may be considered a combination of the two since it was predominantly a plate type but shaped in the form of Mt Fuji.

Very old and rare hand painted version of the Nichibei Fuji fender ornament.Img_2345_2

Casted all chrome version complete with low hanging clouds.  This must have been on a high-end model as it is nearly 3mm thick and quite heavy.Img_2339_2

The most common version of the moutain shaped Nichibei Fuji fender ornament.Img_2334_2

Nichibei Fuji also used model names as in this case the "Hao" (Supreme ruler or King of kings) Nichibei Fuji's top of the line model.
Img_2333

The "Oni" (Japanese demon or ogre) model.Img_2343_2O

A later version of the Oni.
Img_2341_2

Although the mountain shaped fender ornament was without a doubt the most prevalent style, Nichbei did occasionally use a different style as shown below which was found on some later Hao models.
Img_2340_2

In Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 2) we will take a look at another interesting part that Nichibei Fuji designed in the Mt Fuji trademark .

2016年8月 7日 (日)

ポンプ

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

50年以上前のポンプです。
このポンプの良い点は、合成素材(プラスチック、ビニール、合成木材など)が使用されていないところです。
現代のポンプはプラスチック製が圧倒的に多いです。
個人的に本物の材質(スチール、鉄、木、革など)で作られた物は、使用されればされる程、また時間が経つにつれて味が出るからこそ好きです。

当時のポンプを紹介します。
Img_1965

ハンドルは木製です。
ミンクオイルで磨いてみたら、みるみる綺麗になりました。
Img_1956_2
Img_1968

ポンプのバレルはスチール.製で緑エナメル塗装されています。
まだ当時の巻紙が付いています。
Img_1957_2

旧漢字もあります(保証の証⇒證)。
Img_1959

メーカーは高級「梅鉢」です。
Img_1960
Img_1961

鋳鉄製の3本足スタンド。
Img_1964

このポンプは古いですが、まだまだ使用価値があります。
残念ながら、「古い物は良くない」と思いがちの方が多いです。
古いからと言って新しい物に及ばないとは限りません。

現代の使い捨て社会では、物が長持ちするように作られていない場合が圧倒的に多いです。
見栄えと減価が最優先されるような気がしてなりません。

一つの例を挙げると、合成木材の製品です。
合成ウッド合成木目の家具やフローリングを良く見かけます。
時間が経つにつれて味が出ずぼろぼろになり、甦ることなく廃棄するしかありません。

反対に木製家具や床は定期的に拭くだけで味が出ます。
オリジナル素材を活かして甦らせることができます。

2016年7月23日 (土)

Pump

次回この記事の日本語版を投稿します。

Here is a nice pump dating back well over half a century.  The wonderful thing about this pump is that it was made with real materials, no synthetic materials (plastic, vinyl, artificial wood, etc.).  The majority of pumps nowadays are made of plastic.  I like products made of real materials iron, steel, wood, leather, etc., because they age over time and develop "character".   
Img_1965

The handle is made of solid wood and cleaned up real nice with mink oil.
Img_1956_2
Img_1968

The barrel is all steel and enameled green.  It still has the original protective paper wrap.
Img_1957_2

High pressure guaranteed.
Img_1959

High grade Umebachi (manufacturer's name)
Img_1960

Pump
Only the hose is non-original and a modern day replacement.
Img_1961

Cast iron tri-foot stand.
Img_1964

Old products tend to get a bad rap.  However, just because it is old doesn't mean it is no good, or, inferior to new.  In fact the opposite is often true i.e., old products are superior to new in some aspects.  In today's disposable society products are rarely made to last a lifetime.  This pump will easily out live me.  The emphasis on many of today's products seems to be superficial, it is the look and low price, not necessarily quality or durability.  Quick example, which I absolutely detest, is imitation wood products.  Artificial wood, synthetic wood, polymers used today for furniture or  "flooring", are fake wood complete with artificial wood grain.  I swear by solid wood furniture and floors.  It ages over time, develops a wonderful character and with occasional TLC will last a lifetime.  Just as we age, so too do products made of real materials, and aging together is what it is all about. As my Grandmother used to say "Take care of it, and it will take care of you".

2016年7月 9日 (土)

そろばん

次回この記事の日本語版を投稿します

古いそろばんです。
昭和後期に海兵隊員として来日したころ、基地近くの個人商店ではまだそろばんを使っていました。
アメリカでは見たことがないので珍しく、
店主は私が確認できるように、計算後にそろばんの向きを変えてくれましたが、残念ながら当時はそろばんどころか日本語すら分かりませんでした。

Img_1840

そろばんと昭和自転車の関連は?
このそろばんをひっくり返したら、裏にあの有名の光自転車商標.があります。Img_1839_2



Img_1830

「光自転車 大日本機械工業株式會社」と、実に綺麗に手彫刻されています。
英語が母国語の私にとって、漢字は実にすごいです。
紙に書くことさえ難しいのに、手で木に彫るのは気が遠くなります。.

Img_1834_2


Img_1837


Img_1836

現代のそろばんと違って、下の一の玉は5個で昭和20年代のものと思われます。Img_1842

昔はほぼ全ての物が木製で手作り でした。
たま一個一個を手で仕上げていました。
現在の大量生産及び使い捨て社会では、物が溢れ物の有難味が薄らいできていると思えてなりません。
物を大事にして、工夫に工夫を重ね、使えなくなるまで使い、
もう使えなくなっても捨てる前に他の使い道を探す。
昔の勿体ない主義はどこに行ってしまったのでしょう。

2016年6月25日 (土)

Abacus

次回、この記事の日本語版を投稿します

Here is an old Japanese abacus Part #1 (abacus Part #2). I have fond memories of the abacus, or soroban in Japanese.  When I first came to Japan for a brief stay back in the early 1980's I often visited an old mom & pop store and the proprietor would calculate the purchase using the abacus and then turn the abacus so that it was facing me to show me the total.  Of course I had no idea how to read the abacus, let alone what the proprietor was saying as I spoke no Japanese at the time.

Img_1840

So what does this abacus have to do with vintage Japanese bicycles? On the back of the abacus is the infamous Hikari Dai Nippon Kikai Kogyo.Img_1839_2
Img_1830

The following is exquisitely hand-carved 光自転車 大日本機械工業株式會社" (Hikari Jitensha, Dai Nippon Kikai Kogyo Kabushiki Gaisha).  Any loyal fan of this blog will know that I have a great admiration for the Chinese characters or Kanji.  To write these is an art all to itself, but to hand-carve these is another art altogether.

Img_1834_2


Img_1837


Img_1836

The bead pattern in this abacus is the older type one upper, five lower as opposed to today's version one upper, four lower.   Thus, this abacus dates back to around the 1940's.
Img_1842

Craftsmen made these nearly all by hand (video) with each individual bead one-by-one hand finished.  In today's fast paced, mass-produced, disposable society, I cannot help but feel that the abundance of cheap disposable goods has created a mindset whereby people no longer take care of things, feel a need to make them last, or, reuse things. Sad but true.

2016年6月11日 (土)

ミドリ自転車 婦人用「経済号」昭和27年

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今回、ご紹介する昭和自転車は、持ち主が手放すことになりました。
ご興味がある方、先ず長寿自転車商会(03-3489-0661)にお問い合わせください。
〒201-0014 東京都狛江市東和泉1丁目5−13

昭和27年ミドリ自転車の婦人「経済号」です。
長寿自転車商会の店主は、半世紀以上前にミドリ自転車を扱っていました。
新古品フレームを手に入れ、ずっと眠っていた純正なミドリ自転車部品在庫を利用して組み立てました。
.Img_1524Img_1432
Img_1431

詳細を少し見てみましょう。 
Img_1440

純正なミドリ自転車前泥除け、商標刻印、金色の転写と手で引かれた金線引きは当時のものづくりを語ります。
Img_1437

純正なミドリ自転車風切。.
Img_1439

バッヂ付きの三共電気6V-6Wオールメッキダイナモ。.
Img_1442

新古品鵜飼(UKAI) B/E リム.
Img_1443



Img_1467

東芝製のランプ.
Img_1460

珍しいランプブラケット。
表のみならず、横にも商標刻印。
Img_1402_3
Img_1461
Img_1448

ヘッドチューブバッヂ。
Img_1447
Img_1468_2

美しい七宝焼バッヂ
Img_1469

車種モデル: Economical No. 1.
戦後、自転車は貴重品で給料の2ヶ月分。
Img_1470

バッジの枠の分もおしゃれ。
こんな細かい所までやっぱり当時の日本の職人さんという感じ。
Img_1472

泥除けの裏も転写と金線引き。
Img_1474_2

泥除け取り付けネジもミドリ自転車商標刻印。
.Img_1415

店主は当時お店のバッジを泥除けステーバッヂとして使用。
Img_1520
Img_1506

Img_1508

自転車に跨る時に、靴が直接フレームに当たるのを防止。Img_1500

上部ヘッドチューブラグ.の裏に商標
Img_1476_2

ダウンチューブの転写.
Img_1481_2


Img_1463

フレームの2本のダウンチューブの間に商標プレート。
ヒドリ自転車によく使われましたが、婦人用の自転車に付いているのは初めて見ました。
Img_1514
Img_1515
Img_1518
Img_1519

Img_1467

新古品の純正なミドリ革製サドル。
やっぱり革製サドルがいい。
両側に刻印と裏にバッヂ。
Img_1478
Img_1479
Img_1451_2

少し分かりづらいですが、写真を拡大してシートピラーにも商標刻印。
Img_1502

60年以上前の塗装がまだ綺麗。.
Img_1483_2Img_1477

シートチューブにバッヂ。
Img_1487

シートチューブの下部に大きな「東京 ミドリ自転車株式会社謹製」バッヂ。
「謹製」というのは「心を込めて、謹んで作ること」。
まさに昭和20年代後半~30年代前半の職人さんの真心。

Img_1482
Img_1513

謹製(←クリック
Img_1486

コッター式ボットムブラケット
コッター式ボットムブラケットは大抵昭和20年代後半まで
30年代以降は主にコッターレスボットムブラケット。Img_1493
Img_1494

純正なミドリ自転車チェーンケース(バッジ付き).
Img_1452
Img_1527
Img_1528Img_1454
Img_1453

純正なミドリゴムブロックペダル。
全面に商標刻印。
Img_1496
Img_1497

ミドリ自転車コッターピンカバー。
Img_1456_2

リア荷台は塗装が剥がれもありますが、純正でバッヂ付き。
Img_1504
Img_1505

長寿商会の店主は半世紀以上前にミドリ自転車を扱っていたからこそ、眠っていた部品を利用しここまで完成出来ました。
Img_1434
Img_1526
Img_1462

ご興味がある方、長寿自転車商会にお問い合わせください。

〒201-0014 東京都狛江市東和泉1丁目5−13
03-3489-0661

2016年5月28日 (土)

Midori Bicycle, Lady's Economical (Circa 1952)

次回この記事の日本語版を投稿します。

Here is a nice Lady's bicycle from around 1953.  The bicycle was pieced together with NOS (New Old Stock) by the proprietor of CHOJYU JITENSHA SHOKAI who back in the 1950''s used to be a distributor for Midori Bicycles.Img_1524Img_1432
Img_1431

Let's take a closer look. 
Img_1440

Midori front fender with gold transfers, trademark stamp and hand painted gold pinstripes.
Img_1437

Midori fender ornament.
Img_1439

Heavy duty Sankyo Electric 6 volt 6 Watt all chrome generator.
Img_1442

Ukai B/E (Beaded Edge) rims.
Img_1443



Img_1467
Nice bullet shaped Toshiba head lamp.
Img_1460

Fancy lamp bracket with trademark on front, and, on the sides.
Img_1402_3
Img_1461
Img_1448

Head tube with very nice badges.
Img_1447
Img_1468_2

Close-up of the upper cloisonne badge.
Img_1469

Model name Economical No. 1.
Img_1470

Close-up of the lower cloisonne badge.
Img_1472

Back of front fender,
Img_1474_2

Fender bolt bears the Midori trademark.Img_1415

In place of fender stay badges the proprietor uses his shop's badge.
The bolt heads appear to Miyata.
Img_1520
Img_1506

Img_1508

Cover to protect frame. This prevents the rider's shoes from hitting the frame and leaving scuff marks when they step into the frame.Img_1500

Midori trademark on down tube lug.
Img_1476_2

Down tube transfer in excellent condition.
Img_1481_2



Img_1463

This is extremely rare.   A round brazed on plate with company trademark, similar to plates commonly found on Hidori bicycles.  First time I have ever seen a brazed on plate like this on a Lady's model.
Img_1514
Img_1515
Img_1518
Img_1519

Img_1467

Beautiful Midori leather saddle.  Complete with stamp on both sides and badge in the rear.
Img_1478
Img_1479
Img_1451_2
Img_1502

Seat tube.
Img_1483_2Img_1477

Beautiful cloisonne seat tube badge. (Japanese Only)
Img_1487

Large seat tube badge bearing the manufacturing company's name, and, the work KINSEI (謹製)。 To me, no other word better conveys the spirit of the craftsmen and women after WWII, or the Japanese spirit to provide the best product possible, than this word KINSEI.  It is written with two characters, the first meaning "humble" the second "to manufacture".  The meaning is "to humbly pour one's heart into producing the best product possible". 
Img_1482
Img_1513

KINSEI (謹製)
Img_1486

Cottered bottom bracket. A sure telltale sign of how old the frame is as cottered bottom brackets were typically used up until around 1955.
Img_1493
Img_1494

Spotless chaincase complete with badge.
Img_1452
Img_1527
Img_1528Img_1454
Img_1453

Midori rubber block pedals with the trademark on each block.
Img_1496
Img_1497

Cotterpin covers bear the Midori trademark.
Img_1456_2

Rear carrier with Midori trademark badge in the rear.
Img_1504
Img_1505

Only because the proprietor used to be a distributor for Midori Bicycle Company, could all these parts be amassed and assembled into such a sweet machine.
Img_1434
Img_1526
Img_1462

2016年5月15日 (日)

カスタム山口べニー

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和自転車の愛好家のUさんが、愛車のカスタム山口ベニー(丸紅山口ベニー?)自転車の写真を送ってく下さいました。

Uさんによると、
「実用車を好きになった理由は、昔の頑丈な作り込みと今の時代に無い癒される形に惚れてしまいました。
実用車に乗っている時は、時間を忘れますね、日頃のストレスもなぜか抜けて行く様な感じがします。」
とのことです。
.
Dsc_0213

ピカピカに輝かれています!!
Dsc_0214Dsc_0113

カスタムで少し見てみましょう。
まず、手で手動するウインカーです。.
Dsc_0233
Dsc_0231

金文字で書かれているフレームカンバン。
「長寿商会」、字が上手いですね。
Dsc_0211

革製筒型の工具箱
この筒型の工具箱はハンモックサドルのループに
Dsc_0201Dsc_0197

荷台に箱を付けるとまるで50年以上前にタイムスリップした感じですね。Dsc_0285
Dsc_0286

Uさん、写真を送って下さいましてありがとうございました。

愛車を他の昭和自転車愛好家に見てもらいませんか。
よろしければあなたの愛車写真をshowajitensha@hotmail.co.jpへお送り下さい。

«Custom Yamaguchi Benny