2022年8月 7日 (日)

日米冨士冊子 昭和11年【前半】

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和11年(西暦1936年)の希少な日米冨士冊子。
「冨士」の「冨」はウ冠ではなくワ冠で古さを物語ります。
この冊子は、愛知県刈谷市の「高橋自転車商会」の店主が、多くの昭和自転車愛好家も参照できるようにスキャンして 送って下さいました。
高橋自転車商会」 に感謝!

今回、前半を取り上げます。
表紙にアメリカ人2枚、女優のジューン・トラヴィスとコメディアンのジョー・E・ブラウンが2人乗り自転車(タンデム)に乗っています。
注:写真をクリックすると拡大します。
T1

有名な日米冨士商標
T2

当時の人気子役女優のシャーリー・テンプルと子供用の自転車。
ワイトウオールタイヤやサスペンション付き革製サドルやクロムメッキハンドルの「クルーザーバイシクル」または「ビーチクルーザー」に注目。 
T3


「健康美を創る」の記事。
アメリカン人少女達が自転車に乗っています。
クルーザーバイシクル」に注目。
T4 

「日本女性とサイクル」のページ3枚では日本女性にサイクリングを勧めています。
グースネックスタイルのトップチューブ、非常に長いヘッドチューブスケルトン、そしてセルロイド製チェーンケースに注目。
T5
T6
T7

子供たちは校庭で自転車の交通訓練。
数人の子供が着物を着ていることに注目。
よく見ると、三角乗りの子供も居ます。
T8

南太平洋で地元の原住民とポーズをとる日本人サイクリスト。
よく見るとトップチューブに保証メダルが付いています。
T9

世界各国自轉車使用数
日本がトップ→700万台
新築日米商店の本社及び東京支店。
T10

東洋ーを誇る大日本自轉車株式會社
記事によるモットーは、
「総ての手仕事は機械へ移せ」
「総ての機械仕事は自動機械へ移せ」
T11

自転車乗りの東西風景
T12
T14

左下写真→蕎麦の出前に注目。
現代では考えられない乗り方でしょう。
左手はハンドル、右手で右肩の蕎麦箱を抑えています。
当時の蕎麦出前は、サーカス曲芸師顔負けのような乗り方でしょう。
是非リンクをクリックしてご覧になって下さい。
T15    

次回は、引き続き希少な日米冨士冊子の後半をみてみたいと思います。

2022年7月23日 (土)

Nichibei Fuji Pamphlet 1936【First Half】

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Here is a rare Fuji Bicycle (Nichibei Fuji) pamphlet dating back to 1936.
A big thank you goes out to the proprietor of Takahashi Bicycle Shop in Kariya, Aichi Prefecture, who kindly scanned the entire contents and allowed me to share them with vintage Japanese bicycle fans.
Let's take a look at the first half.

On the cover are two Americans, actress June Travis, and, comedian Joe Brown riding a tandem bicycle. 
Note:  Click on the photos to enlarge.
T1

Here is the infamous Fuji trademark.
T2

That is the famous American child actress Shirley Temple with her bicycle!
Note the cruiser style with whitewall balloon tires, sprung leather saddle and chrome plated handlebars.
T3

Here is a photo of American girls and on their bicycles.  It states that in America, cycling is good way to stay in shape.
Again, note the cruiser style and whitewalls.
T4 

The following three pages focus on encouraging Japanese women to take up cycling.
Note the goose-neck-style top tube, length of the head tube, and, clear celluloid chaincase.
T5
T6
T7

Here children practice riding in a school yard learning how to ride in traffic.
Note a few of the children are wearing kimonos, and, if you look real close you will see a couple riding triangle style.
T8

A Japanese cyclist overseas in the south pacific poses with local natives
Note the guarantee medal still attached to the top tube.  
T9

Ranking of bicycles in use per country with Japan at the top, 700 million.
Followed by France, Great Britain, Germany, Italy, the Netherlands, Belgium, America, Denmark, Sweden and Switzerland.
Note the photo of the newly built Fuji headquarters in Tokyo.
T10

Nichibei Fuji boasting to be #1 in all of Asia under the umbrella of Dai Nippon Jitensha Kabushikigaisha.
Their motto "Transfer all manual work to machines” ”Transfer all machine work to automation”.
T11

Various cyclists in East and West
T12
T14

Note the lower left photo of the man riding one-handed delivering soba (Japanese noodles made of buckwheat flour).
The soba deliverymen on bicycles rivaled the antics of the best circus acrobats.
T15    

In the next installment we shall take a look at the second half of the pamphlet.

2022年7月10日 (日)

「昭和自轉車トークライブ」【報告】

昭和自転車やパーツを探しの方、ぜひ最後までお読みください。

2022年7月10日(日)に
ヨコハマサイクル(川崎市のロッドブレーキ車専門店)店長の鎌倉氏が開催した「昭和自轉車トークライブ」に行って来ました。
会場の
BECKアキバに着いたら、入口に重運搬車+サイドカーが展示してありました。
愛車に乗って来た方の昭和自転車も置いてありました。
Img_4621

受付で昭和自転車と昭和グッズの販売。
Img_4625
Img_4626

なかに昭和自転車数台の展示。
Img_4628

前半 TALK1
「長寿自転車商会 谷田部氏に聞く」
自転車利用安全研究会・代表・学芸員・谷田貝一男氏
ヨコハマサイクル 鎌倉基史氏 
Img_4635

貴重なビデオ出演で
長寿自転車商会の店主
谷田部氏 が昭和自転車を語りました。
Img_4644
Img_4647

谷田貝氏による、昭和自転車の様々な種類と特徴を丁寧で分かりやすい説明。
Img_4650

後半 TALK2
「オーバークオリティに魅せられて」
正にレストア職人の3名様
生活骨骨董 地球樹 加藤正崇氏
レストア工房 サロンF2 野田佑磨氏
ヨコハマサイクル 鎌倉基史氏

レストア前の自転車、現物に基づいて昭和自転車の特徴やどのようにレストアするかの話が大変参考になりました。Img_4653

長寿自転車商会の店舗では、直に店主谷田部氏とお話ができます!
必ず勉強になります!
(昭和自転車やパーツも販売していただけるかもしれません。)


店舗を訪問される際は、マスク着用と消毒を忘れずに。
月曜日と水曜日は不定期なので避けた方がいいです。
通常は日曜日も開いていますが、7月17日(日)は休みです。

東京都狛江市東和泉1丁目5-13
(
狛江三叉路角)

2022年6月27日 (月)

「昭和自轉車トークライブ」➡ 2022年7月10日(日)

*昭和昭和自轉車愛好家の皆様へ*

ヨコハマサイクル(川崎市のロッドブレーキ車専門店)店長の鎌倉氏がイベントを開催します。20220710

2022年7月10日(日)にBECKアキバにて11時15分開始(愛好家と情報交換など開始30分前の10時45分OPEN)。
前売がお得!(店長のインスタグラムよりメール送信で当日受付で入場割引)

前半 TALK1「長寿自転車商会 谷田部氏に聞く」
自転車利用安全研究会・代表・学芸員・谷田貝一男氏
ヨコハマサイクル 鎌倉基史氏 

後半 TALK2「オーバークオリティに魅せられて」
正にレストア職人の3名様
生活骨骨董 地球樹 加藤正崇氏
レストア工房 サロンF2 野田佑磨氏
ヨコハマサイクル 鎌倉基史氏


予定が合えば私も参加したいです!

2022年6月11日 (土)

ビユーセージ

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

頻繁に使う物は歳月が経つにつれて味が出ることに気付いたことがありますか。
以前「物に魂が宿るか」で軽く触れました。
特に対象の物は、本物の材質で作られ体に接触する物です。
たとえば、衣服。
衣服は皮膚の一層のようで、着れば着るほど特定の場所で個性が出てきませんか。
愛着があるお気に入りの使い古されたブルージーンズ、革製野球グローブ、革製靴、革製自転車サドルなど。
Img_4094 

歳月経過とともに繰り返し使用するこによる味(使い込まれ感)や美しさは、しばしば「Beusageビユーセージ」と呼ばれます。
Img_4095

手工具も手作業、例えばネジを回したり、ナットを固定させたり、ネジ山を切ったりすることは、一時的に体の一部になります。
手工具に手を加え作業するからこそ、一時的に身体の延長となるので使い込まれてくるとビユーセージが出ます。Img_4096 

この「ビユーセージ」は、勿体ない主義よりまるで「勿体ない教」。
モノを大事にして、直しに直して直し切れなくなるまで使用し、もう直し切れなくなったら捨てずにそのモノに尊重及び感謝を示すように別の目的を与えることによって
再利用でモノが生まれ変わるのです。
昭和初期~中期は物がない時代で、端切れや廃材などを利用して物を自作していました。
こちらの自転車修理椅子は約70年前に廃材で作られたもの。
まだまだ現役!!

Img_4098 

2022年5月27日 (金)

Beausage

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Ever notice that certain character or beauty that things attain purely because they are used so often? I've touched upon it before in Do Things Have Souls?.  Espescially "things" made of genuine materials and that our bodies come in contact with.  Think about it.  Are not clothes, for example, a second layer of skin and develop character as they wear in certain places according to repeated usage?   Your favorite pair of well-worn blue jeans, leather baseball glove, leather shoes or leather bicycle saddle for example.
Img_4094 

This character or beauty derived from repeated usage over the course of time is often referred to as "beausage".
Img_4095

Tools too, since they are simply temporary body parts, i.e., they are extensions of the body used to perform a task, turn a screw, hold a nut, cut a thread, etc. The User is the force and control behind the tool, thus the tool is simply an extension of the body take on a form of beausage over time. 
Img_4096 
Part of this beausage is mottainai-shugi (practically a religion based on a deep belief that it is shameful and a sin to waste things, and things must be repaired over and over until it can no longer be repaired to fulfill its original purpose, and even then, instead of tossing it out, show respect and gratitude by repurposing it, ie giving it a new life).  
Img_4098 


  

2022年5月14日 (土)

白黒写真の盲点 (ライン入りリム)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

1950年代(昭和20年代後半~30年代前半)の昭和自転車の写真は圧倒的に白黒です。
カラー写真は1970年代(昭和40年代ころ)から手頃な価格で主流になりました。
個人的には白黒写真が好きで、白黒写真にしかない独特な魅力があります。
ただし、白黒写真では細部が薄められるので本来の良さを見逃しがちで、実際にカラー写真で見ないと、どれだけ素晴らしいか分からない場合が多いです。
BEリムはその例の一つ。

以前の投稿でBEリムBEタイヤを見てきました。
BEリムは全体的にクロムメッキで、スポークは黒エナメルでした。
多くのリムは自転車メーカー商標リムメーカー商標刻印がありました。
ライン入りリムで実に芸術的傑作品でした。
2つの例を見てみましょう。

1つ目は、太いブルー・エナメルラインで、両側に細い赤線引きがあります。
Img_3823  

現代の自転車はクロムすらあまり見掛けません。
BEリムは全体的にクロムメッキ。
Img_3825
Img_3827
Img_3819

BEタイヤの耳がはめ込む溝が水色に塗られていることに注目。
BEタイヤの特徴の一つは、耳がチューブを包み込むため、リムテープが不要で、その機能がBEタイヤに組み込まれていることです。
Img_3831

スポークワッシャーは現代の自転車にありません。
Img_3829

二つ目の例は太い黒エナメルラインで、両側に細い金線引きがあります。
Img_3809
Img_3835

金色の商標刻印に注目。
Img_3837
Img_3834

BEタイヤの耳をはめ込む溝は深赤色に塗られていることに注目。
Img_3811

スポークワッシャーは現代の自転車にありません。
Img_3813

BEリム/タイヤがお気に入りです。
多くの古いものと同じように、シンプルで、頑丈で、美しく出来ています。
重い荷物を運び、未舗装の道路に耐えられるように作られています。
BEリムに問題があるとしたら、何年にもわたって頻繁に使用し風雨に晒されると、ブレーキシューの摩擦でクロムメッキが薄くなり錆が発生する可能性があります。
新家(ARAYA)はステンレスのBEリムを製造することでこの問題がなくなりました。
残念ながら、2010年ごろ廃番になりました。

2022年4月29日 (金)

Lost in Black & White (Center Lines)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Most photos from the 1950s of vintage Japanese bicycles are in black & white.  That's because color photography only became affordable and mainstream in the 1970s.  Personally, I like black & white photos, they have a certain charm all their own.  However, some details tend to become diluted or even lost in black & white photos and it isn't until we actually see them in color do we gain a true appreation of their beauty.  BE rims are one of many examples.

We have seen BE rims and BE tires in previous posts.  BE rims were all chrome and typically spokes were black enamel.  Many bore the bicycle manufacturer or rim manufacturer's trade mark.  And, some were absolute artistic masterpieces that had  center lines.  Lets take a look at two examples.

First is a thick blue enamel center line with thin red trim on both sides.
Img_3823  

You don't see much chrome on bicycles anymore.
The entire rim itself is chromed.
Img_3825
Img_3827
Img_3819

Note that the channel where the edges (flaps) of the BE tire sit is painted blue.
The nice thing about BE tires is that the edges (flaps) encase the tube so no need for rim tape, that function is designed into the BE tire.
Img_3831

Spoke washers, something we don't see today.
Img_3829

Second is a thick black enamel center line with gold trim on both sides.
Img_3809
Img_3835
Note the gold trade mark stamp.
Img_3837
Img_3834

Note that the channel where the edges (flaps) of the BE tire sit is painted red.
Img_3811

Again, spoke washers, something we don't see today.
Img_3813

I am totally sold on BE rims/tires.  Like most old things, they were designed and manufactured to be simple, strong, and beautiful.  They were built to carry heavy loads and withstand unpaved roads.  If I were to find any fault with BE rims it would be that, over many years of heavy use, the friction from braking can wear away the chrome plating down to the bare metal leading to rust.  Araya solved this by manufacturing stainless steel BE rims.  Unfortunately, after many years these were discontinued in 2010.  

 

 

2022年4月16日 (土)

道具箱(第三回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

「道具箱(第1回」では、シートチューブの裏上に取り付けられた金属製の道具箱を取り上げました。
前回の「道具箱(第二回)では、ハンモックサドル専用に設計されていた革製の道具箱を見ました。
今回は、もう一つ珍しい革製道具箱を見ましょう。

高級サドル裏側のストラップ穴に取り付けるように出来ている道具箱です。
Img_3533

表に開け閉め用の金具が付いていません。
Img_3548

少し変わっている断面図。
Img_3550

開け閉めは右側面に付いている革製ストラップで行います。
Img_3535

ストラップは底をスナップで閉じています。
開くには、ストラップを引き下げてスナップを外します。
Img_3536

ストラップを引っぱると工具入れが出てきます。
Img_3537

工具入れ
Img_3538
Img_3539

「道具箱(第二回」で見たハンモックサドルと同様に、内側の工具入れが取り出せるようにできています。
Img_3540

中には工具4本
Img_3541

工具に「Kennet」刻印
Img_3551
Img_3553

以前、「アイデア考古学」を言及しました。
古い物は現代版の先祖です。

2022年4月 1日 (金)

Tool Kit (Part 3)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In "Tool Kit (Part 1)" we examined a metal tool box that attached directly behind the top of the seat tube.  And, in the previous post, "Tool Kit (Part 2)", we took a look at a tool kit; one made of leather and specifically designed for hammock saddles.  In this post let's take a look at another unique leather tool kit.

This one fastens to the two eyelets provided on the back of high-end saddles.
Img_3533

Note that the front has no open/close fasteners.
Img_3548

Also a unique profile.
Img_3550

A leather strap attached to the side snaps to the bottom to keep the kit closed. 
Img_3535

To open, pull down on the strap to unsnap it.
Img_3536

Pull on the strap.
Img_3537

And the tool kit slides out.
Img_3538
Img_3539

Similar to the hammock saddle tool kit we saw in "Tool Kit (Part 2)"  the inner pouch can be pulled all the way out.
Img_3540

The kit has a set of four tools.
Img_3541

Tools are stamped "Kennet"
Img_3551
Img_3553

I've mentioned what I like to call "Idea Archeology".  Old things are the ancestors of today's version.  Frozen in time, old things are unique because they are a virtual time machine enabling us to have a glimpse of the design, technology, materials, features, functionality and ideas of their generation.

«道具箱(第二回)