2022年11月27日 (日)

ヘッドランプ 第2回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

注: 東京都狛江にある長寿自転車商会の店主谷田部氏に感謝します。
93 歳で日々パンク修理、タイヤ交換などの自転車修理をしている間に、自転車のヘッドランプ 掛けの種類を親切に教えて下さいました。

前回の投稿「ヘッドランプ第1回」でヘッドランプの紹介を始めました。
この投稿では、5 つの取り付け位置とハードウェア (ヘッドランプ掛け) を見てみたいと思います。
60 年以上前の白黒写真に特に注目し、さまざまなヘッドランプの取り付け位置をよく見てください。

1.ヘッドセットに取り付けられたヘッドランプ掛け
P1120622
Img_5209

Img_5208_20221105165301
Img_5230_20221106145201
Img_5231_20221106145201

2. ハンドルの上に取り付けられたヘッドランプ掛け
P1120835
Img_5234
Img_5235
Img_5237

この取り付け位置の理由は、前かごが導入され、主に婦人用自転車の間で人気が高まったためです.
ただし、この取り付け位置の問題は、かごに大きな荷物を入れると、光線が遮られることでした。
P1120864_20221031103601

補足: ①子供が乗っている場所に注目してください。
    最初の写真では、子供がおんぶひもで母親の背中におぶさっ
    て乗っています。
    2番目の写真では、子供がリヤ荷台の上に置かれたクッション
    に座って乗っています。
   ②また、前かごの導入によって風切りが廃止された原因の一つ
    になったのは重要な事実です。

3. 前かごに取り付けられたランプ掛け
上記(2.)のかご内の荷物が光線を遮る問題を解決するために、ヘッドランプをかごの前面に取り付けました。
P1120590

構成は、上記の(1.)で説明したヘッドセット用のランプ掛けに取り付けられたかご掛け(下の写真の左)と、かごの前面下部に取り付けられたかご用ヘッドランプ掛け(下の写真の右)でできています。
Img_5240
Img_5241

4. 前輪軸に取り付けられたヘッドランプ掛け
上記(2.)のかご内の荷物が光線を遮る問題を解決するためのもう1つの取り付け位置は、ヘッドランプを前輪軸に取り付けることでした。
P1120547 

ランプ掛けの穴は、前輪軸の右側に取り付けられました。
Img_5216
Img_5215
Img_5218
Img_5219_20221106145401

5. ハンドルのポストに取り付けられたヘッドランプ掛け

このヘッドランプ掛けは非常に古く、第二次世界大戦前にさかのぼります。
このランプ掛けのデザインと素材の厚さを前述のランプ掛けと比較してください。
一般的に、古いものほど重くて強い物だといつも思います。
Img_5244
Img_5243

2022年11月11日 (金)

Front Headlamp (Headlight) Part 2

次回この記事の日本語版を投稿します。

Note:  Special thanks to Mr. Yatabe, owner of CHOJU JITENSHA SHOKAI (Long Life Bicycle Shop) in Komae, Tokyo, who at 93, is still fixing flats and repairing bicycles and kindly shared with me the following information related to bicycle headlamp brackets.  

In the previous post "Front Headlamp (Headlight) Part 1" we began taking a look at headlamps.  In this post we shall take a look at the five different mounting locations and hardware (headlamp brackets).  Pay particular attention to the black and white photos from over 60 years ago, and, note the various headlamp mounting locations.  

1. Headlamp bracket fitted to the headset  
P1120622
Img_5209

Img_5208_20221105165301
Img_5230_20221106145201
Img_5231_20221106145201

2. Headlamp bracket mounted on top of the handlebars
P1120835
Img_5234
Img_5235
Img_5237
The reason for this mounting location is that baskets were introduced and grew in popularity predominantly among ladies bicycles.  However, the issue with this mounting location was that when large items were placed in the basket they blocked the light beam.
P1120864_20221031103601
Side notes:
  ①Notice where the children ride. In the first photo above the child is riding strapped to the mother's back, and, in the second       photo the child is riding seated on a cushion placed atop the rear carrier. 

  ②It is also important to note here that front baskets contributed to the demise of the front fender ornament

3. Headlamp mounted to front basket
To resolve the above (2.) issue of items in the basket blocking the light beam, headlamps were mounted to the front of the basket.  
P1120590
The setup consisted of a basket bracket (left in photo below) fitted to the headset lamp bracket mentioned in (1.) above, and a basket headlamp bracket (right in photo below) fitted to the front bottom of the basket.  Img_5240
Img_5241

4. Headlamp mounted to front axle
Another mounting location to resolve the above (2.) issue of items in the basket blocking the light beam, was to mount the headlamp to the front axle.
P1120547 

The hole in the bracket is fitted to the right-side of the front axle.
Img_5216
Img_5215
Img_5218
Img_5219_20221106145401


5. Headlamp mounted to handlebar post
This headlamp bracket is very old, dating back to pre-WWII.  Compare the design and material thickness of this bracket with the others. It always strikes me that typically, the older something is, the heavier and stronger the item is. 
Img_5244
Img_5243

2022年10月30日 (日)

ヘッドランプ 第1回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

➀昭和自轉車(導入編-)」、「②現代の作りと違う【前半】」、「③現代の作りと違う【後半】」3つの動画で、 現代の自転車にない特徴をいくつか紹介しました。
しかし、まだまだあります。ランプはその一つ。

現代の自転車では、ヘッドランプはあまり目立ちませんが、昭和自転車では、ヘッドランプが際立っていました。
当時、特に農村地域では道が舗装されていなくて街灯も少なかったです。

Img_9296
Img_9304
Img_9333
Img_9300 

ヘッドランプはランプ掛けに取り付けられました。
最も一般的なランプ掛けがヘッドセットに取り付けられました。
Dsc06656_20221014142601

ランプ掛け (黄色)
Headlamp-bracket-1

ランプ掛け
Img_5208

ほぼすべての部品と同様に、ヘッドランプ 掛けにもメーカーの商標が付いています。
(富士重工のRabbit)
Img_5210

次回の投稿では、他のオプションの取り付け位置とそれらの金具(ランプ掛け)を見ていきます。

2022年10月14日 (金)

Front Headlamp (Headlight) Part 1

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the three videos "➀Vintage Japanese Bicycles (Introduction)",   "②They Don't Make Them Like They Used To (First Half)" and  "③ (Second Half)" I captured some of the features of vintage Japanese bicycles that are no longer commonly found on today's bicycles.  But there are still many others, such as the front headlamp or headlight.

On today's bicycles, headlamps are not very conspicuous, but on vintage Japanese bicycles headlamps were a prominent feature.  Keep in mind that paved roads and streetlights were not as common as today, especially in rural areas. 
Img_9296
Img_9304
Img_9333
Img_9300 

Headlamps were mounted on brackets; the most common bracket was fitted to the headset.Dsc06656_20221014142601

Headlamp bracket (highlighted in yellow)
Headlamp-bracket-1

Headlamp bracket
Img_5208

Like nearly all parts, the headlamp bracket bore the manufacturer's trademark.
(Photo below:  Fuji Kogyo ”Rabbit")
Img_5210

In the next post we shall take a look at some of the other optional mounting locations and their hardware/brackets.

2022年10月 1日 (土)

リヤカー鑑札

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 
Img_5157
何年か前に、自転車鑑札を4回連載しました。(未読の場合、下記のリンク参照)
鑑札・標識・籍証①
鑑札・標識・籍証②
鑑札・標識・籍証③
鑑札・標識・籍証④

このブログで何回も言及していますが、昭和20年代後半30年代前半「自転車」は非常に貴重で、現代の自動車と同じような地位だったことを何回か取り上げました。

庶民の手が届く唯一の交通手段でしたが、当時2ヶ月分もの給料が掛かりました。
手が届かない人は時間単位で借りていました。
リヤカーが付いていた重運搬車・軽運搬車は、町の個人店のトラックの役割でした。
現代の高級車のように自転車には 風切が付いていました。
そして、あまり知られていないことですが、当時自転車は課税対象でした。

しかし、自転車のみならずリヤカーも登録して鑑札を付ける必要があり課税対象でした。
自転車にリヤカーを連結すると人力のトラックに変わります!!
 40d76fcc8dcbd39997509783758ab256 
Taake’s写真館

何年も掛かりましたが、昭和20年年代後半のリヤカー鑑札を手に入れました。

まず、自転車の鑑札よりリヤカーの鑑札の方が小さいです。
自転車税は地方税ででしたので、鑑札の形状や大きさは地方によって異なりました。
下の写真では、同じ地方(名古屋)の自転車用とリヤカー用鑑札を比較しています。
上は昭和28年リヤカー鑑札、下は昭和31年自転車鑑札

Img_5158

左:自転車鑑札
右:リヤカー鑑札
Img_5159 
リヤカー鑑札を詳しく見ましょう.
Img_5150

自転車鑑札と同じように、リヤカー鑑札はリベット(カシメ)で取り付けられていました。
「解破・無効」と刻印されています。
Img_5156

左上:リヤカー
Img_5154

右上:鑑札
Img_5155

左下:名古屋市
Img_5153

右下:昭和28年制定
Img_5152

鑑札は、日本が自動車社会になる前の 昭和20年代~昭和30年代前半にかけて自転車が地域の主役、主要な交通手段だったことを思い知らせます。
また、中小企業の場合、自転車に連結したリヤカーでトラックの役割を果たしました。
P1120444
BCC

 

2022年9月18日 (日)

Trailer License Plate (Tax Badge)

次回、この記事の日本語版を投稿します。
Img_5157
Years ago I did a four part series on bicycle license plates a.k.a. tax badges (see links below).
License Plate ①
License Plate ②
License Plate ③
License Plate ④

I have mentioned repeatedly how "bicycles" in Japan during the early~mid 1950s were prized possessions; similar, if not even exceeding, that of automobile ownership today.  They were the only affordable means of private transportation for the vast majority of households and small businesses. They were expensive costing around two months' salary or more; people and businesses paid on installment plans to purchase them; those who could not afford them rented them by the hour; carrier cycles and utility cycles attached with trailers to haul goods filled the niche of trucks for local small businesses; much like luxury cars of today, bicycles proudly bore a fender ornament.  And, to drive this point of bicycles having a similar status as that of automobiles home, one often overlooked fact is that from 1950-1958 bicycles in Japan were taxed and had license plates.

Not only bicycles but trailers (known in Japanese as rear cars) were also required to be registered.  Hitching a trailer to a bicycle literally transformed it into a human-powered truck.
 40d76fcc8dcbd39997509783758ab256 
Taake’s写真館

I have finally found an actual example of a trailer license plate dating back nearly 70 years ago.  Lets take a look.

First is the size, smaller than a bicycle license plate.  Bicycle taxes were local taxes thus the shape and size of license plates varied depending on the locality.  In the photo below we compare the license plates from the same locality, Nagoya.  At the top is a trailer license plate from 1953, and, below it is a bicycle license plate from 1956.
Img_5158

Left: Bicycle license plate
Right: Trailer license plate
Img_5159 
Let's examine the trailer license plate.
Img_5150

As was the case with bicycle license plates, trailer license plates were attached with rivets.  
The stamp reads ”Void if tampered”.
Img_5156

Upper left:  Trailer
Img_5154

Upper right:  License plate (tax badge)
Img_5155

Lower left: Nagoya City
Img_5153

Lower right: 1953
Img_5152

License plates serve as an important reminder that, in the early to late 1950s, prior to Japan becoming an automobile society, bicycles were the main mode of local private transportation.  And for small businesses, a trailer hitched to a bicycle literally served as a truck.
P1120444
BCC

 




 

2022年9月 4日 (日)

日米冨士冊子 昭和11年【後半】

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回、日米冨士冊子【前半】で昭和11年(西暦1936年)の希少な日米冨士冊子を見始めました。
この冊子は、愛知県刈谷市の「高橋自転車商会」の店主が、多くの昭和自転車愛好家も参照できるようにスキャンして 送って下さいました。
高橋自転車商会」 に感謝!

今回、後半を取り上げます。

「求婚三銃士」というコメディー映画の物語。
写真を拡大して自転車によく見て下さい。
セルロイド製チェーンケース商標作り込みチェーンホイールに注目。
T16
T17_20220807082601

次ページ、上の写真、イギリスの交通大臣が自転車専用道路でダルマ自転車に乗っています。
下の写真、カバー付き人力車を引っ張っている自転車タクシー。
T18_20220807082601

アメリカでズボンが短すぎ規則。
T19

婦人サイクリング倶楽部
T20

本冊子には女性サイクリングを宣伝する枚数が多い。
発行の一年前、昭和10年(1935年)に「女性と冨士自転車」という写真集を発行しました。
(下記は表紙→逆読み)
1935
1935-5

冊子に戻ります。
帝国ホテルで日米商店創立三十五周年
T21

日米商店發賣(発売)品總目録
T22

日米商店発売自転車の特色
1. あるゆる特徴を完備
2. 耐久力
3. 乗り心地
4. 品位
5. 奉仕と責任
ハンモックサドルのサスペンションコイルに筒型の革製道具箱に注目。 
不思議なことに、風切が付いているモデルは一台もありません。
セルロイド製チェーンケース商標作り込みチェーンホイールに注目。

T23

国産覇王冨士自轉車の三つ特許
1.特許冨士ハンガー
2.特許冨士ハブ
3.特許フレームパイプ
T24
T25

懸賞
T26

各廳(庁)會社へ納入
樺太廳に注目
T27

冨士フェザーモデルの宣伝
戦前のモデル。
前ブレーキを見かけません。
興味深いことに、昭和11年(1936 年)にさかのぼると、リアケーブル ブレーキを装備したモデルを製造していました。
ほぼ 10 年前、戦後の婦人ハイエンド 冨士フェザーの。
T28

愛知県刈谷市の「高橋自転車商会」の店主が、多くの昭和自転車愛好家も参照できるようにスキャンして 送って下さいました。
高橋自転車商会」 に感謝!

2022年8月19日 (金)

Nichibei Fuji Pamphlet 1936【Second half】

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post, Nichibei Fuji Pamphlet【First half】we began our look at a rare Fuji Bicycle (Nichibei Fuji) pamphlet dating back to 1936.
As mentioned in the first half, a big thank you goes out to the proprietor of Takahashi Bicycle Shop in Kariya, Aichi Prefecture, who kindly scanned the entire contents and allowed me to share them with vintage Japanese bicycle fans.
Let's take a look at the second half.

The following two pages are about a movie.  Take a close look at the photo (click to enlarge).
Note the celluloid chaincase and the Fuji trademark designed-in freewheel.
T16
T17_20220807082601

In the page below, the upper photo mentions that a bicycle lane was established in Middlesex, England.
To celebrate the event, the Transportation Minister rode down the lane on an old penny-farthing.
The lower photo shows a unique taxi, a covered rickshaw hitched to the back of a bicycle.
T18_20220807082601

The article mentions that in a town in the US, a regulation citing that womens' shorts were to be no shorter than two inches above the knee was introduced.  
T19

Ladies cycling club.
T20
It is interesting to note how a good portion of this pamphlet promotes bicycles for women.
One year prior to this pamphlet, in 1935, Nichibei Fuji published a photo collection entitled "Women and Fuji Bicycles".
Below is the cover.
1935
And one photo from the collection.
1935-5

Back to the pamphlet.
Nichibei Fuji celebrating its 35th anniversary at the Imperial Hotel.
T21

Complete list of Nichibei Fuji models and parts.
T22

Five charcteristics of Nichibei Fuji bicycles
1. Every possible feature
2. Durable
3. Comfortable
4. Prestigious
5. Service and Support
Note the hammock saddle with through-the-loops leather tool kit.
Interesting, none of the models have fender ornaments.
Again, note the celluloid chaincase and the Fuji trademark designed-in chainwheel.
T23

Nichibei Fuji patented 3Hs Hanger (a.k.a bottom bracket), Hubs, Head set(frame pipes).
T24
T25

Sweepstakes 
(Prizes awarded to Readers who send in the correct answer to cycling question.)
T26

Nichibei Fuji, selected supplier to government offices and Osaka police department.
T27

Advertisement for a Fuji Feather model bicycle.
This is a pre-war model.  I don't see any front brake.  Interestingly, even as far back as  1936 Nichibei Fuji was producing models equipped with cable brakes (rear). Nearly 10 years ago, I did a four part series on a post-war lady's high-end Fuji Feather.
T28

Much obliged to Mr. Takahashi, the proprietor of Takahashi Bicycle Shop in Kariya, Aichi Prefecture, who kindly scanned the entire contents and allowed me to share them with vintage Japanese bicycle fans.

2022年8月 7日 (日)

日米冨士冊子 昭和11年【前半】

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和11年(西暦1936年)の希少な日米冨士冊子。
「冨士」の「冨」はウ冠ではなくワ冠で古さを物語ります。
この冊子は、愛知県刈谷市の「高橋自転車商会」の店主が、多くの昭和自転車愛好家も参照できるようにスキャンして 送って下さいました。
高橋自転車商会」 に感謝!

今回、前半を取り上げます。
表紙にアメリカ人2枚、女優のジューン・トラヴィスとコメディアンのジョー・E・ブラウンが2人乗り自転車(タンデム)に乗っています。
注:写真をクリックすると拡大します。
T1

有名な日米冨士商標
T2

当時の人気子役女優のシャーリー・テンプルと子供用の自転車。
ワイトウオールタイヤやサスペンション付き革製サドルやクロムメッキハンドルの「クルーザーバイシクル」または「ビーチクルーザー」に注目。 
T3


「健康美を創る」の記事。
アメリカン人少女達が自転車に乗っています。
クルーザーバイシクル」に注目。
T4 

「日本女性とサイクル」のページ3枚では日本女性にサイクリングを勧めています。
グースネックスタイルのトップチューブ、非常に長いヘッドチューブスケルトン、そしてセルロイド製チェーンケースに注目。
T5
T6
T7

子供たちは校庭で自転車の交通訓練。
数人の子供が着物を着ていることに注目。
よく見ると、三角乗りの子供も居ます。
T8

南太平洋で地元の原住民とポーズをとる日本人サイクリスト。
よく見るとトップチューブに保証メダルが付いています。
T9

世界各国自轉車使用数
日本がトップ→700万台
新築日米商店の本社及び東京支店。
T10

東洋ーを誇る大日本自轉車株式會社
記事によるモットーは、
「総ての手仕事は機械へ移せ」
「総ての機械仕事は自動機械へ移せ」
T11

自転車乗りの東西風景
T12
T14

左下写真→蕎麦の出前に注目。
現代では考えられない乗り方でしょう。
左手はハンドル、右手で右肩の蕎麦箱を抑えています。
当時の蕎麦出前は、サーカス曲芸師顔負けのような乗り方でしょう。
是非リンクをクリックしてご覧になって下さい。
T15    

次回は、引き続き希少な日米冨士冊子の後半をみてみたいと思います。

2022年7月23日 (土)

Nichibei Fuji Pamphlet 1936【First Half】

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Here is a rare Fuji Bicycle (Nichibei Fuji) pamphlet dating back to 1936.
A big thank you goes out to the proprietor of Takahashi Bicycle Shop in Kariya, Aichi Prefecture, who kindly scanned the entire contents and allowed me to share them with vintage Japanese bicycle fans.
Let's take a look at the first half.

On the cover are two Americans, actress June Travis, and, comedian Joe Brown riding a tandem bicycle. 
Note:  Click on the photos to enlarge.
T1

Here is the infamous Fuji trademark.
T2

That is the famous American child actress Shirley Temple with her bicycle!
Note the cruiser style with whitewall balloon tires, sprung leather saddle and chrome plated handlebars.
T3

Here is a photo of American girls and on their bicycles.  It states that in America, cycling is good way to stay in shape.
Again, note the cruiser style and whitewalls.
T4 

The following three pages focus on encouraging Japanese women to take up cycling.
Note the goose-neck-style top tube, length of the head tube, and, clear celluloid chaincase.
T5
T6
T7

Here children practice riding in a school yard learning how to ride in traffic.
Note a few of the children are wearing kimonos, and, if you look real close you will see a couple riding triangle style.
T8

A Japanese cyclist overseas in the south pacific poses with local natives
Note the guarantee medal still attached to the top tube.  
T9

Ranking of bicycles in use per country with Japan at the top, 700 million.
Followed by France, Great Britain, Germany, Italy, the Netherlands, Belgium, America, Denmark, Sweden and Switzerland.
Note the photo of the newly built Fuji headquarters in Tokyo.
T10

Nichibei Fuji boasting to be #1 in all of Asia under the umbrella of Dai Nippon Jitensha Kabushikigaisha.
Their motto "Transfer all manual work to machines” ”Transfer all machine work to automation”.
T11

Various cyclists in East and West
T12
T14

Note the lower left photo of the man riding one-handed delivering soba (Japanese noodles made of buckwheat flour).
The soba deliverymen on bicycles rivaled the antics of the best circus acrobats.
T15    

In the next installment we shall take a look at the second half of the pamphlet.

«「昭和自轉車トークライブ」【報告】