2017年3月19日 (日)

Workshop

次回、この記事の日本語版を投稿します。

For years I have done all my bicycle restoration work in a  tiny room (less than 100 square feet) located on the 2nd floor of my rented Japanese townhouse.  Lugging 25kg-35kg bicycles up and down a steep narrow staircase which has a deadman's curve (90 degree turn) halfway up is back breaking work. The room doubles as an oversized closet which means that I am constantly having to move clutter in order to create just enough space to work.
  Dsc03008

Over the years as the number of parts, tools and bicycles increased my workspace diminished.  I literally have no more room to work.
P1100400

However, this will all change shortly as I have had a small house built complete with a dedicated workshop. Yes, on the ground floor thank God!  Gone will be the days of lugging heavy bicycles up and down a steep narrow staircase.   

Please bear with me, I am in the process of moving and I am extremely busy.  I hope to catch up on answering questions and emails as soon as I am settled in.

2017年3月 5日 (日)

大塚工具 商標

I will be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~30年代前半の自転車専用工具は、
当時の自転車と同じ特徴、つまりシンプルで一生に使えるほど頑丈で、商標が2回以上付いています。

当時の自転車業界では製造者が部品の一つ一つに商標を付けていました。
設計者は商標を作り込んでいました。
当時のチェーンホィールはその例の一つ。

特に日米冨士はよく部品の設計に商標を作り込みました。   

自転車工具製造会社も商標を工具に面白く作り込んだ例を一つ挙げましょう。
大塚(O.T.H)という自転車工具製造会社の商標はカギでした。
P1210500

こちらは大塚製のC-スパナー。
良く見ると商標のカギと英語で「KEY BRAND」。
P1210517
P1210518

下記の工具も大塚製の泥除けステー穴開けの工具。
商標は分かりますか。
P1210474P1210475

ハンドルの内側に商標のカギの形に設計されています。
P1210477

古い自転車のレストアや修理に極力古い工具を使っています。
昭和自転車のみならず当時の工具も重要なので、今後も取り上げます。

2017年2月19日 (日)

Tool Trademark (Key Brand)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Vintage bicycle tools from the 1950's bear many of the same characteristics as the bicycles of the same period, ie,  they are simple, built-to-last, and, bear the manufacturer's name or tradmark, often more than once.

It has been mentioned repeatedly how bicycle manufacturers went to great lengths to place their name or logo on nearly every part, often more than once.  In many cases, such as Nichibei Fuji, the company actually cleverly incorported the design into actual parts.   This was often the case with chainwheels.

Let's take a look at an example of a tool manufacturer and how the manufacturer cleverly incorporated the trademark into the tool design.  The particular tool company is Ohtsuka (O.T.K), whose trademark was a key.
P1210500

Here is a C-spanner which is stamped with the "Key" trademark.P1210517
P1210518

Now, take a close look at the fender stay hole punch below.
Can you see the key trademark?
P1210474P1210475

The key trademark was claverly designed into the handle.P1210477

I have accumulated an extensive collection of old bicycle tools and in the future will periodically devote more time to this important aspect of vintage Japanese bicycles.

2017年2月 6日 (月)

師匠 米寿 脱帽!!

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

自転車修理のみならず昭和自転車もレストアしている師匠が先日米寿を迎えました。
おめでとうございます!
88歳で現役の自転車屋さんは国内外唯一なのでは?
脱帽!!!drama
Img_0588_resize

何度もテレビ雑誌などで紹介されています。

師匠の掲載記事
Img_0138_resize

当時の自転車の良さの話をいくら聞いても聞き足りない私にとって
師匠は偉大な存在です。

昭和自転車は現代の作りと違う【前半】

昭和自転車は現代の作りと違う【後半】

お話を聞きながら、ふと現物を見ると「なるほど工芸品だ」と感無量になります。
Img_0560_resize

いつまでもお元気で!!
おめでとうございます!!!

2017年1月22日 (日)

新年おめでとうございます  2017年カレンダー

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和自転車カレンダーを初めて作成したのは 2009年 「昭和自轉車」手作りカレンダー   でした。
そのあと、自転車雑誌、CYCLE SPORTSに掲載されました。
2009年~2010年昭和自転車カレンダーをご希望の方に販売しました。
しかし、手作りなので需要に追い付けず、
2011年昭和自転車カレンダーから非売にせざるを得ませんでした。
(作成したカレンダーの一部)

Img_4569

2017の年の昭和自転車カレンダーは、昨年のクリスマスに完成しました。 
Img_4564

お母さんが愛息に自転車の乗り方を教えています。
但し、子供の足に注目して下さい。
左足をバーの下に通してクランク側のペダルに乗せています。
これは「三角乗り」と言います。

Img_4567

65年前、自転車は庶民が手に入る唯一の個人交通手段 でした。
それでも、給料の約2~3か月分、でとても貴重な存在。
大抵の家庭は大人用自転車が1台だけで、子供用の自転車は珍しく裕福な家庭のみ。

昭和20年代後半~30年代前半の子供たちは子供用の自転車がなく、お父さんの26インチ鉄製ダイアモンドフレームの自転車を使って初めて乗れるようになりました。
しかし、トップチューブが邪魔で子供たちの足はペダルに届きませんでした。
「なせばなる!」
子供達の足が届かなくてもアクロバットのような技を使って「三角乗り」で大人用の自転車に乗りました。

毎年、昭和自転車愛好者らからカレンダー販売の問い合わせが来ます。
しかし、前述の理由で申し訳ありませんが、ご希望に応じることができなくてすみません。
でも、近い将来に販売開始の日が必ず来ますので、お待ち下さい。
それまでに、いつも追い風が吹き、先の道がなめらかであるように。

今年もいい年になりますように! bicycle

2017年1月 9日 (月)

Happy New Year! 2017 Calendar

次回この記事の日本語版を投稿します。

The first Vintage Japanese Bicycle calendar I made was the 2009 Calendar (Japanese only) and thereafter it soon became an unexpected hit Cycle Sports (Japanese only).  People were looking to purchase these handmade calendars and I willingly obliged continuing to produce and sell them 2010 Calendar (Japanese only).  However, due to the sheer demand and printing costs, 2010 was the last year that I mass produced the calendars and starting with the 2011 Calendar each year I have only made them for myself and a few close friends.

Img_4569

This year's calendar was completed on Christmas day 2016. 
Img_4564

At first glance it may appear simply as a loving mother helping to teach her beloved son how to ride a bicycle. But it is more than that.  Note the position of the son's legs.  His left leg is inserted through the triangle portion of the main frame. This is referred to as riding "triangle-style"

Img_4567

Sixty-five years ago bicycles were the only affordable private transportation households could afford, and even then cost two months' salary.  Most families had only one bicycle, the "family bicycle".  Only affluent households had children's bicycles. The vast majority of children growing up in the early to mid-1950's learned to ride a bicycle using the "family" bicycle which was typically a men's 26 inch all steel diamond frame.  The top tube presented a challenge as the child's legs were to short to reach the pedals.  But "where there is a will, there is a way" and children rode adult bicycles despite their legs being too short to reach the pedals by employing an acrobatic-like technique known as"riding triangle style"SANKAKU-NORI (三角乗り). 

Each year I continue to receive requests for Vintage Japanese Bicycle calendars; however, as previously mentioned, due to printing costs and time contsraints I am currently unable to fulfill the requests.  My sincere apologies.  But, rest assured that when time and resources avail I shall once again produce calendars. Until then, stay trued and may the wind always be at your back and the road ahead a smooth one. 

Happy wheels in 2017! bicycle

2016年12月25日 (日)

超メヤム号

先日、下記の問い合わせがありました。

「はじめまして。
突然申し訳ありません。自転車に関してまだ初心者ではありますが、日帝工業の超メヤム号の情報なにかございませんか?
近くに捨ててあるものがそうなのかと思い色々と調べているのですが、メヤム号に関してあまりにも情報が少なく困っています‥
もしなにか情報ありましたら教えて頂けると幸いです。」

遅くなりましたが、情報をやっと手に入れました。
このカタログは何年に出版されたか何も書いてありませんが、おそらく昭和32年ごろと推定します。
【それぞれの写真をクリックすると拡大します。】

Img_4432

カタログは40ページで日帝工業の全モデルラインアップ。
注意: 一番目の紹介は「超メヤム号」。Img_4434

全てのモデル紹介できませんので、依頼者の超メヤム号だけにさせていただきます。
Img_4428

「20世紀の寵児」って…スゴイですね。
Meyam_2

最新技術・高級モデル
Img_4429

革製握り、剣先フォークなど高級感満々
Img_4438

名古屋工場
Img_4439

戦前から三井物産と提携のメヤム商標
Img_4436

Img_4433

2016年12月11日 (日)

山の日と日米冨士 第4回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

山の日と日米富士 第1回」では、日米富士の商標が富士山であることを取り上げました。
その商標を様々な部品に作り込み、最も良く知られているのが
日米富士風切です。
以前、日米富士フェザーの連載(
でいくつかの実例を取り上げました。
連載第2回目」と「第3回目」で、日米富士の商標が作り込まれたロック山形のリア反射板を見ました。

今回最後になる第4回目では、日米富士の商標が作り込まれた珍品を見てみましょう。

昭和20年代後半~30年代前半の自転車製造会社は、自社の商標をチェーンホィールに作り込むのが一般的でした。
大半は工芸品であってもチェーンケースに隠されてしまいました。
しかし、チェーンケース2種類が透明なセルロイドを利用したデザインのお陰で、チェーンホィールが晒されました。

それは全体か表の透明セルロイド製のチェーンケースと透明なセルロイド製のチェーンホイルのカバー(鳩目や目玉ともいう)でした。

Img_20130707_105300884
Gogowanderersimg600x4501319639286g6

日米富士の商標はチェーンホィールのみならずチェーンケースにも作り込まれています。
ケースに山形が浮き上がるように形成されたことに注目してください。
Img_20130721_234852830
Fuji_feather_1

下記の写真は、昭和20年代後半のカタログから抜粋した日米冨士覇王号です。
チェーンホィールと透明なチェーンケースや山形風切に注目してください。
Fuji_hao_3

素晴らしいですね。
これで日米冨士商標特集は終わります。

2016年11月26日 (土)

Mountain Day & Nichibei Fuji Part 4

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first installment Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1) we noted that Nichbei Fuji used Mt Fuji as its trademark; the company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts (See also Fuji Feather Series 1, 2, 3, 4) the most common example being the infamous Nichibei Fuji fender ornament.  In the second installment we saw a fine example of the Nichibei Fuji trademark designed into a lock, and, in the third installment we examined the white mountain shaped rear reflector.  In this, the fourth and final installment, we shall take a look at yet another part that Nichibei Fuji designed-in their trademark.

In the 1950's it was common for most bicycle manufacturers to design-in their company trademark into the chainwheel.  Many are works of art, despite the majority of them being covered up and hidden by the chaincase. However, broadly speaking, there were two chaincases that enabled these works of art to be viewed: the all clear celluloid chaincases, and, the clear celluloid chainwheel cover chaincases.

Img_20130707_105300884
Gogowanderersimg600x4501319639286g6

The Nichibei Fuji trademark is found not only in the chainwheel but also on the chaincase.  Note how the clear celluloid chaincase has been molded so that the trademark is raised.
Img_20130721_234852830
Fuji_feather_1

The photo below is taken from an early 1950's bicycle catalog.
Note the chainwheel and the all clear "see-through" chaincase.
Fuji_hao_3

2016年11月13日 (日)

山の日と日米富士 (第3回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

山の日と日米富士 第1回」で、日米富士の商標が富士山であることを取り上げました。
その商標を様々な部品に作り込み、最も良く知られているのが日米富士風切です。
以前、日米富士フェザーの連載( )でいくつかの実例を取り上げました。
山の日と日米富士 第2回」で、日米富士の商標ロックに作りし込まれた例を見ました。

今回もまた日米富士の商標が作り込まれた珍品を見てみましょう。

一見、山頂の冠雪に見えますが、これは日米富士の白いエナメル塗装リア反射板の上部です。
.
Img_2539

反射板の全体です。
上部が山形になっていることと、下部のFUJIという文字の切り抜きに注目。
Img_2550


Img_2524

日米冨士の泥除けの特徴は山形で、反射板の取付面も同形状です。.
Img_2541_3

Img_2533

自転車モデルによって様々なサイズの反射板。.
Img_2522
Img_2527

FUJI文字の切り抜きなしの例。.
Img_2537

次回、また日米富士商標が作り込まれた部品を取り上げます。

«Mountain Day & Nichibei Fuji Part 3