2016年2月 5日 (金)

Tire Tread

次回、この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned repeatedly in this blog in the 1950s Japanese bicycle manufacturers literally went out of their way to put their name or logo on every individual part, often more than once on a single part, from the frame right down to the tiny fender stay bolts.  Yes, and in many cases even the beaded edge (BE) tires bore either the bicycle manufacturer or tire manufactuer's name designing the name into the tire tread with raised letters.   

Note the raised letters MARUKA TYRE on the tread.
Click on the photos to enlarge.
Img_9300_3

Taken from a 1950's bicycle catalog.
Note the tire tread reads: "THE BULL DOG TYRE" in English and in Japanese along with the company logo, the head of a bull dog.
P1080539

Let's take a look at a few examples.

1. Nakanishi Cycle
Img_0401


2. Zebra
Note the raised letter "Z" pattern which is the initial for Zebra Bicycle Company, and,
the whitewalls, only the tread is black.
Img_0394_2

Here is a another example, note the reddish brown color..  The Japanese nicknamed these tires Candy Tires (AME TAIYA) as their color resembled that of hard candy during that period.  The color is actually due to a high concentration of natural rubber and lack of black carbon typically found in the predominantly popular black tires. 
Note the Zebra Company logo on the sidewalls.  The Zebra bicycle company produced its guarantee medal (Japanese only) in the same shape as the company logo.
Img_0396

3. Dunlop Tyre
Note the "THE DUNLOP TYRE" tread.
Img_0397

Here is another Dunlop tire.
Img_0404

Note the tread. Can you make out what it is?Img_0405
Turn it right side up and it is easier to recognize; the bust of the Dunlop company founder, John Boyd Dunlop (1841-1921).
  Img_0536_2John_boyd_dunlop_418px_2Img_0535

Mr. Dunlop even appears on the sidewalls.Img_0399


Img_0398

Yes, they just don't make them like they used to.

They just don't make them like they used to, two.

2016年1月24日 (日)

内装2段ハブ ③

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

「内装2段ハブ②」では、車輪組立てを終えて最後にチューブとタイヤを付けます。

取り外したタイヤです。
「BE(Beaded Edge)タイヤ」または「耳付きタイヤ」と呼ばれています。
現代の自転車は99%がW/O(Wired On=クリンチャー)です。

どうして「耳付きタイヤ」と呼ばれているかというとタイヤ左右に「耳」が付いています。
下記の写真の白い部分が「耳」です。
この「耳」はチューブを包んでチューブを守ります。
Img_0711

耳はチューブを包んで重なるので新品のBEタイヤの耳にバルブの穴を開ける必要があります。 
Img_0712

新品のBEタイヤです。
結構固いのでリムに嵌めるのに力が要ります。
Img_0540

BEタイヤはまだ製造されています。
穴開け目印が耳にあります。
Img_0556

バルブ穴明け工具があれば楽にできます。
Img_0565

バルブ穴明け工具で左右の耳に穴を開けます。
Img_0567
Img_0569

BEタイヤの片方のバルブ穴をリムのバルブ穴に合わせて片方だけリムに付けます。
バルブ穴がずれないように要注意。
Img_0573_3

耳を内側に織り折り曲げて入り込むようにします。Img_0575

チューブのバルブをバルブ穴に挿入し抜けないようにナットを少しだけ付けます。
空気を少し入れればチューブの捻じれを防げます。
タイヤレバーを使って耳を折り曲げてチューブの下に差し込んでいきます。Img_0574_2

リムやタイヤの両側を確認して耳がしっかり入っていることを確認。
空気を少しずつ入れて均等に膨らんできていることを確認。
チューブがきちんとタイヤに包まれていなければ出っ張ります。
空気を抜いて出っ張っているところを調整してからまた空気を入れます。Img_0582

完成!
Img_0582_2

2016年1月10日 (日)

2 Speed Internally Geared Hub (Part 3)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Wheel building was completed in "2 Speed Internally Geared Hub (Part 2)" and all that remains is to add an inner tube and tire.

This is the old tire after being removed from the rim.  It is known as a BE (Beaded Edge) tire and you won't find this type of tire at your local bicycle shop since 99% of today's bicycles use "clincher" or  W/O  (Wired On) tires. 

BE tires have flaps (or ears) which run along each side of tire.  These flaps wrap around the inner tube forming an excellent protective casing.
Img_0711

Here you can see the white flaps with holes for the valve stem.   
Img_0712

This is what a new BE tire looks like. It takes some muscle to fit
a new BE tire onto a rim.
Img_0540

Typically the flaps (white) will have an outline of where the valve hole should be cut.
Img_0556

A "valve hole punch" makes the job easy.
Img_0565

Punch a hole in the flap on each side of the tire.
Img_0567
Img_0569

Align the valve hole on the tire with the valve hole on rim,
and using a tire lever work one side of the tire onto the rim
as shown below. Make certain that the tire valve hole and rim valve hole stay aligned.
Img_0573_3

Fold the flap inward all the way around the rim so that the bead
is fully seated to the rim.
Img_0575

Insert the inner tube and screw the nut on just a little to prevent the valve from coming out of the valve hole. Using tire levers work the remaining flap onto the rim so that the flap is under the tube.
Img_0574_2

Check that the bead is properly seated on both sides of the rim.
Pump up the tire.  If any bulges appear it indicates that the tube is not completely encased or that the bead is not properly seated.
Let out the air and refit as necessary.Img_0582

The completed wheel with tire. Ready to roll!
Img_0582_2

2015年12月25日 (金)

内装2段ハブ ②

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

内装2段ハブ①で軽運搬車のリアホイールを交換することにしました。
スポーク以外は新古品のパーツを使って50年前の内装2段ハブと26 x 1 3/4 BEリムでリア・ホイールを組みました。.

Img_0455

26 x 1 3/4 の新古品リムが見つかるまで、かなり探しに探しました。

Img_0362

#13スポークは国産唯一のスポーク製造会社星工業から取り寄せました。
星工業の沿革は長く、90年以上前に創業して実に良いものを作っています。
#13(幅2.3㎜)は2種類あります。

①普通の軽快車用の規格は頭の径4.0㎜、首長さ5.3mm
②運搬車用の規格は頭の径4.6㎜、首長さ6.0㎜

下記の写真上から下へ
1. #14 (幅2.0mm)
2. #13 (幅2.3mm) 普通の軽快車用の規格は頭の径4.0㎜、首長さ5.3㎜、 #14ニップル
3. #13 (幅2.3mm) 運搬車用の規格は頭の径4.6㎜、首長さ6.0㎜、#13ニップル

Img_0346_2

下の写真は2種類の#13スポークの比較です。
上:#13スポークで#14ニップル用
下:#13スポークで#13ニップル用

Img_0347Img_0349

車輪を組むのは約4年ぶりです。
組んだ後、振れ取りする前に師匠殿を訪ねて見ていただきました。

さすが師匠殿の知識は実に豊富です。
今までどこにも書かれていない長年の経験を積むしかないコツを教わりました。

Img_0588_resize

古い自転車やパーツにはやっぱり古い工具。
頑丈でいい味があります。

Img_0481

完成した車輪です。
つぎは26x1 3/4 BEタイヤを付けます。

Img_0448

2015年12月12日 (土)

2 Speed Internally Geared Hub (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in Part 1 I set out to build a rear wheel for my light carrier Sekine using a 2 speed internally geared hub, 26 x 1 3/4 BE rim and #13 gauge spokes.

Img_0455

Finding a 26 x 1 3/4 and #13 spokes is not easy.  I was fortunate enough to find a new old-stock rim manufactured by Ukai.
Img_0362

I ordered spokes from Hoshi Kogyo, established over 90 years ago and the only remaining Japanese spoke manufacturer.  #13 gauge spokes come in two varieties:
1. #13 gauge (2.3mm) with a 4.0mm head and 5.3mm neck, these take a #14 size nipple
2. #13 gauge (2.3mm) with a 4.6mm head and 6.0mm neck.

The photo below shows from top to bottom:
1. #14 (2.0mm)
2. #13 (2.3mm) with a 4mm head and 5.3mm neck, these take a #14 size nipple.
3. #13 gauge (2.3mm) with a 4.6mm head and 6.0mm neck and take a #13 size nipple..
Img_0346_2

The photo below shows a comparison between the two different types of #13 spokes (Top is a #13 gauge spoke with threads for #14 nipple, and, bottom is #13 gauge spoke with threads for #13 nipple.)
Img_0347Img_0349

Since it has been awhile since I last built a wheel, I visited The Master
at his shop and he checked and gave me several invaluable pointers that I would have never come across in any articles or books, things that only come with time and experience.  I am indebted to The Master for his wealth of information.
Img_0588_resize

Wheel truing. As is the case with old bicycles, old tools too are tough and made to last.
Img_0481

The completed wheel.  Next is to add tube and tire.Img_0448

Next step, add tube and tire.

2015年11月28日 (土)

内装2段ハブ ①

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

50年前に製造された古い内装2段ハブを26x1 3/4リムと#13番スポークに合わせて
セキネ軽運搬車
のリア車輪を組み立てる予定です。

この内装2段ハブの特徴として、変速にはケーブルが不要です。
ペダルを1/3逆回転すると変速します。
Img_0330

分解図と取扱説明書。
Img_0345_2Img_0344_2

Img_0337
Img_0338

半世紀経ってもメッキが綺麗です。
今年創業100年の山本鉄工所 で製作されました。

重さは2キログラム以上あります。
手に取るとその頑丈さを実感します。   

Img_0332

油注入口。
6ヶ月毎に注入。
Img_0334

当時のスポーク穴と数(40)は年代を物語っています。 
Img_0340

スポーク穴はダルマ形に加工されています。Img_0341

このように逆回転で変速する内装2段ハブは100年以上前からありました。
スターミーアーチャには素晴らしいラインアップがあります。
しかし、現代仕様なので、昔の40穴のBEリムには使用できません。

2015年11月14日 (土)

2 Speed Internally Geared Hub (Part 1)

次回この記事の日本語版を投稿します。

This is an internally geared 2 speed hub dating back about 50 years. I plan to use this to build a 26 x 1 3/4 BE rim with #13 spokes for my light carrier Sekine.  Light carrier is a misnomer as it weighs 36 kilograms.

The beauty of this 2 speed hub is that the gearing is internal, and, moreover, it doesn't use any cables.  It is operated by pedaling backwards a third of a turn.
Img_0330

Here's a breakdown diagram and instructions.
Img_0345_2Img_0344_2

The hub was manufactured by Yamamoto Iron Works based in Osaka.  A quick check revealed that the company was founded in 1915, 100 years ago and is still in business. 
Img_0337
Img_0338

The hub is beautifully chromed, and, by today's standards is heavy weighing in at over 2 kilograms.!   
Img_0332

It has an oil port and oil cap.  Typically these hubs were oiled every 6 months.
Img_0334

Traditional 40 count spoke. 
Img_0340

Spoke holes are well machined and are the "keyhole"fashion also known in Japanese as the "Daruma" fashion.
Img_0341

This type of 2 speed hub where shifting is performed by pedaling backwards is known today as  "kickback"and Sturmey-Archer has a complete line-up.  But the specs are for modern-day bicycles and cannot be used on a traditional 40 spoke BE rim.

2015年11月 2日 (月)

自転車整備価格表 昭和40年

I'll be back with another English post soon untill then stay trued and happy wheels.

日本語を話せるようになる西洋人は少なくはありませんが、
読み書きも可能となると、少ないと言っても過言ではないでしょう。
それは漢字のハードルが非常に高いからです。
常用漢字は2,136字があり、音読み、訓読み、当て字もあります。

以前昭和10年規定表を投稿しました。
戦前で旧漢字も使われていました。
在日アメリカ人として、筆書きのものを見ると感無量です。
25年前、大学で漢字の難しさ(書き順・画数)及び美しさを少しでも理解できるよう、日本語の先生から習字で漢字を教えて頂いたからです。

今回は、昭和40年に筆書きされた
「自転車整備及部品取付技術料含む価格表」を見てみたいと思います。 

大量印刷物に見えるほど綺麗に書かれていますが、良く見ると手書きです。
実に素晴らしい。
Img_0124

Img_0126

いくつか興味深い点を取り上げます。

昔の自転車屋さんは、パンク修理は自転車のみならず、リヤカー 、様々なバイク類、軽3輪車ミゼット)、軽自動車にも対応していました。
Img_0128

「ペダル」が「ペタル」(濁音しない)
Img_0130

出張修理もありました。
Img_0131

「フォーク」は「ホーク」になっています。
フォークの曲がり直し。
物を大事にして取り換える前にまず直してみます。
右下に価格表に書かれた日付⇒昭和40年11月1日
ちょうど半世紀前です。
Img_0132


Img_0133

ハモック型サドルはやっぱり七五型サドルより高かったです。
Img_0134

ピン入り油
Img_0135

時間外修理は5割増
Img_0136

コンピュータで、フォント種類・サイズ・色など選べて、完璧な字を打って印刷ができる現代において、
このように素晴らしい手書きのものを見ると、感無量です。

2015年10月18日 (日)

Bicycle Repair Price Chart (Pure Art)

この記事は次回日本語版を投稿します。

Many Westerners learn to speak Japanese, but reading & writing is another story.  Certainly the most formidable obstacle is kanji (Chinese characters). When I first arrived in Japan I was amazed at kanji, there are just so many.  In English we have just 26 letters; however the standard kanji (Joyo Kanji) there are 2,136 characters. Elementary school kids learn 1,006 of these characters (Kyoiku Kanji). 

Writing kanji is an art, literally.  A couple of years back I did a post on a price chart from 1935 (Japanese only).  Below is a bicycle repair price chart dating back to 1965.  It is written by hand using a brush (fude 筆). The chart is so well done that at a glance one would think it were mass-produced printing, yet a close look reveals that it is written by hand.
Img_0124

Img_0126

For those of you that can read Japanese a few things to note.
1. In the old days the local bicycle shop not only repaired bicycles but often carts (two-wheeled trailers attached to the rear of the bicycle), scooters, motorcycles, three wheeled vehicles (Daihatsu 3-Wheeler, Mazda K360 and the infamous Mizet) and small engine (under 660cc) automobiles.(リヤカー、バイク、軽三軽四)
Img_0128

2. Note that Pedal (Pedaru ペダル) is "Petal" (ペタル).
Img_0130

3. The local bicycle shop made "house-calls" in a radius of 1 kilometer from the shop.
(出張修理)
Img_0131

4.Straighten a bent fork, "reform before you replace" was the rule.
Note that Fork (フォーク) is Hooku (ホーク)
Also in the lower right corner is the date given in the typical
reign of the emperor and converts to November 1, 1965.
(昭和40年11月1日)
Img_0132


Img_0133

5. Hammock saddles (ハモック型サドル)
Img_0134

6.. Oil in a bottle (ピン入り油)
Img_0135

7. After normal business hours there was a 50% surcharge.
(時間外修理は5割増)
Img_0136

Yes indeed, in this day and age of perfect computer typed characters where one can select the font, size and print out, one has to admire things like this that were written so incredibly well by hand.

2015年10月 3日 (土)

ヒドリ自転車

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels

先日、古い自転車のファンMさんから
レストアした昭和20年後半~30年前半の「ヒドリ自転車」の写真を送って頂きました。
以前、古い自転車の先輩が送って下さったヒドリ の写真と少し似ています。

実に美品です。
Dsc08081
昭和20年代後半~30年代前半、自転車の色はが圧倒的に多かったです。
但し、下記昭和30年前後の山口自転車のカタログが表すように車種には他の色もありました。

Img_0122

黒の次はオリーブ。
特にヒドリ自転車はオリーブ色の車体が多かったようです。
ヒドリ自転車の車体のもう一つの特徴はトップチューブとダウンチューブの間にロウ付けされたプレートです。

Hidori_plate

黒い車体に金線引が実に美しいですが、オリーブ車体に金線引きも相性がいいですね。
Dsc08068
Dsc08069

部品一つ々に社名・社ロゴ があり、 名前を付けるなら、良品が前提条件 ですね。

風切も大きくて見事ですね
Dsc08083

ハンドルに七宝焼きバッヂがはめこまれていていいですね。
ハンドルのメッキは半世紀以上前の割に結構いい状態です。
現代の作りと違う【前半】
Dsc08087_2


ヘッドバッヂもきれいです
.
Dsc08086

ランプブラケットにもヒドリの刻印。
Dsc08066



セルロイド握り にも社ロゴがあります。
Dsc08065


ハンモックサドルの後ろにヒドリ自転車バッヂがあり、筒工具箱
オリジナルではないそうですが、全く違和感がありませんよね。 
荷台のヒドリ自転車刻印に注目。
Dsc08072

泥除けステーバッヂにも社名・社ロゴがあり、よく見ると泥除けステーボルトの泥除けステーボルトの頭にも社ロゴの刻印があります。
Dsc08088

コッター式ボトムブラケットが年式を語ります。
およそ20年代後半でしょう。
コッターピンカバー.

ブレーキ、泥除けステーとスタンドまでちゃんとヒドリ刻印があります。Dsc08092

まさに 現代の作りと違う【後半】

現在、日本は優れている自動車、オートバイ、家電製品など良く知られていますが、戦後から自動車社会になるまで(30年代半ば)主な家庭は自転車に頼りました。

Mさん、写真を送って下さいましてありがとうございました。

愛車を他の昭和自転車愛好家に見てもらいませんか。
写真をshowajitensha@hotmail.co.jpへ送って下さい。

«Hidori Bicycle