2021年6月 4日 (金)

Moon Phoenix Fender Ornament

次回、この記事の日本語版を投稿します。 

As mentioned in the previous postthe design of fender ornaments varied depending on the manufacturer and even from model to model

Here is a rather large, unique  and somewhat mysterious fender ornament.  
Img_0364
It reads "Tsuki-Kirin Bicycle".  In Japanese "tsuki" is "moon" and "kirin" is "giraffe" so a literal translation would be "Moon-Giraffe".  However, kirin can also refer to a Chinese mythical creature, the same one which appears on the infamous Kirin Beer label.  So, a closer translation would be "Moon-Kirin". 

Img_0367
Note in the above photo there is a crescent moon on the left and what appears to be a phoenix on the right.
Although the Chinese mythical creature does have wings and flies, it is said to be a hooved animal.
Thus, judging by these emblems, Moon-Phoenix may be a better rendition.

Img_0365

Img_0368

On a final note, I did uncover a bicycle from the early 1950s of the same name, "Tsuki-Kirin" whose trademark is shown below, and, depicts both a moon and the Chinese mythical hooved creature.

Img_0369

The above trademark makes sense. But, why the phoenix on the fender ornament? It is mystery to me, any help would be appreciated.

2021年5月23日 (日)

メヤム風切

次回、この記事の日本語版を投稿します。 

 昭和自転車には様々な特徴がありますが、その中で最も目立つのは風切と言っても過言ではないでしょう。
これらのエンブレムのデザインはメーカーやモデルによって異なり、その一つが日米富士の風切です。
このような素晴らしい特徴にご興味がある方は、ここへどうぞ


 最近手に入れたメヤム自転車の風切です。 
一見するだけですべてを語ります➡アエロダイナミックで、カッコよくて、速くて、高級感があります。 
Img_0305

Img_0306

2021年5月 7日 (金)

Mayam Fender Ornament

次回、この記事の日本語版を投稿します。 

 Vintage Japanese bicycles have many features, but certainly one of the most distinctive is the ever-prominent fender ornament.  The design of these emblems varied depending on the manufacturer and even from model to model as in the case of Fuji fender ornaments.  For more on these wonderful emblems click here.

Here is a recently acquired Mayam fender ornament.  
One look says it all: sleek, stylish, speedy with a touch of class.
Img_0305

Img_0306

2021年4月25日 (日)

シートポスト

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

サス付き革製サドル12部の連載では、様々なサドル、サスペンション手入れ用の専用手工具及び商標を見ました。
フォローとして、サドルに欠かせない部品なのによく見落とされがちな部品を取り上げます。
それは、シートポストのこと。  

以下の写真は、1950年代の典型的な実用車シートポストです。
シンプルな構造、2本のパイプを溶接でくっつけることで、サドルを上下左右に調整できます。
これが一般的な形で横から見れば皆同じように見えますが、観点を変えるとわずかな違いが分かります。
Img_0285_20210409193301

左: リア端が開いている
中: リア端が閉まっている
右: リア端に商標付き 
 
Img_0281

クロスアップ
Img_0282

商標は水谷輪業. 【セラフ号
Img_0283
Img_0286
Img_0284

上記のシンプルな構造を、下記の1950年代前半のブリヂストン自転車に付いている珍しいサドルポストと比較してください。
この構造は上記のものより部品点数が倍以上。
Img_0287

ポストを貫通している長いボルトに注目。
Img_0288_20210409193301

底が分割されていてハンドルに構造が似ています。
Img_0289

ボルトを締め込むと、ポストの2つの部品(上下)がシートチューブ内でそれぞれ反対方向にスライドし、シートチューブを所定の位置に固定します。
Img_0290_20210409193301

最後に、1970年代の実用車サドルポストを見てみましょう。
パイプ1本から出来ています。
パイプを曲げて強度を保つために曲がりの内側に溶接されているようです。
Img_0291

Img_0293

よく見落とされがちのシートポストですが、古い自転車の年代を調べる手口になる場合もあります。
古い方は部品数が2つ以上で頑丈で、場合によって商標の刻印もあります。

2021年4月10日 (土)

Saddle posts

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the 12 part series on vintage sprung leather saddles, we looked at various saddle styles, their different suspensions, some of the tools used to maintain them, and trademarks.  It is only befitting that the series be followed up with a bicycle part that directly related to the saddle but often overlooked, the saddle post.

Shown below is a typical utility cycle saddle post from the 1950s.
Basically, 2 pipes welded together which enables the saddle to be adjusted vertically and horizontally.
Although this is the predominant profile, a closer look shows minor differences.Img_0285_20210409193301

The left one has a hollow back.  The middle one has a closed back.  The right one has a closed back and the bicycle manufacturer's trademark.
 
Img_0281

A closer look.
Img_0282

The trademark is Mizutani.
Img_0283
Img_0286
Img_0284

Compare the above simple construction with a rare style saddle post from an early 1950s Bridgestone bicycle
This design has more than twice the number of parts than the above saddle posts.
Img_0287

Note the bolt that runs through the post.
Img_0288_20210409193301

The bottom is split and the construction is similar to a handlebar expansion bolt.Img_0289

Tightening the bolt slides the two pieces in opposing directions against the inside of the seat tube thereby securing it in place.
Img_0290_20210409193301

Finally, here is a utility cycle saddle post from the early 1970s.
Basically, one pipe bent and strengthened with a weld on the inside of the bend.
Img_0291

Img_0293

Often overlooked, the saddle post can serve as a clue in helping to date a bicycle.  As we can see from the above, older ones are constructed from more parts and more solidly constructed. 


2021年3月27日 (土)

サス付き革製サドル(第十二回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

サス付き革製サドル連載の締めくくりとして、サドルを探している時に何を重点に置けば良いか取り上げます。

連載の前半、「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

私の限られた経験に基づくと、サス付き革製サドルの黄金時代は、自転車と同様、昭和20年代後半~30年代前半にピークに達しました。

1. 革表面の刻印
商標がサドルにいくつあるか確認します。
ロッドブレーキ自転車の黄金時代、メーカーは自社の商標を3ヶ所(両側面と上面)革に刻印しました。

(1) 左側面の刻印
Img_0137
Img_0138

(2) 右側面の刻印
Img_0135
Img_0136

(3) 上面の刻印
Img_0139
Img_0140

2. リアプレート(バッヂ)
自転車の後ろにプレート(バッヂ)があるか確認します。    
Img_0141

3.  Leather
人間と同じように、サドルの革は年をとるにつれてシワ(ひび)が現れ、弾力性を失い弛んできます。

(1) シワ(ひび)
Img_0165

(2) Check for cracks around the rivets, especially in the nose.  This is true regardless of whether the saddle is used or NOS (New Old Stock).

リベットの周り、特にサドルノーズに亀裂がないか確認します。これは、サドルが中古か新古品か関係なく当てはまります。
Img_0131

(3) 側面の弛みを確認します。サドルノーズの調整ボルトか別の技で張ります。
Dsc03964
Img_0132
Img_0133

(4) 擦り傷や色あせぐあいを確認します。
これは以前投稿した「革製サドルの磨き」で対応できます。

Img_0257
Img_0285

Img_0260

Img_0290
Img_0288

4. JIS
JIS(日本工業規格)を確認します。
サドルのJISマークは昭和33年に標準になったので、サドルに表示がなければ昭和33年以前に製造されたかもしれません。

リアプレート(バッヂ)に表示されている場合もあります。 
Img_0126

英字「JIS」が刻印された場合もあります。
Img_0161

5. サドルフレーム
フレームに錆、損傷、曲がり、塗装やクロムの剥がれがないか確認します。

6. メーカー
昭和20年代後半~30年代前半のサドルには、主に自転車メーカーの商標またはロゴがありました。
実際のサドルメーカーは、裏側に表示される場合があります。

「K.K.K. 」というのは現在唯一の国産サドルメーカー・加島サドル作成所。
 Img_0166

「BELT」は藤田サドル工業株式会社。
Img_0168
Img_0167

「サス付き革製サドル第一回」から始めたこの連載は今回で締めくくります。

私は実にオールドスクール(保守的)です。
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けています。

シンプルで本物の材質で作られ、使い勝手が良く、ローメンテで長持ちするもの。
一生持つもの。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれるモノがいい。

サス付き革製サドルはその一つです。


革靴やブーツ、野球グローブなどの革製品は、使えば使うほど味が出るだけではなくピッタリ体にフィットしてきます。
革製サドルも手入れすれば、乗り心地が良く長年持ちます

2021年3月13日 (土)

Vintage Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 12)

次回この記事の日本語版を投稿します。

I would like to close this series on sprung leather bicycle saddles with what I look for when searching for vintage Japanese bicycle saddles.  In the first half of this series Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950s: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.

Based purely on my experience, the golden age of leather saddles appears to coincide with that of bicycles themselves which peaked in the 1950s

1. Stamps
I look for how many times the trademark appears on the saddle.  In the golden-age of rod brake bicycles, manufacturers stamped their trademark into the leather three times (both sides and top)

(1) Left side stamp
Img_0137
Img_0138

(2) Right side stamp
Img_0135
Img_0136

(3) Top stamp
Img_0139
Img_0140

2. Rear plate
I also look for a plate riveted to the rear of the saddle.    
Img_0141

3.  Leather
Just like humans, saddles tend to form wrinkles (cracks) as they age, and, the leather loses its resiliency tending to sag.

(1) Check for surface cracks.
Img_0165

(2) Check for cracks around the rivets, especially in the nose.  This is true regardless of whether the saddle is used or NOS (New Old Stock).
Img_0131

(3) Check for sagging on the sides.  One can stretch the saddle with the adjusting bolt on the frame nose, or give it a "tummy tuck" (⇐link only in Japanese but photos tell the story).

Dsc03964

Img_0132
Img_0133

(4) Check for scuff marks or fading.  These can typically be taken care of with shoe polish and elbow grease as seen in a previous post.
Img_0257
Img_0285

Img_0260


Img_0290
Img_0288

4. JIS mark
Inspect for a JIS mark.  A JIS mark on saddles became the standard in 1958.  No JIS mark is actually a good sign as it may indicate that the saddle was produced sometime prior to 1958. 

It may appear on the rear plate. 
Img_0126

Or, the word itself JIS may appear on the underside of the saddle.
Img_0161

5. Frame
Check the frame for rust, damage, irregular bends, and paint or chrome peeling.


6. Manufacturer
Saddles from the 1950s predominantly bore the bicycle manufacturer's trademark or logo.  The actual saddle manufacturer is sometimes indicated on the underside.  

K.K.K. stood for Kashima Saddle Mfg. (now Kashimax, Japan's only remaining saddle manufacturer) Img_0166

Fujita Saddle Mfg., Co., Ltd.
Img_0168
Img_0167

I will close this series as I originally started it back in Part 1.  I admit it.  I am old-fashioned. I make a conscious effort to appreciate the simple things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.  I like simple things that are made well from genuine materials, work well and with care will last a long, long time.  Preferably a lifetime.  I like the fact that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.  Sprung leather saddles are a good example.  Leather is great, much like a fine pair of leather shoes, boots,  or a high-quality leather baseball glove, through repeated use they literally mold or conform to one's individual physique for a truly perfect fit.  If one takes care of the leather, the saddle will provide long-lasting comfort.

 

2021年2月28日 (日)

サス付き革製サドル(第十一回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして、前の四つの記事(第七回),(第八回)(第九回), (第10回)で、
サス付き革製サドルの手入れ用の専用手工具ハンモックサドル用の「皮張り器」「バネ開き器」「サドル(メガネ)レンチ」「サドルナット(移し替え)スッパナー」を見て来ました。


今回は、兼用工具を見てみましょう。

下図のように手工具の上半分は「ブレーキレバーナットスパナー」、下半分は「サドルワニナットスパナー」です。
Img_2536

Img_9927e

この手工具です。
Img_0109

Hataya Tool Co.(畑屋)
Img_0121


繰り返しになりますが、上半分はブレーキレバーナットに使用されます。
これについては、今後の投稿で取り上げます。
Img_2536a
Img_0110

そして、今回取り上げる下半分の「サドルワニナットスパナー」です。
もう少し見てみましょう。
Img_2536b

ワニ口のような受け部は、さまざまなナットサイズに対応するように設計されています。
Img_0111

フラットで薄型プロファイルを備えているため、狭いサドルバネのコイルの間に入りやすいです。
Img_0113

「サドル(メガネ)レンチ」 と比較すると、この「サドルワニナットスパナー」は1本で様々のサドルナット類に適合し、ナットのサイズを気にする必要はありません。
Img_0013

コイルの間にワニ口の歯がナットの角に接触するまで挿入させるだけです。
Img_0014

歯はサドルナットの角を食い込み、空回りを防ぎます。
Img_0012


フラットで薄型プロファイルと、スパナーのサイズとナットのサイズを合わせる手間が省けて「サドルワニナットスパナー」は、サドルナットの緩めと締め付けを大幅に容易にします。
Img_0120
サドルを分解したり再組み立てしたりする時、便利な手工具です。


 

2021年2月13日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 11)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.  And, in the previous four posts (Part 7) , (Part 8) , (Part 9) and (Part 10) we looked at tools used to maintain sprung leather saddles, specifically the "hammock saddle stretcher", "saddle spring spreader" , "saddle box end wrench" and the "saddle nut transfer spanner".

In this installment we shall take a look at a dual purpose tool.

As shown in the illustrations below, the top half is a brake lever nut spanner, and, the bottom half is an "alligator saddle nut spanner".
Img_2536

Img_9927e

Here is the dual purpose tool.
Img_0109

Made by Hataya Tool Co.
Img_0121

Again, the top half used for brake lever nuts as we shall see in detail in a future post. 
Img_2536a
Img_0110

And, the bottom half, is an "alligator saddle nut spanner".
Let's take a closer look.
Img_2536b

The alligator mouth-like opening is designed to accommodate assorted nut sizes.
Img_0111

The tool has a flat thin profile enabling it to easily fit in between the narrow spring coils.
Img_0113

Compared to the "saddle box end wrench" this "alligator saddle nut spanner" is a one-size fits all tool, no need to worry about what size the nuts are.
Img_0013

Simply slide it in between the coils until the teeth make contact with the nut.
Img_0014

The teeth instantly bite the corners of the applicable nut; thereby preventing any chance of slipping.
Img_0012

With its thin flat profile, and, unique alligator mouth-like opening which eliminates the need to match spanner size with the size of the nut, the "alligator saddle nut spanner" greatly facilitates loosening and tightening saddle nuts. 
Img_0120
Definitely a handy little tool to have when disassembling and reassembling saddles.

 

2021年1月31日 (日)

サス付き革製サドル(第十回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして、前の三つの記事(第七回),(第八回)(第九回) で、
サス付き革製サドルの手入れ用の専用手工具ハンモックサドル用の「皮張り器」「バネ開き器」「サドル(メガネ)レンチ」を見て来ました。

今回は、「サドルナット(移し替え)スッパナー」という手工具 を見てみましょう。(左の工具) 

Img_0076a

「サドルナット(移し替え)スッパナー」
Img_9927d

サドルを組み立てる時に、バネをサドルに固定するナットを移動して締めるために使用される工具です。
Img_0075
Img_0079

全体が薄くて、ちょうどいい角度になっているため、狭いバネ・コイルの間に入ります。
Img_0070

一端はナットを一時的に保持できるようにネジ山が切ってあります。
Img_0071

もう一端はナットを締め付ける用です。
Img_0074

(12mmナット用)
Img_0082

ナットを一端に取り付けて、バネ固定用のボルトに移し替えるまでの落下防止。
Img_0085
Img_0086

ちょうどいい角度になっているため、狭いバネ・コイルの間に入りやすくてナットを工具からボルトに移し替えができます。
Img_0088

移し替えたらもう一端を使用してナットを締めます。
Img_0090
Img_0091

「サドルナット(移し替え)スッパナー」は、サドルを組み立てる時に便利な工具です。
Img_0080
次回は、
革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

«Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 10)