« グリースニップル | トップページ | 昭和自転車って? »

2008年1月19日 (土)

古い実用車のベル(試聴)

古い実用車の中で、見たことがあるベルは2種類です。

Dsc05531 一つは珍しくない構造で、現代のママチャリに似ています。
レバーを引くと中のクラッパー(鳴子)が回転し、遠心力でケース(鐘)に当たって、リン♪リン♪と鳴ります。
構造が似ていてもやっぱり外見は違いますね。
丸紅山口のロゴ付き、大きな「Y」と小さい「BENNY」

「MOV05535.MPG」をダウンロード

Dsc05520

二つ目は回転式、現代では見かけません。
構造も違います。
レバーを押すと鐘自身が回転します。
丸嘉「ミドー号」のベル
「MOV05528.MPG」をダウンロード  ←クリック

ビデオクリップも付けましたので、比べてみて下さい。
注: はじめのチクタクは古時計の音だが、無視してください。

Bell2_2Bell1_2   

1953年(昭和28年)のカタログ

« グリースニップル | トップページ | 昭和自転車って? »

パーツ関係 (Parts Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

 一つ目の方も、構造自体は今のものと変わらないようですが、「音の響き」が、全く違いますね!
 恐らく、金属の厚みが今のものより厚いことから、このような音になっているのではないかと思います。
 警告という意味では、今の高音のほうが、効果的かもしれませんが、これはこれで味わいがあって、いい音だと思いました。

 二つ目の方は…こんな構造になっているベル、あったのですね!
 荒っぽく扱うと、すぐに壊れてしまいそうです…(笑)。
 ここまで来ると、ベル一つとはいえ、立派な「工芸品」という感じがさせられて、うっとりしてしまいます。

1つ目のカバーが実に味があっておっしゃる通り「工芸品」と感じさせられます。うっとり・・・

どっちの音も ステキ!
どちらも どこか懐かしい感じがしました。
(だからといって、そんな年じゃないですよ~)
1つ目のは 宮崎駿のアニメに出てくるような音でした。
2つ目のは 優しくて どこか複雑な音。 この音色、好きです。
BGMの時計の音もステキでした♪

コメントをありがとうございました。懐かしい音を喜んでくれて載せる甲斐がありました。

はじめまして あの質問ですが
サドルの下の丸い筒のようなものには
なにがはいっているのですか 
タイヤチューブですか?格好いいですね

教えてください 

初めまして。
ハンモックサドルの後ろに付いている革製の筒のことでしょうか。
それは昔の工具入れです。
http://chikutakurinrin.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_216c.html

タイヤチューブは入れてもいいが、当時のBEタイヤは滅多にパンクはしません。毎年通勤だけで3,500キロメートル通勤し、8年間で1回しかパンクしていない実績です。
http://chikutakurinrin.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/be-0aae.html
昔、オーダーメード軽量27段付きロードバイクに乗っていたが、高圧細いタイヤが年に3~4回もパンクしてしまいました。私は毎日会社に通う自転車は変速機なし、ロッドブレーキ運搬車(36キログラム)が今まで一番メンテナンスフリー自転車です。昔の自転車は頑丈でシンブルで実用的、ローメンテで乗り心地がいい。
私は古い実用車と出会うまで、どれだけメディアに流されていたよく分かったが、眼からも、こころからもうろこ。
http://chikutakurinrin.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/2030-1fc2.html

ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/17749725

この記事へのトラックバック一覧です: 古い実用車のベル(試聴):

» 昭和の仕事 [昭和を思い出すレトロなデザインが好き]
昭和の自転車のベルです。レトロなデザインはである上に,恐ろしいばかりの仕事です。... [続きを読む]

« グリースニップル | トップページ | 昭和自転車って? »