« 古い自転車の塗装について | トップページ | タイムスリップ »

2008年1月13日 (日)

古い自転車だけではなく・・・

古時計も好きです。
原動力はゼンマイか分銅引きなので、電気・電池が不要、長年使用できます。
Dsc01747_2 古時計の出会いは約10年前のアンティーク・マーケット。
日本製の精工舎で、大正13年~昭和11年に製造された「スリゲル 1」という柱時計でした。

どうしても直せるようになりたくてネットで調べて、3代目の時計屋さんに機械(ムーブメント)の分解と組み立てを丁寧に教えていただきました。

それ以来、蔵の中や屋根部屋、押入れで長年眠っていた壊れた古時計を、オークションで落札して甦らせています。

50年~100年前に製造されたものを甦らせてみて、試運転で「チクタク・・・チクタク・・・」動き始めると、その時の達成感は言葉では言い表せません。

Dsc05473 Dsc05474

昭和32年の愛知時計製(Occupied Japan)
コレクションの中では最年少の時計です。

日本に始めて来た時、びっくりしたことが沢山ありますが、その一つは、学校・会社・役場などよく使われているチャイムが「ウエストミンスター・チャイム」だったこと。
これは西洋古時計でよく使用されているチャイムの一つで、アメリカの学校のチャイムには使用されていません。

Dsc05488Dsc05492

左の時計は約100年前のアメリカ製(Seth ThomasのSonora Chime Clock #1.)

左写真のようにベルを4個使用しています。
毎時にまず「ウエストミンスター・チャイム」が鳴り、その後時報がなります。
興味がある方は下記のファイルをクリックしてください。

(5時に鳴るの例)
「Sonorachime.mp3」をダウンロード

Repairing_clocks_2

サイドバー「古時計アルバム」を参照してください。
コレクションの一部を載せています。
        

« 古い自転車の塗装について | トップページ | タイムスリップ »

コメント

 初めまして、こんにちわ。私も二酸化炭素を出さないゼンマイ巻きのボンボン時計を愛用しています。
15年程前に整備に出した際、店主は「コレは2週間巻きの時計だが、ゼンマイの反発力が弱っているので、軽く巻き2,3日巻き用とする事。ギャが減っているので時計を傾けても良いから左右の振り子の音が均一になる所を探す事」とのアドバイス受けました。
数年後に店主は亡くなり店も消えましたが我が家には、少し斜めにセットされつつも崇高な仕事を続ける時計が居ます。

 古い自転車やオートバイが好きでココを知りました、自転車のレストアは素晴らしいですね。

古いものが長持ちするからこそ愛着がありますね。時計がまだ頑張ってくれるのがすばらしい!たまに古時計屋さんにクリーニングしてまらうとず~っと使えます。

昨日Seth Thomasの時計を手に入れました。
100年前のアメリカ製とかでグーグル検索でほぼ同じ画像に出会いました。
良く見ると文字番の字体がすこし違います。音色も
15分ごとは鳴りますが左ネジのゼンマイがきれているようです。いろいろ集めている人が昔高く買ったのを整理して出したようです。委託販売の品物ですが買い求めました。浮世絵収集ですが滅多に出ない品物で皆欲しがっていたもののようで一応動くし音色に引かれ買い求め詳しく調べています。
参考になりました。ありがとうございます。

昨日Seth Thomasの時計を手に入れました。
100年前のアメリカ製とかでグーグル検索でほぼ同じ画像に出会いました。
良く見ると文字番の字体がすこし違います。音色も
15分ごとは鳴りますが左ネジのゼンマイがきれているようです。いろいろ集めている人が昔高く買ったのを整理して出したようです。委託販売の品物ですが買い求めました。浮世絵収集ですが滅多に出ない品物で皆欲しがっていたもののようで一応動くし音色に引かれ買い求め詳しく調べています。
参考になりました。ありがとうございます。

100年前のSeth Thomasですか。
15分ごとに鳴るならば、おそらくウエストミンスターチャイムでしょう。
とても癒される音です。
(日本人には学校を思い出させられる音かもしれません)

下記のサイトには情報が豊富でご参照ください。
http://www.kodokei.com/

二段目の画像に似ています。木目の色は少し違うようです。  SESH THOMAS 
       SONORA  CHIMES
とかかれています。
1から12までの数字が少し異なりますので少し新しいかもしれません。
情報ありがとうございました。

三段目の間違いでした。置時計です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/17671631

この記事へのトラックバック一覧です: 古い自転車だけではなく・・・:

« 古い自転車の塗装について | トップページ | タイムスリップ »