« プロジェクト「セラフ号」 | トップページ | フレーム修復完成(セラフ号) »

2008年3月30日 (日)

セラフ号 (Seraph)

フレームの修復はまだあともう少しです。
各エンベレム・バッジに赤い七宝焼きの「Seraph」に注目。

Dsc06469  ヘッドバッジ

Dsc06493 リア泥除けのエンブレム Dsc06520ハンドル

Dsc06524_2チェーンケース

« プロジェクト「セラフ号」 | トップページ | フレーム修復完成(セラフ号) »

レストア関係 (Restoration Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

 セラフって、キリスト教の天使の最高位…ですよね?
 なぜ、それが「犬」になっているのか、ちょっと笑ってしまいます。
 もしかしたら、綴りが違っているのかもしれませんが…。

 それにしても、これだけ長いときを経て、なお鮮やかなこの色合いに、驚きです。
 昔のものは、しっかり作ってあるものだと感心させられます。

セラフは、キリスト教の天使の最高位のことをよっく知っていますね。 なぜ、それが「犬」になっているのか私にも謎です。綴りはSeraphで、調べてみたが、やっぱり最高位の天使しか見つからなかったです。

きれいなセラフ号のロゴとマークを見ていて驚きました。以前入手した古いヘッドライトにそのマークが付いていたのです。ロゴが小さく当時は読めず気にも止めず・・・。

今日は一ヶ月ぶりの休みでレストア三昧でした。
万力と治具で恐怖のコッターピン抜きに成功しましたが、一本はネジ部の根本から僅かに曲がりました、まあ修正は出来ると思いますけど。
コッターピン自体消耗品なのでしょうかね?

お疲れ様です。
コッターピン抜きに成功をおめでとうございます!コッターピンは消耗品です。ヤフオクにたまに見かけますが、今検索した結果は見当たりませんでした。修正できないこととなったら、メール(プロフィール参照)で住所を送っていただければ郵送します。
在庫は一本くらい譲るのが大丈夫です。

コッターピンはやはり消耗品でしたか~。分解時には交換が吉なのですね。

今回はネジ山を潰さずに修正出来たので
なんとか大丈夫です。

親切な御返答をありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/40691954

この記事へのトラックバック一覧です: セラフ号 (Seraph):

« プロジェクト「セラフ号」 | トップページ | フレーム修復完成(セラフ号) »