« マグネット号 レストア メッキ編 | トップページ | マグネット号 サドル編 »

2009年2月 1日 (日)

マグネット号 塗装編

昭和30年が分岐点と以前記事を書きました。
私にとっては、昭和20年後半~30年前半ごろが実用車の黄金時代。
40年代ごろから少しずつ製造費用の削減と機能性の追及でいろいろな細かい点が変わりました。
その一つは塗装。
昔の塗装は本当によ~く出来ています。
最後まで読んで「BEFORE」と「AFTER」を見比べれば分かっていただけると思います。

塗装が甦る用品

コンパウンド
自動車用のお試しセット(チューブか液体の2種類あります。)
(3本セット→細目→極細→超極細)約1,000円

★心がけ: コンパウンドは少な目に軽く磨きます。       

タッチアップ塗装
黒色の種類いっぱいあります。
トヨタ、ホンダ、日産、三菱、鈴木など、それぞれの自動車メーカーが「黒」5種類もあり、
50以上なので、選ぶのが難しい。
いろいろ試してみたが、目安として「三菱 X42」が昔の自転車製造会社が使用した黒色にかなり近い。
Img_7447

フレームを綺麗にする前に、回転部を綺麗にしました。

ハンガー部【手入れ前】
Img_7287_2

ハンガー部【手入れ後】
Img_7290

ハンガー部【手入れ前】
Img_7288

ハンガー部【手入れ後】
Img_7289

ヘッド【手入れ前】
Img_7324

ヘッド【手入れ後】
Img_7403

昔の自転車は3層塗りと聞いたことがあります。
50年以上前のもの、長年風雨にさらされても塗装が甦ることが、当時の物作りの品質を物語ります。

前泥除け【BEFORE】
Blogimg_3772

前泥除け【AFTER】
Img_7461

ヘッドチューブ【BEFORE】
Blogimg_3773

ヘッドチューブ【AFTER】
注:ヘッドバッジはネジで固定されています。
これは初めて見ました!
Img_7425

ラインを見てご覧。
これは手書きですよ。
Img_7426

Img_7424

Img_7416

残りはチェーンケースですが、これは悩みの種。
錆だらけシールの文字も剥がれかけています。
なるべくオリジナルのままがいいので、再塗装したくありません。

« マグネット号 レストア メッキ編 | トップページ | マグネット号 サドル編 »

レストア関係 (Restoration Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

うわぁー!!!
このフロントフェンダーと風切り、カッコイィなーv
フレームのピンスト?も効いてるし。
チェーンカバーが悩みの種だそうですが、
個人的にはあくまでオリジナルで仕上げて頂きたいところです。
組み上がり(ペダル含)が非常に楽しみです。
どうか時間を掛けて仕上げて下さい。

コメントをありがとうございました。
そうです。悩みの種はチェーンカバーです。
おっしゃる通りオリジナールがいいので、なんとかします。
まだ、サドル、前後の車輪、荷台、ペダル、スタンドも残っていますので、しばらく掛かりますが、頑張ります!

レトロの達人Rさんに質問です。

「レストアはオリジナルで」が鉄則だと思うのですが、オリジナルで完成後にカスタムというノリでサドルに[BROOKS B33]を装着するというのは、Rさん的にはアリですか?

オリジナル派の中にはいろいろあると思います。どうしてもパーツがなければ、当時の物で別のメーカーにします。それでも無理ならば、当時の仕様で最近作られた物。例えば、リムです。いい状態なリムがなければ今でも新家工業が製造しているBEリムを使用せざるを得ません。
http://chikutakurinrin.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_91ec.html
BROOKSサドルもそうです。
まだ使ったことがないけれど、レストアする人は良く使いますね。
最終的にレストア者が気に入って満足すれば、それでいいと思います。
偶然かどうか分かりませんが、来週マグネット号のサドルのレストア話です。

アドバイス有難う御座います。
リンクを貼って頂いたのでチェックしました。
↑にマグネット号のフェンダーがカッコイィと安易に書きましたが、旭風のフェンダー、丸嘉のリム、オイルキャップ付きハブなど上には上があるものですね。
う~ん・・・深い、マニアックだなぁ。
まだまだ勉強させて頂きます(笑)


少しためになれば嬉しいです。
とても奥深い世界です。
「マニアック」って誉め言葉?
まだまだですが、頑張ります!!!(笑

Of the many brake-rod machines I have seen...This ranks near the top. Excellent restoration.

-JS

Http://www.flyingpigeonproject.org

The real thanks goes to the diligent and dedicated craftsmen of this period. The paint is all original, just rubbing compound brings the paint back to life. The chrome is also all original. Just fine steel wool. Problem was the rims. As you know it is the steel rims that typically after 60 years need to be replaced and this was no exception. Thank you for your kind words.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/43848470

この記事へのトラックバック一覧です: マグネット号 塗装編:

« マグネット号 レストア メッキ編 | トップページ | マグネット号 サドル編 »