« コッターピン・カバー | トップページ | 細かいですが・・・ »

2009年6月21日 (日)

BEタイヤのバルブ穴開き工具

青いところをクリックして、以前書いた記事を参照して下さい。】

BEタイヤは「耳付きタイヤ」とも呼ばれています。

WO(Wired On)タイヤと違って、BEタイヤはチューブがタイヤに完全に包まれる ので、新品のBEタイヤの両側の耳にバルブ穴を開けなければなりません。

カッターナイフで何回も切り抜いたことがありますが、決してきれいにできていません。
確かに、耳にバルブ穴を下手に抜いても誰にも見られませんが、良心が痛みます。
実は、この作業に専用の工具があり、2種類をご紹介します。

一つ目は非常に古いバルブ穴開きパンチです。Img_8608

重くて頑丈でかなり使い込まれたようです。
Img_8609

古くても、研げばちゃんと穴を抜きます。
Img_8612

もう一つは昔、駅員さんが切符に穴を空けるために使っていた道具のようです。
駅員さんが、改札口でよくリズミカルに まるでモース信号のように・・・---・・・カチカチ鳴らしていましたよね。(懐かしい~)
Img_8598

この口ばしにタイヤを挟んで。。。
Img_8599

ハンドルを押すと穴があきます。
Img_8604

一つの目的(機能)を達成するために手段はいろいろあります。Img_8611

やっぱり、古い工具もいい味ですよね。

« コッターピン・カバー | トップページ | 細かいですが・・・ »

工具関係 (Tool Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

へー、こんな工具で穴を開けていたんですねー。
初めて見ました。
確かに昔駅員さんが切符を切っていた道具に
にてますね、懐かしいです(^^;)。
それにしても、リチャードさんはそんな昔にも日本にいらっしゃったことがあるのですか?正直、そちらのほうが驚きましたよ(^^)。
ちなみに、私がバルブの穴あけをした時は、
ニッパーを使ったので、四角い穴になりました(^^;)
こんな当時の工具で古い自転車をレストアしたら
気持ちいいでしょうねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コッターピン・カバー | トップページ | 細かいですが・・・ »