« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月27日 (土)

細かいですが・・・

下記の写真をぱっと見たら、今回の主人公はバッジと思う方もいるかもしれません。
もちろん、バッジも素晴らしいです。
当時のもの造りは芸が細かく、七宝焼きも綺麗でとても50年前以上のものと思えません。
しかし、今回の主人公はバッジではありません。
泥除けや当時の塗装でもありません。
泥除けステーや反射板を固定する用の小さな六角ネジです。

写真の上をクリックしたら写真が拡大します。
あの小さなネジの頭を良く見て下さい。
バッジと同じ社ロゴが縮小されています!Img_8136

Img_7635

メーカーがこんな小さなところまで社ロゴを入れるなんて!
Eirin、水谷、ゼブラ、丸石、ツノダ、光風など
↓↓↓写真の上をクリックして下さい↓↓↓
Img_8628

一本を取り上げてみましょう。
最も知られているのが日米富士(一番下の左側)ではないでしょうか。
日米富士の社ロゴ。
Nonkina39img600x4501244037532sxrmpw

ロゴがそのまま縮小され、ネジ頭に。Img_8639 Img_8642

当時のもの造りに脱帽!

2009年6月21日 (日)

BEタイヤのバルブ穴開き工具

青いところをクリックして、以前書いた記事を参照して下さい。】

BEタイヤは「耳付きタイヤ」とも呼ばれています。

WO(Wired On)タイヤと違って、BEタイヤはチューブがタイヤに完全に包まれる ので、新品のBEタイヤの両側の耳にバルブ穴を開けなければなりません。

カッターナイフで何回も切り抜いたことがありますが、決してきれいにできていません。
確かに、耳にバルブ穴を下手に抜いても誰にも見られませんが、良心が痛みます。
実は、この作業に専用の工具があり、2種類をご紹介します。

一つ目は非常に古いバルブ穴開きパンチです。Img_8608

重くて頑丈でかなり使い込まれたようです。
Img_8609

古くても、研げばちゃんと穴を抜きます。
Img_8612

もう一つは昔、駅員さんが切符に穴を空けるために使っていた道具のようです。
駅員さんが、改札口でよくリズミカルに まるでモース信号のように・・・---・・・カチカチ鳴らしていましたよね。(懐かしい~)
Img_8598

この口ばしにタイヤを挟んで。。。
Img_8599

ハンドルを押すと穴があきます。
Img_8604

一つの目的(機能)を達成するために手段はいろいろあります。Img_8611

やっぱり、古い工具もいい味ですよね。

2009年6月14日 (日)

コッターピン・カバー

昭和自転車にはいろいろな特徴があります。
ロッドブレーキ、セルロイド握りBEタイヤBEリム革サドル回転ベルバッジゴムペダルハブグリースニップル等など。古い自転車の特徴は様々。

コッターピン・カバーもその一つ。

Img_8128

Img_8551 
コッターピン・カバー(またはクランクピン・カバー)というのは、その名の通りコッターピンをカバーする部品です。
昔の自転車のクランクアームをハンガーに固定させるためにコッターピンを利用していました。
Img_8569
コッターピン・カバーの機能は見栄えをよくするためもありますが、自転車をこぐ時、裾がピンに引っかからないように、または足首がコッターピンのネジヤマに当たらなくて傷を防ぐ機能もあるようです。

先週紹介した風切りと同じように、コッターピン・カバーも現代の自転車には付いてなくて見かけません。
それは現代のクランク構造が変わってコッターピンも不要になったからです。

コッターピンカバーは自転車の古さの目安の一つです。
最も古いタイプはマイナスネジ2本と固定ブラケットで取り付ける構造になっています。

Img_8561Img_8594
このようなコッターピンカバーが付いていれば、およそ昭和30年代以前。

これは取り外すのに少し手間が掛かります。
40年代以降いろいろな改善により、固定ネジなしで取り外しやすくなりました。
ここで三つ紹介します。

①ブラケットとバネ式
ご覧の通りにネジ穴がなくなり、マイナスネジもないです。Img_8595
このブラケットとバネ式はブラケットがキャップ側にリベットで固定されています。
これによって取り外しが少しラクになりました。

Img_8578
②キャップ嵌め込み式
こちらもネジ穴がありません。
代わりにネジ穴のところにリベットがあります。

Img_8573

そのリベットはキャップにクランプを固定しています。
この構造でコッターピンの両先端がクランプの内側に嵌め込みます。
Img_8596

③ゴム嵌め込み式
50年代に入るとキャップの表面にリベットがなくなりました。
Img_8597
この構造はコッターピンの両先端がゴムの穴に嵌め込みます。

Img_8588

「必要性は発明の母」で、物造りの進化が結構面白い。
一つの機能を達成するために、いろいろな手段があります。
Img_8583
技術の進化のお陰で、顧客にものをより安く提供できます。
昭和30年代の自転車は1.5~2ヶ月給料が掛かりました。

Img_8547
先週ご紹介した風切りと同じようにコッターピン・カバーも消えて、残念です。

2009年6月 7日 (日)

風切り(フィギュア式)

  先週はプレート式の風切りを紹介しました。

今週はフィギュア式の風切り。
 

フィギュア式の風切りの中、動物は少なくはありません。
スピードを感じさせる動物の例を少し見てみましょう。
Img_8303_2

Dsc05350

Dsc06123

Dsc06691

Img_1025

Dsc05353
カンガルー

Img_8332_2
ライオン

Img_8381_2
イルカ(?)

動物じゃなくても、「翼」のイメージが圧倒的に多い。Img_8270

Img_8389 Img_8455_2

最後にロケットかミサイルも少なくはありません。
Dsc06328

Img_8420

Dsc05410

風切りのアルバムも作りましたので、興味のある方はどうぞ。

風切り(マスコット)アルバム

 
 

 

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »