« 残りものには福がある【花菱自轉車】② | トップページ | 残り物には福がある【花菱自轉車】④ »

2009年7月26日 (日)

残り物には福がある【花菱自轉車】③

先週の花菱自轉車のつづき。

実際に、実用車の黄金時代(昭和20年代後半~30年代前半)オール・オリジナル当時の特徴を見続けましょう。
先週、前の部分(ハンドル、フォーク、前輪)。

今週はフレーム。
Pic_1660

フレームは大きく分けると軽快車、実用車、軽運搬車、運搬車の4種類。
これは当時、最もポピュラーだった「実用車」のフレームです。

トップチューブにまだフレームカバーが付いています。
Getattachmentcax54zd0

ヘッドラグにちゃんと社ロゴが付いていることも昭和20年代~30年代のものの証拠。
ダウンチューブにオリジナル巻紙も付いています。
フレームに「責任保証」が付いていないようですが、元々このモデルに付いていなかったのかもしれません。
Pic_1674

シートチューブにも巻紙が付いています。
バッジが付いていることも昭和20年代~30年代のものの証拠。
40年代に入ると製造費用削減としてバッジがデカールに変わってしまいました。
Getattachmentca946xi2   

この自転車が昭和30年代以前だある証拠としてはボットムブラケット(ハンガー)の構造。

これは「英式割ハンガー及びクロリヤ式ハンガー」と言います。
特徴はコッターピン。
Getattachmentcaj3myiy

構造は下記の分解図。
P1040667

次回につづく。



 

« 残りものには福がある【花菱自轉車】② | トップページ | 残り物には福がある【花菱自轉車】④ »

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/45738396

この記事へのトラックバック一覧です: 残り物には福がある【花菱自轉車】③:

« 残りものには福がある【花菱自轉車】② | トップページ | 残り物には福がある【花菱自轉車】④ »