« 残り物には福がある【花菱自轉車】③ | トップページ | 残り物には福がある【花菱自轉車】⑤ »

2009年8月 2日 (日)

残り物には福がある【花菱自轉車】④

先週の花菱自轉車のつづき。

実際に、実用車の黄金時代(昭和20年代後半~30年代前半)オール・オリジナル当時の特徴を見続けましょう。
今まで、前の部分(ハンドル、フォーク、前輪)とフレームを見ました。

今週は、中の部分(チェーンケース、サドル、ペダル)。

ケースは珍しくいい状態で50年以上前のものと思えません。Getattachmentcanpevlg

クランク部分のカバーは「目玉」と言います。
こちらは透明なセルロイド製の目玉です。
社ロゴも付いています。
Highest Level HANABISHI BICYCLEと書いてあります。
おしゃれですね。

Getattachmentca3fx0dj

当時は目玉だけではなく、チェーンケース丸ごとセルロイドで出来たものも少なくはありませんでした。
一つの例として、当時の最高級車「富士の覇王号」(写真の上をクリックして下さい。)
Fuji_hao_4

ケースに社ロゴも「Hanabishi」の文字プレートも付いています。
Getattachmentca0r2tcm

良く見るとチェーンステーブラケット(固定金具)が花菱の形で出来ています。
ここまでするのが日本人の繊細なところを表します。
Getattachmentcaeo7dnf

革製サドル(ハンモック)
Pic_1654

サドルの後ろにバッジが付いているのは昭和20年代後半~30年代の証拠。 Pic_1655

サドルの上にも社ロゴ入り。
Pic_1656

サドルの両側にも社ロゴゴ入り。
サドルだけで4箇所に社ロゴが入っています。
残念ながら、サドルの前のところに亀裂があり、機能的に使えません。
Pic_1659

ペダルはゴム製、窪み付きのブロック式。
ブロックの前面に社ロゴ入り。

Getattachmentcax07zm0

ペダルのキャップにも社ロゴ入り。
片ペダルに社ロゴ17箇所。
Getattachmentcad9ivv7

次回は、花菱の最終回。
後ろの部分を取り上げます。

お楽しみに。

« 残り物には福がある【花菱自轉車】③ | トップページ | 残り物には福がある【花菱自轉車】⑤ »

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/45744967

この記事へのトラックバック一覧です: 残り物には福がある【花菱自轉車】④:

« 残り物には福がある【花菱自轉車】③ | トップページ | 残り物には福がある【花菱自轉車】⑤ »