« 当時の最高級自轉車 | トップページ | ゼブラ 自轉車 (①) »

2009年8月21日 (金)

甘い話 (ミルキー号)

ミルキーというキャンディーを食べたことはない日本人にはいないでしょう。
ペコちゃんとポコちゃん が良く知られていますよね。
あのペコちゃんは昭和25年生まれなのに永遠に6才だそうです。
若さを保っている秘訣は甘いものを食べること?

先日三重県のHYさんから写真付きの問い合わせを頂きました。
話によると蔵の解体で幻の自転車が出てきて、
「何年のもので、どこの製造会社?」
との問い合わせです。

Dscf4774
調べてみたら、これは「ミルキー号」という子供用の自転車です。
昭和30年、 大阪市の田中部品製作所が製造していました。
50年以上前のものとして結構いい状態で充分レストアできます。
チェーンケースは後に付けられたかと思いますが、それ以外はすべてオリジナルのようです。
当時は自転車が貴重なものでした。
子供用の自転車はとても珍しくて、子供が大人用の自転車を「三角乗り」という技で乗っていました。

ヘッドバッジは(ポコちゃん)
Dscf4780

風切りもちゃんとポコちゃんの顔
Dscf4779

トップチューブにまだオリジナルフレームカバーが付いています。
Dscf4778

ダウンチューブ
全体的に傷が少なくてあんまり乗られていなかったようです。
Dscf4781

泥除けステーのバッジもポコちゃん
リムの表面が錆びているが、よく見てみるとライン入りです。
Dscf4782 Dscf4783 Dscf4784

ハンモック革製サドルに「Milky」と書いてあります。
革の状態は50年以上前とは思えないほど保存状態が良い。
少しだけの手入れですぐ甦ります!
Dscf4777 Dscf4786

握りはセルロイド製で子供が喜ぶ動物の絵があります。Dscf4788 Dscf4787   

これは大変珍しくて、おまけにいい状態です。
レストアにはそれほど手間が掛かりそうもありません。
レストアしたら、横浜のおもちゃ博物館の北原氏が欲しがるのでは?

A great big thank you goes out to HY-san for sharing his photos with us.
If you have photos you would like to share with other enthusiasts please send them to me at showajitensha@hotmail.co.jp

もし、古い自転車(運搬車・実用車など)お持ちの方がいらっしゃれば、是非愛車のお写真を送ってください showajitensha@hotmail.co.jp

 

« 当時の最高級自轉車 | トップページ | ゼブラ 自轉車 (①) »

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

How are you doing? Richard-san.
I stopped by Yatabe-san in order to show my new
bike!

ミルキー号、かわいい。50年前のものとは思えないですね。Pekoちゃんはもちろん知ってますが、Poko
君は知りませんでした。。。Richard-さんは、絶対
前世は昭和生まれの日本人(笑)
いいレアものを見せて頂きました。

Hi Rumi
I'm happy to hear you got a new bicycle. I also visited Yatabe-san yesterday, but in the morning. Too bad our paths didn't cross.

ペコちゃんのボーイフレンドを知らなかったのは若さの証拠。
Rumiさんはきっとへローキティのボーイフレンド(ダニエル・スター)を知っている年代。

今度、新車を見せてね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/45990441

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い話 (ミルキー号):

« 当時の最高級自轉車 | トップページ | ゼブラ 自轉車 (①) »