« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

バッジ 【④】

昭和30年代までの自転車の特徴の一つはバッジです。
今まで下記の①~⑧を見ました。
今週には最後の三つを取り上げます。

①ヘッドバッジ
②ハンドルバッジ
③前泥除けステーバッジ
④前泥除けバッジ
⑤リア泥除けステーバッジ
⑥サドルバッジ
⑦シートチューブバッジ
⑧チェーンケースバッジ
⑨リアブレーキバッジ
⑩ダイナモ(発電機)バッジ
⑪荷台バッジヘッドバッジ(2枚付いていた場合もありました。)

⑨リアブレーキバッジ
少し珍しいのはリアブレーキバッジ。
P1000264

P1000265

Dsc06946


⑩ダイナモ(発電機)バッジ
Img_7721

Dsc06658

Img_8149

14655925_1236751929

14655925_3098587400   

⑪荷台バッジ
5e99

575f

8b97

Getattachmentcary668q

おまけ
バッジではありませんが、リムに刻印があります。
「ライン入り」のリムもあって結構しまります。Dsc05457 Dsc05356Dsc05471Dsc05467 

2009年11月22日 (日)

バッジ 【③】

昭和30年代までの自転車の特徴の一つはバッジです。

先々週は、下記の「①ヘッドバッジ」と「②ハンドルバッジ」を少し見ました。
先週は、 「③前泥除けステーバッジ」「④前泥除けバッジ」「⑤リア泥除けステーバッジ」を少し取り上げました。

今週は、「⑥サドルバッジ」と「⑦シートチューブバッジ」と「⑧チェーンケースバッジ」を少し見てみたいと思います。

①ヘッドバッジ(2枚付いていた場合もありました。)
②ハンドルバッジ
③前泥除けステーバッジ(2枚)
④前泥除けバッジ
⑤リア泥除けステーバッジ
⑥サドルバッジ
⑦シートチューブバッジ(2~3枚も付いていた場合もあります。)
⑧チェーンケースバッジ(2枚付いていた場合もありました。)
⑨リアブレーキバッジ
⑩ダイナモ(発電機)バッジ
⑪荷台バッジ

古い海外製の自転車にももちろんヘッドバッジが付いています。
しかし、私の知っている限り、海外製の自転車にはここまでのバッジは付いていません。
これは日本人の「家紋」の文化にルーツにあるかな・・・?

⑥サドルバッジ
昔のサドルは革製です。
バッジはサドルの後ろに付いています。
Img_7520 Dsc06644
Dsc06502
Img_0117
Dsc07375 P1000052

⑦シートチューブバッジ
Dsc06663Dsc06662  Img_9287

注: 自転車の「転」という漢字は古い方の「轉」
七宝製バッジは実に綺麗で工芸品そのもの。 Img_9286 

⑧チェーンケースバッジ
昔のチェーンケースもよく出来ています。
2枚のバッジが付いているケースは少なくはありません。
Img_9243

Dsc06889 Dsc06888

Photo

Dsc06498

下記のバッジの「水谷の自転車」の字は七宝製。
Dsc06524

Img_9327

Photo_2 Photo_3

次回につづきます。      

2009年11月15日 (日)

バッジ 【②】

昭和30年代までの自転車の特徴の一つはバッジです。

先週、下記の「①ヘッドバッジ」と「②ハンドルバッジ」を少し見ました。
今週は「③前泥除けステーバッジ」と「④前泥除けバッジ」と「⑤リア泥除けステーバッジ」を少し見てみたいと思います。

①ヘッドバッジ(2枚付いていた場合もありました。)
②ハンドルバッジ
③前泥除けステーバッジ(2枚)
④前泥除けバッジ
⑤リア泥除けステーバッジ
⑥サドルバッジ
⑦シートチューブバッジ(2~3枚も付いていた場合もあります。)
⑧チェーンケースバッジ(2枚付いていた場合もありました。)
⑨リアブレーキバッジ
⑩ダイナモ(発電機)バッジ
⑪荷台バッジ

古い海外製の自転車にももちろんヘッドバッジが付いています。
しかし、私の知っている限り、海外製の自転車にはここまでのバッジは付いていません。

③前泥除けステーバッジ
前泥除けに2箇所付いています。
小さなネジの頭を良く見て下さい。
バッジと同じ社ロゴが縮小されています。Img_7717

Img_7600

④前泥除けバッジ
昭和40年に近づくにつれてバッジからデカールに変わる傾向が見られます。

前泥除けバッジ
Photo_2

前泥除け(デカール)
Img_7601

⑤リア泥除けステーバッジ
ヘッドバッジとリア泥除けステーバッジは七宝製のものもありました。
Dsc06493

Img_8139zzz

Img_8136

Img_7635

14655925_880604908 Getattachmentca9dlsqy Img_0508

次回につづきます。
お楽しみに!


 

2009年11月 8日 (日)

バッジ 【①】

昭和30年代までの自転車の特徴の一つはバッジです。

①ヘッドバッジ(2枚付いていた場合もありました。)
②ハンドルバッジ
③前泥除けステーバッジ(2枚)
④前泥除けバッジ
⑤リア泥除けステーバッジ
⑥サドルバッジ
⑦シートチューブバッジ(2~3枚も付いていた場合もあります。)
⑧チェーンケースバッジ(2枚付いていた場合もありました。)
⑨リアブレーキバッジ
⑩ダイナモ(発電機)バッジ
⑪荷台バッジ

古い海外製の自転車にももちろんヘッドバッジが付いています。
しかし、私の知っている限り、海外製の自転車にはここまでのバッジは付いていません。
これは日本人の「家紋」の文化にルーツにあるかな・・・?

特にヘッド・シートチューブ・リア泥除けステーバッジの加工が素晴らしい。
全体またはその一部は七宝製のもありました。。
Img_8753

工芸品と思わせる程細かいところまで丁寧に仕上げています。
現代の自転車にはバッジをあまり見かけません。
しかし、このような七宝製バッジはとてもいい味です。
Img_8251

当時の七宝加工の作業様子です。
「マスコットマーク 七宝加工」
Img_9372

自転車にどこに、どのようなバッジが付いていたかいくつかの例を少し見てみましょう。

①ヘッドバッジ
(2枚付いていた場合もありました。)

Img_921714655925_3012866778 

②ハンドルバッジ
Img_9230Img_9360
Pic_1663Img_8679_2

次回につづきます。
お楽しみに。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »