« バッジ 【②】 | トップページ | バッジ 【④】 »

2009年11月22日 (日)

バッジ 【③】

昭和30年代までの自転車の特徴の一つはバッジです。

先々週は、下記の「①ヘッドバッジ」と「②ハンドルバッジ」を少し見ました。
先週は、 「③前泥除けステーバッジ」「④前泥除けバッジ」「⑤リア泥除けステーバッジ」を少し取り上げました。

今週は、「⑥サドルバッジ」と「⑦シートチューブバッジ」と「⑧チェーンケースバッジ」を少し見てみたいと思います。

①ヘッドバッジ(2枚付いていた場合もありました。)
②ハンドルバッジ
③前泥除けステーバッジ(2枚)
④前泥除けバッジ
⑤リア泥除けステーバッジ
⑥サドルバッジ
⑦シートチューブバッジ(2~3枚も付いていた場合もあります。)
⑧チェーンケースバッジ(2枚付いていた場合もありました。)
⑨リアブレーキバッジ
⑩ダイナモ(発電機)バッジ
⑪荷台バッジ

古い海外製の自転車にももちろんヘッドバッジが付いています。
しかし、私の知っている限り、海外製の自転車にはここまでのバッジは付いていません。
これは日本人の「家紋」の文化にルーツにあるかな・・・?

⑥サドルバッジ
昔のサドルは革製です。
バッジはサドルの後ろに付いています。
Img_7520 Dsc06644
Dsc06502
Img_0117
Dsc07375 P1000052

⑦シートチューブバッジ
Dsc06663Dsc06662  Img_9287

注: 自転車の「転」という漢字は古い方の「轉」
七宝製バッジは実に綺麗で工芸品そのもの。 Img_9286 

⑧チェーンケースバッジ
昔のチェーンケースもよく出来ています。
2枚のバッジが付いているケースは少なくはありません。
Img_9243

Dsc06889 Dsc06888

Photo

Dsc06498

下記のバッジの「水谷の自転車」の字は七宝製。
Dsc06524

Img_9327

Photo_2 Photo_3

次回につづきます。      

« バッジ 【②】 | トップページ | バッジ 【④】 »

パーツ関係 (Parts Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/46706635

この記事へのトラックバック一覧です: バッジ 【③】:

« バッジ 【②】 | トップページ | バッジ 【④】 »