« バッジ 【③】 | トップページ | 現代の自転車に見かけない言葉 »

2009年11月29日 (日)

バッジ 【④】

昭和30年代までの自転車の特徴の一つはバッジです。
今まで下記の①~⑧を見ました。
今週には最後の三つを取り上げます。

①ヘッドバッジ
②ハンドルバッジ
③前泥除けステーバッジ
④前泥除けバッジ
⑤リア泥除けステーバッジ
⑥サドルバッジ
⑦シートチューブバッジ
⑧チェーンケースバッジ
⑨リアブレーキバッジ
⑩ダイナモ(発電機)バッジ
⑪荷台バッジヘッドバッジ(2枚付いていた場合もありました。)

⑨リアブレーキバッジ
少し珍しいのはリアブレーキバッジ。
P1000264

P1000265

Dsc06946


⑩ダイナモ(発電機)バッジ
Img_7721

Dsc06658

Img_8149

14655925_1236751929

14655925_3098587400   

⑪荷台バッジ
5e99

575f

8b97

Getattachmentcary668q

おまけ
バッジではありませんが、リムに刻印があります。
「ライン入り」のリムもあって結構しまります。Dsc05457 Dsc05356Dsc05471Dsc05467 

« バッジ 【③】 | トップページ | 現代の自転車に見かけない言葉 »

パーツ関係 (Parts Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

またまた花菱の写真を使っていただいて
ありがとうございます(^^)。
本当にいたるところに、色々な色、形の
バッジがついていますねー。

それにしても、バッジにもカラフルなものと
メッキ色(金とか銀)のものがありますが、
これは時代によって違うのでしょうか?
それとも、自転車メーカーによって違いが
あるのですか?

こちらこそ、花菱は典型的な「昭和自転車」で貴重な材料(写真)を使わせて下さってありがとうございました。
バッジはメーカーによって、またはモデルによって違うようです。推定ですが、七宝製バッジと一台にバッジが多い方(花菱)昭和20年代後半~30年代前半の高級車の可能性が高いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/46829529

この記事へのトラックバック一覧です: バッジ 【④】:

« バッジ 【③】 | トップページ | 現代の自転車に見かけない言葉 »