« バッジ 【④】 | トップページ | 反射板 【①】 »

2009年12月 6日 (日)

現代の自転車に見かけない言葉

先週まで4回連続でバッジを取り上げました。
昭和自転車ファンの方からメールを頂きました。ありがとうございます!
写真を見て、現代の自転車に見かけない、「謹製」という言葉に気付いたそうです。

「謹製」というのは昭和30年代前の自転車に見かける言葉です。

国語辞典で調べると「心を込めて、謹んで作ること」と書いてあります。
まさに昭和30年代以前の職人さんを感じさせます。

丸石のプリミア号のヘッドチューブ。
一番下のバッジに「丸石自転車謹製」と書いてあります。14655925_323585313

丸嘉のシートチューブ。
「丸嘉株式会社自轉 車工場謹製」。Img_9286

水谷輪業のセラフ号のシートチューブ。
「通産省大臣賞受領車 水谷輪業株式会社謹製Dsc06662

関根自転車のシートチューブ。
「株式会社 関根自転車工場謹製
Dsc06852

マグネト号の革サドルのバッジ。
「マグネット自転車株式会社謹製Img_7520

安藤自転車の革サドルのバッジ。
「株式會社 安藤自転車工場謹製

Img_9797

拙い日本語で至らない点も多いかもしれませんが、
一応、ブログを「謹製」しているつもりのリチャードでした。

« バッジ 【④】 | トップページ | 反射板 【①】 »

パーツ関係 (Parts Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

「謹製」ですかぁ、初めて知りました。
今までこちらのブログもいろいろ拝見しましたが、
初めて気付きました。
「謹製」・・・、いい言葉ですね。
私の勤め先も製造業ですが、効率化(VE・VA)が
優先されて、なかなか「謹製」と言うわけには
いきませんねぇ。
ただ、「次工程はお客様」と言う考え方がありまして、次に仕事を渡す人は全てお客様という意識で、責任を持って丁寧な仕事をしよう、ということを啓蒙しております。考え方は「謹製」に近いですよね。
昭和自転車は、まだまだ勉強になることが
たくさんあります。

私も「謹製」という言葉お気に入りました。
「あと工程お客様」の考え方も。

こちらも昭和自転車の勉強はまだまだ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/46890990

この記事へのトラックバック一覧です: 現代の自転車に見かけない言葉:

« バッジ 【④】 | トップページ | 反射板 【①】 »