« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

ハンドル

This is the Japanese rendition of last week's post.  The next post will be a new one in English.

最近の回転式ベルビデオを見て下さった方から連絡がありました。
「通常のロッドブレーキのハンドルと違うように見えます。」

実に鋭い。
よ~~く見ていますね。

その通りです。
当時の標準ハンドルではありません。
正式な名称は分かりませんが、握りレバーが角のように見えるので「角式」とします。

一目で分かるようにデザインが違います。
ご連絡を頂いた通り、当時のハンドルと違ってハンドルの前に横のロッドはありません。
これは内工式。
Img_9363Img_9362

握りはセルロイド製なので、昭和30年代以前。
Img_9366

通常の握りレバーの逆向きです。
このデザインは手の一番力に入り(親指、人指し指、中指)は握りレバーの先端、人間工学の観点から考えるといい。
Img_9368

工内式チェーンで握りレバーからブレーキロッドに伝わります。
Img_9367

一番前に日米富士の社ロゴがあります。
Img_9370

このようなハンドルの写真は見たことがありますが、実物は初めてです。
昭和28年の輸出カタログから抜粋した有名な日米富士「覇王号」。
同じようなハンドルが付いています。
この「日米富士覇王号」の説明は別の記事で。
恐らく写真にある透明のセルロイド製チェーンケースについて、数件の問い合わせがあるかと思いますが、今年にチェーンケースの記事に取り上げる予定です。Fuji_hao_4

次週、英語記事でハンドルのつづき。

2010年1月22日 (金)

Handlebars

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In a recent video post on spinning bells a few sharp-eyed people contacted me about the handlebars, noting that they did not appear to be the standard rod-brake type.

The handlebars used in the video are a recent find.  For lack of a better name I will refer to them as bull-horn brake levers.

One look and you will note that the handlebars employ a unique design.
As those who contacted me correctly pointed out, they lack the hoizontal rods that typically run parallel with the front of the handlebars. Instead the mechanism is internal, or "through-the-bars".
Img_9363Img_9362

The grips are made of celluloid signalling 1950s or earlier.
Img_9366

The open end of the levers is the opposite of conventional levers.  As pointed out by a fellow enthusiast, this makes perfect ergonomic sense since the strongest part of the hand is applied to the portion of the lever that is at the greatest distance from the fulcrum; ie providing optimum braking leverage.
Img_9368

The force from the levers is conveyed to the brake rod via a small internal chain. Img_9367

The front proudly displays the manufacturer, Nichibei Fuji.
Img_9370

I have seen this type of handlebar on the infamous Fuji Hao.
The photo below is from a 1953 export catalog. Click on the photo below.
The Fuji Hao is a story in itself but I will save that for another day.
Also, for all of you who are going to contact me about the “transparent (see-through) celluloid chain case” yes I do have one and will save it for a future post I am planning to do on chain cases.
Fuji_hao_4
I will continue with the topic of handlebars in the next English post.
Kindly note that the next post will be the Japanese version of this one.

2010年1月16日 (土)

回転式ベルの試聴

This week's post is the Japanese rendition of last week's post.
Next week's post will be a new one in English。

先日、シンガポールに住んでいる「Tommy-san」という古い実用車やローダスターが好きな方から連絡をいただきました。本人は先月、紹介したThe Flying Pigeon ProjectのブログでMagnet restoration記事を読んでこちらのブログに飛んできたようです。.

Tommyさんも古い自転車のレストアに関するブログをしています。「Classic 2 Wheelers」というブログ。
最近の記事は回転式ベル(spinning brass bells).
国内の回転式ベルと違ってレバーが付いてなくて、手で回す仕組み。

古い自転車もそうですが、古い自転車のベルはも頑丈で長持ちします。
言い換えれば仕様のギリギリ満たすのではなく、必要以上に出来ています。
つまり、オーバー・エンジニアリング。

このベルは結構大きくて古いです。
恐らく戦前。
カバーを良く見ると「The Spicial Bell」と書いてあります。
綴りが間違っています→「Spcial」。
P1070156

P1070141
ここをクリックしてビデオでこのベルの回転を見たり聞いたりできます。

有名な日米富士のベル。(新古品)
P1070129

日米富士の社ロゴはベルカバーにくっきり見えますが、逆さまです。
P1070135
ここをクリックしてビデオでこのベルを見たり聞いたり出来ます。

国内自転車ベル製造会社の一つは「Umezawa」です。
デザインもいいですが、メッキは実に素晴らしい。
P1070136
P1070140
ここをクリックしてビデオでこのベルを見たり聞いたり出来ます。

こちらの回転式ベルはMaruka Bicycle(丸嘉自転車)の社ロゴが付いています。
ベルの製造会社はKikaku Bell Co. 
.P1070162
ここをクリックしてビデオでこのベルを見たり聞いたり出来ます。

この大きなベルは光(Hikari) lロゴが付いています。
まだレストア中の光自転車のパーツを探し中。 
P1070151

ここをクリックしてビデオでこのベルを見たり聞いたり出来ます。

こちらのベルはスズメのロゴあり。
他のベルと比較してそれほど古くもないし小さい。
回転が速くて長い。
P1070161
ここをクリックしてビデオでこのベルを見たり聞いたり出来ます。

昭和28年の輸出カタログから抜粋した当時の主なベル製造会社。
Img_0839

昭和28年の輸出カタログから抜粋したベルのラインアップと各々の仕様。
Img_0787

Img_0788

Img_0789

Img_0790

来週、新しい記事を英語で投稿します。

2010年1月 9日 (土)

Ringing in the New Year

bellこの記事の日本語版は、次週UPします。
Recently I was contacted by a fellow vintage bicycle Enthusiast "Tommy" from Singapore.  Tommy found my blog via a recent post by Jeff over at The Flying Pigeon Project featuring the Magnet restoration .

Tommy's blog "Classic 2 Wheelers" featured a post on "spinning brass bells".  What a great way to "ring" in the new year!  I have seen similar lever operated revolving bells, but none without the lever that you simply spin with your hand.

The thing I like about vintage bicycles and parts is that they are over-engineered. Heavy duty and built to last.  Here is a very old revolving bell, quite large, probably pre-WWII. It is interesting to note the spelling of "special "as on the bell it is spelled incorrectly as "spicial".
P1070156

P1070141
Click here to SEE and LISTEN to a video of this bell.

Here is a NOS (new Old Stock) bell from FUJI.P1070129

The Fuji logo (upside down in the photo) can clearly be seen in the center of the bell dome.
P1070135
Click here to SEE and LISTEN to a video of this bell.

One of the largest manufacturers of bells was Umezawa.
Very nice revolving bells.  The design and chrome are superb.
P1070136
P1070140
Click here to SEE and LISTEN to a video of this bell

This bell with the Maruka Bicycle logo was manufactured by Kikaku Bell Co. 
.P1070162
Click here to SEE and LISTEN to a video of this bell

Here is a large bell with the Hikari logo in the center of the bell dome.
I am still looking for parts to complete my Hikari restoration. 
P1070151

Click here to SEE and LISTEN to a video of this bell

Here is a smaller revolving bell with the "swallow" mark.
This baby really spins long fast and long!
P1070161
Click here to SEE and LISTEN to a video of this bell

The information below is from an export catalog of Japanese bicycles from 1953.
Some of the major bell manufacturers.
Img_0839

Bell design and secifications.
Img_0787

Img_0788

Img_0789

Img_0790

Next week I will post the Japanese version, not a carbon-copy but the intent will remain the same.

2010年1月 3日 (日)

New Year's Resolution 【新年抱負】

Blog

When I originally started this blog two years ago, the intent was to do it in both English and Japanese.  That plan failed miserably as my debut post and my second post were the only bilingual posts.  Every post thereafter was in Japanese.  But my New Year's resolution (one of many) is to solve this problem. 

このブログを2年前にデビューした時、記事を英語と日本語にするつもりでした。
しかし、2ヶ国語の記事はデビューした時の記事と二回目の記事しか出来ませんでした。
その後、全て日本語のみ。
ちゃんと日本語と英語で記事を書くことは新年抱負の一つです。

The purpose of the blog is to highlight and share with not only the Japanese, but the world, what I consider to be the Golden Age of Roadsters and Carrier Bicycles in Japan.  Mainly bicycles produced in and around the 1950s. 

このブログの目的は、国内も海外もより多くの自転車のファンに国産自転車の黄金時代の物造りの素晴らしさを分かって頂くことです。主に1950年代以前の国産自転車。

If I write English and Japanese the post tends to become too long. From here on out I will first post an article in English, and, the following week post the Japanese version of the same article. Thus I will be revisiting many of the previous articles, updating them and re-posting them in Japanese, and, posting them for the first time in English.   

この様に英語と日本語を書くとどうしても記事が長くなってしまいます。
今後は、まず英語で記事を投稿して、次週は同じ記事の日本語版にします。
以前作成した日本語版を見直して改めて英語版を投稿する予定です。

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年

Sepiea_blog

昨年、昭和自転車のファンからいろいろなリクエストがありました。
「もっとレストアの技術を教えて下さい」とか、海外のファンから「英語にして欲しい」とか。
まだまだ至らない点が多くて、皆さんのリクエストに対応できるかどうか分かりませんが、頑張ります。

先週、紹介した中国に住んでいるアメリカ人のJSさんはThe Flying Pigeon Project
マグネット号レストアを取り上げました。

今年もよろしくお願い致します。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »