« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

チェーンケース (前半)

Next post will be a new post in English.
Until then "stay trued" and "happy wheels"!

チェーンケースが好きです。 古臭い?
大半の人にはママチャリを連想してそう思うでしょう。
しかし、昭和20年代後半~30年代前半のチェーンケースは機能的かつ美的です。
実用的なディレーラー用のチェーンケース発明されれば、きっともっと人気がでるでしょう。現在、チェーンケースはシングルギアーか内装変速機ハブに限られています。
内装変速機ハブはかなり進歩しています。
昔は3速か5速でしたが、現在は14速内装変速機があります。
Img_9232

Img_9327
機能的な観点からチェーンケースは下記の利点があります。
(1)ズボン裾のチェーンホール巻込み防止
(2)ズボンの汚れ防止
(3)雨や砂などから守るので部品長寿命効果
(4)チェーンメンテの頻度を少なくし、その分自転車乗れる

美的な観点:
(1)空気力学的なデザイン
(2)飾りとして車体を引き締める効果

「チェーンケース」と「チェーンカバー」は違います。
チェーンケースというのは、ドライブトレーンを全体的に包みます。
チェーンカバーは、ドライブトレーンの一部しかカバーしません。

大きく分けるとデザインは2つあります。
①チェーンステーを包まない方
②チェーンステーも含めて包む方
Img_9235  Img_7860
P1070490

あるチェーンケースは、常にドライブトレーンを潤滑できるように"chain bath" (チェーンバス= 文字通り「チェーンのお風呂」が付いていました。 
つまり最低の位置(チェーンホイールの下)の貯油部。
乗車はペダルをこぐと、チェーンが貯油部を通りドライブチェーンが潤滑されます。
チェーンケースの後ろにoil filler 注入口)があって、油を入れたり出したりしました。
このチェーンバスは有名な Sunbeamの特許です。

チェーンケースの後ろにあるネジを外すとオイル注し出来ます。P1070628

P1070632

専用オイル注入口付きチェーンケースもあります。
P1070465 P1070466

チェーンホイルのカバーは鳩目や目玉というようです。
これは主に三つの種類 塗装、メッキ、透明セルロイド

塗装
P1070467

メッキ
Mm6439img600x4501252779829hsy8pd138

透明セルロイド
Getattachmentca3fx0dj

チェーンケースをチェーンステーに固定する金具も美的です。
細かいところまで美的にデザインするのは、まさに日本の職人さんを表しています。
Dsc06499

この金具のみならず、バッジも社名プレートもケース全体の細い金線も美的です。よく見ると この細い金線は手描きです。
Img_9243

チェーンケースの見所
(1)チェーンケース (チェーンステーを包まれるか、包まれないか)
(2)注入口 有り無し
(3)鳩目・目玉(チェーンホイルカバー)塗装、メッキ、透明セルロイド
(4)チェーンステー金具
(5)バッジ、社名プレート、
(6)細い金線
Kyyyt2002img600x45012592074424ljhlnP1070480 P1070481 Img_7250P1070478P1070471P1070459 P1070475 P1070472

次回の日本語の記事は、珍しいチェーンケースを取り上げます。

2010年2月19日 (金)

Chaincase (First Half)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I'll admit it. I like chaincases.  Old fashioned?  Yes, probably to most people. But the reality is that chaincases are both functional and aesthetic. My guess is that they would more popular if only someone would invent a practical chaincase for derailer bicycles.  But for the present, chaincases are limited to single or internally geared rear hubs. Used to be that internally geared hubs were 3 or 5 gears; however, today as many as 14 are possible.
Img_9232

Img_9327
From a functional standpoint chaincases:
(1)Prevent your trouser cuff from getting caught in the chainwheel
(2)Sheilds your trousers from getting soiled
(3)Protects the bicycle's drivetrain from rain and sand and extends the life of parts.
(4)Reduces frequency of cleaning and oiling, so more time for "riding".

From an asthetic point of view:
(1)Sleek and aerodynamic
(2)Ornamental

Remember that "chaincases" totally enclose the drive train and differ from "chain covers" which only shield a portion of the drivetrain.

Two basic designs, one that leaves much of the chain stay exposed and the other that encases nearly the entire chainstay.
Img_9235  Img_7860
P1070490

Some models actually had a "chain bath" .  This was an oil reservoir located an the lowest point of the chaincase, ie front portion of the chain case directly beneath the chain wheel.   As the cyclist pedaled the chain passed through the resevoir providing continuous lubrication. Oil was added (and removed) via an oil filler located at the rear of the chaincase. This "oil bath" was patented by the infamous Sunbeam Bicycles.

Almost all chaincases allow easy access to the rear sprocket for oiling with removal of a single scew.

P1070628

P1070632

Some, like the example below even have an oil filler for added convenience.
P1070465 P1070466

The removable disc covering the chainwheel came in three styles: painted, chrome plated or transparent celluloid.

Painted
P1070467

Chrome plated
Mm6439img600x4501252779829hsy8pd138

Transparent celluloid
Getattachmentca3fx0dj

The bracket securing the chaincase to the chainstay was often ornate. This attention to detail on even the smallest and seemingly insignificant parts never fails to impress me.
Dsc06499

In addition to an ornate chainstay bracket, the case typically branished a couple of badges, a plate bearing the company logo or company name, and, the entire case was accented with gold pinstriping.  A close look reveals that the pinstriping was hand painted, though certainly not without the use of a guide or stencil.
Img_9243

Let's take a look at a couple of examples. Points to pay attention to include:
(1)Case style:  Open chainstay or enclosed
(2)Oil filler
(3)Chainwheel disc cover
(4)Chainstay bracket
(5)Badges/Company logo or name plate
(6)Pinstriping
Kyyyt2002img600x45012592074424ljhlnP1070480 P1070481 Img_7250P1070478P1070471P1070459 P1070475 P1070472

In the next English post we will take a look at  a few rare style of chaincase.
Until then "stay trued" and "happy wheels".
PS: Kindly note that the next post will be the Japanese version of this one.

2010年2月13日 (土)

ハンドル (後半)

Next post will be a new post in English.
Until then "stay trued" and "happy wheels"!

前回、日本語の投稿では、内工式の珍しいハンドルを見ました。
今回、別の内工式ハンドルとハンドルの見所を取り上げます。

標準ロッド式ハンドルはロッドがハンドルの前に平行にあります。 Dsc07574

下記の写真はロッド内工式ハンドルです。
前回のハンドル
と比べて下さい。.Img_9301Img_9304

内工式ロッドの仕組み【アップ】。
Img_9284

ハンドルの見所【握り、ロッド、ラグ】
自転車を探している時、ハンドルも自転車の年代も参考にします。
昭和30年代以前の実用車は握り(グリップ)がセルロイド製です。
下記のレストア前とレストア後の写真、社ロゴ入り茶色セルロイド製握り、ロッドエンドも黒いセルロイドコーティングが付いています。

長年屋外で風雨にさらされたメッキは、スチールウールでわりと綺麗に甦りました。
セルロイド製握りもアマーオールで綺麗になりました。
Img_3749Img_7772

ハンドルの見所のもう一点はハンドルのラグです。
高級車はロッドのスプリングハウジングが鋳造されています。
このようなハウジングにより、スプリングが錆びません。
製造メーカーのロゴ付きカバーでスプリングが内工式になります。
(カバー外しは下のネジ2本)

P1070345

水谷輪業のセラフはスプリングハウジングのカバーにとても綺麗なルービ色の七宝焼「文字入り「Seraph」。
尖っているラグも素晴らしい。
いい仕事をしていますね!
Dsc06660

スプリングカバーというものもありました。
これはスプリングの下に引っ掛けてヘッドボルトに固定されました。
P1070335

標準ロッドブレーキハンドル
P1070339

スプリングの下に引っ掛けてヘッドボルトに固定されました。
P1070343

この社ロゴはヒドリ 自転車
P1070342_2

もう一つの例(ミドリ自転車)
スプリングを守るのみならず、とても綺麗なアクセント。Img_8680_2      

昭和28年の輸出カタログから抜粋したハンドル Img_1715 Img_1716

昭和28年の輸出カタログから抜粋したハンドル製造会社リスト。 Img_1917

来週、新しい英語の記事を投稿します。

2010年2月 6日 (土)

Handlebars (Second Half)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the last English post we saw a very rare style of handlebars whereby the mechanism was "through the bars".  In this week's post let's take a glimpse at another set of "through the bars" style where the mechanism is hidden within the bars.  Let's also take a look at some of the finer point of handlebars.

A standard pair of rod brake handlebars will typically have the rods on the outside of the bars, the rods themselves running parallel with the front of the bars. Dsc07574

In the photo below is a rare "through the bar" style of handlebars.Img_9301Img_9304

Here we can see a close up of the through the bar construction.Img_9284

In addition to the style of handlebars, some of the key things I look for when searching for a bicycle to restore are the type of grips, the rod ends and the lug.
Roadsters from 1950s or earlier typically have celluloid grips, and, some have celluloid covered rod ends.  In the before and after photos below the brown celluloid grip has the company logo molded into grip, and, the the bar ends are also covered with celluloid (black).
As you can see the original chrome cleaned up fairly well with a little of steelwool and alot of elbow grease.  The celluloid grips also cleaned up well with Armor All.
Img_3749Img_7772

Another key thing to pay attention to when searching for a bicycle to restore is the lug on the handlebars.  Some of the highend models have a spring protector casing that both houses and protects the springs. Note how the spring mechanism is fully enclosed and thus hidden. The casing is coverd nicely with a plate bearing the manufacturer's logo. The plate can be removed via two screws on the bottom.P1070345
Some of these plates covering the spring mechanism even have enameled lettering as can be seen in this fine example of ruby enameled lettering Seraph by Mizutani Ringyo. Note the crested lug, they don't come much nicer than this.Dsc06660

Later these spring casings where replaced with a one piece form fitting cover which hooked under the springs and secured in place by the head bolt.
P1070335

Ordinary pair of rod brake handlebars.
P1070339

Spring cover will, once again, hook under the springs and secured in place by the head bolt.
P1070343

The logo is from the Hidori bicycle company.P1070342_2

Another example from the Midori bicycle company.  These covers are simple, functional and attractive.
Img_8680_2
      

Below are handlebar styles taken from an export catalog rom 1953.Img_1714 Img_1715 Img_1716

Below is a list of handlebar suppliers, again, taken from a 1953 export catalog. Img_1917

Next week will be the Japanese rendition of this week's post.

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »