« Frame Covers | トップページ | Bicycle Restoration (Before & After Video) »

2010年4月10日 (土)

フレーム カバー

I will be back with a new post in English next week.
Until then "stay trued" and "happy wheels"!

昔の自転車にはフレームカバーが付いていました。

古い自転車を手に入れても、フレームカバーが付いているのは例外と言っても過言ではないでしょう。

スウェードのような布製や革製の高級なフレームカバーもありました。Img_0940

(写真の上をクリック→拡大)
Img_0937

トップチューブに付いていてフレームも守るし、見た目もいい。
(写真の上をクリック→拡大)
Img_0939

ワニ革製の高級な感じです。
よく見れば、「日米富士」のトレードマークが見えます。
(写真の上をクリック→拡大)
Img_0938

スウェードのような布製「日米富士」フレームカバー
高級感を与えますよね。
14655925_3170590013

革製の丸石「プレーマ」フレームカバー。
(フレームカバーの付け方に注目→2枚目の写真)
14655925_959415917 14655925_768723670

50年前のスウェード(布製)や革製のフレームカバーは両側に金属のレールが付いています。
Img_0958

裏側を見るとレールがよく分かります。Img_0959

フレームカバーをパイプ(トップチューブ)に巻いて、専用クリップで固定します。
Img_0963Img_0960

レールをクリップの内側にはめておくとフレームカバーが固定されます。
このようにしてクリップを付けます。
Img_0962

トップチューブに付けた状態。
Img_7751

昭和20年代後半~30年代前半の日本製自転車が好きなのは、必要以上に作られているからです。
つまり、オーバーエンジニアリングされています。
だからこそ頑丈で長持ちします。

40年代に入ると、ビニール製フレームカバーが多くなりました。
レールやクリップもだんだん無くなり、代わりにシールのようになり、紙を剥がしてペタッと貼り付けました。
同じ機能を果たしているかもしれませんが、スウェードのような布製や革製と比較したら、比べ物になりません。
Img_0964 Img_0965

こんなにシンプルなものなのに、意外に高級感を与えます。
現代、見かけないのは寂しいですよね。

(写真の上をクリック→拡大)

Img_0900

« Frame Covers | トップページ | Bicycle Restoration (Before & After Video) »

パーツ関係 (Parts Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/48040128

この記事へのトラックバック一覧です: フレーム カバー:

« Frame Covers | トップページ | Bicycle Restoration (Before & After Video) »