« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月25日 (金)

Company Logo & Name (Part 2)

次回、この記事を日本語版を投稿します。

In the previous post on Company Logos & Markings we took a close look at photos sent in by S-san the proud owner of a very well preserved Hikari bicycle manufactured by Dai Nippon Kougyou. We counted the markings on the front wheel portion and found there was a total of 31.  This week we will continue our count and examine the head, handlebars, top tube, down tube, seat tube and saddle.

The Hikari has head badges typical of those from the early to mid 1950's; bright beautifully enamelled badges.
Sdsc02324

In the photo below we can see the Hikari logo in both the middle (large) and lower badges. (2)   Keep in mind this bicycle, and those head badges, are in the vicinity of 55 years old.  Nowadays you don't see many headbadges, certainly none that are enamelled to this detail. 
Sdsc02323

Lamp bracket (1)
Sdsc02086

Handlebars (1)
Here we see Hikari mark on the cover which houses springs for the rod brakes.  This housing protects the springs from the elements and is typical of the high-end models from the 1950's.
Sdsc02055Sdsc02033

Each of the two celluloid handle grips has the company logo (2)
Also note that the ends of the rod brake levers are coated with celluloid, again typical of bicycles from the early to mid 1950's.
Sdsc02126

The back of the bottom head/down tube lug.(1)Sdsc02139

Back brake fulcrum (1)
As we previously saw on the front fender and fork, the logo appears at the beginning and end of the gold pinstriping on each side of the down tube. (4)Sdsc02041

On both sides in the center of the down tube we find "Special Hiari Cycle" elegantly writen in flowing cursive letters.(2)
Sdsc01993

Consistent with the front fender , fork and down tube, the gold pinstriping on the top tube is on both sides and logo appears at both ends of the pinstriping. (4)
The frame cover (top tube cover) has the company log twice and the works "Hikari Bicycle". (3)
Sdsc02148_2

The guarantee badge bears both the Hikari logo and name. (2)
This badge was attached to the top tube in front of the seat lug (see photo below).
Sdsc02144

The saddle alone has five logos.
Note that the guarantee badge mentioned above can be seen attached to the top tube just in front of the seat lug.
Sdsc02004

One on each side of the saddle (2) Sdsc02005

One on the top of the saddle(1)
Two on the badge attached to the rear of the saddle (2)
Sdsc02049 Sdsc02050

The seat lug bolt has the logo embossed on the bolt head.(1)Sdsc02064

The enamelled badges on the seat tube are both large and elaborate, indicative of a high-end model. (1)
Sdsc02326Sdsc01990

The gold pinstriping on the seat tube is consistent with the front fender, fork, down tube and top tube appearing on both sides of th etube with the logo at both ends of the gold pintriping.(4)
Sdsc02021

That give us a total of 34 for the head, handlebars, top tube, down tube, seat tube and saddle. The total including the 31 from last week's  Company Logos & Markings is 65.  In the next post we will take a look at the chaincase, crank arms, cotterpin covers and pedals.

Next week's post will be the Japanese version of this one.  I'll be back soon with another English post until then "stay trued and happy wheels!" 

2010年6月18日 (金)

マーク入り(社名・社ロゴ) ①

I'll be back with another post in English soon, until then "stay trued and happy wheels".

昭和20年代後半~30年代前半の特徴の一つは各パーツに社名・社ロゴが付いています。
製品に誇りを打ち込んでいたからでしょうか。
それもあるかもしれませんが、実は昭和24年7月1日に「工業標準化法(法律第185号)」が制定され、7月1日から日本工業規格(JIS=Japan Industrial Standard)が実施されました。
しかし、自転車工業全体的に普及されるまで年月が掛かったのが事実。

昭和28年: リム、スポーク、チェーン
昭和30年:チェーンホイール、クランク、ペダル、フレーホイール、スプロケット 
昭和31年:ブレーク、ハンドル、ハブ
昭和32年:フレーム、フォーク
昭和33年:泥除けフラップ、サドル
昭和35年:完成品

昔は、自転車工場で自転車を組み立ていてたわけではなく、販売店にパーツで送って、販売店で自転車屋が組み立ていました。

以前、社ロゴ・社名について「ゼブラ自轉車」と「花菱自轉車」を取り上げました。

ゼブラ① ゼブラ② ゼブラ③ ゼブラ④ ゼブラ⑤

花菱①  花菱②  花菱③  花菱④  花菱⑤

今回、S-さんが大日本工業の「 号自轉車」の写真を送ってくれました。
これは大変いい参考になります。
2年前、新古品の「光号」フレームをレストアして、そのうちにパーツが集まったら、このフレーム が完成します。

S-さんの光号自轉車
Sdsc02102Sdsc01980

まず、前車輪から見てみましょう。
下記の写真でマークは8個と分かります(クリックして拡大) 
(1)風切りの赤い部分の両側1個
(2) 風切りの取り付けネジ(2個)の六角頭に マーク入り(写真参照)
(3)泥除けの金線引きの両端にマークあり、泥除けの両側にあるので、合計4個Sdsc01985 Sdsc02073

風切りの取り付けネジの六角頭に 「光」マーク入り.Img_3972

フロントハブにマーク入り(1個)
Sdsc02044

BEリムのバルブの両側にマーク入り(2個).
Sdsc02118

フェンダーステーにマーク入り(2個)
Sdsc02022

泥除けの後部に11個
泥除けステーの取り付けネジ(4個)
金線引きの両端にも両側に(4個)
泥除けステーバッジ(2個)
Sdsc01988

フォークのクラウンカバーの両側マーク入り (2個)
フォークをよく見ると泥除けと同じように金線引きの上下に少し消え掛かっている光マーク
があります。(4個)
ブレーキの両側 (2個)
Sdsc02025
前車輪の部分だけでマーク入り31個)
次回、引き続きお楽しみ下さい。

2010年6月12日 (土)

Company Logo & Name (Part 1)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

One of the distinguishing features of vintage Japanese bicycles from the 1950's is the number of company markings found on a single bicycle.  Nearly each part bears the manufacturer's name or logo, sometimes more than once.

I recently was contacted by S-san who is the proud owner of a very well preserved Hikari Bicycle made by Dai Nippon Kikai Kougyou . This was quite interesting for me as two years ago I acquired an NOS (New Old Stock) Hikari frame and I am still working on finding parts for this Hikari frame. S-san was kind enough to send quite a few photos and I thought this would be a fine example to show how bicycles of the 1950's, particulaly the earlier portion, branished the manufacturer's name and/or logo.

Before we begin, for our friends who are unfamiliar with Japanese characters, the character, which happens to also be the logo for Hikari,  is and has the meaning of "flash" or "lightning". Some of our friends familiar with the word Hikari will know that it is also the name for one of the bullet trains.

Let's take a look at S-san's Hikari bicycle.Sdsc02102Sdsc01980

We will start in the front and work back.  From the two photo below (click to enlarge) we can derive eight markings. 
(1) In the red reflector portion (One on each side for a total of 2)
(2) The heads of the hexagon bolts used to attach the fender ornament to the fender are each embossed with the Hikari logo. (One on each side for a total of 2)
(3)At both ends of the pinstriping is a Hikari mark (Two on each side for a total of 4)Sdsc01985 Sdsc02073

Fender stay bolt heads embossed with Hikari logo.Img_3972

Logo on front hub. (1)
Sdsc02044

BE rim has the logo on each side of the valve stem (2).
Sdsc02118

Each fender stay has the logo (2).
Sdsc02022

The bottom half of the front fender has a total of 11.
The heads of the hexagon bolts used to attach the fender stays to the fender are each embossed with the Hikari logo as seen above. (Two per fender stay for a total of 4)
At both ends of the pinstriping is a Hikari mark (Two on each side for a total of 4)
Each of the two fender stay badges has a mark (2)
Sdsc01988

Chrome plated crown cover mark on each side (2)
Just as we saw on the fender, the ends of the gold pinstriping on the fork have the Hikari logo (4)
Mark on each side of the stirrup brakes (2)
Sdsc02025

We've only looked at the front wheel portion and already have a total of 31 markings.
We will continue in the next English post.
Next week will be the Japanese version of this post, I will be back soon with another post in English until then "stay trued and happy wheels"!

 

2010年6月 5日 (土)

耳付き(BE)タイヤ

I'll be back soon with another post in English, until then, "stay trued and happy wheels".

前回の記事で世界で知られているリム製造会社 新屋(Araya) のHPを見たら、製品ラインアップにBEリムはありませんでした。
新屋(Araya)に連絡したら、BEリムは廃盤になり、もう生産する予定はないそうです。

BEリムはなかなか手に入りませんが、BEタイヤは探せばまだあります。
但し、サイズは限られています。
26x 1" 1/4 (軽快車)や 26x2"以上の重運搬車用のサイズは見つかりません。

幸い最も多いサイズ26x1" 3/8 (実用車用) と26x1" 3/4 (軽運搬車用)のサイズは手に入ります。
1.BE Tires (1)
2.BE Tires (2)
3.BE Tires (3)
4.BE Tires (4)

BEタイヤ(引掛け方式)
BEタイヤは「耳付きタイヤ」と呼ばれています。
鉄リムで大量生産された空気タイヤの最も古いタイプの一つ。
リムに嵌合される部分にゴムが入っているタイヤ。
チューブがタイヤに完全に包まれていて、空気圧でリムから外れない方式。
チューブが完全に包まれるから、チューブのバルブをタイヤに通ぜるようにタイヤの両端に穴を空けなければなりません。空気バルブの穴あき工具
Be1

針金方式 Wired-On Tire (W/O)
WOタイヤはリムに嵌合される部分にワイヤー(硬銅線)が入っているタイヤ。
空気が抜けてもリムから外れない方式。
Wo1

古いBEタイヤの面白いことはタイヤのトレッドに社名も形成されています。
現代はこれを見かけません。 
(タイヤトレッドに「THE MARUKA TYRE」に注目)Img_9300_3

昭和33年のカタログからの写真です。
全てのタイヤ・トレッドに社名・社ロゴが形成されています。
P1080545

一つを見てみましょう。
タイヤトレッドに 英語でも日本語でも「THE BULL DOG TYRE ブルドックタイヤー」 とその上に社ロゴのブルドックの顔も付いています。
P1080539

「必要性は発明の母」と言われています。
空気タイヤは実に素晴らしい発明です。
それまでタイヤはゴムの固まりでした。
しかし、空気タイヤは振動を吸収するだけではなく軽量。
空気タイヤの発明者はどなたでしょうか。

John Boyd Dunlop (1841-1921)
John_boyd_dunlop_418px_2 

John Boyd Dunlop (1841-1921)の子息は、三輪車に乗る度に硬いタイヤとガタガタ道で頭痛に悩まされていました。
そこで、クッションになるようにJohnは空気タイヤを作りました。
1888年に特許を取りましたが、その2年後に取り消されました。
実は40年前に同じスコットランド人のRobert William Thomson (1822-1873)が先に別のデザインで特許を取っていたのでした。
トムソン氏のデザインは面白い。
数本空気入りチューブを革(タイヤ)に包んだデザイン。
よく考えると、チューブ数本があるから、現代のチューブ一本で空気抜かれたらお終いではなく空気圧が少し減るだけ。
しかし、チューブ交換が大変そうですね。

Tyres1_2

ダンロップは、昔は有名な自転車タイヤ製造会社でした。
「THE DUNLOP TYRE」がトレッドに、ダンロップ氏の顔もタイヤの横に形成されています。
下記の写真で先ほど説明した「耳」がよく分かります。
タイヤの両側に「耳」があってチューブの空気入りバルブを通すために耳に穴を空ける必要があります。
そのために空気バルブの穴あき工具があります。 

P1000432a

P1000434

トレッドにダンロップ氏の顔が形成されている例もあります。
Image143_3

当時の自転車のパーツ一つ一つには必ずといっていいほど、社名・社ロゴが少なくても1つは付いています。
BEタイヤも例外ではありません。
タイヤの両側にも、トレッドにも日本語でも、英語でもそして社ロゴまで。
いい仕事をしていますよね~~!

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »