« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

マーク入り (社名・社ロゴ) ④

I'll be back with another English post soon, until then "stay trued and happy wheels".

マーク入り(社名・社ロゴ)①マーク入り(社名・社ロゴ)②マーク入り(社名・社ロゴ) ③では、
S-さんが送って下さった、他に例のない大日本機械工業の光号自転車を見ました。
前車輪の部分やヘッド、ハンドル、トップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブ、サドルだけでマーク入りローマジ「Hikari」 または 漢字の「光」(大日本機械工業対象外)は83箇所。
引き続き、リア車輪部と荷台を見てみたいと思います。

当時の自転車のリア泥除けには社ロゴが打ち出されていました。(1)
Sdsc01990_2

シートステーの金引き線は、
フォーク前泥除け 各フレームのチューブと同じ様に両側両端にマーク入り。
少し見づらいですが下記の写真の左下にマークが見えます。(4)
Sdsc02114

シートステーを繋ぐブリッジにも社名・社ロゴのマーク入り。 (2)Sdsc02057

前泥除けと同じようにリア泥除けにはマークが多いです。Sdsc02007

リア泥除けの前と後ろの、金引き線の両側両端にマーク入り(8)。
少し色が褪せていますが、写真を拡大したら金引き線の端にマーク入り。
Sdsc02329

リア泥除けの後ろ下に転写ロゴがあります。 (1)
当時の自転車には反射板の中にロゴが形成されたものもありました。.
リア泥除けステーバッジは2個。
下の方はバッジにロゴ入りで 六ネジの頭部にロゴ入り。 (3)
Sdsc02008

下記に写真のように上のリア泥除けステーバッジは色鮮やかな七宝焼製で、 六ネジの頭部にロゴ入り。(3)

荷台は実によく出来てます。
Sdsc02013

まず、荷台の首のところに打ち出され大きなロゴがあり。(1)Sdsc02011

荷台の一番大きな板に「光」の字が切り抜かれています。(1)
Sdsc02012

荷台の後ろに製造会社の大日本機械工業のバッジがあります。
その後ろに七宝焼き製の上泥除けステーバッジも見えます。
Sdsc02010

高級自転車のリアブレーキはバンドブレーキ式ではなく、内拡式ブレーキです。 リア泥除けステーの陰で少し見ずらいです。
前車輪部と同じようにリア泥除けステーリア車輪もそれぞれ2個のロゴがあります。(5)

Sdsc02018

今回はリア車輪部と荷台で29個マークを見ました。
マーク入り(社名・社ロゴ)① の31個とマーク入り(社名・社ロゴ)②の34個とマーク入り(社名・社ロゴ) ③を合わせて累計は112個になります。

次回の日本語版の投稿は光号のマーク入り総合計となります。

2010年7月23日 (金)

Company Logo & Name (Part 4)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous posts on Company Logos & Markings (Part 1), (Part 2) and (Part 3) we took a close look at photos sent in by S-san the proud owner of a very well preserved Hikari bicycle manufactured by Dai Nippon Kikai Kougyou.  So far, we found a total of 83 "Hikari" markings.  There are also plenty of Dai Nippon Kougyou markings (DNB), but we are focusing soley on "Hikari" markings spelled out in English or the Chinese character 光.  We have covered the front wheel portion, handlebars, main frame triangle, chaincase and pedals.  This week we will continue our count and examine the rear wheel and carrier.

Rear fenders were embossed with the company logo.  Typically this logo can be found directly behind the seat tube as shown in the photo below. (1)Sdsc01990_2

The pinstriping on the rear wheel portion is consistent with that which we've previously seen on the front fork, front fender and on all the frame tubes.  The logo appears at both ends of the pinstriping and is on each of the seat stays ( a little difficult to see, but in the photo below in the lower left corner you can see the faded Hikari mark at the top of the seat stay. (4) 
Sdsc02114

The bridge connecting the seat stays has the name and logo. (2)Sdsc02057

Much like the front fender, the rear fender contains quite a few markings.Sdsc02007

The logo appearing at both ends of the pinstriping on both the left and right sides of the fender, and, in two places ie the front and rear portion of the fender. (8)
Although faded, if you enlarge the photo you can see the Hiraki logo at the top of the pinstriping.
Sdsc02329

At the bottom of the rear fender is a decal. (1)
Some of the reflectors on bicycles from 1950's had the logo designed into the reflector.
The lower fender stay badge and the heads of the hexagonal screws have the Hikari mark. (3)
Sdsc02008

The upper fender stay badge, as seen in the lower portion of the photo below, has an elaborately enamelled badge with the Hikari symbol and the heads of the hexagonal screws have the Hikari mark. (3)

The rear carrier is exceptional.
Sdsc02013

First, engraved in the bridge along the neck of the rear carrier is a large Hikari logo.(1)Sdsc02011

Second, the widest strut has been cut in a manner that reveals a relief of the Hikari logo. (1)
Sdsc02012

Third, on the back of the rear carrier is a badge proudly bearing the name of the manufacturer, Dai Nippon Kikai Kougyou.   In the background the enamelled fender stay badge can be seen.
Sdsc02010

The drum (expander) brake has the Hikari mark (hidden by the fender stay shadow it is a little difficult to see.)  As we saw with the front wheel, each of the two fender stays bear the Hikari mark and the rim is embossed twice with the logo.(5)

Sdsc02018

This time we have seen a total of 29 markings.  When added to the 31from Company Logos & Markings (Part 1) ,  34 from (Part2) and the 18 from (Part 3) that gives us a total of 112.

Stay tuned for the final post and grand total of markings in the next English post.

2010年7月16日 (金)

マーク入り(社名・社ロゴ) ③

I'll be back with another English post soon, until then "stay trued and happy wheels".

マーク入り(社名・社ロゴ)①マーク入り(社名・社ロゴ)②では
S-さんが送って下さった、他に例のない大日本機械工業の光号自転車を見ました。
前車輪の部分やヘッド、ハンドル、トップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブ、サドルだけでマーク入りローマジ「Hikari」 または 漢字の「光」(大日本機械工業対象外)は65箇所。
引き続き、チェーンケース、クランクアーム、コッターピンカバー、ペダルを見てみたいと思います。

光号自転車のチェーンケースは当時の典型的な高級車チェーンケース。
当時のチェーンケースは大きく分けて2種類
①チェーンステーを包む方 (高級)
②チェーンステーを包まない方

チェーンステーを包むチェーンケース(高級)
(写真の上をクリックして拡大)
Sdsc02000

昭和20年代後半~30年代前半のチェーンケースはバッジが付いています。
光号のバッジは実に大きくて素晴らしい。
優雅なデザインで社名・社ロゴ付き。(2)
普段はこの位置は踵の擦り傷が付きがちです。
この位置に大きいなバッジの理由は踵擦り傷防止という仮設もあります。
Sdsc02115

チェーンホィールカバーに社ロゴあり. (1)Sdsc02336Sdsc01982

チェーンステーにチェーンケースを固定するブラケットに社ロゴがあり。 (1)
Sdsc02116

両側のコッターピンカバーに社ロゴがあり。(2)
両側のクランクアームに社ロゴがあり。(2)
クランクアームの形状に注目。
この丸い形状は典型的な高級車のクランクアーム形状です。
Sdsc01994


ゴム製のペダルブロック。
各ブロックに上と下に社ロゴがあり。
ゴムブロックは4本x2つのロゴ。(8)Sdsc02332

両側のペダルキャップに社ロゴがあり。(2)Sdsc01997

左側のクランクアーム、コッターピンカバー、ペダル
Sdsc02039 Sdsc02040

今回はチェーンケース、ペダル、クランクアームにマーク入り18個。
マーク入り(社名・社ロゴ)① の31個とマーク入り(社名・社ロゴ)②の34個を合わせて累計は83個になります。

2010年7月 9日 (金)

Company Logo & Name (Part 3)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous posts on Company Logos & Markings (Part 1) and (Part2) we took a close look at photos sent in by S-san the proud owner of a very well preserved Hikari bicycle manufactured by Dai Nippon Kougyou.  So far, we found a total of 65 "Hikari" markings.  There are also plenty of "Dai Nippon Kougyou" (DNB) markings, but we are focusing soley on "Hikari" markings; either spelled out in English or the Chinese character 光.  We have covered the front wheel portion, handlebars and main frame triangle.  This week we will continue our count and examine the the chaincase, crank arms, cotterpin covers and pedals.

The Hikari chaincase is a fully enclosed case typical of high-end models.
(Click on photos to enlarge)
Sdsc02000

Badges are a common feature on chaincases from the 1950s.
The Hikari has a large elegant badge bearing both the logo and name "Hikari Bicycle". (2)
Sdsc02115

The chainwheel cover has one company logo. (1)Sdsc02336Sdsc01982

The bracket that secures the chaincase to the chainstay has the company logo. (1)
Sdsc02116

Each of the cotterpin covers have the logo.(2)
Each of the crank arms also has the logo. (2)
The crank arms are typical of the high-end models having rounded aerodynamic contour.
Sdsc01994


Each of the rubber blocks, two per pedal, has the logo on top & bottom.
Total of four blocks times two logos per block. (8)Sdsc02332

Each of the pedal end covers has the Hikari logo. (2)Sdsc01997

Photo of the crank arm for the left side.
Sdsc02039 Sdsc02040

This time we have seen a total of 18 "Hikari" markings.  When added to the 31from Company Logos & Markings (Part 1) and the 34 from (Part2) gives us a total of 83.

Next week will be the Japanese version of this post.  I will be back with another English post soon, until then "stay trued and happy wheels". 

2010年7月 2日 (金)

マーク入り(社名・社ロゴ) ②

I'll be back with another English post soon, until then "stay trued and happy wheels".

前回のマーク入り(社名・社ロゴ)① では、
S-さんが送って下さった他に例のない大日本機械工業の光号自転車を見ました。
前車輪の部分だけでマーク入り(光かHIKARIのみ、大日本機械工業対象外)は31箇所。
引き続き、ヘッド、ハンドル、トップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブ、サドルを見てみたいと思います。

光号のバッジは典型的な昭和30年前後のバッジ
七宝焼製で鮮やかな色ツヤで実に工芸品のようです。
(是非、写真の上をクリックして拡大して見て下さい。)
Sdsc02324

下記の写真で光ロゴは大きいバッジに一つと下の小さいバッジにもう一つ。(2)
この自転車及びバッジはおよそ55年前。
現代、ヘッドバッジはあまり見かけなくて、まして七宝焼製ヘッドバッジはまずないでしょう。 
Sdsc02323

ランプ・ブラケットにはロゴ一つ。 (1)
Sdsc02086

ハンドル
当時の高級自転車にはこのようなロッドブレーキのバネ機構を守るハウジングが付いていました。
カバーに光ロゴは一つ。(1)
Sdsc02055Sdsc02033

セルロイド製握りはそれぞれマーク入り。 (2)
ロッドブレーキの握りもセルロイド製で典型的な昭和30年前後を示します。
Sdsc02126

ヘッドラグの後ろにマーク入り。(1)Sdsc02139

リアブレーキのテコ。 (1)
マーク入り(社名・社ロゴ)① で見た前泥除け、フォークの金引き線はダウンチューブにも両側両端にあります。(4)
Sdsc02041

ダウンチューブの中央の両側に"Special Hikari Cycle" と優雅に綴られています。(2)
Sdsc01993

トップチューブはダウンチューブと同じように金引き線は両側両端にあります。 (4)
トップチューブにフレームカバー付きマーク入り2つと「Hikari Bicycle」. (3)
Sdsc02148_2

責任保証にマーク入り (2)
Sdsc02144

革サドルにはマーク入り5つ。
注意: 上記の責任保証はトップチューブのシートラグの前に見えます。 
Sdsc02004

サドルの両側にマーク入り (2)
Sdsc02005

サドルのトップ(1)
後ろのバッジにマーク入り (2)
Sdsc02049 Sdsc02050

シートポスト固定ネジの六角頭部にマーク入り。
Sdsc02064

ヘッドチューブと同じようにシートチューブのバッジは大きくて七宝焼製。 (1)
注:「大日本機械工業株式会社」の下に「謹製」と書いてあります。
当時の職人さんを表す言葉で、残念ながら現代の製品には見かけない言葉。
Sdsc02326Sdsc01990

シートチューブはトップチューブやダウンチューブと同じに金引き線は両側両端にあります。 (4)
Sdsc02021

今回はヘッド、ハンドル、トップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブ、サドルの光マーク入りの合計は34箇所。
前回での  マーク入り(社名・社ロゴ)①の31箇所に足すと累計は 65箇所。

次回はチェーンケース、クランクアーム、コッターピンカバー、ペダルを見てみます。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »