« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

Building my own Hikari (Part 2)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Thanks to two vintage Japanese bicycle fans, S-san and W-san we have had a rare opportunity to take a step back in time and view prestine examples of high-end models made by Hikari.

Since I already own a NOS Hikari frame I decided to build my own Hikari.  However, trying to find parts made over 55 years ago is not easy.  Trying to find specific parts by a specific manufacturer for a specific model is nearly impossible.  But, I managed to use genuine parts from the same period, early to mid-1950's, some genuine Hikari and some made by other manufacturers.

Original Hikari Parts:

Frame Genuine Hikari High-end Model
Dsc07054

Fender ornament (Sorry link is in Japanese only)
Note the Hikari logo (光)not only in the center of the red portion, but also on the bolt heads.
Img_7203

Handlebars
Celluloid grips
Note the Hikari logo.
I received these from a fellow enthusiast who owns an exceptionally well maintanined Hidori.
Img_1926

Leather saddle (Sorry link is in Japanese only)
Has the logo on both sides of the saddle.Img_7148

Genuine Hikari saddle badge on the rear of the saddle.
Img_7154

Genuine rear internal (expansion-type) drum brakeP1000264
P1000265P1000266

Non-original Parts
For the non-original parts I used parts from around the same period.  The non-original parts are:  the fenders, chaincase, fender stays, pedals, rear reflector, tires, tubes, rims, mudflap.

A few examples:
Daido Kogyo Roller Chain.
Img_6769

Note how each link bears the company logo.
Img_6775

Ebisu freewheel.(Sorry Ebisu HP is Japanese only)Img_6786

Chaincase
This is a nice chaincase from the 1950's.
Note the hinge just below the crankwheel cover at 6 o'clock, and, the screw at 12 o'clock.  The design enables the front portion to be opened which comes in handy when attaching the chain to the crankwheel.
Img_6764

Also, note the transparent celluloid crankwheel cover.
Img_6778

BE Rim (Commonly known as Westwood Rim)
This particular one was obviously made for Sekine.
Img_7201

Tires are Japan Riken Rubber Company Img_7202 

In the next English post we will take a look at the completed project. 

2010年11月19日 (金)

光号を作ろう (パート①)

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels!

昭和20年代後半~30年代前半の2人の自転車ファン(S-サンW-さん)のお陰で、実にいい状態の光号高級モデルを観賞できました。
これから自分の光号を作ってみたいと思っています。
下記のモデルを目指しています。

Photo

これは2年前にヤフオクで手に入れた純正新古品光号フレーム。
フレームは上記の写真と同じです。
Dsc06870

幸い大部分はまだ巻紙が付いていて、フレームを守ってくれていました。
Dsc06867

まず、半世紀以上のほこりなどを落とすのにお風呂へ。
Dsc06959

未使用ですが、ヘッドやBBのベアリングのグリースが固まっていました。
分解して綺麗にしてグリースをつけました。

BB (前)
Dsc07049_2

BB (後)    ↓   ↓   ↓
Dsc07051

ヘッドベアリング (前)
Dsc07044

ヘッド (後)    ↓   ↓   ↓
Dsc07052

ヘッドチューブ (前)
Dsc06875

ヘッドチューブ (後)    ↓   ↓   ↓
当時の塗装は3層のエナメルでした。
コンパウンド
だけで甦られます。

バッヂ類に注目。
真鍮の「光」バッヂ
紺色の七宝焼「大日本機械工業」バッヂ
Dsc07056

シートチューブ
(大日本機械工業)
Dsc07067

下の写真をクリックして拡大して下さい。
Dsc07053

Dsc07054 Dsc07055 Dsc07063
Dsc07062 Dsc07064 Dsc07065
Dsc07068  Dsc07059 Dsc07060

フレームは出来上がりましたが、パーツは問題ですね。
このモデルの純正パーツを集めるのは相当無理。
従って、別のメーカーで当時の純正パーツを使います。

次回は、当時の純正部品を紹介します。

2010年11月13日 (土)

Building my own Hikari (Part 1)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Recently, thanks to two vintage Japanese bicycle fans, S-san and W-san, we have had a rare opportunity to take a step back in time and view pristine examples of high-end models made by Hikari.

Over the next few weeks I will attempt to piece together my own Hikari.  Below is a photo of the Hikari model I am aiming for.

Photo

This is what I am starting with, a NOS (New Old Stock) frame I found on Yahoo auction two years ago.  Same frame as in the photo above.  Over the past two years I have collected parts and will assemble in the next few weeks.
Dsc06870

Fortunately, a good portion of the frame still retained the original protective wrapping.
Dsc06867

First thing is a good cleaning to get rid of over half a century worth of dust, grime and dirt.

Dsc06959

Even though it has never been used, the grease in the head bearing and bottom bracket had degraded over the years and needed a good cleaning and re-greasing.

Bottom Bracket (Before)
Dsc07049_2

Bottom Bracket (After)
Dsc07051

Head Bearing (Before)
Dsc07044

Head Race (After)
Dsc07052

Head Tube (Before)
Dsc06875

Head Tube (After)
The three layer black enamel paint on these old bicycles never fails to amaze me.  Just rubbing compound compound brings the original glossy finish back to life.
Note the brass badge and the blue enamelled badge and gold lettering bearing the manufacturer's name.
Dsc07056

Seat Tube (High Quality made by DAI NIPPON KIKAI)
Dsc07067

Click on photos below to enlarge.
Dsc07053

Dsc07054 Dsc07055 Dsc07063
Dsc07062 Dsc07064 Dsc07065
Dsc07068  Dsc07059 Dsc07060

In the next English post we well take a look at some of the parts I managed to acquire and will use to build my own Hikari.  Until then stay trued and happy wheels!

   

2010年11月 5日 (金)

眠り姫 (光自転車)

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels!

古い自転車(昭和20年代後半から30年代前半)のファンの方から、愛車写真を送っていただくことは珍しくはありません。
しかし、複数持っている方から写真をいただくのは少ないです。
和歌山県のW-さんは4台以上あります。
そして、私のように外国人です。
最後にいいものを見つけるから、結構ついているようです。

以前ご紹介したW-さんの愛車3台。

カモメ号
Kamome1

協力号
Img_3295

菊帝号
6

これらも素晴らしいですが、光自転車には驚きました!
今年岡山県S-さんから頂いた「光自転車」のモデルに似ていますが、よく見るとモデルが少し違います。

これはレストア前の写真。
欠品はなさそうですね。
フレームに結構巻紙がまだ付いているところが多い。

100906_070947

蔵から出てきたそうです。
とても半世紀以上前のものに見えません。

注意点はいくつかあります。
まず、ダウンチューブのリアブレーキのテコ。
通常はダウンチューブの左側にありますが、今回は両側にあります。
すると、ハンドルに繋がるリアブレーキロッドはヘッドチューブの前で前ブレーキロッドの真後ろになります。

風切の中、この光号の風切 デザインが面白い。
私にはトンボの顔のように見えます。
昭和28年ごろ割に結構もモダンな感じ。
(Sさんの光号の風切)

100906_070657

ヘッドバッヂ は美しい。
色が鮮やかで七宝焼のようなものです。
ここで先ほど申し上げたリアブレーキの構造がよく分かります。
S-さんの光号と比較して下さい。
  (S-さんの光号と比較して下さい。)

100906_070712

このようなハンドルバッヂに付いていたのは高級モデルのみ。.

100906_070840

これは珍しい!
革製握り(グリップ)逆向きブレーキレバー。

100906_070918

サドルもすごい。
ハンモックサドルは当時珍しくはありませんが、その状態!
55年以上前の革サドルですよ!
通常はヒビだらけで弛んでいるが、これは蔵に保管されたお陰で美品。
フレームもう買った当時のフレーム巻き紙付き!
トップチューブもオリジナルフレームカバー付き!
まさに、眠り姫!
100906_071015

チェーンケースはセルロイド製 残念ながら割れていたので、代わりのものを見つけるまで取り外しましたそうです。
洗車・タイヤ交換後、まさに輝く光号。
Img_7424

デカール(転写マーク)も鮮やかでこの自転車は太陽をほとんど浴びていないことを語っています。
ハンドルがヘッドチューブに入るところに責任保証が付いています。

Img_7425

内装式のリアブレーキに付いていたのは高級なモデル。

Img_7428

コッターピン カバーやダイナモと鍵もオリジナルのようです。

Img_7431

泥除けに泥除けステーのバッヂ2個。
登録バッヂも!

Img_7426

高級車でとてもいい状態のものを見つけるのは奇跡と言っても過言ではありません。

Img_7430

私は2年前に レストアした光のフレーム(新古品)を完成車に向かってパーツを集めました。
そろそろ純正なパーツを諦めて今まで集めたパーツで組み立てみようかと思っています。

今回、写真を送って下さったW-さん、ありがとうございました。
もし、古い自転車(運搬車・実用車・軽快車など)お持ちの方がいらっしゃれば、是非愛車のお写真を送ってください。showajitensha@hotmail.co.jp

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »