« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

ダイナモ (ローラー交換)

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

この間手に入れた昭和30年ごろのダイナモ(発電機)。
当時の自転車と同じ様に頑丈で必要以上に出来ています(オーバーエンジニアリング)。
ケースはメッキで製造会社MITSUBA。
シールではなく、ちゃんとしたバッヂ。

このようなダイナモはずっと使えますが、交換しないといけない部品があります。
それはローラーです。
ローラーはタイヤに接触してタイヤの回転によりローラーが回ります。
ローラーは金属で出来ています。
タイヤはゴムで出来ています。
驚くことに、長く使うとローラーのギザギザ部分が磨耗して、すり減ってしまいます。
P1070173

よく見るとローラーのギザギザが鈍っています。P1070175

新品のローラーのギザギザがくっきりです。.
P1070176

当時のBEタイヤ(耳付き)タイヤ はちょうどダイナモが当たるところにギザギザの線が入っています。
これはローラーが滑らないため。
下記の写真の上をクリックして拡大して見て下さい。.
Img_9799_2 Img_9802_2

ローラー交換は非常に簡単ですが、専用工具があれば、さらに。.
これはローラーに固定するナットの取り外し用工具。.
P1070172P1070171

ローラーに固定するナット
P1070178 P1070179 P1070180

古いローラーと新しいローラーを上から比較すると一目瞭然。.
P1070182

新しいローラーを付けてナットを締め付けて完了。P1070183 P1070185

 

2011年4月21日 (木)

Tomishika Heavy Duty Carrier Bicycle

近いうちにまた日本語で投稿します。

This week we will take a look at a heavy duty carrier bicycle restored by the proprietor of Long Life Bicycles (長寿自転車商会)located in Komae City, Tokyo.

Before Restoration
Yulan_magnolia_21img600x45012992276

After Restoration
Img_9482

These iron mules were the backbone for transporting goods locally in the late 40's through the 50's.

Let's start at the front and work our way towards the rear examining some of the features of this bicycle.

The bicycle boasts a fine example of the typical type of fender ornaments found on bicycles just before or after 1950.  It also has an original BE (Beaded Edge) Dunlop tire.  Note the black enamel spokes which were popular back then.Img_9484

Here is a close up of the fender ornament.
The initials TMS stand for Tomishika, the brand.
Img_9531

The spoke bell and hand painted pin stripping are also indicative of bicycles from this period.
Img_9505

Here is something that I have never seen before.  Check out the brake pads. They are obviously much larger than those used on utility cycles from the same period.  These iron mules were much  heavier than utility cycles and were often pulling loaded trailers more commonly referred to in Japan as "rear cars".  Thus the need for larger brake pads.

What is also interesting to note is how the pads are attached.  There is no stopper for the brake pad.  The show would appear to slip out of its groove the moment the brakes were applied. Instead of the normal stopper, there is a bolt which runs through the pad itself. Img_9508

The fender stays are much larger in diamerter and heavier than those found on utility cycles.
Img_9485

The pin stripping on old bicycles is amazing.  A close look reveals that they were indeed hand painted.  You have to love bicycles like this that were crafted.
Img_9534

Fork guard mechanism.
Img_9536

Check out the head lug.  One piece.
The paint is over half a century old, but still retains its luster.
The deep ruby red head badge is cloisonne.Img_9535b

Here we see the trigger mechanism for the spoke bell.
The chome on the handlebars is again, over half a century old, but like the paint it still shines.
Note that the handlebars employ two different size diameters,  a larger diameter in the T-section and smaller diameter out toward the bar ends.
Img_9491

The propietor has added a sign advertising his shop Long Life Bicycles (Choju Jitensha=長寿自転車商会)。 The shop name certainly fits in with this bicycle.
Img_9516

The leather saddle is surprisingly well maintained and note the serious suspension on this one.
Img_9488

Under the saddle and connected to the seat tube is a trailer (rear car) hitch.
Img_9495 Img_9494

Seat tube also has a badge, very characteristic of bicycles from 1940s and 50s.Img_9502

The wheel base on these heavy duty carrier bicycles is l-o-n-g.
Over 130cm from the rear axle to front axle.
Note the relaxed frame and all the the space between the seat tube and rear fender.Img_9520

The bottom bracket is cottered, another telltale sign that this bicycle is at least 60 years or older.
Img_9524

That is one large rear rack.
Img_9500

The heavy duty carrier cycles had large tires, a normal utility bicycle would have a 1 3/8 inch rear tire, but heavy duty carrier cycles sported two inch rear tires or larger.
This particular one has the original 2 inch 4 ply Dunlop tire.
Img_9497

The rear fender stay is about as durable as they come.
Since these bicycles normally pulled trailers, the rear heavy duty fender stay was probably to protect it from close calls with the trailer.Img_9525

The rear racks for utility cycles attach to the rear hub, but for this heavy duty carrier cycle the rear rack attaches to the frame itself.
Img_9496b

The rear stand has an exclusive hook built-in for the spring.
Img_9540b

Img_9539

These iron mules took a real beating on a daily basis.  It is rare to find one in such good condition.  For fans desiring a close look, visit Choju Jitensha (Long Life Bicycle Shop).

〒201-0003
Higashi Izumi 1 Chome 5-13
Komae City, Tokyo

2011年4月13日 (水)

長寿自転車商会  富鹿 重運搬車

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

今週の土曜日(16日)は多摩川関戸橋フリーマーケット。
(先約があって行けず非常に残念ですが、10月は行きます。)

通常は11時~12時ごろに店仕舞いし始めるので、お早めに!
古自転車が好きな方は、その後多摩川自転車道に沿って約10キロの狛江市の長寿自転車商会に寄るのがお勧めです。

昭和20年代後半~30年代実用車だけではなく、最近店主さんがレストアした重運搬車も見られます。

レストア前
Yulan_magnolia_21img600x45012992276

レストア後
Img_9482

これは富鹿(トミシカ)の重運搬車です。

終戦後、重量物を運ぶために不可欠でした。
前から後ろに向かって特徴を少し見てみましょう。

風切りと、当時のオリジナルダンロップタイヤ・黒エナメルスポークImg_9484

風切り(赤い丸の中「TMS=トミシカ」)Img_9531

スポークベル・金と赤線引き
Img_9505

実用車のブレーキパッドより大きい。
ブレーキバッドの前止め金具の代わりに、取り付けボルトがブレーキパッド自体を貫通しています。
Img_9508

黒いエナメルスポーク。
泥除けステーは実用車よりはるかに頑丈。
昔の自転車の線引きが実にいい。Img_9485

よく見るとこれは職人さんが手書きで塗られています。
いい味。
工芸品という感じ。
Img_9534

フォークを補強する仕組み。
Img_9536

ヘッドラグも実用車と違って一体式の頑丈さが伝わります。
半世紀以上前の塗装はまだまだ輝いています。
ヘッドバッジは七宝焼で綺麗。
Img_9535b

ハンドルにスポークベルの引き金。
ハンドルのメッキもいい。
ハンドルが珍しい。
よくみると段差があり、補強のためでしょう。Img_9491

店主さんのお店「長寿自転車商会」。
Img_9516

革製サドルもいい状態。
こんなに頑丈なサスペンションはたまらない!
Img_9488

リアカーの接合機。
Img_9495 Img_9494

シートチューブにもバッヂが付いています。Img_9502

フレームが長い。
重運搬車の特徴の一つ。ホイールベースが長い。
(130cm以上あり)

Img_9520

コッター式のハンガーは古さを語ります。Img_9524

重運搬車の荷台はとにかく巨大。
Img_9500

リア車輪のタイヤは2インチです。
重量物の運搬のため普段の実用車(1 3/8) より大きい。
幅が広いだけではなくタイヤの厚みも違います。
当時のダンロップ製のタイヤが付いて4層になっています。
この頑丈さがたまりません!
Img_9497

リア泥除けステーの頑丈さにびっくり。
こんなに頑丈にする理由は?
リアカーを引っ張るからぶつかったりするから頑丈じゃないとだめ?Img_9525

実用車なら荷台がリアハブの軸に固定するが、これはフレームに。
初めて見ました。
Img_9496b

きらくスタンドのバネを付けるために専用フックがあり。
これもまた初めて見ました。
Img_9540b

Img_9539

こんなにいい状態の重運搬車は滅多に見れません。
ご興味がある方は是非、「長寿自転車商会」へ。 

annoy長寿自転車商会annoy
〒201-0003
東京都狛江市東和泉1丁目5-13

2011年4月 9日 (土)

長寿自転車商会・多摩川関戸橋自転車フリーマーケット

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels!

年に2回行なわれる「関戸橋自転車フリーマーケット」は4月と10月の第3土曜日。
次回は4月16日(土)。

もうすぐですね。
前回の様子は短いビデオクリップへどうぞ。
多摩川関戸橋自転車フリーマーケット2010年10月16日 Video #1

多摩川関戸橋自転車フリーマーケット2010年10月16日 Video #2

古い自転車の部品や自転車そのものは非常に少ないが、天気が良ければ、フリーマーケットの後、多摩川自転車道で約10キロ狛江に「長寿自転車商会」に寄るのがお勧めです。

P1090196

昭和30年代の自転車ぎっしり。
Img_8791

まるで昭和30年代のミニ博物館のようです。
店主は自転車業界に約60年で、昭和30年代の自転車の良さを知っている方で右に出る人はいないでしょう。
現役で自転車のレストアもされています。

最近レストアされたのは富鹿重運搬車です。

レストア前
Yulan_magnolia_21img600x45012992276

レストア後
Img_9481

長寿自転車商会は多摩川関戸橋から約12キロ。
多摩川サイクルロードの多摩水道橋で左折して世田谷通りに入り、1キロ先の狛江三又路の交差点左側にあります。
(下記の地図参照)

annoy長寿自転車商会annoy
〒201-0003
東京都狛江市東和泉1丁目5-13

2

Map_2

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »