« Tomishika Heavy Duty Carrier Bicycle | トップページ | Dynamo (Roller Replacement) »

2011年4月28日 (木)

ダイナモ (ローラー交換)

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

この間手に入れた昭和30年ごろのダイナモ(発電機)。
当時の自転車と同じ様に頑丈で必要以上に出来ています(オーバーエンジニアリング)。
ケースはメッキで製造会社MITSUBA。
シールではなく、ちゃんとしたバッヂ。

このようなダイナモはずっと使えますが、交換しないといけない部品があります。
それはローラーです。
ローラーはタイヤに接触してタイヤの回転によりローラーが回ります。
ローラーは金属で出来ています。
タイヤはゴムで出来ています。
驚くことに、長く使うとローラーのギザギザ部分が磨耗して、すり減ってしまいます。
P1070173

よく見るとローラーのギザギザが鈍っています。P1070175

新品のローラーのギザギザがくっきりです。.
P1070176

当時のBEタイヤ(耳付き)タイヤ はちょうどダイナモが当たるところにギザギザの線が入っています。
これはローラーが滑らないため。
下記の写真の上をクリックして拡大して見て下さい。.
Img_9799_2 Img_9802_2

ローラー交換は非常に簡単ですが、専用工具があれば、さらに。.
これはローラーに固定するナットの取り外し用工具。.
P1070172P1070171

ローラーに固定するナット
P1070178 P1070179 P1070180

古いローラーと新しいローラーを上から比較すると一目瞭然。.
P1070182

新しいローラーを付けてナットを締め付けて完了。P1070183 P1070185

 

« Tomishika Heavy Duty Carrier Bicycle | トップページ | Dynamo (Roller Replacement) »

パーツ関係 (Parts Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

たいへんご無沙汰しております。

山口自転車のレストアは諸々の事情により頓挫しております。

ダイナモのローラーだけなんてスモールパーツあるんですね…

山口自転車のレストアは諸々の事情により頓挫することになって残念です。
近い将来に乗り越えられてレストアが再開できますように。

ローラーのことですが、オークションで落札したパーツの中にいくつかのローラーが混ざっていました。
「これは自転車パーツではない」とずっと思っていました。ある日先輩からローラー交換の話を聞いて、「あれがローラーだ」と分かってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/51479037

この記事へのトラックバック一覧です: ダイナモ (ローラー交換):

« Tomishika Heavy Duty Carrier Bicycle | トップページ | Dynamo (Roller Replacement) »