« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

ゼブラ自転車 耳付き(BE)タイヤ 「謹製」

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

前回の投稿でも話しましたが、
古い自転車に6年間乗って、年間平均総合距離2,500km, パンクは一回のみ。
つまり、15,000Kmでパンクは一回だけ。

BEタイヤ(引っかけタイヤ)のお陰でしょうか。
BEタイヤはリム打ちに強い。
それはタイヤがチューブ丸ごとを包み込んでいるから
今回ご紹介するのは古いゼブラ自転車のBEタイヤ。

一見、ガラクタのようにしか見えないかもしれませんが、
ちょっとの手入れで宝に蘇ります。Img_0301

良く見るとトレッドにゼブラ(Zebra)のイニシャル「」が形成されています。
当時、社名や社ロゴをトレッドに浮き上がるように形成するのは珍しくありませんでした。
Img_0311_3 Img_0309_6

昭和33年のカタログからの写真です。
全てのタイヤ・トレッドに社名・社ロゴが形成されています。
P1080545

一つ見てみましょう。
タイヤトレッドに 英語でも日本語でも「THE BULL DOG TYRE ブルドックタイヤー」 とその上に社ロゴのブルドッグの顔も付いています。
P1080539

他の例として「MARUKA」「DUNLOP」「DUNLOP氏の顔」。

古いBEタイヤを蘇らせるのに欠かせないのは「ArmorAll」です。
Img_0324

水で洗って乾いたらArmorAllを掛けて20分後拭き取るとつやが出ます。


下の写真は純正のゼブラタイヤ。色は渋い赤茶色。
ゼブラトレードマークがあります。
面白いことに、昔は保険証もセブラ・マークの形でした。

Img_0322

ゼブラ自転車のルーツは人力車にあります。
ゼブラ自転車製作所の創設者「高橋長吉氏」は人力車を製造していたようです。
明治35年(1903年)ごろに英国の自転車をより良くして「セブラ號」及びゼブラ自転車製作所が誕生しました。

以前にもゼブラ自轉車を紹介しました。
ゼブラ自轉車の歴史は長く、昭和44年(1969年)ごろ光風自転車と合併して「ゼブラケンコー自転車(株)」に変わりました。

「ゼブラ自転車株式会社 謹製」とかいてあります。Img_0316

この「謹製」という言葉が好きでたまりません。
「謹製: 心を込めて、謹んで製造する」という意味。Img_0313
現在、世界中にメード・イン・ジャパンの自動車、オートバイ、家電製品など、非常に優れた品質が良く知られています。
終戦後、日本はゼロから這い上がってきました。
成功した理由の1つはこの「謹製」、つまり職人さんが心を込めた物作りではないでしょうか。
P1070697

ゼブラ自転車のファンは石川さんのページをご覧になって下さい。

2011年5月20日 (金)

Tire Tube

次回、新しい記事を日本語で投稿します。

It is hard to find NOS (new old stock) BE (Beaded Edge) tires from the 1950's, but it is even more difficult to find NOS tubes.

But as always "seek and you shall find" has paidoff.  I obtained a pair of NOS tubes and got them for next to nothing because the majority of the people out there are under the false impression that "old" is "no good".
Img_8615

As with nearly every part on bicycles from the 1950's, even the tire tubes bear the manufacturer's name, MITSUBOSHI TUBE, MITSUBOSHI BELTING LTD.  Note the grey patch at the base of the valve something you won't see on today's tubes.  If a manufacturer is going to go to this extent to put their name on a product, you know it has to be good.
Img_9963

The vale stem is a Woods valve stem (also known as a Dunlop valve stem).

There are basically three types of valve stems
1. Presta (French)
2. Schrader (US)
3. Woods or Dunlop (British)  This is actually the oldest type of valve stem, and still in use today in many countries (Japan, India, Russia, the Netherlands, Germany, Finland, Sweden, and developing countries).
When the Japanese began making bicycles they learned from the British.  Thus many of the British standards are reflected in old Japanese bicycles.Img_9947
The metal piece at the bottom of the valve stem is known as the plate washer.  This is also something you won't find on today's bicycle tubes.

BE tires rarely get a puncture, as the beauty of these wonderful tires is that they completely envelope the tube to protect it. In fact, in the six years that I have been riding old bicycles, I have only had one puncture.  And I ride over 2,500 kilometers a year.

That said, however, with the Woods valves, as most of you already know, if the tire ever goes flat, the first thing to check is the rubber tube (seal) on the plunger (core).    If the rubber tube (seal) becomes old it may develop a crack causing a slow leak resulting in a flat.  The length of these rubber tubes is normally long enough so that they can be readjusted. Even replacement of the rubber tube itself takes less than three minutes and is a real timesaver compared to patching a tube.
Img_1757_2

Img_9956_english

The rubber seal must be positioned correctly above the neck and snug with the head of the plunger.  Since the rubber tube forms the seal inside the valve body, over time it typically wears at the neck (red arrow below).  Simply remove the rubber tube cut off the bad portion and refit. Or, remove and refit from the opposite end.
P1100837a

Img_9962

2011年5月13日 (金)

タイヤ チューブ

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~30年代のBEタイヤ(耳付きタイヤ) 新古品は結構珍しい。
当時のチューブはさらに珍しい。

先日、当時の未使用チューブを手に入れました。
Img_8615

さすがは当時のパーツ。ちゃんと製造会社の名前が書かれています。
「MITSUBOSHI TUBE, MITSUBOSHI BELTING LTD」
その灰色の楕円の名称はパテゴムと言います。
現代のチューブには、このような「パテゴム」は見かけません。
ここまではっきり会社名を入れるには、相当な自信や誇りを持てないと入れられません。
Img_9963

バルブは英式。
基本的にバルブは主に3種類。
(仏式=Presta Valve、米式=Schrader Valve、英式=Woods Valve or Dunlop Valve)
この「英式」は最も古いデザイン。
日本は英国から自転車を学んだので、当時の国産車はバルブに限らず、
英国の規格がよく反映されています。Img_9947
ベースにある「座金」も現代のチューブに付いていません。

皆さん方もう分かるかと思いますが、パンクしたら、チューブを確認するのに時間が掛かります。
チューブを確認する前に、必ず「虫ゴム」(下記参照)を確認した方がいいです。
よくあるのは、この虫ゴムが古くなって空気が抜けてしまうことです。
YouTube参照

Img_9956

Img_9962

2011年5月 5日 (木)

Dynamo (Roller Replacement)

次回、日本語で新しい記事を投稿します。

Here's an old friction dynamo typical of those found on bicycles in the 1950's.  These are often referred to as "bottle generators" due to the resemblance in shape.  Like most parts on bicycles from the 1950's it is over-engineered and will, or may already have, outlived its original owner.  The entire casing is steel and completely chromed.  Note that the manufacturer MITSUBA is proudly displayed, not with a cheap paste on label, but with a badge that is riveted to the chrome case.  If one is going to go to that much trouble to put one's name on their product, you can be sure that it is good quality. 

As over-engineered as these old bottle gernerators were, one part requires replacement.  It may come as a surprise to some people but the metal roller on top, which makes contact with the sidewall of the tire to drive the generator, will actually wear away over time. 
P1070173

The peaks on the ridges have worn down over the years and have become dull.P1070175

Note the sharp peaks on the ridges of the replacement roller.
P1070176

In the old days the BE (Beaded Edge) tires had tracks molded into the rubber to improve traction for the dynamo roller.  Note the fine lined tracks in the photos below.
Click on photo to enlarge.
Img_9799_2 Img_9802_2

Replacing the roller is simple but it helps to have the right tool.
This is the T-spanner used to remover the nut which secures the roller to the dynamo's spindle.  The manufacturers included one spanner per case when shipped to shops.
P1070172 P1070171

A very thin walled socket might also work but this tool makes the job a snap. P1070177 P1070178 P1070179 P1070180

In the photo below it is apparent how dulled  the original roller has become.
P1070182

Simply slip the new roller on tighten down and the dynamo is ready for another quater of a century of maintenance free riding.
P1070183 P1070185

 

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »