« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

サイクル ギャラリー ヤガミ

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

サイクル・ギャラリー・ヤガミに行ってきました。
フランス・イギリス・ドイツ・アメリカなど約200台のオリジナル自転車が展示されています。
1800年代初期ホビーホースから1950年代クルーザーまでの個人コレクションです。
ガラスディスプレーやバリケードで仕切られているのではなく、触われるくらい近づけます。
自転車のみならず自転車に関するあらゆるものも展示されています。
Img_1382

盛りだくさんの自転車。
Img_1379

1800年代初期純粋なホビーホース
Img_1384

1880年代ごろのオーディネリー(ダルマ)自転車.
Img_1385

1900年代前後のセーフティ自転車
Img_1383

1800年初期から自転車の歴史をなぞってみると、人間の創意工夫は実に素晴らしい。

フォークとリアサスペンションを見てください。
(下の写真をクリックすると拡大されます)
Img_1373 Img_1387

アメリカ製
Img_1377

Phantom (ORIGINAL!!!)
1950年代アメリカ人男の子全員の、夢の自転車!!.
Img_1378

とてもユニークなデザインのBowden Spacelander
Img_1376

恐らく、国内で一番大きな個人コレクションでしょう。
このような素晴らしいギャラリーの入場料は驚くことに無料です。
このギャラリーは自転車そのもの、自転車歴史などが大好きな八神氏によって作られました。
終戦後、昭和22年に自転車の輸出を始め、半世紀以上世界中を回って各国の、自転車あるいは自転車関係のものを集めた八神氏。
注: 戦後、日本政府に海渡は強く規制されていた。
   特別許可が必要で、業務や留学くらいに制限。
   日本人が自由に海外に行けるようになったのは昭和39年(1964年)。
   それでも1人年間1回限りの規制。   

2時間ほど流暢な英語で、特に珍しい自転車と歴史、また半世紀携わった自転車輸入での経験を教えてくれて、楽しくとても勉強になりました。
自転車あるいは自転車の歴史が好きな方にお薦めです。

サイクル・ギャラリー・ヤガミ

2011年7月22日 (金)

Cycle Gallery Yagami (Nagoya, Japan)

次回この記事の日本語版を投稿します。

Imagine if you can visiting a private bicycle museum with nearly 200 original bicycles predominantly from France, England, Germany the USA, ranging from the earliest wooden Hobby Horses of early 1800's to balloon tire cruisers from the 1950's. Bicycles not behind protective glass displays or roped off, but bicycles you can actually see up close.  Not only bicycles, but bicycle memorabilia that spans the full spectrum of bicycle history.
Img_1382

Bicycles, bicycles and more bicycles.  Surely, this must be what heaven looks like?
Img_1379

Genuine Hobby Horses from the early 1800's.
Img_1384

Ordinary bicycles from the 1880's.
Img_1385

Earliest Safety bicycles from around the late turn of the century.
Img_1383

One cannot help but admire human ingenuity as one traces the development of the bicycle through the numerous displays.  Rare examples of bicycle designs and technology abound.
Example:  Click on the photo below and check out the design of the front fork and the rear shock absorber behind the saddle.
Img_1373 Img_1387

American bicycles
Img_1377

Schwinn Phantom (ORIGINAL!!!)
Every American boy's dream bicycle back in the 1950's.
Img_1378

Bowden Spacelander another rare example of human ingenuity applied to bicycle design.
Img_1376

How much would it cost to tour such a marvelous museum complete with guided tour?
\2,000 yen?   Nope.  \1,000 yen?  Nope.  Nothing.  That's right, the museum is a work of love by Mr. Shiro Yagami, probably Japan's largest private bicycle collector.  At 81 years young, Mr Yagami is as sharp as a whip and conducted the entire tour in perfect English. His extensive knowledge of bicycles, history and engineering is amazing. I highly recommend visiting this wonderful private collection and meeting Mr Yagami.
(By appointment only, Saturday's only.)

Cycle Gallery Yagami

2011年7月13日 (水)

レストア 【雑誌】

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

先日、本屋さんで「自転車レストア」という雑誌を見つけました。
珍しい!
Img_1112
レストアするための情報がぎっしり!
レストア雑誌には、オールド・タイマーがありますが、自動車レストアがメインで、自転車の話はあまり出てきません。

約半世紀前にアメリカのボストン郊外で生まれ育った私は、古いものを購入して直すのが当たり前でした。
当時は現代のように、使い捨てやすぐに買い替えることはあまりなかったような気がします。
壊れたものはとにかく直してみるか直してもらう。

お金は親からではなく、自分で稼ぐ。
新聞配達や草刈り、雪掛けや洗車、家のペンキ塗りやベービシッター等など、近所の便利屋のような仕事。
14~15歳ころ少しずつお金を貯めて、16歳(運転免許)を目指して中古オートバイかスクラップのような中古車を購入して直して行くのが普通でした。

この自転車レストア雑誌の出版社は「自転車生活」と同じエイ出版社で、本屋さんになくても
Amazonジャパンで購入出来ます→自転車レストア&カスタム
Img_1069

「運ぶ自転車」のテーマで、長寿自転車商会のオーナーが見事にレストアした重運搬車も出ています。
Img_1118

2011年7月 8日 (金)

Shige-san's Blog (A Wealth of Information)

来週、日本語で新しく投稿します。

There are many things that make restoration difficult and certainly one of them is information.  Getting photos and other information on bicycles that were manufactured over a half century ago is not easy.  The vast majority of the manufacturers are long gone.  A little over a year ago when I was searching for information to help me with parts for a NOS Hikari frame, I received an email from Shige-san with quite a few photos on Hikari bicycles.
Photo

Shige-san is the proud owner of a very nice Hikari bicycle.
Sdsc02324

So nice in fact, some of you may recall I used it as an example and ran a five consecutive post series on just how many times a company name/logo appears on one bicycle.  It turned out that the Hikari mark or manufacturer's name DNB (Dai Nippon Bicycle) appeared approximately 120 times.
Company Name/Logo 1
Company Name/Logo 2
Company Name/Logo 3
Company Name/Logo 4
Company Logo/Name 5

Shige-san not only has several vintage bicycles, but lots of parts and is well known among collectors. Shige-san operates a blog in Japanese on vintage Japanese bicycles. Since the blog is in Japanese, and thus provides a major challenge as far as navigation goes for non-Japanese, I have provided links below to several models which appear on Shige-san's blog. 

Eirin, Katakura Silk, Kawamura, Miyata, Sekine, Noritsu, Bridgestone,, Nichibei Fuji (Hao), NichibeiFuji, Yamaguchi, Marukin, Maruishi, Mayam, Mitsuba, Hidori, Mistubishi Juji, and others. 

Be sure to check out Shige-san's Nichibei Fuji (Hao) which he is in the process of restoring.

There's lots more to see, just play with the links on the left side of the page.

Shige's Bicycle Diary

2011年7月 3日 (日)

古き良き自転車のブログ紹介【お勧め】

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels!
一年以上前のことです。

古き良き自転車が好きな「Sさん」から連絡をいただきました。
Sさんは結構古い自転車もパーツも多いのみならず、人脈がかなり広いです。
当時、大日本機械工業の新古品光フレームをレストアする企画最中で、光号の情報を集めているところでした。
Photo

Sさんは実に素晴らしい「光号」の持ち主で、写真を何十枚も送信してくれました。
Sdsc02324

その光号を取り上げて「マーク入り(社名・社ロゴ)」の5回連続投稿をしました。
この一台に約120箇所ほど社名・社ロゴが付いています。
マーク入り(社名・社ロゴ)①」
「マーク入り(社名・社ロゴ)②」
「マーク入り(社名・社ロゴ)③」
「マーク入り(社名・社ロゴ)④」
「マーク入り(社名・社ロゴ)⑤」

光号だけではなく、あの有名な日米富士の覇王号を所持され、徹底的にレストアしています。

Sさんのブログは、写真が多くてレストアする実用車ファンには大変良い参考になります。
片倉シルク号、カワムラ自転車、ミヤタ(ギア・M)、セキネ、ノーリツ号、日米富士、山口自転車(マルワイ)、マルキン、丸石、メヤム等などあります。

是非、一度ご覧下さい。

しげPの自転車日記

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »