« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月18日 (日)

ペダル スピード雑誌 (Pedal Speed Magazine)

11月末発売の自転車雑誌ペダル・スピードに昭和自転車コレクションが掲載されています。
Japanese utility bicycles are featured in the recent edition of Pedal Speed which went on sale in Japan at the end of November.
P1120184

表紙の上のところ「昭和実用自転車大集合」。
Right on the front cover at the top it reads in large bold type "Large Collection of Vintage Japanese Utility Bicycles."

P1120187

山田芳弘さんの素晴らしい撮影技術により、実用自転車の工芸品のような凝った作りの細部まで良く分かります。
Some excellent photography by Yoshiro Yamada captures the fine details of these exquisitely crafted machines.

Anjite

P1120212 P1120213

P1120188
12ページにわたる大特集です。
興味がありましたら、書店またはネットにてお求めください。→

2011年12月11日 (日)

ブラック・エナメル塗装

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~30年代ごろの自転車の特徴は「現代の作りと違う 前半」「後半」にまとめてあります。
しかし、それは全てではありません。
前回の投稿は黒車体に金線引きを見みましたが、黒車体そのものはどうでしょうか。

良く考えると、最初に登場した鉄かセルロイドで作られた主な商品は黒色でした。
自動車, 電話ミシン, タイプライター, ラップトップ など元々黒しかありませんでした。

自転車は例外ではありません。
ブラックはベーシック。
当時の塗装は実に素晴らしい。
一般的には下塗り(えび茶色)の上に黒エナメル3層。
当時のブラックエナメル塗装に何で出来ているか分かりませんが、コンパウンドだけで甦らせられます。
下記の写真を上にクリックして比べあって下さい。
また、「ゴミから宝へ」のビデオ を見て下さい。
Anjite_before_after

昭和20年代後半は、 自転車は貴重なものでした。
当時は庶民の唯一の交通手段。
2~3ヶ月分の給料が掛かり、税金対象でまるで現代の自動車の地位のようなものでした。
黒が多かったのは自転車は贅沢品ではなく、必要品だったでしょう。
交通手段や運送。
しかし、社会はだんだん裕福になればなるほど、自転車の位置づけが変わります。
つまり、自動車社会に変わり、自転車は必要ではなく、遊び道具と位置づけされます。
昭和20年代後半~30年代前半の自転車カタログのラインアップもこのことをはっきり語ります。
25年のカタログでは、99%の自転車黒、残りは濃い緑くらい。
しかし、35年のカタログには明るいレッド、グリーン・ブルーなど。
軽快車のモデルが増え、運搬車が減り、日本の成長及び自動車社会の転換期。

元の話に戻ります。
当時ほとんどの自転車は黒でした。
駅の駐輪場は全部黒い自転車で似たようなモデルで、自分の自転車がどれか簡単に見つからないでしょう。
そのため、当時は後ろ泥除けに白いペンキで私有車なら名前、店の自転車なら店の名前など書く習慣がありました。 写真の上をクリックすると写真が拡大、リア泥除けに注目)
Dsc06643
Dsc06646

この「北越訓練」を調べてみましたが、残念ながら何も分かりませんでした。
しかし、どのようなところだったか気になります。

ちなみに上記の自転車は、歴史が長くて有名な水谷輪業の「セラフ号」です。
当時の凝った作りや黒エナメル塗装が実に素晴らしい
Img_9211
レストアの写真などこちらへ。

昔の凝った作りが今も続いています。
現在、ミズタニ自転車株式会社はオリジナルブランドのSeraphを出しています。
かっこいいです!!

2011年12月 3日 (土)

Black Enamel

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the last English post we looked at the gold pin striping which was one of the distinctive features of vintage Japanese bicycles from the 1950's but not included in the videos They Don't Make Them Like They Used to Part 1 and Part 2. I think you will agree the gold pin striping is a classic accent, but what about the black frame?

Strange.  Most products start out as black. Think about it. Most products made of iron, steel, celluloid, plastic, first started out in black.  Early automobiles, telephonessewing machines, typewriters, laptops, were originally BLACK.

Same for bicycles. Black is basic.  The black enamel used on bicycles from the 1950's is amazing.  Frames were typically coated with a dull maroon primer and then three layers of black enamel.  Don't know what was in the enamel but it is certainly quality materials as with just rubbing compound the paint comes back to life with a rich luster. Click on the photo below and compare.  Or, watch the video Trash to Treasure.Anjite_before_after

In the early 1950's Japan was just starting to rebuild.  Bicycles were the only affordable mode of private transportation for most families, costing two to three months' salary.  So, in real terms, bicycles held the status of today's automobile.  The reason for black is mainly due to the fact that bicycles were predominantly workhorses, used to transport goods as well as people. Gradually as a society becomes more affluent there is a shift to automobiles and the bicycle is no longer a necessity and graduates to a leisure item.  This can easily be seen in catalogs from 1950- 1960.  In a catalog from the early 1950's ninety-nine percent are black, with the exception of a dark or drab olive green.  But by 1960 and thereafter the lineup of colors increases. This coincides with Japan's growth and shift from bicycle as a necessity to a leisure item.

Imagine if you will nearly all bicycles were black.  Since bicycles were the only affordable mode of private transportation, one can easily imagine the confusion that arose when attempting to find one's bicycle parked amongst hundreds of others at a crowded train station. Thus, people would paint their name, the name of their store, establishment, etc., with white pant on the back of the rear fender.  Click on the photo below and note the name of the establishment or institution on the rear fender.
Dsc06643
Dsc06646

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »