« Black Enamel | トップページ | ペダル スピード雑誌 (Pedal Speed Magazine) »

2011年12月11日 (日)

ブラック・エナメル塗装

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~30年代ごろの自転車の特徴は「現代の作りと違う 前半」「後半」にまとめてあります。
しかし、それは全てではありません。
前回の投稿は黒車体に金線引きを見みましたが、黒車体そのものはどうでしょうか。

良く考えると、最初に登場した鉄かセルロイドで作られた主な商品は黒色でした。
自動車, 電話ミシン, タイプライター, ラップトップ など元々黒しかありませんでした。

自転車は例外ではありません。
ブラックはベーシック。
当時の塗装は実に素晴らしい。
一般的には下塗り(えび茶色)の上に黒エナメル3層。
当時のブラックエナメル塗装に何で出来ているか分かりませんが、コンパウンドだけで甦らせられます。
下記の写真を上にクリックして比べあって下さい。
また、「ゴミから宝へ」のビデオ を見て下さい。
Anjite_before_after

昭和20年代後半は、 自転車は貴重なものでした。
当時は庶民の唯一の交通手段。
2~3ヶ月分の給料が掛かり、税金対象でまるで現代の自動車の地位のようなものでした。
黒が多かったのは自転車は贅沢品ではなく、必要品だったでしょう。
交通手段や運送。
しかし、社会はだんだん裕福になればなるほど、自転車の位置づけが変わります。
つまり、自動車社会に変わり、自転車は必要ではなく、遊び道具と位置づけされます。
昭和20年代後半~30年代前半の自転車カタログのラインアップもこのことをはっきり語ります。
25年のカタログでは、99%の自転車黒、残りは濃い緑くらい。
しかし、35年のカタログには明るいレッド、グリーン・ブルーなど。
軽快車のモデルが増え、運搬車が減り、日本の成長及び自動車社会の転換期。

元の話に戻ります。
当時ほとんどの自転車は黒でした。
駅の駐輪場は全部黒い自転車で似たようなモデルで、自分の自転車がどれか簡単に見つからないでしょう。
そのため、当時は後ろ泥除けに白いペンキで私有車なら名前、店の自転車なら店の名前など書く習慣がありました。 写真の上をクリックすると写真が拡大、リア泥除けに注目)
Dsc06643
Dsc06646

この「北越訓練」を調べてみましたが、残念ながら何も分かりませんでした。
しかし、どのようなところだったか気になります。

ちなみに上記の自転車は、歴史が長くて有名な水谷輪業の「セラフ号」です。
当時の凝った作りや黒エナメル塗装が実に素晴らしい
Img_9211
レストアの写真などこちらへ。

昔の凝った作りが今も続いています。
現在、ミズタニ自転車株式会社はオリジナルブランドのSeraphを出しています。
かっこいいです!!

« Black Enamel | トップページ | ペダル スピード雑誌 (Pedal Speed Magazine) »

レストア関係 (Restoration Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

昭和レトロ自転車 (Vintage Bicycles)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/53354891

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・エナメル塗装:

« Black Enamel | トップページ | ペダル スピード雑誌 (Pedal Speed Magazine) »