« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月28日 (土)

なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車が良いのか(第1回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

レストアプロジェクトを探す時、なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車が良いのでしょうか?
(写真の上をクリック)
Img_0376

1.非常に少ないがまだ頑張れば手に入る
戦前にもいい自転車があったが、台数が極めて少なく手に入りにくい。
昭和初期の日本は 統制経済への下り坂。
昭和7年、商工省令によって日本自転車業界に生産統制が行わました。
そして、第二次世界大戦で状況がますます厳しくなったのでした。
多くの自転車工場は軍需資材用工場に変わり、自転車が統制生産されました。
戦争が長引けば長引くほど資源がなくなり、銃後として金属の回収指示(お寺の鐘・橋の欄干・自転車・ミシン・学校前の金次郎像・子供の玩具まで)が回収され、軍用品に生まれ変わりました。
戦前は自転車台数は凡そ千万台でしたが、終戦はその半分になってしまったのです。

戦後。
軍需用工場が平和産業(自転車など)に変わり、自転車の需給が高くなりました。
しかし、まだ経済は混乱、配給制度も続いており、資材不足で特にゴム(チューブやタイヤ)は手に入らず、「幽霊自転車」(タイヤが付いていない自転車)が販売されたそうです。
昭和20年代後半に入って統制経済から自由経済へ、輸入枠が緩和され、資材がだんだん入るようになり、自転車工業が全体的によくなり始めていきました。
競争が激しくなるにつれ、よりよいものが生み出されるようになっていったのです。

次回に続く。

2012年1月21日 (土)

Why the 1950's? (Part 1)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In this post I will begin addressing why I focus on Japanese bicycles from the 1950's.
(Click on photo below)
Img_0376_2

1. Availability
One obvious reason is availability.  In 1932 Japan's bicycle industry started a long downward trend as it shifted from a free enterprise to a state controlled enterprise.  Things became increasingly worse as Japan entered WWII with a decline in bicycle manufacturing as many plants were converted to munition plants to support the war effort.  Lack of resources escalated the situation, many a bicycle was donated to scrap drives to be melted down and used for munitions.  It is estimated that there were 10 million bicycles in Japan at the start of the war, by the end of the war that number was halved. 

After WWII there was a great demand for bicycles and many munition plants were converted to peacetime production, including bicycles.  But materials were rationed, and anything manufactured would sell on the black market regardless of quality.  Rubber for tires was so scarce that in some instances bicycles were sold without tires.  So the materials and quality of bicycles were questionable, but by the early 1950's things were gradually improving and there was a shift from a state controlled economy to free competition.

In the next English post we will continue our look at why the 1950's is so special in the Japanese bicycle industry.

2012年1月14日 (土)

昭和20年代後半~30年代前半の自転車を中心にレストアしている理由

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

今年こそ基本に戻り、最も多くいただいた質問を取り上げて投稿します。

なぜ昭和20年代後半~30年代前半の日本製自転車を中心にレストアしているのですか。

私にとって最も実用的な自転車は、昭和5年~30年代前半ごろの英国の(ラレー、サンビーム、BSA等など)自転車です。
デザイン的にも機能的にも当時の英国製自転車は実に頑丈で、持ち主の寿命を上回る例は少なくはありません。
鉄製でフル泥除けもチェィンケースも付き、内装3段リアハブとダイナモ、サスペンション付き革製サドル、ニッケルやメッキパーツ等など。
しかし、私は日本に住んでいるので、英国自転車は手に入りにくいです。
そこで、20年代後半~30年代前半の日本製自転車は その英国製の実用自転車に近いことに気付きました。
それには理由があります。
日本は主に英国から自転車の仕様を取り入れました。

下記の写真(2枚)をクリックして拡大してみてください。(昭和25年の英国製自転車と昭和28年の日本製自転車の共通点が多い)

昭和25年ごろラレー軽快車
(写真はEnglish Roadsters Bicyclesを使わせていただいてます。)Raleigh_roadster_1950_17jun2007a

昭和28年日本製実用車
Img_0948
次回は、なぜ昭和20年代後半~30年代前半が特別であるかを簡単に取り上げます。

2012年1月 7日 (土)

Why do you exclusively restore Japanese bicycles from around the 1950's?

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in the previous post, this year I will periodically answer some of the more frequently asked question.

Why do you exclusively restore Japanese bicycles from around the 1950's?

The Japanese originally adopted bicycle design and standards from the British.  Japanese bicycles from the 1950's are similar to what I consider to be the finest all-round bicycles, British roadsters/utility bicycles from around 1930's through 1950's  (Raleigh, Sunbeam, BSA, etc).  In terms of form and function roadsters/utility bicycles are extremely durable and many out lived their owners.  These were all steel, low maintenance bicycles complete with full fenders, full chaincases, technically advanced internally geared rear hubs, built-in front or rear dynamos, sprung leather saddles, nickel or chrome plated parts, etc. 

Click on the photos below and the general similarities are quite obvious.

1950 Raleigh Roadster (click to enlarge)
(Photo courtesy of English Roadsters Bicycles)Raleigh_roadster_1950_17jun2007a

1953 Japanese Utility Bicycle (Click to enlarge)
Img_0948
In the next English post I will go into greater detail as to why Japanese bicycles from the 1950's are so special.

2012年1月 3日 (火)

Happy New Year!

明けましておめでとうございます。
Happy New Year.
Img_9269

昨年は、国内外からの問い合わせメールや、新聞・雑誌・テレビ取材などもあり、忙しく充実の一年でした。
しかし、昭和20年代後半昭和30年代前半自転車の良さを少しずつより多くの方々に理解していただき、嬉しいです。
Last year was quite a hectic year trying to keep up with all the email from both inside Japan and overseas, along with interviews from newspapers, bicycle magazines and television programs. (Whew...)  But I'm glad to see that little by little people are gaining an appreciation for classic bicycles from around the 1950's. 

今年こそ、基本に戻り、最も多くいただいた質問を取り上げて投稿しようと思います。
お楽しみに。
This year I aim to finally get around to taking some of the more frequently asked questions and putting them into posts.
Stay tuned, more coming soon.

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »