« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

Why the 1950's (Part 6)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Img_0382_small

In the previous five posts in this series (Part 1), (Part 2), (Part 3), (Part 4), (Part 5) we examined external factors that had a direct impact on shaping bicycle manufacturing early after the war; thereby greatly contributing to making bicycles from 1950's so exceptional.

In the second half of this series we will focus on the practical aspects of why bicycles from the 1950's are truly exceptional.  With automobiles out of reach for the vast majority of households, the emphasis on bicycles was that they be good reliable transportation. Not flashy, not lightweight, not super fast, not high-tech, just simple solid dependable transportation. Thus, bicycles from the 1950s were rugged, practical, easy to maintain, comfortable and when viewed up close crafted works of art. 

Let's take a look at the first item:  Rugged
Road conditions in the 1950's were rather deplorable by today's standards.  In addition, the role of bicycles in transporting people and goods, many times with trailers (called rear cars in Japanese) , dictated that bicycles had to be rugged to conquer the unpaved roads and carry or haul heavy loads.  Bicycles were all steel lug constructed frames with fairly wide tires by today standards, BE tires (26x 1 3/8).
P1120440_2

P1120885

Rugged as they were, bicycles took quite a beating.  To keep them in working condition, bicycle shop catalogs from this period have what were known as "reforming tools". Most of these were "straighteners" to take the bend or buckle out of forks, frames, chaincases, handlebars, rims, crank arms, pedals, etc.  This is an entire subject in and of itself, old tools are fascinating and in the future I will devote an entire series to this topic.  However, for reference, one example is provided below; a pedal and crank arm "reformer".

P1130278

2012年4月22日 (日)

多摩川(関戸橋)自転車フリマ Tamagawa (Sekidobashi) Bicycle Flea Market

↓Scroll down for English ↓

関戸橋は家から短距離(約12キロ)なので、軽運搬車で行って来ました。
朝6時45分に着いて「驚き」!
今回、人が圧倒的に少なかったです。
P1130310
確かに寒かったですが、きっと他に理由があるはずです。
いろいろな方から聞いたら、今回は出店を控えたとのこと。
このようなゲリラフリマはあまりに拡大し過ぎ、近隣の方々に迷惑になっているようです。
そこで、秋に向かって場所を京王閣競輪場に変えてもっと正式に行なう方向に進んでいるようです。
いい話ですね。(銀輪庵

Sekidobashi is a short ride (12 kilometers)  from my residence.  I arrived a little late (6:45) and was shocked to find so few people.  Admittedly the weather was not ideal, and certainly on the cold side, but that doesn't stop bicycle enthusiasts. Surely there had to be another reason.  According to several people the event has grown and attracts too many people, so many that it has become a nuisance for the surrounding community.  Thus, people are boycotting the event and some are even trying to organize a formal bicycle flea market for the fall at the Tokyo Oval Keiokaku which is only a few kilometers from Sekidobashi.  This is good news not only for the surrounding community, but for all bicycle enthusiasts as well.

2012年4月14日 (土)

多摩川(関戸橋)自転車フリマ&長寿自転車商会 Tamagawa (Sekidobashi) Bicycle Flea Market & Long Life Bicycle Shop

↓↓↓For English version, scroll down, way down....↓↓↓Img_8007
もうすぐ多摩川自転車フリーマーケットrun
毎年、4月と10月の第3土曜日に多摩川関戸橋で行われます。
今年は4月21日(土)です。
今回は晴れますようにsun
前回はあいにく雨でしたrain

このフリーマーケットは早朝に始まります。
朝6時にもう店開きしている方もいます。
7時ごろ全力活動。
店じまいは大体正午頃なので、「早起きは三文の徳」。

ビンテージ自転車が好きな方は、フリーマーケットの後、多摩川サイクルロードで狛江市の長寿自転車商会までのポタリングが(約11Km)お勧めです。

「長寿自転車商会」は創業50年以上の老舗です。
私は昭和20年後半~30年代前半の自転車をレストアするのが好きですが、情報が非常に乏しい。
しかし、長寿自転車商会の店主(師匠・谷田部氏)は知識が豊富で、いろいろご丁寧に教えて下さり、とても助かっています。

英字新聞にも掲載されました.
P1090195
店に入るとまるでタイムスリップするようです。
壁にビンテージ実用車やスポーツ車などが飾られています。
例えば、50年以上前に製造された高級車のミドリ実用車。Img_7679

クラシックな軽快車・実用車などあり、まるでミニ博物館のようです。.P1090205 P1090207P1090843

師匠はビンテージ自転車への情熱は無限。
昨年、レストアなさった富鹿の重運搬車自転車生活という雑誌に掲載されました。 

Img_9543

関戸橋→狛江市の長寿自転車商会まで。

長寿自転車商会
〒201-0003
東京都狛江市東和泉1丁目5-13

2

Map_2


The bi-annual Tamagawa Sekidobashi Bicycle Flea Market is just around the corner.  Held on the third Saturday of April and October, along the banks of the Tamagawa river, the flea market is a great place to make connections with fellow cyclists of every genre.  Saturday, April 21st.

The last one was a washout.rain
Keeping my fingers crossed that this time it will be sunny.sun

The early bird gets the worm, so get there early.  It is not uncommon for people to set up shop before 6am!  Certainly by 7am things are in full swing and by 12pm most people are closing shop.

If you like vintage Japanese bicycles after the flea market, I recommend visiting Chojujitensha Shokai (Long Life Bicycle Shop) in Komae City which is a mere 11 Km and a nice easy ride along the Tamagawa bicycle road.

At Chojujitensha Shokai 長寿自転車商会 (Long Life Bicycle Shop)  you'll find
my dear friend and mentor Mr. Yatabe, an 83 year young living encyclopedia on vintage Japanese bicycles. Check out an article written by fellow vintage bicycle enthusiast and restorer Louis Templado.

P1090195
Upon entering the shop one literally steps back in time.  Adorning the walls of the tiny shop are vintage Japanese bicycles some dating back over 50 years.  A pristine example is the high-end utility bicycle manufactured by the Midori Bicycle Company.Img_7679

Early sports models and other vintage bicycles line the walls.P1090205 P1090207P1090843

Mr Yatabe's passion for vintage Japanese bicycles is unlimited.  Last year at age 82 he restored a Tomishika heavy-duty carrier cycle. This bicycle appeared in JITENSHA SEIKATSU bicycle magazine.

Img_9543

To get there from Sekidobashi, follow the bicycle path along side Tamagawa east bound until Tama Suidobashi, left on to Setagaya Doori and the shop is about a kilometer ahead on the left.
(Click on the map below)

長寿自転車商会
〒201-0003
東京都狛江市東和泉1丁目5-13

Map_2

2012年4月 7日 (土)

なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車が良いのか第5回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

Img_0368_small_2

前回に引き続き、なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車が良いのかを見てみましょう。
この連載の (第1回)で取り上げたように、軍需工場は戦後、平和産業に転換されました。
従って、この転換工場は精度が高い工作機械がありましたが、(第2回)に取り上げたように、工業仕様標準化は自転車工業を普及するまで約10年(昭和28年~38年)掛かりました。
これと自動化の遅れ
(第3回)とを合わせ、自転車作りは主に手で行なわれ、それは工芸品と言っても過言ではありません。
軍需工場から自転車工場に転換した製造会社(第4回) は、その技術者と職人達で、高い需要と競争の中、実用車の黄金時代を築きました。

当時、日本では庶民が唯一手に入る個人交通手段でした。
自転車は2ヶ月分の給料が掛かり、交通や物運びに不可欠でした。
現代の自動車ほど地位が高くて非常に貴重なものでした。
当時は自転車を登録し、自転車税もあり、まるで自動車のような扱いでした。

激しい競争の中、各メーカーは全てのパーツがメーカーオリジナルパーツで。
部品一個一個に社名や社ロゴが打ち込まれたり、鋳造されたりしました。
自転車一台につき、社名や社ロゴが100個以上ついていました。
マーク入り(社名・社ロゴ)①
マーク入り(社名・社ロゴ)②
マーク入り(社名・社ロゴ)③
マーク入り(社名・社ロゴ)④
マーク入り(社名・社ロゴ)⑤

自転車の泥除けステーのネジ頭まで社ロゴが鋳造されていました。
例の日米富士株式会社のロゴは冨士山の裏に旭日のデザイン(下記参照)1/4インチ(約7mm)の泥除けステーネジ頭に鋳造されました。

日米富士株式会社のロゴ
Nonkina39img600x4501244037532sxrmpw

泥除けステーのネジ頭にロゴが鋳造されました。.
Img_8639 Img_8642

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »