« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日 (日)

なぜ 昭和20年代後半~30年代前半が良いのか(第9回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.P1120380

第6回で述べたように、この「なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車が良いのか」という連載の後半は、自転車そのものの観点を見てみたいと思います。

自転車は現代の自動車の位置づけでした。
登録して自転車税も払わなければなりませんでした。
現代の自転車の位置づけと違うため、「軽量・速さ・格好良さ」ではなく、「丈夫さ実用性ローメンテ、乗り心地」が重視されていました。

今回は「乗り心地」を取り上げます。

1. 背を伸ばして椅子に座っているような姿勢
上半身を前に傾ける姿勢と比較したら、この姿勢のお陰で視野がよいし、頭や肩は最大に左右に回るし、手の平、手首、腕に負担が掛っていません。P1120476

2. サスペンション付き革製サドル
革サドルが優れている主な理由は3つあります。
1つ目は、高級革製靴か野球グローヴと同じように、使用すればするほど個人にぴったりフィットしてきます。
2つ目は、革がサスペンション付金属フレームに張ってあり、振動の吸収性が良い。
3つ目は、サドルの調整ネジでサドルの張り具合、つまり硬さ調整が可能です。Img_9340

Dsc06581

3.フレームのパイプ角度
フレームのシートチューブ・ヘッドチューブの角度が浅くて、チェーンステーが長いほうが基本的により乗り心地が良い。
Img_8113

Dsc03296

4.タイヤ・サイズ
タイヤの幅がより広くて硬くはないとよりスムーズで乗り心地がいい。
26" x 1" 3/8は最も一般的でしたが、軽運搬車は1 3/4" と 重運搬車のリアタイヤは2"もありました。
Img_9497

次回は、「工芸品」を取り上げます。

2012年6月16日 (土)

Why the 1950's? (Part 9)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

P1120380

As mentioned in Part 6, in the second half of this series we will focus on the practical aspects of why bicycles from the 1950's are truly exceptional.  With automobiles out of reach for the vast majority of households, the emphasis on bicycles was that they be good reliable transportation. Not flashy, not lightweight, not super fast, not high-tech, just plain simple solid dependable transportation. Thus, bicycles from the 1950s were rugged, practical, easy to maintain, comfortable and when viewed up close crafted works of art. 

Let's take a look at the fourth item: Comfortable

1. Upright riding position
An upright riding position is similar to the position used when sitting in a chair, ie one's back is realtively straight. Being positioned upright, as opposed to leaning forward or hunched over, affords a great view, maximum rotation of one's head and shoulders, and, by riding upright there is no pressure on one's hands, wrists or arms.

P1120476

2. Sprung Leather Saddle
Sprung leather saddles are very comfortable for three reasons. First is that because they are made from leather, much like a fine pair of leather shoes or a high-quality leather baseball glove, through use they literally mold or conform to one's individual physique for a truly perfect fit.  Second, is that they are "sprung", ie have a frame that incorporates the use of suspension; thereby providing unsurpassed shock absorption.  Third, they have a tensioner which allows the rider to fine-tune the stiffness or firmness of the saddle.

Img_9340

Dsc06581

3. Relaxed Frame Geometry
When it comes to comfort, frames with relaxed geometry, ie those having shallower seat tube and head tube angles, as well as longer chainstays are the choice.

Img_8113

Notice the longer chainstays on the light carrier cycle below.
There is more room between the rear fender and the seat tube.Dsc03296 

4. Tire size
Tires that are wider and softer provide a "smoother" ride. The most common tire size was 26"x 1 3/8"., Roadsters used 26 x 1 1/4", Light carrier bicycles had 26" x 1 3/4" and Heavy duty carrier bicycles employed 2"rear tires (below).

Img_9497

The combination of the above make for a "smooth" ride.

In the next post we will take a look at "crafted works of art".

2012年6月 9日 (土)

なぜ昭和20年代後半~30年代前半が良いのか(第8回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

第6回で述べたように、この「なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車が良いのか」という連載の後半は、自転車そのものの観点を見てみたいと思います。

自転車は現代の自動車の位置づけでした。
登録して自転車税も払わなければなりませんでした。
現代の自転車の位置づけと違うため、「軽量・速さ・格好良さ」ではなく、「丈夫さ実用性、ローメンテ、乗り心地」が重視されていました。

今回は「ローメンテ」を取り上げます。

チェーンケース 
チェーンケースは、クランクホイール、チェーン、フリーホイールを、
砂、埃、雨などにさらされないための機能を果たします。
つまり、 駆動列を守る重要な部品です。
現代では古臭いイメージですが、チェィーンケースのお陰でメンテが減り、パーツを長持ちさせられます。
Img_9235
下記の写真のように、フリーホイールの上の位置に、オイル注入口が付いていたチェーンケースも珍しくありませんでした。
.Img_7253 

ケーブルなし
前ブレーキ・後ろブレーキのケーブルは一切ありません。
その代わりにロッドが使われています。
ケーブルは伸びがち切れる場合もありますが、ロッドはその心配がありません。
下記の写真のロッドブレーキは珍しく、ハンドル内工、つまりハンドル中を通っています。
Img_9332

BEタイヤ
BEタイヤはチューブを丸ごと包みます。

Be1

20,000キロメーター以上走ってパンクは一回しかありません。
しかも、タイヤ取り外し・取り付け工具なしで出来ます。
また、面白いことに、当時のBEタイヤはタイヤ製造会社や自転車ブランド名がトレッドに成型されていたものもあります。

"THE DUNLOP TYRE" (ダンロップ氏の顔lもあり")
P1000432a

"THE MARUKA TYRE"
Img_0129 

グリース注入口
前後のハブやボットムブラケットには、グリースアップを安易にできるよう、グリース注入口が付いていました。
もっと古いハブはグリース注入口ではなく、オイル注入口が付いていました。
下記の写真、前の方はグリース注入口、後ろの方はキャップ付のオイル注入口(キャップをよく見れば「OIL」という文字が見えます。

P1000272

次回は、乗り心地を取り上げます。

   

2012年6月 2日 (土)

Why the 1950's? (Part 8)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in the Part 6, in the second half of this series we will focus on the practical aspects of why bicycles from the 1950's are truly exceptional.  With automobiles out of reach for the vast majority of households, the emphasis on bicycles was that they be good reliable transportation. Not flashy, not lightweight, not super fast, not high-tech, just simple solid dependable transportation. Thus, bicycles from the 1950s were rugged, practical, easy to maintain, comfortable and when viewed up close crafted works of art. 

Let's take a look at the third item:  Easy to Maintain

Chaincase:  Fully protected drive train
The crank wheel, chain and freewheel are all enclosed and protected from sand, dirt, water, rain, etc. A fully protected drive train means it will last longer and needs less attention.
Img_9235
Many chaincases even had an oil cap located on the rear of the chaincase just above where it covers the freewheel to make oiling the chain a breeze.Img_7253 

Cable-free
No front or rear brake cables, instead of cables these bicycles utilize rod linkage. Cables are finicky, they stretch and can snap, but not rod linkage!  The photo below is from a rare model of rod brake handlebars whereby the rod is self-contained inside the handlebar.
Img_9332

BE Tire
BE tires completely envelope the tube keeping it fully protected. Be1

I have ridden over 20,000 kilometers with only one flat.  In addition it is possible to remove and refit BE tires to the rim without tools. Less flats means more time spent riding.  Another interesting thing is that many tires had their brand or the bicycle brand molded into the tread as shown below.

"THE DUNLOP TYRE" (Even has Mr Dunlop's profile on the sidewall")
P1000432a

"THE MARUKA TYRE"
Img_0129 

Grease Nipples
The front and rear hubs and some bottom brackets were equipped with grease nipples to allow quick and easy lubrication.  Some of the older ones had oil caps as can be seen in the photo below.

P1000272

In the next post we will look at "Comfortable".

   

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »