« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月26日 (月)

Nozawa Works

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I was recently contacted by "M-san" who was looking for information on Nozawa bicycles.  Unfortunately I only have limited information but for what it is worth, the following was taken from a 1959 Nozawa Works catalog.

Nozawa Works Company History

1920 Mr Kozo Nozawa establishes Nozawa & Co. as a wholesaler for bicycles and bicycle parts in Chiyoda-ku, Tokyo. (Photo of Mr Kozo Nozawa, taken in 1958 at the age of 70)
P1180837

1937 Nozawa & Co. reorganized into a publicly traded company "Nozawa Works" manufacturing and selling the NOZAWA brand bicycles with a network covering all of Japan.

1945 Sales office is destroyed in the Tokyo air-raids.  Company disbanded.

1948 Nozawa Works reestablished,

1949 Factory built in Bunkyo-ku, Tokyo.

1954 Construction of Nakayama Factory in Funabashi City, Chiba Prefecture commences.

1957 Nakayama Factory completed.

1958 Production surpasses 6,000 bicycles per month.

1959 Main Headquarters is established with the construction of the Nozawa Office Building on the original site where the Kamida Sales Office previously stood (destroyed in Tokyo air-raids in 1945).

Nozawa Fender Ornaments
P1180824 P1180825

Nozawa Head Badges
P1180833 P1180831P1180830_2 P1180827 P1180828 P1180834 P1180835

I'm looking for any photos of bicycles produced by Nozawa Works.  If your two-wheeled buddy is made by Nozawa Works, please send detailed photos so that I can share with other enthusiasts.
showajitensha@hotmail.co.jp 

P1180842 

2012年11月10日 (土)

三角乗り

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

言語は実に面白い。
世代によって通じる言葉が違います。
「三角乗り」という言葉はその一つ。

50代以上の方には通じますが、40代はそこそこ、30代となると通じないようです。
それは仕方がなく生まれた時代が違うからです。

下記の写真は少年が自転車に乗っていますが、何か変わったことがありませんか。
足に注目して下さい。

Img_1036
Photo Eizo Shinozuka

Img_0487
Photo: Bicycle Culture Center 自転車文化センター

60年前、自転車は庶民に手に入る唯一お個人交通手段でした。
それでも、給料の約2~3か月分、でとても貴重な存在。
大抵の家庭は自転車1台で、子供用の自転車は珍しくて裕福な家庭のみ。

昭和20年代後半~30年代前半の子供たちは子供用の自転車がなく、お父さんの26インチ鉄製ダイアモンドフレームの自転車を使って初めて乗れるようになりました。
しかし、トップチューブが邪魔で子供たちの足はペダルに届きませんでした。
「なせばなる!」
子供達の足が届かなくてもアクロバットのような技を使って大人用の自転車に乗りました。
それが、三角乗りという乗り方です。

上記の写真のようにこの三角乗りというのは、右足をフレームの三角に通してクランク側のペダルへ。自転車を右に傾けながら左足で蹴って少しスピードが出たら左ペダルへ。

実に見事。
バランス感覚が素晴らしい。
自転車は大きくて、全鉄製35キログラム。つまり子供達の体重より重いです。

男の子のみならず、女の子もこのユニークでアクロバットのような技を使って大人用の自転車に初めて乗れるようになりました。

P1120831
Photo: Bicycle Culture Center 自転車文化センター

他の三角乗りの写真を探しています。
showajitensha@hotmail.co.jp

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »