« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月19日 (日)

名前を付けるなら、まず良品が前提条件

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~30年代前半の特徴の一つは各パーツに マーク入り社名ロゴ が付き小さな泥除けステー固定ネジにまでちゃんとした刻印があります。

一つのパーツにマーク入りが1個以上の場合も少なくありません。
一つの例として、革製サドルです。
当時の良いサドルにはマーク入りが4箇所あります。
両方の側面に1箇所、サドルの後ろバッヂに1箇所と上面に1箇所。
では見てみましょう。
P1210503

1つ目と2つ目は側面の刻印 (両側)
P1210513P1210505

3つ目はサドルの後ろのバッヂにあります。.
注意: バッチに日本工業規格(JIS) のマークはないので、昭和32年以前作られたことが分かります。
工具入れを付けるように金属枠のスロットやメッキ縄編みバネが高級感を示しています。
やはり、 現在の作りと違う(前半) ←ビデオ
P1210515P1210508

4つ目はサドルの上面。
.P1210516P1210511

現代の自転車より重い?
それはそうですが、乗り心地よく作らています。
特別な服(クッション付パンツなど)不要。

品質が高くて、優れた座り心地、見た目も美しく、おまけに長持ちします。
必要以上でできているからこそ、昭和自転車が好きです。
スピードより乗り心地を求める方にお勧めです。

やっぱり現代の作りと違う(後半) ←ビデオ

2013年5月 5日 (日)

If you are going to put your name on it, it better be good.

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I have mentioned numerous times that nearly each part of vintage Japanese bicycles from the 1950's bore the manufacturer's name or company logo, right down to the tiny fender stay screws. 

It is not rare for a single part to have the company logo or name more than once.  Take a good quality leather saddle for example.  A high-end leather saddle will have the manufacturer's logo/name four times:  once on each side, once on the rear and once on the top.  Let's take a look.

P1210503

First two logos can be found stamped into the leather on the left and right sides.P1210513P1210505

The third logo along with the company name can be found on the badge attached to the rear of the saddle.
(Note there is no JIS mark on the badge denoting that this saddle was manufactured before 1958.
Take a look at the metal framed saddle bag slots and braided chrome suspension coils. Certainly don't make them like they used to (Part 1 video)P1210515P1210508

The fourth logo marking is found stamped on the top of the saddle.P1210516P1210511

Heavy? Yes. But you don't need to wear special padded pants when you ride a bicycle with one of these saddles, because comfort is built-in.
High quality, superior comfort, beautiful and built to last a lifetime...you better believe it.
And that is exactly why I am totally sold on bicycles from the 1950's, because they were crafted to surpass the end-users' expectations.

Yep, they surely do not make them like they used to (Part 2 video).

   

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »