« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

Fuji Feather (Part 1 Introduction)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Here is a real beauty with an equally beautiful story.
(Click on the photo below to enlarge)Img_20130721_130753466

This is an extremely rare Nichbei Fuji Feather lady's high-end model. The original owner, Ms. "Y", a woman from Chofu City, Tokyo, received this beautiful bicycle as a present from her dear husband the year they were first married back in 1958.  These photos are courtesy of a  bicycle shop proprietor who lovingly restored this wonderful machine at the request from Ms "Y" to rekindle the fond memories of her beloved late husband.

5
(Photo courtesy of Bicycle Culture Center)

Bicycles were prized possessions and often part of a new bride's dowry as can be seen in the above photo which shows the dowry items in the foreground and the new bride in the background dressed in traditional Japanese wedding attire.

There are far too many details to cover in one post so let's look ar this beauty as a whole, and, in the nextcouple of posts look at the amazing details. 

First, let's take a look at what the bicycle looked like before the restoration.  Compare these with the first photo in this post and it is hard to believe it is the same bicycle!
As I have repeatedly mentioned in this blog, "they don't make them like they used to". The paint is original along with the vast majority of the parts.
2013050509110001

2013050509110000

A rare and exquisite emerald color, accented with white at the head, chaincase and rear reflector (Japanese only).
Img_20130609_182014219

Note the eye-lid lamp, revolving bell, high-end handlebars with celluloid grips and celluloid coated levers.
Img_20130609_182115347


Look at the paint.  That is what I love about these old bicycles the quality is so good that the original paint can be brought back to life
Img_20130609_182324143

In the next English post we will take a look at the unique details of this truly rare and wonderful model, produced over a half century ago and looks like it rolled out of the bicycle shop yesterday.

2013年7月12日 (金)

勿体ない主義

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

日本は変わりました。
裕福になり、「勿体ない主義」が消えつつあります。

初めて来日したのは約30年前です。
海兵隊員として2年ほど米軍基地で働きました。
その6年後、日本最大自動車製造会社に入社しました。
当時、戦前生まれの方々は50代半ばでした。
物がない時代を経験してきたからこそ、物の有難味が芯まで身に付いていました。
現代の「使い捨て社会」はどのように映っているでしょう。

しかし、日本だけではなく、母国アメリカも変わりました。
小さい時、モノを直して最後まで使うのが一般的でした。
使えなくなったとしても、工夫して他に使い道を探すのが生活の知恵でした。
これは今までも身に染み付いています。
例えば、
自転車タイヤチューブがもう使えなくなったら、
シンプルで頑丈で安い鉄製鎖をタイヤチューブに通して南京錠を付けるのが、私方式。

P1230374
P1230377

パッチでもう直らないチューブです。
南京錠も古いもの。
30年以上前、海兵隊兵舎の鉄製2段ベッドのフレームに、
M16ライフルを掛けるために使っていた南京錠です。

P1230378

P1230376

古いチューブは荷台に物を固定させるのにも最適です。
子供のころ、古い自転車チューブが出たら、森に行って「Y」形の枝を切って、チューブを「Y」の両端に結び付け「手作りパチンコ」をよく作りました。

古いゴム製ペダルブロックをファイルハンドルにピッタリです。Biwa7963img600x4001244370100xyacdx4

貧乏くさい?
私は元々貧乏性かもしれません。
大恐慌を生きて抜いた曾祖父母、祖父母、親から、物の大切さが伝わっています。
小さい時にいつも、
「Waste not, want not」
と言われました。
日本語に訳すと「無駄にしなければ、不足はしない」というような意味です。

振りかえってみると、貧乏性ではなく、勿体ない主義者です。
勿体ない主義者は「ドケチ」にちがいありません。
「ドケチ」の「ド」は、努力の「ド」です!!

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »