« Fuji Feather (Part 3 Mid-section) | トップページ | Fuji Feather (Part 4 Rear-end) »

2013年10月 5日 (土)

日米富士フェザー (第3回 中部編)

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels..

日米富士フェザー号 第1回 紹介編」 で、この自転車はとても珍しい高級婦人用 自転車なので、詳細は1回の投稿だけで収まり切れないと述べました。
詳細があまり多いため、「前部、中部、後部」に分けて投稿することにしました。

前回の「日米富士フェザー号 第2回 前部編」で前部を取り上げましたが、今回は中部を見てみたいと思います。

中部で最も目立つのは、透明なセルロイドチェーンケース。
当時、セルロイドチェーンケース
は3種類あったようです。

(1)全体式
(2)半分式 (今回の日米富士フェザーに当てはまる。)
(3)目玉式

Img_20130609_182014219

現代は見かけない美的なデザイン。.
Img_20130707_105300884

前部編でも述べましたが、当時の自転車に部品一個々に社名・社ロゴが付いていることは珍しくありません。
日米富士の特徴は山形社ロゴ のデザインを部品に作り込んでいます。
例えば、下記のチェーンホイールに注目。
日米富士社ロゴの山形3個になっています。
これは前部と中部に限ってはありません。
後部にも社ロゴが作りこまれた部品もあります。
次回お楽しみに。

透明のセルロイドチェーンケースには真鍮製の日米富士社ロゴがあります。
コッターピンカバーの刻印に注目。.
Img_20130721_234852830

赤い字でおしゃれに書かれているFuji Feather.Img_20130826_20102291

チェーンのリンク一個々に「Fuji」刻印。
Img_20130707_111419814_2

ヘッドラグにもダウンチューブ2本にも色鮮やかな転写。. 
Img_20130722_001146431

シートチューブにも色鮮やかな転写。.
Img_20130722_102544480
Img_20130722_002902737

シートチューブの下部に保証バッジが付いています。
元々 責任保証メダル
 が戦前から30年代前半ころまで流行でしたが、メーカーやモデルによってバッジもありました。.
Img_20130722_00241681

Img_20130814_192330383

サスペンション付き革製サドル .

Img_20130825_224045460

純正の日米富士革製サドル
Img_20130825_223205137_4

クランクアームにも日米富士の刻印。.
クランクアームは8角形。
Img_20130723_230838301

ボトムブラケットをよく見ると、ロックリングと球椀に小さな小さな日米富士刻印が見えてきます。.
ここまで誇りを持って部品一個々に刻印するのは素晴らしい。
その前提条件はいい物である。.
Img_20130825_222530292
Img_20130825_213520170

次回は後部を見てみます。.



.

« Fuji Feather (Part 3 Mid-section) | トップページ | Fuji Feather (Part 4 Rear-end) »

コメント

こんにちは、私も中古自転車の収集家なので、この自転車が大好きです、もし可能であれば、取引できますか?ご返事を待ちしております。
メールアドレス:
linqing0901@126.com

大変申し訳ありませんが、全ての自転車は現在非売品です。ご了承ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/58256645

この記事へのトラックバック一覧です: 日米富士フェザー (第3回 中部編):

« Fuji Feather (Part 3 Mid-section) | トップページ | Fuji Feather (Part 4 Rear-end) »