« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

チェーンホィール (前半)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車が気に入っているかの理由
は様々ですが、一つは「心を込めて凝った造り」です。
当時、工業仕様標準化は自転車工業を普及するまでに約10年(昭和28年~38年)掛かりました。
その上、自動化の遅れで、自転車作りは主に手で行なわれ、それは工芸品と言っても過言ではありませんでした。

今回取り上げるのは、チェーンホィールです。 

チェーンホィールのデザインに社名・社ロゴ・商標を造り込むのは、決して日本独特の造りではありません。
イギリスでは昔からチェーンホィールに社名・社ロゴ・商標を造りこんでいました。
有名な英国製ラージ自転車はその一つ。

ラージ
P1280589

当時、日本では庶民が唯一手に入る個人交通手段でした。
自転車は2ヶ月分の給料が掛かりましたが、交通や物運びに不可欠でした。
自転車を登録し、自転車税もあり、まるで自動車のような扱いでした。
現代の自動車ほど地位が高く、非常に貴重なものでした。
激しい競争の中、各メーカーは全てのパーツがメーカーオリジナルパーツの証拠として、
部品一個々に社名・社ロゴを刻印したり、鋳造したりしました。
自転車一台に、社名や社ロゴが100個以上ついていました。

マーク入り社名・社ロゴ① 

マーク入り社名・社ロゴ② 

マーク入り社名・社ロゴ③

マーク入り社名・社ロゴ④

マーク入り社名・社ロゴ⑤

当時の国産チェーンホーイルをいくつかを見てみましょう。

岡本自転車
P1280592_5

ブリジストン (BS)
P1280598_3

ゼブラ自転車   ゼブラケンコー
P1280596_2

ツノダ (TU)
P1280595_2

メヤム
P1280594_2

セキネ(CS) 
P1280593_3

大日本機械工業
これは実に珍しい。
「大日本」反時計回り、つまり右読みなので相当古い。.
P1280590_4

山口(マルワイ)
P1280591_2

マグネット 
Blogimg_7435


チェーンホイールに「光」という字が3箇所作り込まれていますが、分かりますか。
Dsc06950

P1080915_2P1080915

次回、「チェーンホィール(後半)」では、
チェーンケースがまるでチェーンホィールの絵の額の役割のようであり、
どのようにチェーンホィールの芸術的さを引き立ていたか、
を取り上げます。

.

2014年4月13日 (日)

Chainwheels (First Half)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I have mentioned countless times how one of the things I like about vintage Japanese bicycles is that nearly each and every part bears the manufacturer's name or logo, often more than once. If you are going to put your name on it, it had better be good. The reason for this is that after WWII JIS (Japan Industrial Standard) were just being introduced and it took a decade for the standards to be implemented.  Thus, during this period bicycle parts were not all interchangeable and bicycles were, to some extent, crafted. In this post we will take a brief look at chainwheels and how manufacturers designed-in their company name or logo.

Designing the chainwheel in a manner so that it bears the name, initials, logo, trademark, etc.,  is certainly not unique to Japan.  The British designed in the company name/logo, and, since the Japanese adopted British manufacturing specifications it can be inferred that they also adopted the practice of designing-in the company name/logo into the chainwheels as well.  Let's take a look at several examples.

Rudge 
P1280589

Keep in mind that in the 1950's bicycles were the only affordable means of private transportation in Japan.  Bicycles were a necessity costing two months' salary and their status the equivalent of today's automobile.  With fierce competition, manufacturers went to great lengths to prove to the customer that indeed all parts were genuine "brand" parts.  The company name or logo appears on nearly each and every part, often more than once. In fact a manufacturer's name or logo appears over 100 times on a single bicycle. (See Company Logos & Markings (Part 1), (Part 2) , (Part 3) , (Part 4) and (Part 5)  )

Okamoto
P1280592_5

Bridgestone (BS)
P1280598_3

Zebra(Japanese only)  Zebra Kenko
P1280596_2

Tsunoda (TU)
P1280595_2

Mayam
P1280594_2

Sekine (CS)
P1280593_3

Dai-Nippon (大日本
For those familiar with KANJI, you will not the three characters used to write DAI NIPPON, and you will note that they are read counterclockwise indicating this chainwheel predates WWII.
P1280590_4

Yamaguchi (Circled "Y")
P1280591_2

Magnet
Blogimg_7435

Hikari
For those familiar with KANJI, take a good close look. Can you find the three HIKARI (光) characters?
Dsc06950

P1080915_2P1080915

In Chainwheels (Second Half), we will examine how various chaincase designs helped to showcase chainwheels; thereby adding to the the aesthetic beauty helping to make bicycles from this period (1950) rolling art.

2014年4月 7日 (月)

しゅう酸での錆取り ③

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

しゅう酸での錆取り ①
アカギヤマさんという方が耳寄りな情報を送ってくださいました。
しゅう酸での錆取り ②
工具に試してみました。
今回はメッキ対象にしゅう酸での錆取りを試してみます。

部分的に酷く錆付いたサドルピラ2本が対象です。
P1280519_4

P1280520_3

しゅう酸に浸けました。
P1280524_4

3日後に部品の全体的に黄色い幕が付きました。
P1280527_4

実験前
P1280519_4

実験後
P1280539

実験前
P1280520_3

実験後
P1280540_3

結論
しゅう酸は表面の錆取りによく利きます。
あくまでも錆取りで、メッキ再生はいうまでもなくできませんが、再メッキという選択肢もあります。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »