« Chainwheels (First Half) | トップページ | Chainwheels (Second Half) »

2014年4月29日 (火)

チェーンホィール (前半)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車が気に入っているかの理由
は様々ですが、一つは「心を込めて凝った造り」です。
当時、工業仕様標準化は自転車工業を普及するまでに約10年(昭和28年~38年)掛かりました。
その上、自動化の遅れで、自転車作りは主に手で行なわれ、それは工芸品と言っても過言ではありませんでした。

今回取り上げるのは、チェーンホィールです。 

チェーンホィールのデザインに社名・社ロゴ・商標を造り込むのは、決して日本独特の造りではありません。
イギリスでは昔からチェーンホィールに社名・社ロゴ・商標を造りこんでいました。
有名な英国製ラージ自転車はその一つ。

ラージ
P1280589

当時、日本では庶民が唯一手に入る個人交通手段でした。
自転車は2ヶ月分の給料が掛かりましたが、交通や物運びに不可欠でした。
自転車を登録し、自転車税もあり、まるで自動車のような扱いでした。
現代の自動車ほど地位が高く、非常に貴重なものでした。
激しい競争の中、各メーカーは全てのパーツがメーカーオリジナルパーツの証拠として、
部品一個々に社名・社ロゴを刻印したり、鋳造したりしました。
自転車一台に、社名や社ロゴが100個以上ついていました。

マーク入り社名・社ロゴ① 

マーク入り社名・社ロゴ② 

マーク入り社名・社ロゴ③

マーク入り社名・社ロゴ④

マーク入り社名・社ロゴ⑤

当時の国産チェーンホーイルをいくつかを見てみましょう。

岡本自転車
P1280592_5

ブリジストン (BS)
P1280598_3

ゼブラ自転車   ゼブラケンコー
P1280596_2

ツノダ (TU)
P1280595_2

メヤム
P1280594_2

セキネ(CS) 
P1280593_3

大日本機械工業
これは実に珍しい。
「大日本」反時計回り、つまり右読みなので相当古い。.
P1280590_4

山口(マルワイ)
P1280591_2

マグネット 
Blogimg_7435


チェーンホイールに「光」という字が3箇所作り込まれていますが、分かりますか。
Dsc06950

P1080915_2P1080915

次回、「チェーンホィール(後半)」では、
チェーンケースがまるでチェーンホィールの絵の額の役割のようであり、
どのようにチェーンホィールの芸術的さを引き立ていたか、
を取り上げます。

.

« Chainwheels (First Half) | トップページ | Chainwheels (Second Half) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/59467252

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンホィール (前半):

« Chainwheels (First Half) | トップページ | Chainwheels (Second Half) »