« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月24日 (土)

チェーンホィール (後半)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の記事「チェーンホィール 前半」 では、
昭和20年代後半~30年代前半自転車の部品一個一個に、社名・商標が1箇所かそれ以上付いていたことを取り上げました。

また、日本自転車製造会社がチェーンホィールのデザインに社名・社ロゴ・商標を造り込んだのは、おそらく英国から取り入れたのでしょう。

今回、チェーンケースがまるでチェーンホィールの絵の額の役割のようであり、
チェーンホィールの芸術さをどのように引き立ていたか、を取り上げます。

当時、実用車や軽運搬車にはチェーンケースが付いていました。 
透明なセルロイドを使ってざまざまなデザインでチェーンホィールの芸術を引き立てていました。

1. チェーンケース全体的に透明なセルロイド製

2.チェーンケース外側は透明なセルロイド製、内側が塗装された鉄板

3.チェーンケースの鳩目が、透明なセルロイド製

下記の写真をクリックすると拡大します。
(チェーンケースを注目、全体的に透明なセルロイドでできています。
Photo

次は、外側が透明なセルロイドで内側は白い塗装鉄板です。
これは昨年取り上げた日米富士フェザー号です。
チェーンホィールに注目して下さい。
日米富士商標のデザインが3箇所も作り込まれています。Img_20130721_234852830

これも、また美しいデザインです。
外側が透明なセルロイドですが、中央は塗装されています。
ゴールド色のチェーンはオリジナルとは思いませんが、
素晴らしいアクセントです。

Bicycle Fanというサイトの管理者トミーさんのご協力。012 013 051

最後に、透明なセルロイド製の鳩目。
Img_7139 

当時、社名や商標が作り込まれたチェーンホイールが多かったですが、残念ながら、メッキや塗装された鳩目に塞がれたため、その芸術さを味わえなかった場合が少なくはありませんでした。   
Sunrabbit_06

2014年5月 9日 (金)

Chainwheels (Second Half)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post (Chainwheel First Half) it was noted how on vintage Japanese bicycles nearly each and every part bear the manufacturer's name or trademark, often more than once. We also saw how Japanese manufacturers adopted the practice of designing the company name, logo or trademark into the design of their chainwheels.

In this post we will take a look at how these ornate chainwheels were actually showcased by the unique chaincases of that era.

1950's, with the exception of heavy duty carrier cycles, the vast majority of bicycles came with chaincases.  Some of the chaincase designs incorporated the use of transparent celluloid to showcase the chainwheel.  There were all transparent celluloid chaincases chaincases with all transparent outer half and all steel inner or backside, and, chaincases with only transparent celluloid chainwheel covers.  In each case the use of transparent celluloid enabled the manufacturers to advertise their brand, and, for onlookers, to appreciate the cleverly designed chainwheels.

Click on the photo below to enlarge.  Note that the entire chaincase is transparent.
Photo

Here is a fine example of a chaincase where the outer half is all transparent celluloid and the inner or back is painted steel.  Faithful readers will recognize this as the finely restored Nichibei Fuji Feather bicycle which was covered in detail last year.
Note the clever design of the chainwheel which employs the Nichibei Fuji trademark three times. 
Img_20130721_234852830

Here is another great example of an artistic chaincase and chainwheel.
Note that, similar to the above example, the outer portion of the chaincase is transparent celluloid with a painted steel backside.  Only in this case, we see that the center portion is colored.  It is doubtful that the gold chain is original, but it sure is a nice accent.
Photos courtesy of Tomi over at Bicycle Fan.012 013 051

Here is an example of a all steel chaincase with transparent celluloid chainwheel cover. 
Img_7139 

Of course there were numerous companies that made ornate chainwheels but covered them with a regular chromed chainwheel covers.  A shame when one considers the artistic beauty of these chainwheels.   
Sunrabbit_06

 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »