« Chainwheels (Second Half) | トップページ | Motorized Bicycle »

2014年5月24日 (土)

チェーンホィール (後半)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の記事「チェーンホィール 前半」 では、
昭和20年代後半~30年代前半自転車の部品一個一個に、社名・商標が1箇所かそれ以上付いていたことを取り上げました。

また、日本自転車製造会社がチェーンホィールのデザインに社名・社ロゴ・商標を造り込んだのは、おそらく英国から取り入れたのでしょう。

今回、チェーンケースがまるでチェーンホィールの絵の額の役割のようであり、
チェーンホィールの芸術さをどのように引き立ていたか、を取り上げます。

当時、実用車や軽運搬車にはチェーンケースが付いていました。 
透明なセルロイドを使ってざまざまなデザインでチェーンホィールの芸術を引き立てていました。

1. チェーンケース全体的に透明なセルロイド製

2.チェーンケース外側は透明なセルロイド製、内側が塗装された鉄板

3.チェーンケースの鳩目が、透明なセルロイド製

下記の写真をクリックすると拡大します。
(チェーンケースを注目、全体的に透明なセルロイドでできています。
Photo

次は、外側が透明なセルロイドで内側は白い塗装鉄板です。
これは昨年取り上げた日米富士フェザー号です。
チェーンホィールに注目して下さい。
日米富士商標のデザインが3箇所も作り込まれています。Img_20130721_234852830

これも、また美しいデザインです。
外側が透明なセルロイドですが、中央は塗装されています。
ゴールド色のチェーンはオリジナルとは思いませんが、
素晴らしいアクセントです。

Bicycle Fanというサイトの管理者トミーさんのご協力。012 013 051

最後に、透明なセルロイド製の鳩目。
Img_7139 

当時、社名や商標が作り込まれたチェーンホイールが多かったですが、残念ながら、メッキや塗装された鳩目に塞がれたため、その芸術さを味わえなかった場合が少なくはありませんでした。   
Sunrabbit_06

« Chainwheels (Second Half) | トップページ | Motorized Bicycle »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/59557449

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンホィール (後半):

« Chainwheels (Second Half) | トップページ | Motorized Bicycle »