« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月21日 (月)

スポークベル (前半 ケーブル式)

I will be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

以前、自転車ベル、特に現代は滅多に見かけない回転式ベルについて紹介しました。
しかし、回転式ベルほど珍しく、現代見かけないベルはもう一種類あります。
それはスポークベルです。

P1300383_2
スポークベルは実に面白い発想です。
ハンドルに付いているレバーを引くことにより、バネ付きクラッパーがスポークに当たりスポーク一本々がバネ付きクラッパーを曲げ離します。 
その結果は機関銃のようなリン・リン・リン・リン・リン・リン~。

スポークベルの操作レバーです。
P1300398

この時点でバネ付クラッパーはスポークに当たっていません。.

P1300395_2

レバーを引くとケーブルによりバネ付クラッパーが下がりスポークに当たります。.P1300400

P1300396_4

上記の例はバネ付クラッパーが常に上がった状態で、レバーを引くとバネ付クラッパーが下がりスポークに当たります。. 

逆のパッターンもあります。
下記の写真のようにバネ付クラッパーが常に下がった状態で、レバーを引くとバネ付クラッパーが上がりスポークに当たります。. 
P1300405

昭和30年ごろのカタログを見てみたら、両方のモデルが載っています。
下記の2枚の写真を比べ合うと上はバネ付クラッパーが下がる式、下の写真はバネ付クラッパーが上がる式。
2down_3

1_up

実は、面白いことに、4年前に古い自転車部品一箱を買ったとき、見たことがない部品が入っていました。
その部品はロッド式スポークベル用の一部のパーツと後で分かりました。
というのは、ロッドブレーキはケーブル式ブレーキの元祖であることと同じように、ロッド式スポークベルはケーブル式スポークベルの元祖です。

次回、その非常に珍しいロッドブレーキスポークベルをご紹介します。

 

2014年7月 6日 (日)

Spoke Bell (Part 1: Cable activated type)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I have written about bicycle bells in the past, with a focus on revolving bells.  However, there is another kind of bell rarely seen today and that is the spoke bell.
P1300383_2
Spoke bells are an ingenious design, whereby pulling a cable operated lever moves a spring held clapper into the spokes, and, as the wheel turns, each spoke then bends and releases the spring held clapper rending a machine-gun of rings:  ding-ding-ding-ding-ding-ding. 

Here is the lever attached to the handlebars.P1300398

At this position the spring held clapper is away from the spokes.

P1300395_3

Squeezing the lever pulls the cable which moves the spring held clapper into the spokes. P1300400

P1300396_4

In the above example, the spring held clapper is normally in the raised, away from the spokes position, until the lever is depressed at which time the spring held clapper is lowered into the spokes rendering a barrage of dings:  ding-ding-ding-ding-ding-ding-ding-ding. 

The vast majority of designs are like the one below whereby the normal postion of the spring held clapper is in a lowered, away from the spokes position, until the lever is depressed at which time the spring held clapper moves up into the spokes.
P1300405

The following two models are from a 1950's catalog.  Upon close examination, one can see that the top photo is of the type where the spring held clapper is lowered into the spokes.  And, conversely, the bottom photo is of the type where the spring held clapper is raised into the spokes.
2down_3

1_up

A few years ago I purchased a box of very old bicycle parts.  At the time, I had know idea what some of the parts were, until I discovered later that the parts were for a rod activated spoke bell.  That's right, it is interesting to note that,just as the rod brake is the forefather of  the cable brake, the rod spoke bell is the forefather of the spoke bell.

In the next installment we will take a look at a rod activated spoke bell.

 

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »