« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月22日 (日)

自転車組立①

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~昭和30年代の自転車組立を少し見てみましょう

以前、「なぜ昭和20年代後半~30年代前半の自転車がいいのか」 で述べたように戦後に、
品質不安定で標準規格がなかったため、昭和24年に日本工業規格(JIS=Japan Industrial Standard)が実施されました。

しかし、JISは自転車工業全体的に普及されるまで10年間(昭和28年~37年)かかりました。
従って、昭和30年代後半に標準規格ができたのみならず、以前手作業だった数多くの工程が自動化されました。
だからこそ、個人的に昭和20年代後半~30年代前半が好きです。
つまり、まだ手仕事部分が多かったからです。

まず、日本は欧米自転車工場と違って、自転車組み立て及び検査が工場ではなく販売店にて行われました。
自転車製造工場は組立部品一式を販売店に輸送し、販売店にて組み立て及び検査をして顧客に完成車を渡しました。
従って、販売店は工場の組み立て・検査最終工程でした。

工場にて自転車部品一式木箱に梱包しました。
普通は一箱に自転車2台でした。

Img_0003

Pack1

JISは完成車に対して昭和35年ごろに導入し始めました。
昭和33年から導入準備が始まりました。

JISマークが付いている自転車(完成車)を販売するためには、販売店は「組立・検査」の認可を受けなければなりませんでした。

. 
販売店では、木箱を開梱して組立準備として届いた一式部品を検査しました。

Img_0002

昭和33年 完成車対象のJIS導入説明資料から抜粋

1.
フレーム
2. 泥除け

3. ハンドル
4. セルロイド握り
5. Front rim brake
6. Rear band brake
7. クランクホイール
8.
 ペダル
9. チェーン
 
10.フリーホイール 
11.Front and rear hubs
12. スポーク
13. リム
14. サドル
15. Chain tensioners
16. Cotter pins
17. 荷台
18. Stand
19. チェーンケース
20. 回転ベル
21. ネジ

22.
23. タイヤ
24. チューブ
25. Front fender flap

次回、「自転車組立②」に続く。

2015年3月 7日 (土)

Bicycle Assembly ①

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the next few posts we will take a look at bicycle assembly in the 1950s. As mentioned in a previous series "Why the 1950's?" to correct inferior quality and establish a legal base for manufacturing standards, in June 1949 Japan enacted The Industrial Standardization Law which became the foundation for JIS (Japan Industrial Standards). However, in the case of the bicycle industry, this was implemented incrementally spanning ten years from 1953 to 1962.  So by the early 1960's the industry was standardized, and, processes that were previously done by hand painting, plating, etc., became automated.  Which is why I prefer bicycles from the 1950's since during this period bicycles, to a certain extent, were still being "crafted".

First, it is important to understand that, unlike US or British manufacturing of the same period where entire bicycles were built and inspected at the factory before being shipped to the retailers, in Japan, bicycles were shipped as kits and the retailer assembled the final product.  Thus, the relailer was actually an extended process of the factory since the retailers were responsible for assembling and inspecting the final product.

The above mentioned "kits" were packed in wooden crates often using straw as packing materials as seen below.
Img_0003

Pack1

In the late 1950's in preparation for implementing JIS for complete bicycles in 1960,  rules and regulations stipulated that and retailers who wanted to sell bicycles bearing the JIS stamp, had to be qualified in bicycle assembly and inspection.

According to a 1958 guide to implementation of JIS for completed bicycles, kits were delivered to the retailer, who would then decrate and inspect parts in preparation for assembly.
Img_0002

The order that the parts were inspected is as follows: 
1. Frame
2. Fenders and fender stays (Japanese)
3. Handlebars
4. Grips
5. Front rim brake
6. Rear band brake
7. Crankwheel
8. Pedals (Japanese)
9. Chain
10. Freewheel

11.Front and rear hubs
12. Spoke
13. Rims
14. Saddle
15. Chain tensioners
16. Cotter pins
17. Rear carrier
18. Stand
19. Chaincase
20. Bell
21. Screws
 (Japanese)
22. Lock
23. Tires
24. Tire tubes
25. Front fender flap

We will take a closer look at bicycle assembly in the next segment "Bicycle Assembly②".

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »