« Buried Treasure (Nippon Swift Company) | トップページ | 70th Anniversary of the End of WWII (Part 1) »

2015年7月11日 (土)

機関銃の印 日本スヰフト工業株式会社

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

「日本スヰフト工業株式会社」は元々1869年(明治1年)に英国の自転車歴史が豊富なコベントリー市で設立されたSwift Cycle Companyにルーツがあります。
スヰフトより「機関銃印自転車」N.S.C(Nippon Swift Company)の方が良く知られているかもしれません。
大正12年の「
機関銃印自転車」の宣伝。
Image035

この「機関銃」の由来は、
推測ですが、英国Swift Bicycle Companyの会長は Charles Thomas Brock Sangster (サングスター氏)という方でした。
サングスター氏は 発明したヴィッカーズ機関銃用の三脚に対して1916年 に特許を認可されました。 
P1280377

純正なスヰフト「機関銃の印」の風切です。.154P1280376

純正なスヰフト「機関銃の印」の責任保証メダルです。P1280394P1280395_2

婦人用自転車にも機関銃の風切が付いていたようです。
(下記の宣伝の自転車の前泥除けの先端に注目)
P1280392_4

昨年、HSさんという方からメールを頂きました。
お祖父さんの家はまるでタイムカプセルということ。
2階に眠っていた古いものが多くて、その中に自転車もありました。.

溜まった埃が年月を語っています。A
Abimage006


埃を拭き去ったら純正なスヰフト高級モデル自転車。
(シートチューブにバッヂに注目)
Image007

ヘッドチューブ. 
01

逆読みで古さを語っています。
01_2

Photo

Photo_2

チェーンケース
Image011

フレームカバー
Image011_2

泥除けステーのバッジまでロゴ付き。
Image013

« Buried Treasure (Nippon Swift Company) | トップページ | 70th Anniversary of the End of WWII (Part 1) »

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

コメント

伊豫西條のHSです。
ご紹介ありがとうございました。

自転車は現在もそのままですが、建物を雨漏りせぬよう漏電を起こさぬよう、大修理しました。

現状維持のまま、とりあえず保存しています。

追加写真をメールで送っていただきありがとうございました。大修理で実に博物館のようになりました。古い物を大事に続けて下さい。自転車に関すること何か力になれることがありましたら、ご遠慮なくご連絡下さい。
改めて、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/61792247

この記事へのトラックバック一覧です: 機関銃の印 日本スヰフト工業株式会社:

« Buried Treasure (Nippon Swift Company) | トップページ | 70th Anniversary of the End of WWII (Part 1) »