« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

内装2段ハブ ③

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

「内装2段ハブ②」では、車輪組立てを終えて最後にチューブとタイヤを付けます。

取り外したタイヤです。
「BE(Beaded Edge)タイヤ」または「耳付きタイヤ」と呼ばれています。
現代の自転車は99%がW/O(Wired On=クリンチャー)です。

どうして「耳付きタイヤ」と呼ばれているかというとタイヤ左右に「耳」が付いています。
下記の写真の白い部分が「耳」です。
この「耳」はチューブを包んでチューブを守ります。
Img_0711

耳はチューブを包んで重なるので新品のBEタイヤの耳にバルブの穴を開ける必要があります。 
Img_0712

新品のBEタイヤです。
結構固いのでリムに嵌めるのに力が要ります。
Img_0540

BEタイヤはまだ製造されています。
穴開け目印が耳にあります。
Img_0556

バルブ穴明け工具があれば楽にできます。
Img_0565

バルブ穴明け工具で左右の耳に穴を開けます。
Img_0567
Img_0569

BEタイヤの片方のバルブ穴をリムのバルブ穴に合わせて片方だけリムに付けます。
バルブ穴がずれないように要注意。
Img_0573_3

耳を内側に織り折り曲げて入り込むようにします。Img_0575

チューブのバルブをバルブ穴に挿入し抜けないようにナットを少しだけ付けます。
空気を少し入れればチューブの捻じれを防げます。
タイヤレバーを使って耳を折り曲げてチューブの下に差し込んでいきます。Img_0574_2

リムやタイヤの両側を確認して耳がしっかり入っていることを確認。
空気を少しずつ入れて均等に膨らんできていることを確認。
チューブがきちんとタイヤに包まれていなければ出っ張ります。
空気を抜いて出っ張っているところを調整してからまた空気を入れます。Img_0582

完成!
Img_0582_2

2016年1月10日 (日)

2 Speed Internally Geared Hub (Part 3)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Wheel building was completed in "2 Speed Internally Geared Hub (Part 2)" and all that remains is to add an inner tube and tire.

This is the old tire after being removed from the rim.  It is known as a BE (Beaded Edge) tire and you won't find this type of tire at your local bicycle shop since 99% of today's bicycles use "clincher" or  W/O  (Wired On) tires. 

BE tires have flaps (or ears) which run along each side of tire.  These flaps wrap around the inner tube forming an excellent protective casing.
Img_0711

Here you can see the white flaps with holes for the valve stem.   
Img_0712

This is what a new BE tire looks like. It takes some muscle to fit
a new BE tire onto a rim.
Img_0540

Typically the flaps (white) will have an outline of where the valve hole should be cut.
Img_0556

A "valve hole punch" makes the job easy.
Img_0565

Punch a hole in the flap on each side of the tire.
Img_0567
Img_0569

Align the valve hole on the tire with the valve hole on rim,
and using a tire lever work one side of the tire onto the rim
as shown below. Make certain that the tire valve hole and rim valve hole stay aligned.
Img_0573_3

Fold the flap inward all the way around the rim so that the bead
is fully seated to the rim.
Img_0575

Insert the inner tube and screw the nut on just a little to prevent the valve from coming out of the valve hole. Using tire levers work the remaining flap onto the rim so that the flap is under the tube.
Img_0574_2

Check that the bead is properly seated on both sides of the rim.
Pump up the tire.  If any bulges appear it indicates that the tube is not completely encased or that the bead is not properly seated.
Let out the air and refit as necessary.Img_0582

The completed wheel with tire. Ready to roll!
Img_0582_2

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »