« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月20日 (土)

タイヤ・トレッド

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~30年代前半の国産自転車製造会社は、
各部品と言っていい程、社名及び商標 を付けていました。

フレームから泥除けの小さな六角頭ネジにまで、部品一個一個に社名及び商標の刻印が付いています。

面白いことに、消耗するタイヤにまで、つまりトレッドに社名か商標が形成されていました。   
これは現代では見かけません。 
(タイヤトレッドに「THE MARUKA TYRE」に注目)
Img_9300_3

昭和33年のカタログからの写真です。
.タイヤトレッドに 英語と日本語で、
「THE BULL DOG TYRE ブルドックタイヤー」 と社ロゴのブルドッグの顔も付いています。
P1080539

いくつかの実例を見てみましょう。

1. 中西自転車
トレッドは小さい文字で「NAKANISHI」になっています。
Img_0401


2. ゼブラ タイヤ
良く見るとトレッドにゼブラ(Zebra)のイニシャル「」が形成されています。
トレッドだけ黒、サイドウオールが白。
昔の高級自動車と同じですね
Img_0394_2

下の写真は純正のゼブラタイヤで色は渋い赤茶色。
サイドウオールにゼブラ商標もあります。
面白いことに、昔は保険証もセブラ・マークの形です。Img_0396

3. ダンロップタイヤ
トレッドは "THE DUNLOP TYRE" となっています。
Img_0397

もう一つのダンロップ自転車タイヤです。.
Img_0404

トレッドは何の模様か分かりますか。Img_0405

縦にすると分かりやすくなります。
「ダンロップ」タイヤの創業者であるジョン・ボイド・ダンロップ氏(1841-1921)です。
  Img_0536_2John_boyd_dunlop_418px_2Img_0535

ダンロップ氏はサイドウオールにも。.Img_0399


Img_0398

現代の作りと違う【前半】

現代の作りと違う【後半】 

2016年2月 5日 (金)

Tire Tread

次回、この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned repeatedly in this blog in the 1950s Japanese bicycle manufacturers literally went out of their way to put their name or logo on every individual part, often more than once on a single part, from the frame right down to the tiny fender stay bolts.  Yes, and in many cases even the beaded edge (BE) tires bore either the bicycle manufacturer or tire manufactuer's name designing the name into the tire tread with raised letters.   

Note the raised letters MARUKA TYRE on the tread.
Click on the photos to enlarge.
Img_9300_3

Taken from a 1950's bicycle catalog.
Note the tire tread reads: "THE BULL DOG TYRE" in English and in Japanese along with the company logo, the head of a bull dog.
P1080539

Let's take a look at a few examples.

1. Nakanishi Cycle
Img_0401


2. Zebra
Note the raised letter "Z" pattern which is the initial for Zebra Bicycle Company, and,
the whitewalls, only the tread is black.
Img_0394_2

Here is a another example, note the reddish brown color..  The Japanese nicknamed these tires Candy Tires (AME TAIYA) as their color resembled that of hard candy during that period.  The color is actually due to a high concentration of natural rubber and lack of black carbon typically found in the predominantly popular black tires. 
Note the Zebra Company logo on the sidewalls.  The Zebra bicycle company produced its guarantee medal (Japanese only) in the same shape as the company logo.
Img_0396

3. Dunlop Tyre
Note the "THE DUNLOP TYRE" tread.
Img_0397

Here is another Dunlop tire.
Img_0404

Note the tread. Can you make out what it is?Img_0405
Turn it right side up and it is easier to recognize; the bust of the Dunlop company founder, John Boyd Dunlop (1841-1921).
  Img_0536_2John_boyd_dunlop_418px_2Img_0535

Mr. Dunlop even appears on the sidewalls.Img_0399


Img_0398

Yes, they just don't make them like they used to.

They just don't make them like they used to, two.

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »