« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月19日 (金)

Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Starting this year (2016) Japan instituted a new national holiday called Mountain Day which will be held every August 11th. So what does Mountain Day have to do with bicycles you may ask? By far the most famous of all mountains in Japan is Mt Fuji. Mt Fuji is not only a symbol of Japan but the trademark of one of Japan’s most famous bicycle manufacturers, Nichbei Fuji. The company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts. Examples can be seen in the four post Fuji Feather Series (Post 1, 2, 3, 4). To commemorate Japan’s first Mountain Day let’s take a look at one of the most well-known parts that Nichibei Fuji designed and produced in the fashion of Mt Fuji, the infamous Nichbei Fuji fender ornament.

Fender ornaments roughly came in two styles the figure (Japanese link only) and plate type (Japanese link only) .  The Mt Fuji shaped Nichibei Fuji fender ornaments may be considered a combination of the two since it was predominantly a plate type but shaped in the form of Mt Fuji.

Very old and rare hand painted version of the Nichibei Fuji fender ornament.Img_2345_2

Casted all chrome version complete with low hanging clouds.  This must have been on a high-end model as it is nearly 3mm thick and quite heavy.Img_2339_2

The most common version of the moutain shaped Nichibei Fuji fender ornament.Img_2334_2

Nichibei Fuji also used model names as in this case the "Hao" (Supreme ruler or King of kings) Nichibei Fuji's top of the line model.
Img_2333

The "Oni" (Japanese demon or ogre) model.Img_2343_2O

A later version of the Oni.
Img_2341_2

Although the mountain shaped fender ornament was without a doubt the most prevalent style, Nichbei did occasionally use a different style as shown below which was found on some later Hao models.
Img_2340_2

In Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 2) we will take a look at another interesting part that Nichibei Fuji designed in the Mt Fuji trademark .

2016年8月 7日 (日)

ポンプ

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

50年以上前のポンプです。
このポンプの良い点は、合成素材(プラスチック、ビニール、合成木材など)が使用されていないところです。
現代のポンプはプラスチック製が圧倒的に多いです。
個人的に本物の材質(スチール、鉄、木、革など)で作られた物は、使用されればされる程、また時間が経つにつれて味が出るからこそ好きです。

当時のポンプを紹介します。
Img_1965

ハンドルは木製です。
ミンクオイルで磨いてみたら、みるみる綺麗になりました。
Img_1956_2
Img_1968

ポンプのバレルはスチール.製で緑エナメル塗装されています。
まだ当時の巻紙が付いています。
Img_1957_2

旧漢字もあります(保証の証⇒證)。
Img_1959

メーカーは高級「梅鉢」です。
Img_1960
Img_1961

鋳鉄製の3本足スタンド。
Img_1964

このポンプは古いですが、まだまだ使用価値があります。
残念ながら、「古い物は良くない」と思いがちの方が多いです。
古いからと言って新しい物に及ばないとは限りません。

現代の使い捨て社会では、物が長持ちするように作られていない場合が圧倒的に多いです。
見栄えと減価が最優先されるような気がしてなりません。

一つの例を挙げると、合成木材の製品です。
合成ウッド合成木目の家具やフローリングを良く見かけます。
時間が経つにつれて味が出ずぼろぼろになり、甦ることなく廃棄するしかありません。

反対に木製家具や床は定期的に拭くだけで味が出ます。
オリジナル素材を活かして甦らせることができます。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »