« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月17日 (土)

Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1) we noted that Nichbei Fuji used Mt Fuji as its trademark; the company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts (see also Fuji Feather Series 1, 2, 3, 4) the most common example being the infamous Nichibei Fuji fender ornament. 

In this post we will look at yet another very unique part that Nichibei Fuji designed-in their trademark, the Nichibei Fuji lock.

The Nichibei Fuji lock. 
Note how the casing is casted in the form of the Nichibei Fuji trademark, emphasizing the sharp mountain peaks, round rising sun behind the mountain and the mountain base.  This particular lock was on the Special Delux Model and is courtesy of Choju Jitensha Shokai (Japanese only).
Img_0866

The bar is hexagonal shaped and definitely adds a touch of class.
Photo of the lock in the unlocked "riding" position.
Img_0863

Photo of the lock in the locked "parking" position with the bar extended into the spokes.
Img_0864Img_0868

Fancy modern-day key not something one would expect to see on a lock that is over half a century old.
Img_0865

The unique design employs an anti-theft mechanism to prevent the lock itself from being stolen.
Img_0867

Here is the lock in the unlocked "riding" position with the bar retracted.
Note the silver plate with hexagonal hole which allows the bar to pass through it.
Img_0871

The silver plate is sprung and can be moved upward only when the bar is retracted and in the unlocked or "riding" position to reveal the screw which enables the case cover to be removed.
Img_0870Img_0872

When in the locked "parking" position the bar passes through the silver plate and is extended into the spokes and the silver plate cannot be moved; thereby serving as an anti-theft device.   
Img_0869_2

The Nichibei Fuji lock with its case casted in the form of the Nichibei Fuji trademark, and its modern-day key, hexagonal bar and anti-theft mechanism make it both aesthetically and functionally a work of art.
Img_0876

In the next part of this series we will examine one more unique part that Nichibe Fuji designed-in their logo.

2016年9月 3日 (土)

山の日と日米富士 第1回 

I’ll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今年(平成28年)から8月11日が「山の日」という新しい国民の祝日になりました。
「山の日」と昭和自転車はどういう関連?と思っているでしょう。

国内で最も有名かつ日本の象徴であるのは富士山です。
富士山はあの有名な「日米富士自転車」の商標で、様々の部品に山形商標を作り込みました。

以前、日米富士フェザーの連載( )でいくつかの実例を取り上げました。
初めての山の日を記念するために、日米富士の最も山形が作り込まれた部品の風切を見てみましょう。
風切は大きく分けるとフィギュア式板かプレート式の2種類があって、日米富士の風切はこの両方でできていると言っても過言ではないでしょう。

実に古くて手描きのようで傑作です。
注:日米冨士、つまり富士の「富」は「ウ」冠のではなく「ワ」冠で古さを物語っています。
.Img_2345_2

鋳物で製造されたオールメッキメッキ版、とても珍品です。
雲も付いているのがすごいですね。
厚さ3mm頂点の雪も雲もローマ字も浮き上がっています。
重くて品が良くて高級モデルに付いていたのでしょう。Img_2339_2

最も多かった例です。
富士はローマ字です。
.Img_2334_2

モデル名も載っていた場合もありました。
こちらは日米富士のトップモデル覇王号の風切です。
全て漢字でローマ字は1文字もありません。
Img_2333

鬼号の風切です。
Img_2343_2O

もっと若い鬼号の風切です。
漢字は一文字もないのが少し寂しい。
Img_2341_2

日米富士の風切は圧倒的に山形が多いですが、そればかりではなかったようです。
若い覇王号の風切です。
Img_2340_2

次回、また日米富士の山形商標が作り込まれた珍しい部品を取り上げます。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »