« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

Mountain Day & Nichibei Fuji Part 4

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first installment Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1) we noted that Nichbei Fuji used Mt Fuji as its trademark; the company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts (See also Fuji Feather Series 1, 2, 3, 4) the most common example being the infamous Nichibei Fuji fender ornament.  In the second installment we saw a fine example of the Nichibei Fuji trademark designed into a lock, and, in the third installment we examined the white mountain shaped rear reflector.  In this, the fourth and final installment, we shall take a look at yet another part that Nichibei Fuji designed-in their trademark.

In the 1950's it was common for most bicycle manufacturers to design-in their company trademark into the chainwheel.  Many are works of art, despite the majority of them being covered up and hidden by the chaincase. However, broadly speaking, there were two chaincases that enabled these works of art to be viewed: the all clear celluloid chaincases, and, the clear celluloid chainwheel cover chaincases.

Img_20130707_105300884
Gogowanderersimg600x4501319639286g6

The Nichibei Fuji trademark is found not only in the chainwheel but also on the chaincase.  Note how the clear celluloid chaincase has been molded so that the trademark is raised.
Img_20130721_234852830
Fuji_feather_1

The photo below is taken from an early 1950's bicycle catalog.
Note the chainwheel and the all clear "see-through" chaincase.
Fuji_hao_3

2016年11月13日 (日)

山の日と日米富士 (第3回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

山の日と日米富士 第1回」で、日米富士の商標が富士山であることを取り上げました。
その商標を様々な部品に作り込み、最も良く知られているのが日米富士風切です。
以前、日米富士フェザーの連載( )でいくつかの実例を取り上げました。
山の日と日米富士 第2回」で、日米富士の商標ロックに作りし込まれた例を見ました。

今回もまた日米富士の商標が作り込まれた珍品を見てみましょう。

一見、山頂の冠雪に見えますが、これは日米富士の白いエナメル塗装リア反射板の上部です。
.
Img_2539

反射板の全体です。
上部が山形になっていることと、下部のFUJIという文字の切り抜きに注目。
Img_2550


Img_2524

日米冨士の泥除けの特徴は山形で、反射板の取付面も同形状です。.
Img_2541_3

Img_2533

自転車モデルによって様々なサイズの反射板。.
Img_2522
Img_2527

FUJI文字の切り抜きなしの例。.
Img_2537

次回、また日米富士商標が作り込まれた部品を取り上げます。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »