« 山の日と日米富士 (第3回) | トップページ | 山の日と日米冨士 第4回 »

2016年11月26日 (土)

Mountain Day & Nichibei Fuji Part 4

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first installment Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1) we noted that Nichbei Fuji used Mt Fuji as its trademark; the company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts (See also Fuji Feather Series 1, 2, 3, 4) the most common example being the infamous Nichibei Fuji fender ornament.  In the second installment we saw a fine example of the Nichibei Fuji trademark designed into a lock, and, in the third installment we examined the white mountain shaped rear reflector.  In this, the fourth and final installment, we shall take a look at yet another part that Nichibei Fuji designed-in their trademark.

In the 1950's it was common for most bicycle manufacturers to design-in their company trademark into the chainwheel.  Many are works of art, despite the majority of them being covered up and hidden by the chaincase. However, broadly speaking, there were two chaincases that enabled these works of art to be viewed: the all clear celluloid chaincases, and, the clear celluloid chainwheel cover chaincases.

Img_20130707_105300884
Gogowanderersimg600x4501319639286g6

The Nichibei Fuji trademark is found not only in the chainwheel but also on the chaincase.  Note how the clear celluloid chaincase has been molded so that the trademark is raised.
Img_20130721_234852830
Fuji_feather_1

The photo below is taken from an early 1950's bicycle catalog.
Note the chainwheel and the all clear "see-through" chaincase.
Fuji_hao_3

« 山の日と日米富士 (第3回) | トップページ | 山の日と日米冨士 第4回 »

コメント

はじめまして。
突然申し訳ありません。自転車に関してまだ初心者ではありますが、日帝工業の超メヤム号の情報なにかございませんか?
近くに捨ててあるものがそうなのかと思い色々と調べているのですが、メヤム号に関してあまりにも情報が少なく困っています‥
もしなにか情報ありましたら教えて頂けると幸いです。

こんにちは
現在海外出張中ですが、帰国後(12月11日以降)に調べて連絡します。その間に可能であれば、愛車の全体写真(左右)やバッヂ類や風切や転写マークや刻印など写真を送って頂ければより正確に調べられます。
メールアド: showajitensha@hotmail.co.jp

初めまして、外から失礼申し上げます。
メヤム号にかんしては、既にお読みになられたのかもしれませんが、
《世界の自転車ミュージアム
サイクル・ギャラリー・ヤガミの名品たち/八神史郎 著/彩流社》
にて詳細に書かれています。
著者である八神氏は日帝工業の海外貿易部門を担当されていたとの事です。
私もとあるメヤム号をレストアしている身として、少しでもお役にたてたなら幸いです。

情報をありがとうございました。
約8年前にサイクル・ギャラリー・ヤガミに行って八神氏に会ってご本人が素晴らしいコレクション(ギャラリー)を案内してくださいました。
それ以降本を出版したことを知りませんでした。
読んでみたいと思います。
改めて、情報をありがとうございました。
お礼としてメヤムの情報を次回に投稿します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/64487143

この記事へのトラックバック一覧です: Mountain Day & Nichibei Fuji Part 4:

« 山の日と日米富士 (第3回) | トップページ | 山の日と日米冨士 第4回 »