« 山の日と日米冨士 第4回 | トップページ | Happy New Year! 2017 Calendar »

2016年12月25日 (日)

超メヤム号

先日、下記の問い合わせがありました。

「はじめまして。
突然申し訳ありません。自転車に関してまだ初心者ではありますが、日帝工業の超メヤム号の情報なにかございませんか?
近くに捨ててあるものがそうなのかと思い色々と調べているのですが、メヤム号に関してあまりにも情報が少なく困っています‥
もしなにか情報ありましたら教えて頂けると幸いです。」

遅くなりましたが、情報をやっと手に入れました。
このカタログは何年に出版されたか何も書いてありませんが、おそらく昭和32年ごろと推定します。
【それぞれの写真をクリックすると拡大します。】

Img_4432

カタログは40ページで日帝工業の全モデルラインアップ。
注意: 一番目の紹介は「超メヤム号」。Img_4434

全てのモデル紹介できませんので、依頼者の超メヤム号だけにさせていただきます。
Img_4428

「20世紀の寵児」って…スゴイですね。
Meyam_2

最新技術・高級モデル
Img_4429

革製握り、剣先フォークなど高級感満々
Img_4438

名古屋工場
Img_4439

戦前から三井物産と提携のメヤム商標
Img_4436

Img_4433

« 山の日と日米冨士 第4回 | トップページ | Happy New Year! 2017 Calendar »

コメント

超メヤム号の、カタログにある情報を掲載してくださった事に感謝申し上げます。「世紀の名車」 の名にふさわしい容貌、出逢えるならば、実車も見てみたいものですね。
『世界の自転車ミュージアム』については、大きな図書館でしたら置いてあると思います。
掲載ありがとうございました。

掲載有り難うございます。近くに捨てて??あったものはバッジ、荷台、セルロイドの全ケースなど同じだったと思われます。そんな素晴らしい物とは思いもよらずその時はその場を去ってしまったのです。こちらを拝見し再度確認しに行きましたが既に遅かった様で処理されてしまったとの事で、とても後悔しております。本当に悔やまれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504282/64674928

この記事へのトラックバック一覧です: 超メヤム号:

« 山の日と日米冨士 第4回 | トップページ | Happy New Year! 2017 Calendar »