« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月19日 (日)

Workshop

次回、この記事の日本語版を投稿します。

For years I have done all my bicycle restoration work in a  tiny room (less than 100 square feet) located on the 2nd floor of my rented Japanese townhouse.  Lugging 25kg-35kg bicycles up and down a steep narrow staircase which has a deadman's curve (90 degree turn) halfway up is back breaking work. The room doubles as an oversized closet which means that I am constantly having to move clutter in order to create just enough space to work.
  Dsc03008

Over the years as the number of parts, tools and bicycles increased my workspace diminished.  I literally have no more room to work.
P1100400

However, this will all change shortly as I have had a small house built complete with a dedicated workshop. Yes, on the ground floor thank God!  Gone will be the days of lugging heavy bicycles up and down a steep narrow staircase.   

Please bear with me, I am in the process of moving and I am extremely busy.  I hope to catch up on answering questions and emails as soon as I am settled in.

2017年3月 5日 (日)

大塚工具 商標

I will be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~30年代前半の自転車専用工具は、
当時の自転車と同じ特徴、つまりシンプルで一生に使えるほど頑丈で、商標が2回以上付いています。

当時の自転車業界では製造者が部品の一つ一つに商標を付けていました。
設計者は商標を作り込んでいました。
当時のチェーンホィールはその例の一つ。

特に日米冨士はよく部品の設計に商標を作り込みました。   

自転車工具製造会社も商標を工具に面白く作り込んだ例を一つ挙げましょう。
大塚(O.T.H)という自転車工具製造会社の商標はカギでした。
P1210500

こちらは大塚製のC-スパナー。
良く見ると商標のカギと英語で「KEY BRAND」。
P1210517
P1210518

下記の工具も大塚製の泥除けステー穴開けの工具。
商標は分かりますか。
P1210474P1210475

ハンドルの内側に商標のカギの形に設計されています。
P1210477

古い自転車のレストアや修理に極力古い工具を使っています。
昭和自転車のみならず当時の工具も重要なので、今後も取り上げます。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »