« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月24日 (月)

作業部屋(1)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の記事でお伝えしましたように、最近引越しをしてまだ整理中です。
先日、やっと自転車工具や部品などを開梱し始めました。

自転車工具や部品の開梱は楽しいですが、それにしても重労働で時間が掛かります。
しかし、ちょうど桜の時季で、開梱作業をしながら作業部屋の中から桜の儚い美しさを味わえました。

Img_6853

昭和自転車だけではなく古い家具やゼンマイや分銅引き柱時計のレストアも好きです。
下記の写真は15年前です。
家を建てるために2年前から断捨離し、
レストアした古時計を手放したため、残念ながら今は一部しか残っていません。Repairing_clocks_2

私にとっては、各部屋にゼンマイか分銅引きの時計が欠かせない物です。
リズミカルなチックタックチックタックは、まるで部屋の心臓音。
従って、先ずなによりも先に「作業部屋」に付ける「心臓」を探さなければなりません。
オークションで壊れた古時計に一目惚れし、落札しました。
Img_7028_2

文字盤に「カワスミの自轉車」で6時の真下に「Made in Occupied Japan」と書いてあります。
連合国軍占領は昭和20年~27年なので時計は約65年~70年前に製造されたものです。
Img_7032
Img_7029

壊れた古時計購入にはリスクがあります。
ムーブメントが見えないので、どのような状態か分かりません。
直してみるつもりで壊す場合は少なくはありません。
幸い誰も弄っていなくて部品交換も不要でクリーニングと調整だけで精確に時間を刻んでいます。

昭和自転車と同じように、古いゼンマイ時計や分銅引き柱時計も一生以上長持ちします。
良いことは、合成素材(プラスチック、ビニール、合成木材など)でできていません。
つまり本物の材質、(木材、ガラス、真鍮)などでできているからこそ味が出ます。

作業部屋の心臓、次の70年も持ちます。Img_7027_2

2017年4月16日 (日)

Workshop (1)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in the previous post I have recently moved and I am currently in the process of getting settled in.  Last week I finally had a small amount of time to turn my attention to starting to unpack bicycle parts. 

Although unpacking bicycle tools, parts, etc., is far more interesting than housewares, it is still labor intensive and time consuming.  However, it is cherry-blossom season here in Japan and the view from inside the workshop affords me the opportunity to enjoy the transient beauty of the cheery-blossoms while working.

Img_6853

As many of you know, besides restoring vintage bicycles I also enjoy restoring old windup or weight driven clocks.  The photo below is yours truly about 15 years back. Unfortunately, starting two years ago in preparation for moving I slowly began down-sizing and have parted with nearly all of my collection.Repairing_clocks_2

To me, each room should have a mechanical clock, as the gentle rhythmical tick-tock of a mechanical clock is the heartbeat of a room.  Thus, the first order of business is to find a heart for the workshop.  I started looking online and picked up the broken clock below.
Img_7028_2

The face reads "KAWASUMI Bicycle" and under the six "Made in Occupied Japan". 
So it was manufactured between 1945-1952; thereby making it roughly 65-70 years old.
Img_7032
Img_7029

Broken clocks are always a risk as typically one cannot see the condition of the movement.  Sometimes people try to fix them and in the process destroy them.  Fortunately for me nobody had messed with it and it was a quick fix, didn't even have to replace any parts, just a cleaning and adjustment.

Like old bicycles, old clocks too will outlive their owner.  The beauty is that they are made of real materials, no synthetic materials like artificial or "imitation" wood from synthetic polymers.  Simply genuine wood, glass, brass, steel and tin.  And because they are made of real materials, over time they age and develop character.

There she is. The heart of the workshop, ready for another 70 or more years.Img_7027_2

2017年4月 2日 (日)

作業部屋

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和自転車レストアは、長年借りていたテラスハウス2階の狭い6畳で行っていました。
25~35kgの昭和自転車を持ちあげて、途中90度カーブのある狭いキラー階段を上り下りすることは一苦労でした。
物置部屋で作業スペースを確保する際は、常に物を退けなければなりませんでした。

  Dsc03008

昭和自転車の部品や工具、自転車が増えれば増える程確保できる作業スペースがさらに限られてきて、余裕がなくなってしまいました。

P1100400

今春、環境が変わります。
自転車専用の作業部屋がついた家を建てました。
勿論1階にあるので、重い自転車を持ち上げてキラー階段を上り下りする最後の日が見えています。

引越し中なので、質問やメールなどが追いつきませんが、落ち着いたら対応させていただきしますのでもう少しお待ち下さい。

« 2017年3月 | トップページ